太陽の時代から月の時代へ

全てを明らかにしようとする太陽の時代から、全てが曖昧になる月の時代への変化。

僕が中学生だった1990年代前半に、歴史IF小説が流行した事があったと思う。歴史上の特定地点で発生した些細な変化が、後の事象にどのような影響を与えるかがポイントであったと思う。

死ぬはずの人物が生き延びた場合、現代の兵器が過去の時代で使用出来る場合、技術者がタイムスリップした場合、実用化されなかった兵器が実用化された場合、etc。

祖母がそうした小説が好きだったため、中学生だった僕は、そうした小説を時々読んでいた。

2010年代前半の現在では、そうした小説は流行しないと思ってしまう。その理由は、歴史的な事実を確定する事が困難になったからだ。何かを変化させようにも、変化させるべき確かな歴史的事実を確定する事が出来ない。過去の事象を現実に発生した事と確信する事が難しい。インターネット等の双方向の情報媒体が普及した結果、あらゆる事象が疑われるようになっていると思う。

学生だった時は、善悪、倫理観に基づいて歴史を評価する試みを虚しい取り組みであると思っていた。そうした紛い物で現実を解釈する事が出来るはずが無い。各種の文献や数値、遺跡等によって過去の事績を再構成し、現代と照らし合わせる事に意味があるのだと考えていた。

今では、文献や数値等の情報の方が心許無くなっている。インターネット等の双方向性メディアが発達した結果、特定の情報で万人を納得させる事が不可能になった。双方向性のメディアでは、全ての人間が情報発信者となり得るから、あらゆる解釈は相対化され、何が事実であるか確定する事が困難だ。

そうした中で確信出来るものは、自らが感じる善悪や倫理観等の感情であると思う。

以下は、『NASAのチームビルディング』の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1306.html

人間の意思決定には、論理(多くの人間が共有可能な法則、基準、規則、etcに基づく)と感情(自分が気持良いか、気持ち悪いかに基づく)の2パターンがあると書いてあった。

さらに、人間の情報収集には、知覚(実際に体験した事)、直観(想像した事)の2パターンがあると書いてあった。

企業等のピラミッド型組織では、論理によって意思決定し、知覚による情報収集を行う統率型の人間が適応すると書いている?

情報が双方向に飛び交い、客観的な基準 = 論理が成り立たない環境においては、感情によって意思決定し、直観による情報収集を行う人間の力が増すのかもしれない。

現実を分析するのでなく、自らの妄想を発信し、周囲に影響を与える力。何が真実であるかは意味を成さない。何が心地良く、何が人間を動かすかが問われる時代になるのかもしれない。

**************

『フォークの歯はなぜ四本になったか』(ヘンリー・ペトロスキー著)の解説に以下のような記述があった。

<発明やデザインの発明>
発明やデザインという活動は、人類の歴史に最初から存在したのでなく、ある時期に発明されたのではないか?

それは、各国でルネサンスの思想や文化が盛んになった時期ではないか?欧州各国でフォークが登場した時期を考えると、14世紀の伊国、16世紀の仏国、17世紀の英国と、ルネサンスが盛んになった年代と一致している。

16世紀後半から17世紀前半の英国では、シェークスピアに代表される大衆演劇を中心とするルネサンス文化があった。

当時の英国の演劇には、以下の2種類があった。

①大衆演劇
一般の民衆を対象に、公衆劇場で行う。役者の台詞 = 詩を重視する耳の演劇。

⇒役者の技術を重視
⇒世界を生物とする物活論的な見方

②仮面劇
身分の高い人々を対象に、宮廷で行う。機械仕掛けの舞台装置や遠近画法を用いた舞台背景を主役とする目の演劇。

⇒機械が生み出す視覚的演出を重視
⇒世界を機械とする見方

仮面劇の世界では、相対的に役者や劇作家の重要性が低下し、舞台装置や背景を含めて劇全体をデザインする演出家の重要性が増す。

「構想」という考え方は、こうした仮面劇におけるデザインの重要性から生まれたのではないか?

ルネサンス以前の欧州の物作りは、模倣 = 外界に存在する物を写す技術が主であった?ルネサンス以後、外界は模倣の対象から、内面世界において想起された事を反映する場へと変わった。

ルネサンス以後の西洋的な思考では、個人の技術に頼らずに結果が出せるよう、道具に工夫を凝らしたり、人間に頼らないようなシステムを構築する傾向があると考える。対して、東洋的思考では、人間の巧みさで単純な道具を多目的に使用し、人力を投入して良い結果を獲得しようとする。

西洋的な思考が完成された場合、そこに人間は必要無い。東洋的な思考が完成された場合、超人が誕生すると考える。

**************

西洋的な太陽の時代から、東洋的な月の時代への変化は発生するか?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード