半分の時間は寝ている

一日を過しながら、人生が残り50年もある事が退屈になってきた。

最近、頓に思う事として新しく何かを始める事が難しくなっている。会社の先輩が、退職したら友人がいなくなると言っていたけれど、気持ちが分かるように思う。

新しく情報を入手する事がかったるくなっているし、一定以上の年齢になると新しい共同体に入り難くなる。

幼い時は家族という共同体の中にいて、成長するに連れて学校や会社に帰属するようになる。その過程で大きな塊の一部である前提が思考形式に組み込まれるのだと思う。

自分という一個人が思索・行動しているようでいて、現実には自分の人生以上の時間、自分の行動範囲以上の空間に規定される。自分を規定している何かを感じる事は出来ない。それは言語化出来ない何かだ。

***********

エネルギー残量が少なくなっている感覚がある。会社員としての生活は、こうした意味で辛いのかもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード