日銀の異次元緩和が開いた国債暴落への道筋

「DAIAMOND ONLINE」の野口悠紀雄さんのコラムから。

2013年4月4日(木)の金融政策決定会合にて決定された量的緩和政策について。

以下の4点が決定された。

1.消費者物価の前年比上昇率2%を早期に実現する。
2.マネタリーベースが、年間約60~70兆円増加するよう
  金融市場調節を行なう。
  マネタリーベース(2012年末実績138兆円)は、
  2013年末200兆円、2014年末270兆円となる見込み。
3.長期国債の保有残高が、年間約50兆円増加するよう
  買入れを行なう。
  長期国債の保有残高(2012年末実績89兆円)は、
  2013年末140兆円、2014年末190兆円となる見込み。
  毎月の長期国債のグロスの買入れ額は、7兆円強となる見込み。
 ⇒発行される国債の7割を買う事になる。
4.長期国債の買入れの平均残存期間を、現状の3年弱から
  7年程度に延長する。

量的緩和政策発表後の4月中旬の長期金利が若干高めに推移した事を奇妙と書いている。日本銀行が国債購入額を増やすのだから、国債価格上昇 = 金利低下が発生するはずなのに、国債価格低下 = 金利上昇が発生している。

野口さんが予測する量的緩和政策が齎す結果は以下の2点。

①銀行のポートフォリオが歪むので、予定通りの国債購入は
 出来ない可能性が高い。
②日本国債に対する信認が低下すると金利が低下する可能性。

野口さんは、今後2年間に日本銀行が100兆円の国債買い入れを実施した場合を計算している。以下の2つの予測が成立する。

【金利低下シナリオ】
2001年~2006年の金融緩和期と同様に、日本銀行が銀行から国債を購入しても、銀行が手に入れたお金は貸出として活用されないと予想する。資金供給量が増えても、実体経済が資金を必要としていなければ、現金は貯蔵されたままになる。

この事から上記①を予想する。日本銀行が銀行から国債を購入した結果、銀行の資産から「国債」という利子がつく資産が減少し、無利子資産が増加する。野口さんの計算では、無利子資産の割合は現在の6.6%から20.6%に増加するとしている。

また、銀行が日本銀行の国債買取に応じない可能性もあるとしている。そうなると上記①のように予定通りの国債購入は出来ない。

⇒貸出も増えず物価目標は達成出来ない。

【金利高騰シナリオ】
上記の【金利低下シナリオ】は、国債発行額が変化しない場合であり、国債が増発された場合は別のシナリオがあるとしている。通貨発行権を持つ日本銀行が国債を大量購入するので財政規律は緩む。
その結果、資本逃避による円安と国債価格低下 = 金利高騰が発生する。

⇒財政インフレが発生し、輸入インフレも加わると
 物価上昇率は2%ではすまない。

この辺りの国債増発シナリオに関する計算は難しい。

*************

凄く難しいコラムだった。資産インフレは意図的に引き起こすつもりなんじゃないかな?

新産業への資金流入はどのくらいだろう?2001年~2006年の金融緩和期と書いてあるが、2003年~2004年にはバイオ株のバブルが発生した。その時のバイオベンチャーのほとんどは消えてしまったし結果も出していない。

日経ビジネスの記事だと、「日経バイオテク」が上場バイオベンチャーの株価から算出する「日経BP・バイオINDEX」は、2012年1月4日~2013年4月半ばまでで3倍以上に値上がりしている(同期間の日経平均は1.5倍程度の値上がり)。

2003年~2004年のバイオバブルの時のバイオINDEXは、今の2倍以上だったとか。その時から10年が経過し、幾つかのバイオベンチャーが実際に利益を出す目途がついたとしている?

資産インフレが発生するのならば、それを利用して実生活を変えるような変化が発生して欲しいと思っている。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年最も読まれたニュースと株式市場

記事を書く都合で12月20日のデータを前提としています。12月30日20時のリアルタイムを持ってしても、2013年のリターンには少し足りないので、正確なデータは来年以降。 2013年 ブルームバーグで最も読まれたニュース 私の個人的見解では、バーナンキの量的緩和縮小宣言と日銀黒田総裁の未曾有の量的緩和の2つが大きいと思うのだが、大事なニュースと読まれたニュースでは意味合いが若干異なるのでね。...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード