伊藤くん A to E

読んだ本の感想。

柚木麻子著。2013年9月25日 第1刷発行。



見眼麗しいが夢見がちな伊藤誠次郎(27歳~28歳?)をめぐる女性達の話。伊藤君がどんどん非現実的になっていくので、伊藤君は実在せず、女の願望を投影した幻のようにも思えてくる。

基本的な人間関係は、女―友人―伊藤君という三角関係で推移する。

伊藤くんA
百貨店店員 島原智美(27歳)の話。

矢崎莉桜の『ヒロインみたいな恋をしよう!』に基づいて伊藤君という男性にアプローチするが、上手くいかない。伊藤君は矢崎莉桜が主宰するワークシップのために20万円が必要だと言い、最終的に島原智美は伊藤君と分かれる事にする。

伊藤くんB
塾講師をしている野瀬修子(23歳)の話。

同僚の伊藤君にアプローチされている。同室の宮下真樹と喧嘩し、学芸員として就職するために、自分を変える事を決意し、高価な鞄を買う。

伊藤くんC
クッキー屋に務める相田聡子(22歳?)の話。

友人の神保実希が大学の先輩の伊藤君と恋愛している事を知り、伊藤君を誘惑する。伊藤君とうまくいかなくなった神保実希と喧嘩し、相田聡子は孤独になる。

P116:
自信欲しさで、ずっと傍にいてくれそうな後輩に手を出しただけだろう

P119:
聡子には一度でも彼女の男と寝たという自信が残る
(中略)
実希と自分を比べて落ち込むたびに、立ち直るきっかけの核ができる

伊藤くんD
神保実希(23歳?)の話。

処女を理由に伊藤君に振られたと思った神保実希は、大学の同級生の久住健太郎(クズケン)とセックスする事にする。行為の直前に伊藤君に電話し、乱入した伊藤君によって場は滅茶苦茶になる。

P174~P175:
スカーレットは親友、メラニーを病気で失っていた。その寂しさから、レットのぬくもりにすがりたくなったと考えるのが自然な気がする。幸か不幸か、実希のメラニーはまだ生きている

伊藤くんE
矢崎莉桜(33歳?)の話。

若手脚本家だが、仕事が無くなり、自分のワークシップに通う伊藤君を見下す事が、プライドを維持する手段になっている。伊藤君が本当に脚本を書き上げて投稿した事を知り、伊藤君の仕事を邪魔する。

P208~P209:
「頑張らなくていい。このままでいい」と甘やかしてもらうためなのだ
(中略)
こうやって莉桜は伊藤を創ってきたのだ
(中堅)
ただひたすらプライドの高い自分を持て余していた。自分は人とは違う、という漠然として意識はあるものの、それをどう表現していいかわからず、かといって安全な場所を逸脱する勇気もなく
(中略)
莉桜は伊藤を完成させた。恋をすることも、何かになることも、あきらめることさえまともにできない正真正銘のクズ。それが伊藤だ

P228:
楽しいより、充実感を得るより、金を稼ぐより、傷つけられない方が本当は重要なんです

P231:
伊藤は勝ち続ける。周囲の人間を傷つけ続ける。たぶん、一生。勝てるわけがない。だって、伊藤は永久に土俵に立たないから。愛してもらえるのを、認めてもらえるのを、ただ石のように強情に待っているだけ。自分を受け入れてくれない人間は静かに呪う。結局、自分から何も発さない人間がこの世界で一番強いのだ

P233:
孤独を満喫しているつもりなのだろうが、通行人にあらぬ恐怖を与えたり、悪臭を放っていることに無頓着だ。ただそこに座ってさえいれば、なんとかなるという傲慢さは伊藤や父にも、そしてさっきまでの自分にも共通する

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

本屋さんのダイアナ

読んだ本の感想。

柚木麻子著。発行 2014年4月20日。



矢島有香子(ティアラ)のキャラクター設定に失敗していると思った。大穴(ダイアナ)という名前を付けて、幼児の髪を染色するが、実は賢くて性格が良いというのに違和感がある。

二人の女性の9歳~22歳頃までの年代記。

【登場人物】
矢島大穴:
本を読むのが好き。母子家庭で、高校卒業後は本屋の店員になる。父親は『秘密の森のダイアナ』を書いた、はっとりけいいち。

矢島有香子(ティアラ):
16歳で大穴を産む。キャバクラ勤務。山の上女学園に通っていたが、変質者に襲われる等して学校を中退したらしい。

神崎彩子:
優等生。山の上女学園(女子校)に通い、大学ではスーパーフリーのようなサークルに入る。

沢渡みかげ:
神崎彩子の幼馴染。中学校から不良になって中退する。

武田良大:
肉屋の息子。矢島大穴の同級生で保護者的存在となる。

【あらすじ】
〇小学生時代
矢島大穴と神崎彩子が小学三年生で同クラスになり、互いを羨んで友人になる。山の上女学園の見学に行った矢島大穴は、卒業生名簿から母を見つけ、その住所を武田と訪れる。武田と二人で歩いているところを神崎彩子に見つかり絶交する。

〇中学校時代
矢島大穴は南台中学校に通い、神崎彩子は山の上女学園に通う。神崎彩子はヨークシャーに交換留学し、矢島有香子も留学していた事を知る。

〇高校時代
矢島大穴は、自分に万引きの濡れ衣をきせた同級生をしめた事で孤立している。神崎彩子は進路に悩むが、砂川女学院大学でなく共学の壮生大学への進学を決める。

〇大学(社会人)時代
矢島大穴は書店員となり、神崎彩子は大学サークルに入る。神崎彩子のサークルは女性を性的に食い物にするサークルで、大学四年生となった神崎彩子はサークルを告発する。矢島大穴は実父と対面し、その弱さにショックを受けるが父を受容する事を決意する。

P202~P203:
広い大学という場所に一人で放り出されるのが怖くて、権力を持つ男にどうしても媚びてしまうのだ
(中略)
男達はお気に入りの後輩女子をこれ見よがしに特別扱いし、知らず知らずのうちに女達を競わせるのが美味い

P237:
いつも周りに人がいるけれど……。誰とも親密な関係なんて築けたためしがないんだよね。上下関係やランクがないと誰とも繋がれないの
(中略)
だからいつも、そんなに怒っているんでしょう?それを隠すために、いつも楽しそうにしているんでしょう?









村岡花子の解説を読んで欲しいらしい。アンとダイアナの友情について。

人気ブログランキングへ

ナイルパーチの女子会

読んだ本の感想。

柚木麻子著。2015年3月30日 第1刷発行。



かなり毒が強い内容。著者にはいじめのトラウマがあるのか?男性や美しい女への憎しみが感じられる。

中盤以降の高杉真織の行動があり得ない。過激な中学生か高校生のいじめだ。分析的な序盤から、狂った展開が続く中盤以降の落差が激しいと思う。

P16:
人間の手で湖に放たれなければ、ナイルパーチも一生、自分が凶暴だなんて気づかなかったのにね

【登場人物】
志村栄利子:
30歳で商社勤務。友達がいない事がコンプレックス。『おひょうのダメ奥さん日記』というブログを愛読しており、ブログ主のストーカーとなっていく。

丸尾翔子:
30歳の主婦。受身で面倒を見てもらいたがる父親を重荷だと思っている。

高杉真織:
23歳の派遣社員。杉下康行と婚約。

杉下康行:
32歳で志村栄利子の同僚。

小川原圭子:
志村栄利子の幼馴染。高校生になって志村栄利子と違う友人を作った事で援助交際の噂を立てられ、現在はニートになっている。

【あらすじ】
〇ストーカー
志村栄利子は、自分が愛読するブログを書く丸尾翔子の友達になりたいと思い、メールを何通も送り、行先に出没するようになる。

〇脅迫
志村栄利子は、丸尾翔子の浮気現場の写真を脅し材料に友達になってもらう。自分は、杉下康行と浮気した事をネタに高杉真織に脅迫され、部員23人全員とセックスするよう言われる。

〇病化
志村栄利子は部長を誘惑した事で精神異常を疑われて休職、丸尾翔子と旅行しに行くが脅迫写真を破棄する。丸尾翔子もブログ活動にのめり込んだ結果、自分が有名ブログ主のストーカーのようになっていき、志村栄利子から解放された喜びから夫に浮気を打ち明け、離婚される。

〇解放
志村栄利子は小川原圭子と対峙し、丸尾翔子は父と対峙する。

終盤で高杉真織が、志村栄利子に迫る杉下康之を芋けんぴで刺す。この辺りの記述は完全に狂気の世界で、高杉真織は見つかったら志村栄利子のせいにすると言う。「あたしは好かれてるけど、あんたは嫌われてる」、不可能だろ。そして、高杉真織は志村栄利子に会社を辞めるように言う。離婚も確定だし、会社を辞めるどころか逮捕されるのは高杉真織の方のはず。

P44:
海外ファッション誌のバックナンバー、大判のコミックス
(中略)
一見とがっているように見えて、いずれもセンスを商売にしている著名人が太鼓判を押したものばかり。個性的に見られることに心血を注いでいたあの時代
(中略)
あれほど生意気な言動を繰り返していたというのに、何一つ身に付かないまま、平凡な三十歳になってしまった

P111~P112:
一緒に長い時間居ると息がつまる
(中略)
自然なところがどこにもないからだよ。あの子はね、つくりものなの
(中略)
栄利子に関する悪い噂を聞きたい。身がよじれるほど、翔子は今それを欲している。
(中略)
自分をあれほど傷つけた女を、同じところ、いやもっと下まで引き下げてしまいたい
(中略)
同じ醜さを持っているに違いないからこそ、自分には同性が必要なのだ

P146:
この世界で何よりも価値があるのは、共感だ
(中略)
「私は一人ではない」と思わせる強いアルコールのような力

P238:
栄利子は、面白い、つまらない、の尺度でものを見ない
(中略)
フィクションの世界ですら自分の物差しを持ち込み、業務に取り組むように一つ一つをきっちりと計測し、自分と同等とみなした水準に達しないと楽しめないらしい
(中略)
栄利子の中で他者との価値観の違いは忌むべきもの、自分を孤独にするものであり、なんとしてでも正したいものなのだろう

P242:
社会に基準を押し付けられて、ことあるごとに競うように仕向けられている

P250:
自分の本能のままに行動することが、どれほど突飛で人の心をざわつかせるか、何故理解しない
(中略)
栄利子が求めているのは、狂気の世界に一緒に連れて行く道連れだ。だから、誰も彼女の傍に居たがらない

P305:
女の輪に入れずぐずぐず立ち尽くしている栄利子を見ていると、優越感と庇護欲で一杯になり、自分達も同じように気安く立ち入れないその領域を、安心して憎めるのだろう

人気ブログランキングへ

インド三国志

読んだ本の感想。

陳瞬臣著。1984年6月12日 初版第一刷。



インドのムガル王朝は、1857年のセポイの反乱によって滅びたが、第六代皇帝アウラングゼーブの死(1707年)の時には実質的に帝国は解体していた。

以下の三勢力による争いを経て、英国がマラーター族等の抵抗に勝ち、植民地化していた。

①西方帝国主義勢力
英国やフランス等。オランダや英国の東インド会社で活躍したフランソワ・カロンの逸話。

②土着勢力
マラーター族、ラージュプート族等。

③ムガル王朝
1765年のアラハーバード条約により、ムガル皇帝は年金を受けるだけの存在になっていた。

ムガル帝国は、八世紀にアラビア人がシンド地方を占領して以来、デリーを首都としたインド回教王国の後継に位置する国である。創始者バーブルのデリー入城(1526年?)は清による北京占領と比較される。

満州族に軍律以外の文明が無いのに対し、ムガルは回教徒としてサラセン文化やイランの芸術の洗礼を受けていた。そのため、ムガルは清のように現地化する事が困難で、特に宗教的対立を抱えていた。

第六代皇帝アウラングゼーブはインド全土をイスラム化しようとして、異端者の処刑、非回教徒への人頭税(ジズヤ)等を行った。

現代のボンベイ東部から東南部の西ガーツ山岳地帯に居住するマラーター族はヒンズー教として、英雄シヴァージー指揮下でムガル王朝の威令に対抗。それまで山地に居住するマラーター族は小グループに固まっていたが、ムガル帝国との対抗上、国家となっていった。

P59~P60:
三の力では歯が立たないことがある。相手が四であるからだ。そこで五の力を集めると、この四をそっくり奪うことができる。三のままでは得るものはゼロだが五に増やせば四が手に入る
(中略)
侵略戦争は古来自己制御が困難である。侵略で大きくなった組織は、もっと多くの滋養分を必要とする。したがって、それを獲得するために、別に新しい侵略戦争をおこさねばならない

P96:
力によって住民から税を取り立てる。その組織が「国」である。マラーター族はこれまで、ただの住民であり、もっている「力」をほかの国に提供していた

人気ブログランキングへ

青年のための読書クラブ

読んだ本の感想。

桜庭一樹著。発行 2007年6月30日。



聖マリアナ学園を舞台に、読書クラブの部員達が残した記録。

第一章 烏丸紅子恋愛事件
1969年度 読書クラブ誌 文責<消しゴムの弾丸>:

読書クラブ部長 妹尾アザミが、『シラノ・ド・ベルジュラック』を下敷きに転校生の烏丸紅子を王子としてプロデュースする。王子は聖マリアナ祭における投票で選ばれる。知的不良を演じるが、不純異性交遊で孕んで中退する。

P11:
抑圧された性欲を抱える女ばかりの楽園には、捌け口となる、安全で華やかなスターが必要であった
(中略)
学園には常に“偽の男”が一人いた

P16:
恋は、人の容姿にするものか?それとも、詩情にするものなのか?
シラノ・ド・ベルジュラックの極めて醜い顔をアザミは思った。シラノはぼくさ

第二章 聖女マリアナ消失事件
1960年度 読書クラブ誌 文責<両性具有のどぶ鼠>

1919年に設立された聖マリアンヌ学園の成り立ちについて。

1899年にパリ郊外で生まれたマリアナが日本に行くはずだったが、病死したために6歳上の兄ミシェールが女装して日本に来る。死後、自分の遺体から性別が判明する事を恐れ、行方不明になる。

P88:
父さんはどうなる。誰よりも君を愛していたのに。君がいなくて、生きていけるものか

第三章 奇妙な旅人
1990年度 読書クラブ誌 文責<桃色扇子>:

生徒会でクーデターを起こし、生徒会六本木化計画としてディスコクラブを作った生徒三人が、不純異性交遊の写真等を播かれた事で失脚し、読書クラブに亡命する。

三人の内、一人は読書クラブに馴染み、読書クラブ誌を書く。

第四章 一番星
2009年度 読書クラブ誌 文責<馬の首のハリボテ>:

山口十五夜と加藤凛子の話。山口五十夜は他校の男子生徒を加藤凛子と見間違え、秘密の彼氏がいると疑ってロックバンド「人体模型の夜」でそれについて歌う(ホーソンの緋文字における姦通罪)。

疑いが解けて山口十五夜は読書クラブに戻る。

第五章 ハビトゥス&プラティーク
2019年度 読書クラブ誌 文責<ブリキの涙>:

「ブーゲンビリアの君」として生徒の没収品を匿名で返してあげる五月雨永遠の話。シスターに化けて生徒指導室に出入りしていた。『紅はこべ』(バロネス・オルツェ)が元ネタ。演劇部の曽我棗は、五月雨永遠にブーゲンビリアの君の話を聞き、演劇の題材にする。

聖マリアンヌ学園は共学になる事が決定しており、読書クラブ部室があるビルも取り壊される。最後に残った部員である五月雨永遠は、ビルに侵入してクラブ誌を運び出し、政治家となった妹尾アザミに渡す。

かつての読書クラブ部員達は、『慣習と振舞い』というコーヒー専門店に集まっており、読書クラブ誌はそこに飾られる事になる。

人気ブログランキングへ

連作のすすめ

読んだ本の感想。

木嶋利男監修。2012年12月1日 第1版発行。



現代技術(太陽熱消毒、抵抗性品種等)で連作を有効にする事が可能になったとする。

農作物は種類によって、適した土壌の粒形や緻密度等が異なり、同じ作物を同じ畑で栽培する事は、土壌条件をそのまま活かす事に繋がる。

連作すると品質が向上する作物:
綿、麻、薩摩芋、南瓜、玉葱、人参、大根、etc

連作の影響がほとんど無い作物:
稲、大麦、小麦、粟、カラス麦、玉蜀黍、黍、蓮根、etc

連作すると障害が発生し易い作物:
里芋、じゃが芋、甜瓜、白瓜、トマト、インゲン、白菜、etc

著者の実験では、連作するとキャベツで4年~5年目、大根・小麦では3年~4年目に病害が発生して収量が減少した。しかし、連作を継続すると収量は安定したらしい。

<土作り>
固相、気相、水相の三相のバランスを保つ立体構造を作る。

プラウ耕:下層を鍬等で粗く耕す(深さ20㎝)
ロータリー耕:鋤等で細く耕す(深さ12㎝~15㎝)
ハロー耕:表層を細かく耕す

吸肥根は浅い位置、吸水根は深い位置に伸長するなど、根の役割は深さによって違う事を踏まえる。水の縦浸透を促進する暗渠(地中に埋めた排水用水路)や明渠(地上に設けた排水用の溝)を設置して水はけを調整。畝や畦を利用して、傾斜によって水が流れ易くする。

<土壌処理>
連作によって病害が発生した場合の対処。

①太陽熱消毒
作物の栽培終了後に、10アール当たり稲わら1t、米糠100kgを混ぜて耕す。土壌表面をビニール等で覆い、7月~8月の高温時に約一ヶ月の消毒を行う。

②バイオフューミゲーション
植物が持っている殺菌成分を活用。アブラナ科に含まれるグルコシノレートは加水分解すると土壌病原菌に効く。

ウリ類(胡瓜、メロン、西瓜等)や茄子類を夏に栽培した後に、秋にコブタカナや黒ガラシを栽培し、春先に土壌に鋤き込む方法。鋤き込んだ後はビニール等で被覆して約一ヶ月放置し、グルコシノレートが加水分解され、土壌病原菌が殺菌されるのを待つ。

<土壌改良資材>
①堆肥
作物の種類に合わせて対応する。

アブラナ科野菜(キャベツ、ブロッコリー等):
有機物分解が得意な根圏微生物と共生しているので、やや未熟な堆肥。

ウリ科野菜(胡瓜やメロン等):
アンモニアを硝酸態窒素に変える酵素を持たないため、完熟した堆肥を使用。春菊や小松菜も収穫までの期間が短いため完熟した堆肥を表層に施用する。

根の深い野菜(茄子やオクラ等):
20㎝程度の深い位置に施用する。

②転炉スラグ
ケイ酸カルシウムを主成分とする。アルカリ度を上げる効果があるため、アブラナ科野菜の根こぶ病(酸度ph7.2以下で感染)を防止する効果。

③コーラル(珊瑚化石)
ミクロネシア、カリブ海の島々、沖縄は根こぶ病の発生し難い地域とされる。

④米糠、コーヒーかす、ソバ殻
乳酸菌の繁殖を促し、自活型センチュウ(植物に寄生しない)が乳酸菌を餌として増殖し、尿酸を排泄する。自活型センチュウは100ppmまで耐性があるが、寄生型センチュウは10ppmまでしか耐性が無いのでセンチュウを防除出来る。

⑤木酢液
炭を焼いた時に出る煙を冷却した時に結露する。希釈すると微生物が繁殖し、濃い濃度で殺菌、薄い濃度で微生物の餌となる。

⑥廃糖蜜
砂糖精製時に発生する黒褐色の液体。スクロースを主成分として、茎葉に散布すると葉面微生物が活性化する。

<別の作物>
間作(畝間に別の作物を育てる)や混作(同じ畝に育てる)の技術。

トマトと韮、苺と長葱、野菜類とハーブ、柑橘類とナギナタガヤ等は病害虫防除を目的とする。

囮作物として、大根を利用する方法もある。根こぶ病菌は死んだ組織には寄生せず、アブラナ科が無い時は休眠する。大根を植えると根こぶ病菌が休眠から覚めて、大根に寄生するが、表皮から生じた根にのみ寄生するため増殖出来ない。草生栽培では、カバープランツ(地表を覆う食物)や緑肥に使用する。

雑草で雑草を防ぐ方法として、秋に冬野菜の小松菜や水菜に、夏草のスベリヒユやアカザを繁殖させて敷き草のように地表を覆わせて冬草発生を抑える方法がある。

人気ブログランキングへ

覇王の家

読んだ本の感想。

司馬遼太郎著。昭和54年11月25日 発行。





徳川家康の幼少期から小牧・長久手の戦いまでをメインに書く。

軍律や統治法は武田信玄を模倣し、国家統一は織田信長、豊臣秀吉に相乗る形で成就していく。

尾張(利益集団)と三河(忠誠集団)の国民性を対照的なものとして考え、商業という原価の何倍もの値段で物品が売れる世界にいる人間は、自分の能力を信じ、農業を主とする三河は忍従的美質を持ったとする。

利によって奮起する集団は利を求めて勢力を拡大し、忠を基盤とする集団は現状を維持しようとする。日本の拡大期が終了した時に、利益集団から忠誠集団に政権が移行した。

P20:
独創や創意、頓智などを世間の者は知恵というがそういう知恵は刃物のように危険で、やがてはわが身の慢心になり、わが身をほろぼす害物になってしまう
(中略)
物まねびの心得ある者は、古今東西のよき例をまねるゆえ、一つ癖におちいることがない

P43:
家康は信長の同盟者として信長に運命を託し
(中略)
三河者にとっては、商人のにおいのする尾張者よりも、おなじ農民のにおいのする甲州者により親近の思いがあった

P138:
三河武士団の頂点にすわるべき一個の機関であり、機関としての頼もしさをひとびとに感じさせなければならない存在であった

P174:
徳川家の陣法や軍制を一変し、ことごとく甲州流に変えるというほどの思いきったことまでした

P236:
家康は不幸なまでの地方主義者で、かれの領国である三河、遠州、そして駿河の三国の国境のそとに自分の欲望や想像のつばさをひろげようとしたことがない

P269:
信長や秀吉は貨幣経済に力点を置き、さらに国家貿易を考え、国家そのものを富ましめようとしたが、家康の経済観は地方の小さな農村領主の域から一歩も出ず、結局この家康の思想が徳川政権のつづくかぎりの財政体質となり、財政の基礎を米殻に置きつづけるようになり、勃興してくる商業経済に対抗するのにひたすら節約主義をもってし、そのまま幕末までつづく

P318:
秀吉と戦うにあたって、三河陣法を廃止し、甲州陣法に変えた

P334:
独創的な案とは、多量の危険性をもち、それを実行することは骰子を投ずるようなもの
(中略)
譜代の者が家政を担当する。閣僚を老中と言い、局長級を若年寄とする職名も、三河松平郷のころのままにして日本国の維持をやらせようとした

P418:
忠誠心が原理であれば、父の池田勝入斎は織田信雄に加担して秀吉の敵たるべき立場にあった
(中略)
尾張的な契約の原理で諸将も諸士も支配され影響されている以上、池田家の人数の場合も、いったん敗軍になれば主将のそばから散ってしまう

P481:
愛知県は旧分国では西半分が尾張、東半分が三河国にわかれる。三河は山が多いが、尾張は野である
(中略)
林業民や狩猟民をあつめて軍隊組織をつくり、水のある山麓にむかって戦闘による進出を開始したのが、松平氏勃興のはじめである
(中略)
三河衆のつよい団結の習性というのは、原型をそこにもとめるべき

P504:
農民社会そのものの印象をもった。この集団が、のちにさまざまな風の吹きまわしで天下の権をにぎったとき、日本国そのものを三河的世界として観じ、外国との接触をおそれ、唐物を警戒し、切支丹を魔物と見、世界史的大航海時代のなかにあって、外来文化のすべてを拒否するという怪奇としか言いようのない政治方針を打ちだしたのは、基底としてそういう心理構造が存在し、それによるものであった

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード