異世界作家生活

読んだ本の感想。

森田季節著。2016年5月30日 第1刷発行。



以下は、Wikipediaの『森田季節』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E5%AD%A3%E7%AF%80

何だか勿体無いと思えてしまう話。

日本のライトノベル作家 長谷部チカラ(25歳)が異世界で小説作法の講師になる。あまり異世界っぽい描写が少なく、作者自身の経験や願望をそのまま反映したように思える部分が多い。実際の小説家がどのように思っているかを想像出来る。

異世界とか小説作法とか話をもっと広げて欲しかった。

P41:
ルサンチマンをぶつけるという行為が、創作の根底にあるのだ。おそらく、これはラノベに限らず、小説全般に言えることだろう。俺が最初に小説を投稿した時、「復讐してやる」という熱意に突き動かされていた。ちなみ、何に対する復讐なのかは具体的には自分でもわからない。おそらく、高校時代のクラスに友達が誰もいなかった経験などに対する憎悪の念ではなかろうか

****************

<小説作法にて教えている事>
①『―』の使い方
情報を付け足す時や、文末に付けて勢いよく次の一文に繋げる時等に使用する。

「帝国騎士団の動きは夜の野良猫より素早かった」 → 「帝国騎士団-別名、地獄の執行者と呼ばれる-の動きは夜の野良猫より素早かった」

②本の筆写
③10ページ~30ページの中編を書く
面白い話に拘る必要は無い。作品を完成させる事で、物語を終わらせるという技術が身に付く。

④駄目だと思う本のプレゼンをする
小説は確実に誰かに非難される。小説家は批判に耐えなくてはならない。

<長谷部チカラの作品歴>
処女作(デビュー作でない)は、ヒロインが吸血鬼の末裔で、退魔機関に命を狙われ、主人公が救出する。数年後に吸血鬼の設定のみを使用してラブコメにする。

デビュー作:暗い話
二作目:設定を詰め込み過ぎる
三作目:売りに走る
四作目:違う出版社から出す。鬱々とした展開
五作目:SFかファンタジー。気持ち悪さに商品価値?
六作目:昔の投稿作をリライト
七作目:「お前の胞子は繁殖力が足りない」
⇒シリーズで続いたが、社会人の主人公がやりたい事を一巻目で出し尽くし、続きが大変だった。小器用だが何でも屋感が出たらしい。ヒロインが全て菌類で胞子生殖で主人公の体にヒロインが生えてくる

八作目:温泉街を立て直す
九作目:大学生のサークルを書く。上手く纏まった方
十作目:ヒロインがエロネタを言いまくる。俺はこんなのも書ける
十一作目:同性愛小説。編集者の影響が薄いらしい
十二作目:短歌小説

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

三ツ星商事グルメ課シリーズ

読んだ本の感想。

百波秋丸著。

【登場人物】
〇山崎ひなの:
主人公。三ツ星商事二年目社員。

<三ツ星商事商務部グループリソース・メンテナンス課>
通称グルメ課。備品管理等を行っているが、社員の悩みを食事で解決する任務もある。

〇小西修三:
グルメ課 課長 初老で太っている。

〇響静:
〇日比生流:

<三ツ星商事>
〇京月宝生:
前社長。グルメ課創設者

〇京月椎名:
30歳くらい。前社長の息子。

〇箕輪優子:
主人公の友人。金融事業部。

〇星緑:
主人公の大学、会社の先輩。

三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事
2014年1月25日 初版発行。



2014年1月頃の話?新人OL山崎ひなのが総務部グループリソースメンテナンス課に異動させられる。

1章 煙まみれのファッションショー
繊維事業部・ファッションアパレル部 二年目の松江奈央の悩みを解決。自分の『原宿ファッションフェスティバル』の企画を鶴巻課長が実は押していた事を知らせる。煙に巻くようでいて物事には表裏がある。燻製も食べるのは一瞬だが作るには手間がかかる。

以下は、「燻製kitchen」のfacebookへのリンク。

https://www.facebook.com/kunsei/

2章 ビールとOJT
遅刻を繰り返す産業設備部 十三年目の舞浜亮二の悩み解決。ビアバーで出会った女性を探していた。女性の出したクイズがビールの順番の意味であったが、その順番が産地の並び順であり、世界一周旅行に准えていた事を示す。その特徴から観光ではなく、商社の食材探し等の仕事であり、山崎ひなのの先輩 星緑である事が分かる。

入出国が困難なイスラエルに、陸路でなくトルコ→イスラエル→インドと空路で訪れており、観光地のエジプトには行っていない。総合商社の代表的な海外拠点巡りと想定された。

以下は、「セルベッサジム カタラタス」のWebページへのリンク。

https://ameblo.jp/cataratas-nao/

3章 ナポリタン×味醂=コスメ戦略
コスメティック部の怜花(30歳)の悩み。月替わりでリリースされる口紅シリーズ『月果』について他社である美麗化粧品が類似商品を先に出した。『月菓』として塗るスイーツというコンセプトで高級スイーツショップとコラボする事にする。

以下は、「さぼうる2」の食べログのWebページへのリンク。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13011604/

以下は、「酒茶論」のWebページへのリンク。

http://shusaron-online.com/

4章 海の中のピッツェリアと空の上の弾劾裁判
第一食品流通部 日立野淳の悩み。モリタ食品の夜奈村専務から娘との結婚を薦められるが、山崎ひなのを恋人として紹介して断る。モリタ食品との取引が無くなり、グループリソースメンテナンス課の責任が追及されるが、ピザ屋に専務を連れて行き、店のペンギンを見せて、娘も自分に適した相手と結婚すべきと言う。

夜奈村専務は改心し、グループリソースメンテナンス課は存続する事になる。

P215:
根津にごま豆腐のおいしいうどん屋さんも見つけたし、自由が丘のタイ料理屋さんも素敵だったし、押上の可愛いカレー屋さんも堪能したし、何と言ってもお気に入りは浅草橋のピザ屋さん

⇒どこだろう?

以下は、「ゑんぞ PIZZERIA ENZO」の食べログへのリンク。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13141862/

終章 山崎ひなののおいしい仕事
経理部からの無駄を暴くスパイだった山崎ひなのが正式にグループリソースメンテナンス課に配属される。

三ツ星商事のうまい話
2014年9月25日 初版発行。



グルメ課を潰そうとする黒野副社長が更迭されるまで。

1章 立腹はさらっと流して
久保田経理部長の誤解を解く話。取引先の「つかえんです」という言葉は、富山弁で「差し支えないです」の意味だった。

以下は、Wikipediaの「竹葉亭」の記事へのリンク。名物は鯛茶漬け。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E8%91%89%E4%BA%AD

2章 アボカドのような映画
大根役者RAYの演技をどうにかする話。映画ではなくミュージックビデオにする。

以下は、「avocafe」のブログへのリンク。

http://ameblo.jp/avocafe/

3章 フラスコが割れるとショコラが売れる
星野研究所でフラスコが頻繁に割れる話。鈴音蘭研究員がヘッドハンティングされていた。

以下は、「オービカ モッツァレラバー」のWebページへのリンク。

http://obica.jp/

以下は、「ママン・ラトーナ」のWebページへのリンク。

http://www.mamanlatona.jp/

4章 肉横町が解き明かす謎
社内SNSに噂話が頻繁に書き込まれる話。最初に書かれた、副社長が社長を更迭しようとしている噂を揉み消すためだった。

以下は、「渋谷 肉寿司」のWebページへのリンク。

http://shibuyayokocho.com/shop_info/nikuzushi/

5章 パーティは星が栄えるステージで
社内イベント 三星会で使用する全天球プラネタリウム『ステラリウム』の準備不足を、光るコスモス『キュート・ル・キス』を映し出す事で誤魔化す話。宇宙はコスモスとも言う。

以下は、「パパブブレ」のWebページへのリンク。

https://www.ai-road.com/%E5%92%8C-%E6%B4%8B%E8%8F%93%E5%AD%90-1/papabubble/

終章 三ツ星商事グルメ課の美味しい仕事
黒野副社長が、『ステラリウム』について偽の納品書を作成した事が露見して更迭される話。

三ツ星商事のあまい罠
2015年3月25日 初版発行。



組合員であるために人事から睨まれ、リストラ対象となった社員達を社長に直接悩みを言える「トップキャラバン」という企画にて救済する話。

以下は、「ぎおん 徳屋 原宿店」のWebページへのリンク。

http://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/tokuya/index.html

1章 美味しいABC
忙し過ぎて社内冷蔵庫に収納されてしまう他人の食べ物を食べてしまう農水産事業部 綿屋浩紀(29歳)の話。アクセサリーの余剰在庫をさばくために、「旬を過ぎたアクセを輝かせよう」という企画をコーディネータと行う。

以下は、「カカオサンパカ カフェ」のWebページへのリンク。

http://www.cacaosampaka.jp/cafe/

以下は、「エビ殻荘 神楽坂店」の食べログの記事へのリンク。

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13165733/

以下は、「Dolce LA BETTOLA」のWebページへのリンク。

http://www.la-bettola.co.jp/restaurant/dolce.html

2章 入浴剤をまという夜は……
嫌な上司に好かれているために、同僚から疎まれるヘルスケア事業部 一之倉純(25歳)の話。入浴剤が売れた手柄を同僚に譲る。

以下は、「自家焙煎珈琲 凡」のWebページへのリンク。

http://cafebon.co.jp/

以下は、「ネオ屋台村」のWebページへのリンク。

http://www.w-tokyodo.com/neostall/

3章 下駄は彼女を救う
子育てで忙しく寝不足のリテール事業部 高橋由美(32歳)の話。部下を付けて貰う。

以下は、「漁 十八番」の食べログの記事へのリンク。

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13090034/

以下は、「五十番 神楽坂 本店」のWebページへのリンク。

http://www.50ban.com/

4章 二つのスパイス大作戦
あらゆる女性に声をかける金融事業部 呉フリオ(27歳)の話。特に問題の人(作者のネタギレ?)。

以下は、「レピス・エピス」のWebページへのリンク。

http://www.lepiepi.com/

以下は、「ユニオンサンドヤード」のWebページへのリンク。

http://www.zot-inc.com/SHOP/UnionSandYard.html

以下は、「浅草メンチ」のWebページへのリンク。

http://asamen.com/

終章 三ツ星商事グルメ課のあまい罠
蛭子人事部長が労働組合の面々を解雇しようとした事が露見し、降格させられる。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード