今日、考えた事

久しぶりに『賢明なる投資家』と『敗者のゲーム』を読んでみた。内容が難しいと思う。

投資や投機において並外れた成果を出すには、運に頼るしかないと考える。自分は勝者になる事が出来るという確証は無い。故に、市場動向を反映するインデックスファンドを購入し、間違えない事を重要視するべきである。

新時代の投資を考える場合、そうした前提は誤っているのかもしれない。遺産の売却や急な出費等によって、掘り出し物が売りに出される可能性がある。

僕が何かを購入する場合、詳細な知識に基づいて厳密な比較・検討を行う事は無い。新聞、雑誌、テレビ、インターネット上の評判に頼って動く。

そうした世の評判を可視化出来れば、強力な武器になると感じる。

************

貯蓄という行為は、「変化」という協力な敵との戦いだと思っている。強い人間も老いれば弱くなる。高く評価される物も低い評価となるかもしれない。

懸命に学んだ事は、価値観の変化によって塵のように扱われる。

若い時は良くなる可能性がある。老いていくに連れて可能性は無くなっていく。社会的に評価される人間になる事、家族を作る事、尊敬される事、etc。ほとんどの人間は、社会的正義の枠組みの中で劣った人間となる事が確定している。

************

残りの人生が50年程度あると考えると、何をすれば良いのか分からなくなる。50年のほとんどは、健康ではないだろうし、頭だって呆けている、体力も衰える。何より好きな事ばかりをしている訳にはいかないし、そもそも自分には好きな事が無い。

自分なりのライフワークを見つけたい。

以下は、Wikipediaのヘンリー・ダーガーの記事へのリンク。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC

半世紀以上も小説を書き続けたらしい。他にも郵便配達夫が石を拾ってきて庭園を築き上げた話とか、サンゴ礁に個人が作り上げた構造物とかがある。

インターネット上の仮想空間には、そうした創造物が沈殿していく。暇潰しに何かをするにも何かが出来ないといけない。

50年を何に使おうか。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード