虎と月

読んだ本の感想。

柳広司著。2009年2月第1刷発行。



中島敦の『山月記』を基にした話。

770年の話?虎になった李徴の14歳の息子が、父の真相を探るべく、虎となった地に赴く。

李徴が残した以下の詩が真相示していた。

偶因狂疾成殊類 災患相仍不可逃
今日爪牙誰敢敵 当時声跡共相高
我為異物蓬芽下 君己乗輙気勢豪
此夕渓山対名月 不成長嘯但成嘷(嚆)

最後の一文字が、虎になったという李徴の友人 袁傪氏の記録では「嘷」になっているが、主人公が発見した詩では「嚆」になっている。

袁傪氏は、李徴が口述した詩の最後を書き写し変え意味を変えた。

嘷(猛獣が吼えるの意味):
思いがけず、狂気に見舞われて獣になってしまった。災難と病気が重なって逃れる事が出来ない。今や俺の爪や牙に敵う者はあるまい。思えばあの頃は、君も俺も秀才として誉めそやされたものだ。ところが、今は俺は獣となって草叢にいて、君は役人として車に乗る身分だ。今夜、野山を照らす月の下で君に会ったのに、俺は詩を歌う事も出来ず、獣として吼えるばかりだ。

嚆(矢が鳴るの意味):
思いがけず目にした苦しみによって、俺は君の仲間ではなくなった。災難が重なって逃れる事が出来ない。今、俺の部下達は武器を持っていて君達では敵わないだろう。思えばあの頃は、君も俺も秀才として誉めそやされたものだ。ところが、今は俺は政府の敵として草深い土地にいて、君は役人として車に乗る身分だ。今夜、野山を照らす月の下で君に会ったのに、俺は詩を歌う代わりに、弓弦の音を響かせなければならない。

********************

李徴は虎になったのでなく、圧政に逆らう反政府活動家になっていたという話。李徴が口述した詩を書き写した部下を誤魔化す必要があった。

村で伝えられた話では、李徴は山犬から村娘を守るために本当に虎になったらしい。

P41~P44:
建国以来、百年あまりにわたって長安の町は平和と繁栄を享受してきました
(中略)
安禄山の反乱が伝えられたときも、長安の人たちは、まさか彼らが長安まで攻めのぼってこようとは、思ってもいなかった
(中略)
もうすぐこの国が滅びてしまう。それなら、いまのうちに騒げるだけ騒いでおかなければ損だ、といわんばかりの羽目のはずしぶりなのです。もちろん、“太平と信じていた世の中が、辺境守備に当っていた一将軍の謀反によって一夜にして瓦解してしまった”その衝撃は、わからなくはありません

P53:
劉さんが名前を呼ぶたびに、森の中から呼ばれた木々が一本一本現れてくるみたいだ

P177:
“ものたち”に名前をあたえることは、かれらが本来もっているはずのさまざまな多様性を切り捨て、ある一つの類型におしこめることになる
(中略)
名付けることで、“ものたち”は無名性の世界から引き上げられ、私の世界に立ち現れてくる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

嘆きの美女

読んだ本の感想。

柚木麻子著。2014年6月30日 第1刷発行。



以下は、Wikipediaの「嘆きの美女」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%86%E3%81%8D%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%A5%B3

美人ならではの悩みを分かち合うWebサイト「嘆きの美女」のコメント欄で荒らし行為をしている不細工な主人公が、美女達のオフ会を写真撮影しようとしたところ、同じように撮影目的の男を捕まえてしまい、その時の怪我治療を理由に美女達と共同生活するようになる。

菓子作り等で才能を発揮し、美女達の男から誘われる事で、美女達から嫉妬される。

再度襲来したストーカー男と対決し、その時に過去の荒らし行為を暴露されるが、後に和解が成立する。

【登場人物】
池田耶居子:
25歳。ニートをしているが、フードコーディネーターとして活躍するようになる。

浜島ユリエ:
25歳。池田耶居子と小学校時代の同級生。『終点のあの子』に名前だけ登場する奥沢エイジと不倫関係にあり、奥沢エイジが池田耶居子の写真を撮った事が原因で、「ユリエズルーム」というブログで猥褻写真を公開するようになるが、ファッション関係の才能が開花したらしい。

水木優子:
22歳の看護師。休職中だったが、男性関係の悩みを克服して復職した。

川村葉月:
33歳の男性のような美女。ヘアサロンを経営しており8歳下の男性と結婚した。

沢山玲子:
42歳の料理研究家。整形で3歳の娘 真奈美と似ていない。浜島ユリエの兄 浜島宗佑(26歳?)と再婚し、裕太という子が生まれる。

枡本雄介:
私大の学生だが、浜島ユリエのストーカーをしている。母親は龍子。

P138:
世の中の基準に自分をすり寄せて生きてきただけで、本当に好きなことをやったり、言いたいことを言ってきたのかなって。そもそも自分がどういう人間だったのかも、もう思い出せない





人気ブログランキングへ

終点のあの子

読んだ本の感想。

柚木麻子著。2010年5月15日 第一刷発行。



主にプロテスタント系の女子高校学校を舞台にした話。

フォーゲットミー、ノットブルー
高校一年生の立花希代子は、クラスメイトの奥沢朱里(カメラマン奥沢エイジの娘)と友人になる。

人から外れようとする奥沢朱里が気に入らなくなった立花希代子は、彼女の日記(クラスメイトの悪口が書かれている)を公開する事で、奥沢朱里がいじめられるようにするが、騒ぎが大きくなって自分がいじめられるようになる。

卒業までをがり勉で過ごしたらしい。

P35:
希代子は、朱里を憎んでいない。もし彼女に罰が与えられ、自分と同じようにささいなことに胸を痛める普通の女の子になってくれさえすれば、誰よりも彼女の力になろうと思っている

P41:
朱里の悪口を聞くたびに、常々朱里に対して抱いていた怒りがどんどん薄れていくのを感じる。心が浄化され、彼女と知り合う前の健やかで優しい女の子に戻っていく。希代子は悪口に参加せず、引き出すだけ引き出して、それを聞いているのが好きだった

P57:
朱里を皆で攻撃することで自分たちは同じになれたと思っていた。それは間違いだ。きっと皆、それぞれ違う思いを抱きながら、大きな流れに従っているだけだ

甘夏
夏休み期間中のバイトで変身しようとする森奈津子の話。

バイト先の吉沢さんが大量の甘夏をくれるため、処分に困り、マーマレードにする事を思い立つ。

P70:
高校に入ってから突如、階級制度が発生した。現在、クラスは人気者たちが地味グループを圧倒している

ふたりでいるのに無言で読書
派手な菊池恭子と、オタクの保田早智子が、夏休みの間、読書を通じて友人になる。

菊池恭子は、野球部のエースだった中学校時代の彼氏 岩田洋二が偏差値五十以下の工業高校に進学した事で釣り合わないと思い別れている。

夏休みが終わり、他のクラスメイトとの交流が復活すると、菊池恭子と保田早智子の友情は終わる。

P109:
今は悪女ヒロインがマイブームで、『危険な関係』なんて借りてる

オイスターベイビー
高校を卒業して四年が経過した奥沢朱里の話。

美術大に通い、杉ちゃんという友人が出来る。彼氏の田島淳之介と、クラスメイトの島根明人との浮気が原因で別れる。杉ちゃんは卒業後、郷里の広島に帰るようだ。

P197:
女の子たちは朱里を面白がり、羨望する。しかし、あっという間に弱さを見抜かれてしまう。飽きられ、捨てられる。
それが怖くて、誰よりも早く電車に飛び乗ってきたつもりだ。終点にたどり着くのはいつも一番乗り。それでも、すぐに追いつかれてしまう。
(中略)
朱里にとっての終点は、向こうにとっては折り返しの始発駅に過ぎない

人気ブログランキングへ

いい人ランキング

読んだ本の感想。

吉野万理子著。2016年8月30日 初版発行。



クラス投票によって「いい人」の一位になった主人公が、「いい人」として良い様に扱われるようになり、別の人間を「いい人」として推薦する事で、いじめから逃れる。最後は皆の良い所を指摘し合い、ましな雰囲気にする。

【登場人物】
木佐貫(小川)桃:
中学二年生。母親が病院長と結婚した事で、いじめの対象となったらしい。

木佐貫(小川)鞠:
中学一年生。桃の妹。全校的に流行した、いい人ランキングでクラス選出されるも、実は不満がある&周囲への感謝で乗り切ったらしい。

尾島圭機:
中学二年生。木佐貫姉妹に、いじめについてアドバイスする。小学校五年生の時に、同級生を交通事故に巻き込もうとしたところ、後ろから突き飛ばしたと嘘の密告をされて、いじめられていた。

池松沙也子:
二年一組のボス。小学校の時は、くじ引きで月毎に無視される人間を決めていた。病院長の娘となった木佐貫桃に嫉妬して、いい人ランキングを利用してパシリにする。

知奈津:
二年一組一の美人。沙也子の友人だったが、後にいじめるようになる。

片山友亜:
木佐貫桃の小学校時代の友人だったが、いじめられるようになると距離を取るようになる。沙也子がいじめられるようになると、全てを沙也子のせいにして主人公の友人に戻る。

P86~P87:
一日に一回、何か面白いことを言う。一日に一回、何かクラスのやつが知らない知識とかネタとか披露する
(中略)
面白いことを言うやつと、知らないことを知ってるやつは、いじめにくい。ただ、出し過ぎると疎まれるから、ほんのちょっとずつ小出しに。みんなが知らない知識は、先制同士の関係とか、身近な話がベストだけど、そういうの知らなければ駅前の店がどう、みたいな話とか、芸能人の話とか、そんなんでもいい。逆に、それ系のくだらない噂話、あたし嫌いなんだよね、って顔してると反感買う

P135:
『いい人』の化けの皮を剥いでやりたい。剥げないのならば、『いい人』ぶり過ぎてウザい、という方向で少しずつ追いつめていきたい

P155:
オウムもまた、自分のことを嫌っていたのだという事実が、圭機には新鮮だった。こいつはバカで、ただおれの言うことを繰り返すだけの使えないやつだと思っていた。けれど、彼が言うには「圭機のことが怖くて怖くて、とにかくいじめられないように必死で機嫌を取っていた」とのことだ

P189:
ふたりとも、まるで自分は桃とずっと普通に接し続けてきたかのように、沙也子のことばかり批判する

P198:
次の鬼を決めないと、前の鬼は抜けられないんだよ

人気ブログランキングへ

孔子マネジメント入門

読んだ本の感想。

楊先拳著。2010年9月20日 初版第1刷発行。



あまりピンとこなかった。

第一章 為政篇
指導者としての以下の美徳。

①富民思想
適切な対価は惜しまないが、ばらまきはしない。

②親民思想
必要な労働をさせるが、納得させる事により不満を起こさせない。

③欲
私欲のためだけに行動しない。

④貫禄
傲慢ではない。

⑤威厳
乱暴に振舞わない。

集団が理想とする文化(価値基準)を作り、価値観を方向付け、集中させ、人々に統一した行動を起こさせる。文化の根幹は思想であり、制度を経て雰囲気や製品、言動等に現れる。

第二章 倫理篇
「仁」は二人の人間が親しみ合い思いやる意味を持つ。「義」は正しい道理を意味し、利があっても義に合致しなければ行為しない。「礼」は道徳的規律。「智」は仁徳を養うための学び。「信」は発言と行動が一致している事。

第三章 教育篇
人間には自然的属性と社会的属性があり、動物との違いは文化にある。

人間は生まれると同時に父母があり、隣人との社交が始まる。それらは社会と接続していて社会生活が豊かになれば人間は豊かになれる。

社会は人間によって構成されるために、教育によって智・仁・勇ある人々を養成するべき。そのために聖人が自らを模範として到達すべき目標を明確にする。

第四章 修身篇
敬い慎む心をもって人に接する事を目標とする。

以下の視点。

正身:自分の生き方を正す
務本:道徳観を身につける
克己:欲望に克つ
敬身:自分自身を敬う
崇徳:人格を高める

自らを顧みる事が成長につながる。

人気ブログランキングへ

ロートレック荘事件

読んだ本の感想。

筒井康隆著。発行―1990年9月25日。



以下、ネタバレ含む。

ロートレック荘という山荘を舞台に起る殺人事件。

P164~P165:
トオマス・マンの短編小説『小フリイデマン氏』の主人公、私と同じ侏儒のフリイデマン氏のように、恋愛や結婚をあきらめて、ひたすら美の世界に沈潜して生きるのだと自分に言い聞かせておりました。たとえ女性が好意を見せたとしてもそれを愛だと勘違いしたりすればひどい目に遭い、小フリイデマン氏のように悲惨な結末を迎えねばならない。

P200:
日記には典子さんの私に対する想いが、恋情が、めんめんと書き連ねてあったのです

<登場人物>
浜口重樹:
28歳。8歳の時の事故で成長が止まり畸形になっている。美術評論家。浜口修の結婚によって自らの面倒を見る人間がいなくなる事を恐れて婚姻候補者を殺していく。

浜口修:
28歳。重樹の従兄弟。重樹の事故に対する責任から、彼の面倒をみている。映画監督で一作目の『曲水宴』が興行的に振るわなかった事で次作の作成資金を得るために資産家の娘との婚姻話が出ている。

工藤忠明:
浜口重樹の大学の同級生。

〇スリーバージンズ
木内典子:
24歳。ロートレック荘の持主である木内文麿の一人娘。母は彌生。

牧野寛子:
24歳。実家は普通のサラリーマン。

立原絵里:
24歳。母は資産家の五月未亡人。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード