「超」整理法

読んだ本の感想。

野口悠紀雄著。1993年11月25日初版。

分類しなくても、書類を整理整頓する方法。押し出し式整理法。



以下は、「魔法のかんたん整理術」の記事へのリンク。関連すると思う。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1381.html

以下は、実施手順。

①整理用空間の準備
本棚や引出しにスペースを確保する。そして中古の封筒(角型2号、332×240ミリ)を大量に用意する。

②一纏まり毎に資料を封筒に入れる
整理する書類を纏まり毎に封筒に入れる。封筒裏面の右肩に日付と内容を書く。

③並べる
封筒を縦にして、本棚や引出しの左から順番に並べていく

④その後のメンテナンス
新たに到着した資料や書類を、同じように封筒に入れて、本棚や引出しの左端に入れていく。こうすれば使用しない封筒は自然に右側に押し出されていく。

**************

必要としている書類は、押し出しファイルの中に入っている。使用頻度の高い書類は左側に集まるから探し易い。普段は使用しないが重要な資料には、色分け等の識別マークを用いて判別できるようにしておく。

押し出し式整理法では、不要な書類が右側に集まるため、廃棄の判断が楽に出来る。

即時に処理しなくてはならない書類については、赤い色の封筒に収納する等して識別可能にする。未処理書類は机上が散らかる原因であり、頻繁に確認出来るようにする。

<どのように導入するか?>
納得出来ない場合は、以下のようにしてみるらしい。

①ワーキング・ファイルの収納
既に分類されている書類には、手をつけない。新しい資料や分類されていない資料で試してみる。

②神様ファイルの祭り上げ
重要と思う書類については、内容分類して保管する。

<押し出し式が適切でない対象>
押し出し式は時間軸による検索である。本人以外からすると、様々封筒が脈絡もなく並んでいるだけであり、強要資料の整理には不向きである。
また、定型的な業務については内容分類を行った方が良い。従業員ファイルや顧客管理ファイル等は、五十音順に整理した方が有用。

**************

社会人一年目に先輩から推奨された方法。その先輩自身も整理整頓が出来ないと言われていた。何故だ?

以下のような手帳もあるらしい。

1・ジャバラ式になっており8週間分の予定を一覧出来る
2.To-DO欄に要処理案件を記入
3.時刻目盛りの無い柔軟なスケジュール表



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード