強は弱であり、弱は強である

読んだ本から。

人間は生まれた時は柔らかく弱い。人間は死ぬ時は硬く強い。柔弱は生に属し、硬強は死に属す。

頑強だが脆弱(robust-yet-fragile) = RYFシステム。予測される危険に対して強靭なシステムは、予期せぬ脅威に対して脆弱である。

<インターネットにおける頑強性>
インターネットは、1960年代に米国国防総省の予算で開発された。その目的は、ソヴィエト連邦からの先制核攻撃に耐える通信システムの確立である。

外部からの攻撃に対して、自動的に通信を迂回する分散型(中枢を持たない)システムがインターネットの本質である。

インターネット上において発信される情報は、分散されてルーターと呼ばれる通信機器を介してネットワーク上に送信される。ルーターは複数のアクセスポイントと接続されている。送信された情報がルーターに到着すると、ルーター上の経路情報が参照され、目的地までの経路が案内される。

仮に最適な経路が遮断されていた場合、経路情報が更新され、目的地までの別の経路が案内される。

⇒外部からの攻撃によってネットワークの一部が物理的に破壊された場合でも、ネットワーク全体が影響を受ける可能性は低い。

<インターネットの脆弱性>
インターネットは通信経路を断絶させる攻撃には強いが、不要な情報を大量に流す攻撃には弱い。スパム、ウィルス、ボットネット、etc。

複数の発信源から大量の情報が発信された場合、ネットワーク全体が停止する可能性がある。

ウィキリークスの攻撃が具体例となる。2010年末に機密情報を公開する組織ウィキリークスは、米国国務省の公電を大量に公開し始めた。ウィキリークスは、政府の報復措置に対する保険として、機密文書の複製を暗号化して無数のネットワークサーバーに埋め込んだ。政府に技術的対応力と権限があったとしても、対応出来る範囲を超えた攻撃だ。

⇒『国家』と『ネットワーク型組織』との間の抗争が始まっている。

***************

インターネットの問題は、人間の免疫システムの問題と似ているとされている。人類は長い時間をかけて飢えに対応する特性を獲得してきた。脂肪の蓄積、インスリン抵抗性、組織再生、炎症、etc。これらは、食料が豊富にある現代では肥満、糖尿病、癌、etcの原因となる。

***************
<組織と市場の関連性>
市場と組織の関連性について、組織とはモジュール化の一形態であると考える。

ハーバート・サイモンの意見:
二人の時計職人オラとテンプスが存在すると仮定する。二人とも数百種類の部品からなる時計を作る。

・オラ
モジュール方式で時計を製作する。各部品を階層的なユニットに仕立て、ユニットを組み合わせて時計を完成させる。

・テンプス
一つの時計が完成するまで順番に各部品を組み込む。

⇒所用によって、両者の作業時間がそれぞれ1%だけ中断されると考えると、オラは中断が無ければ10個完成する場合に9個完成させる。テンプルは、100万個の予定に対して44個完成させる。

雑多な部品をモジュール化する事で複雑な作業を単純化出来る事が、組織化の利点であると仮定する。

そして組織化には弱点も存在する。分散する事で部分的な被害の拡散を防ぐはずが、逆に被害が拡大する可能性がある。

<植林の例>
荒れ地に植林する場合を考える。予測される様々な災害、悪天候、旱魃、火災、etc。
その中で火災リスクに備えるには、苗木を広い間隔で植えるという対策が考えられる。木が成長しても枝葉が接触しなければ、他へは燃え移らない。これは植林方法としては効率が悪い。

生産性向上のために、苗木を狭い間隔で密生させ、随所に林道を通す事にする。林道は防火帯の役割りを果たし、火災が全体に広がる事を防ぐ。

必要な林道の数を、気候、土壌、地形等を考慮してデザインする事が最適なデザインとなる。

しかし、害虫の存在を考えてみる。林道を通して害虫が素早く拡散する可能性を考えると、火災に強いシステムは、害虫に弱いシステムとなる。

⇒現在の政治・経済システムは、密集した森林(組織)が林道によって隔てられ、接続したような形態であると考えられる。部分的な問題が全体に広がらない事を考えるが、それは物理的な問題であり、情報汚染の可能性については脆弱であると考える。

物理的な世界と仮想世界で別種のシステムが共存する可能性がある。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード