エジプトなんてどうでしょう

以下は、インターネット上の記事からのコピペ。

エジプトは高い経済的可能性を持ちながら苦境に陥っている。

2014年からの3年間で1ドル = 8ポンド程度だった通貨水準は1ドル = 18ドル程度と半分以下になり、食料品や燃焼が値上がりしている。失業率は公式発表で14%であるが、若年失業率は40%程度であり、二人に一人は仕事が無い状況になっている。

しかし、エジプトには第二スエズ運河や地中海海底で発見されたガス田、観光産業等の経済的可能性を持っている。

(後略)

******************************

以下は、『100年予測』の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-796.html

以下は、『激動予測』の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1012.html

ジョージ・フリードマンの本を読んでいる。現状、米国は移民問題に本格的に取り組むつもりはないのかもしれない。

「1950年に約2700万人だったメキシコの人口は、2000年には1億人。人口減少に悩まされないメキシコから、米国に大量の移民が流入し米国とメキシコの国境が変わる可能性」

「目標に取り組む振りをして、達成出来なければ部下が断固たる行動をとれなかったせいにする事である。成功するはずのない計画で、適切な措置を講じている錯覚を国民に与える。国家に出来る事は派手で不便な対策システムを構築する事で国民に安心感を与える事である」

「大統領は、新しい問題に直前期の解決策を適用しようとし、レーガン方式である減税による投資の拡大を促進する。それは人件費の上昇を招き、景気を下振れさせる」

*******************

以下は、「地政学の逆襲」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2189.html

こちらは米国が覇権国を止める事を提唱している。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード