寒いのと仮想通貨関連のニュース

寒くて仕方がない。今日が土曜日で本当に良かったと思う。

何もしていない強い意欲を持つ人間が羨ましい。僕の願望は曖昧なので、自分でも何がしたいのか良く分からない。それについて他の誰かを真似している方が楽だと感じる。

金銭欲は、とても強い欲望なので、頼りになる。

******************

仮想通貨のコミュニティで、以下の取引サイト「gate-future」が話題になっていた。

https://www.gate-future.com/

日本語で、ビットコインとリップルコインの購入が出来る取引所であるらしい。ただし、取引手数料が5%と割高で、相場よりも高い値段で仮想通貨を購入しなくてはならないので、オークション等を利用して仮想通貨を購入出来る現状では、利用する価値は無いという評価なのかな?

同時に、仮想通貨を売却する機能を追加する予定もあるという事なので、売却先を確保したい場合には、有効かもしれないとしていた。

こうした取引所の需要は多いと思う。仮想通貨のコミュニティでは、トレードによって利益を出すより、取引所を設立して手数料によって儲けた方が効率が良いという意見があった。

以下のような問題が発生する事は無いだろうか?

2014/2/8(土)の日経新聞から。

仮想通貨ビットコインの取引価格が2014年2月7日に急落した。ビットコインを売買する取引所の1つであるMt.Goxが同日に、ビットコインから円等への換金や、ビットコイン自体の引き出しを一時停止したのが理由。

ビットコインの売買高で上位3位の取引所における売買価格の平均では、ビットコイン価格は2014年2月7日(金)午後に、1ビットコイン = 658ドルと前日比で約16%安い水準まで下げた。2014年2月8日(土)早朝では前日比約8%安い720ドル台で推移している。

Mt.Goxは、Webサイトで「換金の注文増加に対して技術的な対応が遅れている」と説明。2014年2月10日(月)に最新状況を公表する予定。換金の再開時期には言及していない。Mt.Goxでは、ビットコインを米ドルに換金する手続きに遅れが出ていたという。

****************

上記の記事について、コミュニティ内で、取引所が換金するための現金を確保出来ていないのではないかいう意見があった。取引所自体の信用性が疑われている。こうした信用性の担保は難しい問題だ。

大きな流れで考えると、仮想通貨の導入は進むのだろうけど、何の障害も無く導入されるとは思えない。仮想通貨のコミュニティ内では、値上がり益目的で仮想通貨を購入している人が多い印象なので、現実の購買活動で使用する頻度が多くない内は、本格導入されないのではないか?

以下は、クラウドファンディングの比較サイト。

http://matome.naver.jp/odai/2136731096233440001

こうした仕組みを作り出す人が最も大きな利益を手に入れると思う。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード