人はなぜ格闘に魅せられるのか

読んだ本の感想。

ジョナサン・ゴットシャル著。2016年3月9日 第1刷発行。



失敗作だと思う。

教養大学で英語を教える39歳の著者(2012年3月時点)が、人間が格闘に熱狂する様子を知るために、格闘技を学ぶ話。しかし、「人間」ではなく、著者本人が過去のトラウマによって戦いから抜け出せなくなっていく。

作者は少年時代に、体格が上の子供に屈服し、その様子を父親に目撃された事がトラウマになっているようで、喧嘩の強さに囚われてしまっているように思える。

格闘技に習熟するほど、体格で勝敗が決定するために、階層的人間関係から逃れられない事が明確になるし、格闘技大会における闘争は作為的な野生であって、本当の自然状態ではない。

闘争を客観視するはずの著者が、より主観的になってしまっているため、すっきりしない流れになっている。

〇アレクサンダー・ハミルトン
米国財務長官経験者。長男であるフィリップを決闘で失い、1801年には自らが合衆国副大統領アーロン・バーと決闘して死ぬ。当時の米国では、名誉を守るための決闘は常識だった。

〇疑似戦争
1300年代~1700年代までイタリア労働者の大軍は定期的に兜と盾を以て集まり、戦争ごっこに興じていた。その伝統はスポーツに引き継がれ、1905年の米国ではフットボール中に18人が死亡し、159人が重傷を負ったらしい。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

奥様は惨殺少女

読んだ本の感想。

神波裕太著。2014年8月31日 初版第一刷発行。



原作のゲームをしないと理解出来ないと思った。

以下は、アニヲタWikiの「奥様は惨殺少女」のぺージへのリンク。

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/16961.html

主人公 大志は、妻さゆりの異母妹みゆきに麻薬をもられ、依存症になり、みゆきと不倫したらしい。

良く分からないけど、大志は、みゆきの夢の世界に囚われ、みゆきという言葉を発すると殺され、世界をやり直す事になる。夢の世界のみゆきは、二人が出会った中学校時代の姿をしている。

経過は分からないが、愛情に目覚めて現実世界に帰還したようだ。

人気ブログランキングへ

サリシノハラ/47

読んだ本の感想。

原曲:みきとP、著:嶽本野ばら。
2015年3月14日 初版発行。



嘘臭い話だと思いながら読んだ。

以下は、「嶽本野ばらのブログ」へのリンク。

https://ameblo.jp/dantarian2000/

47というアイドルグループに所属する砂吏(17歳)が主人公。小学校の時に、同じ年の篠原孝志とバンドを組む約束をしているが、音信不通になっており、篠原孝志は密かに47の熱狂的ファンをしている。

蔭松というプロデューサーに強要された枕営業を断った事で、砂吏は不倫をしていた噂を立てられ、やけになって後輩キツラが電子煙草を吸っている写真をインターネット上にアップする。

そして、篠原孝志に教え諭されて改心し、自分の行いを白状してアイドルを継続しているらしい。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード