「絡新婦の理」だ

行き当たった答え。

以下は、「烏に単は似合わない/烏は主を選ばない」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2525.html

「烏に単は似合わない」を読んで何だかモヤモヤした気分になっていたが、今日になって疑問?の答えが見つかった。この話は、多分、「絡新婦の理」を下敷きにして作られている。。

以下は、Wikipediaの「」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%A1%E6%96%B0%E5%A9%A6%E3%81%AE%E7%90%86

策略令嬢、毒殺、四姉妹、実は下男の子供、個人名でなくお嬢様と呼ばれる、etc。

出来上がった話を作者が書き直したために、種々の矛盾が出てきたのだと思う。

そのように妄想した。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

兵器と戦術の日本史

読んだ本の感想。

金子常規著。1982年5月1日 印刷。



以下は、「倭王の軍団」の記事ヘのリンク

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2052.html

第一章 倭歩兵の興隆と衰退―海北四百年戦争
一 鉄矛・長剣・長槍歩兵の交互支配
日本古代の軍事資料の始まりは、弥生前期(紀元前300年頃~紀元前100年頃)の出土兵器である。主に青銅製の以下の兵器。

・剣
両刃が剣で、片刃は刀。

・矛
剣に長柄を付けた形の刺・斬両用兵器。穂先が鋭利で刺突専門の兵器を槍と呼ぶ。

弥生中期(紀元前100年頃~100年頃)になると、鉄製の武器が増加する。ただし治金技術は未熟で、剣の長さは30㎝~40㎝程度である。鏃は石や青銅で、大量に使用される矢に鉄製品を使用する余裕が無かったものと思われる。

以下の歴史観。

〇0年頃~100年頃
奴国が倭の代表的国家となり、100年頃には帥升が倭人諸国を統一。倭人は朝鮮海峡の南北に跨って分布したものと思われる。帥升は鉄産地の弁辰を押さえるべく、新羅と戦ったが、戦いは不利で107年には後漢に朝貢している。123年に倭は新羅と和し、以後100年間は倭と新羅間に戦の記録が無い。

〇100年頃~300年頃
1m程度の太刀を国産出来るようになる。幅広の銅矛や銅剣が主に西日本で乱雑に棄てられた状態で発見される事から、鉄武器の普及に伴い、銅製の武器を使用する部族が敗北したと推測される。祭器である銅鐸の廃棄はその延長にあると思われる。

200年頃~300年頃を記す魏志倭人伝には、骨鏃に加えて鉄鏃を使用したと記されている。邪馬台国の壱与の時代を示す晋書には鉄鏃の記述のみがあり、邪馬台国は弓矢を主兵器とする太刀弓軍が活躍したのかもしれない(同期間に矛が出土しなくなる)。232年には朝鮮半島?にて新羅の侵攻に対して倭の軍勢が戦い、若干の失地を回復したらしい。

〇300年頃~400年頃
薄鉄を革紐で綴った歩兵用の短甲や鉄冑が出土する。装甲が強化されたためか、突撃用の4.5m以上の長槍が増加している。新羅と倭の戦は287年以降再開し、300年頃には倭と講和し、任那が作られたとしている。倭は百済と同盟し、371年頃に高句麗を破って帯方、楽浪を奪取している。391年の百済内紛では応神朝が百済を征しており、両国関係は上下関係に移行する。

二 桂甲騎兵・山城要塞歩兵の勝利
400年頃に、高句麗の好太王指揮下の桂甲矛騎兵を核とする軍隊が新羅救援を名目に南進する。404年に倭軍は帯方郡に進攻したが敗北している。

倭において、古墳中期に馬具の出土が増えるのは、高句麗騎兵への対抗のためかもしれない。応神朝15年(404年頃)には百済より良馬二匹を貢上させ、仁徳51年(444年頃)に新羅との戦いで上毛野田道が騎兵を使用している?しかし、その後は騎兵部隊使用の記事は殆んど無い。

鏃が桂甲を突き抜くように細長く改良され、鉄鋲留の堅固な短甲が出現し、冑も衝角型に変わって大陸系の眉庇付のものが見られるようになる。また、刺突専門の長槍が柄を短くした矛に変わったのは、騎兵に対応して隊形を変えやすいようにしたためと思われる。

⇒馬の生産や移動が困難であったため、他の戦術対応を行った可能性

〇任那滅亡
460年頃から、新羅が国境地帯に山城を多数構築し、山城の掩護下に騎兵中心の機動部隊を設置し、領有を確実にする戦法を採用するようになったとする。

倭においては雄略朝期以降であり、短甲に変わって装甲が強化された桂甲が頻繁に出土するようになる。長矛に代わって太刀が使用されており、矢で敵騎兵の接近を阻止し、接戦では太刀で対抗する戦術が推測出来る。これは古代ローマ軍が長槍方陣式を廃して、盾・長剣格闘方式を主とする軍団歩兵に移ったのと似ているとする。

しかし、敵騎兵が鐙を使用していたとすると、倭国の歩兵は敵騎兵に対して防御してなら勝つ可能性があるが、攻撃前進しては勝てないため、歩兵は決勝兵種としての地位を失った事になる。そして、雄略朝は東国の蝦夷を動員してまで任那を増援したが、新羅に奪われたとしている。

継体朝は新羅を討つ準備をしたが、527年に征討軍が筑紫海岸で準備中に筑紫国造の磐井が新羅側に立って反乱し、新羅征討は失敗する。以後、百済が任那回復の責任者となるが、562年に任那倭府は完全に滅亡した。

三 見えざる兵器諜報活動の勝利
倭では、任那失地後に、任那百済派と新羅派の争いが発生する。592年に崇峻天皇が任那回復の軍を筑紫海岸に集結させたが、出発直前に暗殺され、601年に聖徳太子が高句麗と百済に共同作戦を提案したが、602年に大将軍 来目皇子が急病で死亡し、代わりの当麻皇子は赴任のために出発した2日後に妃が明石で急死したため、出兵は中止された。

⇒新羅征討の度に暗殺等が発生している

*****************

新羅は、651年に官等、服制、暦法、年号の全てに唐制を採用し、唐の援助を獲得する。日本では壬申の乱において新羅派の擁立した大海人皇子が勝利し、658年、659年、660年に阿部比羅夫が日本海岸の北方を調査し、北辺の安全を確認している。

白村江の戦いにおいて倭が唐に敗れた事で、百済・任那回復派は総敗北したとする。天武天皇による日本書紀は、海北放棄の立場を掩護する歴史書とする。

第二章 律令徴兵歩兵の誕生と終末―蝦夷百年戦争
一 律令徴兵歩兵、軍の主役となる
奈良・平安時代の軍隊は律令兵制が基幹になっている。しかし、半島から撤退し、国内維持に方針変更した日本にとっては、歩兵大衆兵よりも少数精鋭の方が適当だったとする。

歩兵大衆兵は、それまで自治に委ねていた辺境の直轄化に邁進し、702年の隼人征討に始まり、811年の蝦夷征討に終わる百年戦闘が開始される。徴兵歩兵制度が採用されたものの、実態は志願騎兵を中核とする状態だったとする。

二 律令歩兵、奥蝦夷を征す
蝦夷との以下の戦い。

①宝亀の征討
767年に大和朝廷の奥羽征討が再開された。追川丘陵の中心に伊治城を完成させ、775年には秋田城を築き、776年から奥蝦夷の根拠である胆沢、志波攻略に取りかかった。

鎮守将軍 大伴駿河麻呂の作戦は上手くいかず、780年には朝廷で騎兵移行が建議された。

②延暦一次征討
桓武天皇は征討継続を決し788年から準備を開始し、789年には歩騎兵5万2000人を紀古佐美を大将軍として派遣している。蝦夷側の阿弖流為は、ゲリラ戦法によって対抗したとする。

③延暦二次征討
桓武朝は、791年に征討を再開し、征東大使 大伴弟麻呂、福使 百済王俊哲、坂上田村麻呂等による10万人の大軍を派遣している。大兵力で追・磐井丘陵を掃滅し、関東から大量の開拓民を伊治城に移住させる構想。

⇒792年には陸奥、出羽、佐渡、大宰管内を除いて軍団が廃止されている。郡司の子弟を指名する少数精鋭の健児を置く事が法制化されたが、人材確保に苦慮したとする

④弘仁の征討
811年に、陸奥出羽按察使 文室綿麻呂による東北奥地の幣伊(現閉伊都)、爾薩体(現一戸~九戸地区)の征討の上申が許可され、俘囚兵を使用した征服が行われた。

⇒征討の主体が俘囚軍だった事で徴兵歩兵大衆軍の存在意義が失われたとする

三 弓騎兵、歩兵に代わる
以下の戦い。

①新羅海寇
809年に新羅における王位争奪の内乱が発生した事で、西日本に脱出を図った新羅民が襲来するようになる。814年に弩師が復活し、大宰府が直轄弩師二人を置いている。894年には、対馬に出現した新羅海賊2400人が弩によって撃退されている。

②蝦夷(天慶の乱)
877年に秋田城以北の民が凶作のために反乱を起こしている。動乱後の出羽守備兵は志願長期含務者が多くなり、清原歩兵として独自の発達を遂げたとする。

③平将門
935年に反乱した。騎馬が少数であったために、盾弓歩兵を用いた騎歩連合部隊を用いたとする。日本独自の鉄札による大鎧が出現するのは延喜朝(911年~922年)であるが、高価なために普及せず、盾に隠れた弓兵が有利だったとする。しかし、最終的には藤原秀郷の弓騎兵に敗れた事で、関東武士の弓騎兵方式が確定したとする。

第三章 少数精鋭騎兵の勝利―覇権武士に移る
一 弓騎兵より突撃騎兵に
1051年に陸奥の郡司 安部頼時が反乱し、律令歩兵を弓馬戦闘で圧倒した。鉄の普及によって鎧が強力になると、弓矢戦でも敵の防護が弱い箇所を狙う必要が出てくる(熟練者の必要性)。そして、徐々に突撃騎兵を活用した戦法が拡がるようになる。

保元・平治の乱を経て、源氏が騎馬による突撃戦に自信を持ち、平氏は弓矢による戦闘を基本としたとする。武士の戦法は、個人が名乗りを上げて戦い、各人の功名を明確化する懸合い戦法で、兵力の逐次使用という欠陥があったが、敵味方が同じルールで戦うので問題無かったとする。

二 突撃騎兵制覇す
源平内戦において、源氏の突撃騎兵が平氏に勝利したとする。源氏においては、源義経が採用した大将が先頭になり、集団で敵に突入する戦法が関東武者の反感を招いたとする。敵の首級をとる暇が無いので恩賞に与れない。

源義経の戦法は、奥州で体得したと思われ、坂東武者には異質だったとする。

第四章 突撃騎兵と矛兵衝突す―元寇
一 元軍歩兵、日本騎兵を破る
文永の役:
1274年に元軍が来襲。九州全域の日本側総兵力は10万人ほどとする。対する元軍は総員3万2300人、その内の戦闘員は1万7300人であり、威力偵察が目的とみられる。

高麗の東国通鑑では、元は大風雨で1万3500人を失ったとする。日本征討は評価され、1275年には征東元帥府が賞され、弘安の役においては文永の役の首脳部のほとんどが首脳として起用されている。

二 奇襲上陸作戦成功直前の挫折
弘安の役:
1281年に元軍が来襲。元軍の出征兵力は15万人程度。

著者の推定として、元軍は日本軍を博多より長門に至る東方に牽制し、元軍の一部が西方に上陸する意図があったとする。元軍は平戸に到着し、鷹島に移動して上陸準備をしたが、日本側の記録に無いため、台風で全滅したのかもしれない。

第五章 歩兵台頭す―元寇・南北朝の乱
一 弓槍歩兵、戦列に復帰す
楠木正成の戦略について。個人として戦う騎兵に、集団として戦う歩兵が対する。

畿内では騎馬が少なく、歩兵を主力とする。兵の大部分は農民からなるため、農閑期にのみ動員が可能であり、農民の協力を得る事が持久戦略の要となる。

しかし、鎌倉幕府から権力を奪回した後は、護良親王が自ら征夷大将軍となり、軍事力を握ろうとしたものの、大衆兵を基礎とする軍事は武士層や大衆兵を卑賎論外とする公卿達から反発される。

二 歩兵、槍を持つ
南北朝期の武器変化として、騎士が馬を射られて下馬戦闘する事が多くなり、防護力を若干犠牲にして革札と混用した軽量鎧が使用され、歩兵胴丸形式の鎧を使用した。

槍は主要装備として定着し、楠正成の軍は八尺~九尺(2.4m~2.7m)の槍を多用したとする。

三 倭寇出現す
1350年頃に朝鮮南岸に侵攻したのが大規模な倭寇の始まりとする。

倭寇は一般に素服で短袴をはき太刀を背負ったとする。甲冑が無いために矢戦に弱く、ゲリラ方式で戦った。倭寇は1410年頃までに明や朝鮮等に征討され、1530年頃に再び盛んになったとする。

第六章 足軽歩兵地位を確立す―応仁より天下統一へ
一 長槍集団、歩兵決勝戦力となる
応仁の乱における長槍軍の活躍。槍衾を作って突撃する戦法の有効性。

足軽歩兵(卒)が補助要員から決勝要員となる。

南北朝期に軽量化された鎧は、槍の普及によって堅固が要求され、革は避けれれ、小札が漆で固められて隙間を埋められたり、大型札を使用して綴目を少なくしたとする。

二 長槍・鉄砲集団歩兵の活躍
鉄砲の普及等によって丁は胴丸形式から具足へ進み、鉄札を鋲留した桶皮胴方式に変化したとする。

この時代では兵器装備が敵味方で大きく変わらないため、主将の統率や戦略・戦術が重視されたとする。

三 倭寇、大型水軍に敵し得ず
16世紀頃に活動した倭寇について。大型船で大砲を装備した明軍には勝てず、その実情を調査してれば朝鮮征討は阻止されたかもしれない。

四 戦略・戦術優位の時代
織田信長の戦略・戦術について。長篠の戦いで装備率10%に達した鉄砲や、信長自身が先頭に立たなければ突撃出来ない体質等。

火縄銃は防御兵器としては有効だったが、突撃兵力としての長槍歩兵を併用する必要があった。

豊臣秀吉の天下統一の頃には鉄砲装備率は20%近くになったとされ、桶狭間の戦いの頃に鉄砲一に対して槍四~六だった装備の割合は、天下統一の頃には鉄砲一に対して槍二~三になったとする。

足軽を中核として長槍集団歩兵を重視し、それを鉄砲で補う多数例兵主義。それは平氏の頃から歩兵の実績を持つ畿内の封土に合ったとする。たしいて、源氏の伝統から少数精鋭の騎兵を重視した武田・北条があるとする。徳川家康は三方原等での武田騎馬軍の勇戦を経て騎馬チーム中心に傾いたとする。

第七章 陸の鉄砲・海の大砲―朝鮮の役
一 陸進むも、海進まず
1592年の朝鮮出兵について。総計20万人の遠征。制海権を取れない事の不利。

二 釜山海岸堡への撤退
明軍4万3000人と戦い、日本軍が撤退した話。

三 再び海上堡の支配権を求め
1597年の慶長の役について。動員兵力は14万人で前回より少ない。釜山周辺の領有権確立を狙う?結局は失敗し、小西行長や石田三成と第一線の武将との溝が深まったとする。

四 水軍の弱体暴露
大型砲兵水軍を持たない日本軍の不利。戦術も李瞬臣が火砲を積んだ大船を集結駆使した組織的戦闘を行ったのに劣ったとする。

著者は、朝鮮征討の失敗を水軍の弱体と、大きくは豊臣秀吉の資質によるとする。織田信長の例が役立つ国内では能力を発揮したが未踏の海外では方略を誤る。膨張のみを志向し固める事を知らない。石田三成等の事務的能力に優れる幕僚を優遇した事は、豊臣秀吉がそれらの能力により政治・戦略指導は務まると考えていたためであり、見積も・評価が用兵を第二義としたとする。

朝家摂関の権威を背景に政権を作った事にも問題があり、足軽・武士を基盤にした新政権を拓く発想が無かった。

織田信長の時代には長槍足軽の活躍により、足軽出身者の権力参加が実現したが、朝鮮の役の失敗や関ケ原の敗北等により、覇権は騎兵重視の東国に移ったとする。

五 近代兵備への道凍結す
大阪の役で、東軍の鉄砲装備率は50%前後に達したとする。それは槍兵減少による突撃力弱体化に結び付く。そのため、1616年の元和軍役令では、弓・鉄砲一に対し、槍一・七程度として、槍を多く装備するよう規定した。

この後の鎖国令によって日本の軍事技術は停滞したとする。

第八章 洋式近代軍の勝利―幕末・戊辰戦争
一 施条鉄砲の制覇
海外からの脅威に対して軍事を拡充した事について。

長州藩では藩士隊が弱体とされ、陪臣の卒級が半分、農民が半分という奇兵隊が編成された。薩摩藩では施錠砲を導入し英国を師とする兵備改革を実施。

二 再び戦略・戦術優位の時代へ
戊辰戦争の帰趨について。兵器において劣っていなかった幕府側が敗れたのは、旧式兵法の中央突破に執着した事とする。

第九章 太政官徴兵軍勝利す―西南戦争
一 木戸征韓論の支配
木戸孝允による長州藩が主導権を握る征韓論について。著者の意見として、徴兵制は四面環海の日本には合わず、平時は英国や米国のように少数志願の精兵で充分とする思想が日本に合っていたが、奇兵隊等の長州藩の体質や征韓論が徴兵制を実現したとする?

二 徴兵軍の基盤確立す
西南戦争における徴兵軍の勝利について。官軍の戦闘期間七か月、四万六000人の兵、3500万発の消費は、日露戦争の一一ヶ月、20万人、約1億発に比肩する。

第十章 日本帝国軍の盛衰
一 日本軍、帝政ロシア軍を破る
日露戦争において、機動戦重視、小銃優位、軽砲主義の日本陸軍が生まれたとする。それは西南戦争を基礎とするのかもしれない。

日露戦争の帰趨は、旅順要塞攻防戦において決しており、ロシアの将軍クロパトキンが旅順を救援しなかったために、ロシアの第一太平洋艦隊が壊滅し、日本海海戦にて日本軍が勝利したとする。

著者は、日露戦争における日本軍の戦略として奉天以南にロシア軍を引き込んで叩き、遼東半島や韓国を保持して、沿海州やオホーツク沿岸地域の支配権を確立して講和を迫る方法を提示している。

⇒こうした海岸志向を忘れ、大陸保持に懸命になった事が後の大日本帝国の運命を決めたとする

二 日本軍敗北す
第一次世界大戦における戦車、毒ガス、航空機の出現に日本軍が上手く対応出来なかった事について。

三 今後の戦・二つの推論
著者の推論として、ミサイル砲弾が今後の優位となると予想している。位置を把握されないように頻繁に移動するミサイル砲兵が偽装遮断や築城掩体を利用する。

また、対共産圏との戦略を考えており、日本全土を防衛するのでなく、戦略的価値の高い壱岐・対馬や津軽海峡南北地域を日本防衛の中核とすべきとする。

人気ブログランキングへ

土曜日に向けて

ここしばらくの間、意識がはっきりしない。

今週末は勉強会なので、それまでに疲れがとれるようにしたい。

元気が無い理由は分かっている。寝不足だ。

人気ブログランキングへ

暇な時間

仕事中、何もする事が無い時に何をすれば良いかを考えている。

5分とか10分とかの空き時間は、何をすれば良いのか分からないので苦痛だ。

人気ブログランキングへ

やる夫スレを書いてみた④

以下は、「やる夫スレを書いてみた①」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2536.html

以下は、「やる夫スレを書いてみた②」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2537.html

以下は、「やる夫スレを書いてみた③」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2538.html



<10年後>
       ____
     /      \ 売れないお
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \ 何でどいつもこいつも
   /  _ノ  ヽ、_  \ やる夫の歴史小説の面白さが
  / o゚((●)) ((●))゚o \ わからないんだお
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \ 世間じゃ、大衆に媚びへつらった
   /  _ノ  ヽ、_  \ 中身スッカスカの娯楽小説ばっかり
  /  /⌒)   ⌒゚o  \ もてはやされてるお
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /


     /  ̄三ミ、
     (    三三) 低能ゆとりだらけの20世紀じゃ
.     ゝ   三ノ   本物は評価されないのかお
    とノ  三三|)
    / y  三三|
   (_人_ィ_ツ
        三三三三三
          三三三三三


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒   先生、ホームズの単行本に
. |     (__人__)     また増刷がかかりました!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }    今や翻訳されて世界中に
.  ヽ        }      輸出されていますよ!
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、 

         ____
       /   u \ 
      /  /    \\ ああ・・・・
    /  し (○)  (○) \ やる夫の黒歴史ノートが
     | ∪    (__人__)  J |  世界中に拡散されるのかお
    \  u   `⌒´   /


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒   10年経ってもホームズ人気は衰えず、
. |     (__人__)   もはや伝説的な存在です
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、 


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  推理小説マニアにとって
. |     (__人__). rm、  やる夫先生はもはや神です!
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\ 止めろ・・・お前らキモオタの旗印に
  /    (__人__)   \ やる夫を担ぎ出すのは止めろ
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒   ま、それはそうと、
. |     (__人__)    次回作のことなんですが
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、 

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\ 今度のはボーア戦争についての
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ノンフィクション何だお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

      ____
     /\  /\  この本を描くために、
   /( ●)  (●)\  やる夫は南アフリカの戦地へ
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ 赴いたんだお
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /  戦闘の真実を描くために!


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  そんな事よりホームズだ!
  |   -=・=- -=・
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ

     ____
   /      \  
  / ヽ、   _ノ \ 何億回言ったら分かるんだお
/   (●)  (●)   \ ホームズは死んだんだお
|  U   (__人__)     .|
\    |i||||||i|     /
 / __` ー'
 (___)


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \ 復活させて下さいよ!ホームズ!
     |  ミィ赱、i .i_r赱 ほーむじゅ!ほーむじゅ!
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

【信者達】
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.   
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.  
   |   |     |   |     |   |     |   |   
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.  
ホームズたんの活躍読みたい~!ホームズ生き返って~!


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \ ほらほら~
     |  ミィ赱、i .i_r赱 世界中のファンも
.     | ::::::⌒ (__人__) こう言ってますよ~
.     |     トエエエイ   ねーねーてんてー
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

       ____
     /_ノ  ヽ、\  何でだお?
   /( ●)  (●).\  何で頑張って書いた歴史小説が
  /   (__人__)  u. \ 誰からも褒めてもらえなくて、
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /) あんな糞ラノベだけが
', U ! レ' /      . . | U レ'//)  評価されるんだお?
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)
    |   ⌒(_,,人__)  はっきり言って先生が本気で書いた
    |   ∩ノ |;;;| }   小説はつまらないんですよ
    |  /_ノ"' }
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \

       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |  くぁwせせdfrtgyふじこl
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/
  ノ::::::::   `ー'´  \

     ____
   /      \ とにかく、やる夫はもう金輪際ホームズは
  / ヽ、   _ノ \ 書かないお
/   (●)  (●)   \ キモオタ相手の商売からは
|  U   (__人__)     .|  足を洗ったんだお
\    |i||||||i|     /
 / __` ー'
 (___)

        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \ まあまあ
    /  (⌒)  (⌒)  \ やる夫先生そう言わずに
    |     ___´___     |  話だけでも聞いて下さい
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \

            ___    
         /   ― \   
       |     (●) ヽ\  誰だお?
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \ アメリカのコリアーズ社の者です
    /   (●)  (●)  \ ホームズの原稿依頼に来ました
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \

       ____
      /      \ 
     / ⌒  ⌒   \  わざわざ海を渡ってご苦労様だお
   /  (ー) (ー) /^ヽ けどやる夫は
  |   (__人__)( /   〉|  もうホームズ書かないから
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \ 私達はお金持ちのアメリカ人です
    /   (●)  (●)  \ ライミーより
     |      __´___     |  ずっと良い条件を出します
    \      `ー'´    /
     ノ           \

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \  金の問題じゃないお
   |      (__人__)     |   やる夫の文学士としての
   \     ` ⌒´     /ヽ   誇りの問題だお
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \ 4000ドル出します
    /  (⌒)  (⌒)  \ 
    |     ___´___     |  
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \
※4000ドルは現在の価値で約3000万

         ____
       /      \ ・・・は?
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \
    |      (__人__)     |
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \ ホームズの短編1本につき
    /  (⌒)  (⌒)  \  4000ドル出します
    |     ___´___     |  
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \


         __ 
        /⌒  ⌒\ 
      / ____________ノ  \
    ./::u:: ⌒__________( ○)(○)
    |    (⌒)|__________(__人__)
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _______|l!|li!|
    | | | |  __ヽ__________ |ェェェ
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
 
        ____
      /       \
    /  ⌒   ⌒  \  ・・・
  /  (●) (●)  \
  l    ⌒(__人__)⌒    l
  \     `⌒´     /
  /              \

       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \ ・・・書きます
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ オウ・・・
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

             ____
           /     \
         /  _ノ;::::::::⌒ \
        / ;;;(◯)::::::(◯);;; \
       |      ,__´___ ⌒   |
       \      `ー'´     /
        /          \

       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \ ホームズ復活します!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

       ____
     /_ノ  ヽ_\
   /。(⌒) (⌒)。\ あと1年だけだお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\ それで
  |     ヽr┬-/     |  ホームズは今度こそ最後だお
  \      `ー'´     /

       ____
     /⌒  ⌒\ やる夫には世界一の小説家になって
   /( ●)  (●)\ 文学史に名を刻むという大望が
  /   (__人__)   \ あるんだお
  |     |r┬ i     |
  \     `ー‐'    /寄り道はこれっきりだお!
  /::::::::\/▼ヽ/::::::::::|



結局、やる夫ドイルことアーサー・コナン・ドイルは、この後20年以上ホームズシリーズを書き続ける事になる。 そして、100年後の現在、彼は見事文学史にその名を残している・・・・。

「シ ャ ー ロ ッ ク ホ ー ム ズ の 生 み の 親」 と し て

<FIN>

人気ブログランキングへ

やる夫スレを書いてみた③

以下は、「やる夫スレを書いてみた①」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2536.html

以下は、「やる夫スレを書いてみた②」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2537.html



       ____
     /⌒  ⌒\  
    /( ●)  (●)\ ホームズにはこの世から退場して
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  もらう事が決定したお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


        ____
      /      \
     /  ─    ─\ で、最後の事件では、
   /    (●)  (一) \  チート主人公を殺すための
   |       (__人__)    |   チート悪役を出すお
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ

                /
               / |
.              /::::::ヽ  『犯罪界のナポレオン』
               /::::::::::::::\  なんと、ロンドンで発生した
          ___/       \  犯罪の半分は
        < i__〉   , .::;;;;::. 、 |:\ この男が
       <_i_,_〕  イ .;'⌒しハ'  ̄| __ 黒幕だったのだ
      <_t_,_〕   人:ヽ...ノ.:ノ /〈__i_>
.      <_t_〕    `''ー ´ /: 〔,_i_>
        |  .         \〔,_t_>
        ヽ           〔,_t_>
         \ー‐'^'ー‐'      /
           \,,,,,,,,、    /
            \ .......... /
              \:::::/
               |/


      |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V   暗黒街の帝王・・・
.       i{ ●      ● }i    その名はモリアーティ・・・・・・
       八    、_,_,     八    
.       / 个 . _  _ . 个 ',
      /,,― -ー  、 , -‐ 、
     (   , -‐ '"      )
      `;ー" ` ー-ー -ー'
      l           l

        ___
      /      \ ホームズ並に書いてて
     / ::\::::::/::: u\  恥ずかしくなるお
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ この厨二全開なキャラ設定
    |     (__人__)  u  |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

      ____
     /\  /\ まあ、これで最後だお
   /( ●)  (●)\ で、二人はライヘンバッハの滝に
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ 落ちて死にましたっと・・・
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /


       ____
     /      \  天才犯罪者のくせにやってる事は
   / ─    ─ \  唯の脳筋とか
  / -=・=-   -=・=- \ 
  |      (__人__)  U  |  
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \  設定だけでその頭脳を一度も
   / ─    ─ \  披露して無いとか
  / -=・=-   -=・=- \ 
  |      (__人__)  U  |  
  \     ` ⌒´     /

     ____
   /     \  最強の敵が最終話でいきなり登場とか
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

     ____
   /      \
  /  ─    ─\ 厨房の黒歴史ノート並に突っ込み
/   (=・=)  (=・=)\  どころだらけになったが
|       (__人__)    |   もうどうでもいいお!
\      ` ⌒´   /

               ____
             /       \  これでホームズものは
            / ⌒    ⌒ \  めでたく終了
          /  (>) (●)  \  やる夫にはキモオタに
            |   ::::. (__人__) .::::  |  粘着される事の
          \     乂乂     / 無い平穏が
          /              \  戻ってくるんだお


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____  
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\これが
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\『最後の事件』だお!
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


【読者の反応】
                 / /
             / /
             \\
             / /
           /  /  *
  ☆        \   \    *
* _|\|\|\|\/    / /|/|/|_   ☆
  \     ∧,,∧  ∧,,∧      /
  <  ∧ ((´0皿))(0皿0`)) ∧∧  >  +
  < (( ´0皿) U) ( つと ノ((皿0 )) >
  < |∈U((  ´0) (0`  ))∈とノ  >
  <  u-u (∈∋ ) (∈∋ノu-u  >
  /      `u-u'. `u-u'      \

うぎゃあああああああああくぁwせdrftgyふじこ!!??

【読者A】
 
               ___
          _   -─≦三三マz_ ホム様が死んだ?
        /      j  ̄`寸三ム ホムさまあっ!
       ′ 从/  /\   \三ハ  死んじゃ嫌だあああっ
       /人j/ ○}/   人ノ   ∨ニ|\
.    /V {(⊂⊃ ___,   ○_ノ/}_,ノ: : }
   人_{ 八   |   }  ⊂⊃_)S : : : :从
.   〈 _人ハ >  乂ノ __ノ/  ̄}: :/
    \ \ と二介 厂L  ィ _∠二{∨
     \_> 〈/{ノ   .|\} =≦ ̄ フ
.          / x     |\)\__彡´
         |     | <二ソ
         ∨ ̄ ̄∨

【読者B】
        ,. -┐    ,..-┐
.         / /::|   / /::|
     /  ./:::::| /  ./:::::|  愚かなやる夫ドイルよ
    /      ̄ ̄ ̄    ヽ   やる夫ドイルの悪夢を
   /     ,.-、       ,.-、  ゙、   今始めよう
   |     /●/      ヽ●、 . |
   |   `'''"  ト、__,.イ `'''" |
   ヽ      |'VVVVV|    /
    \.      ヽvvvvvノ  /
.     >       ̄ ̄  <
   /             \
.  /    ,           、  \


【読者C】

  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、 
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  やる夫
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ  ホームズさんを殺すなんて
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)  あんたなんて息子じゃないわ!
\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ
 |  /  /(__人__)      |
 \/  /   ` ⌒´     /


            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \  母ちゃんまで?!
         ′u | | |l !      u. ヽ
      /     !   (___人___)   }
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /
        ゝ          イ..ノ}
         7 ..ノ}      ! ノ
         /  .ノ     |´
          /          |

         ____
       /   u \
      /  /    \\ たかが小説のキャラ一人殺した
    /  し (○)  (○) \ だけで謗中傷の嵐だお
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

         ____
       /   u \   
      /  \    /\ キモオタから逃げたくて
    /  し (>)  (<) \ ホームズ殺したのに
     | ∪    (__人__)  J |  逆に粘着が100倍になったお
    \  u   `⌒´   /

         ____
       /   u \  抗議と復活要望の手紙で
      /  \    /\  毎日ポストが溢れかえってるお
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

         ____
       /      \ この間はやる夫の家の前で
      /         \ ホームズの葬式やった
    /              \ バカがいたお
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /

        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\ このままイギリスにいたら
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ キチガイに殺されるお
    |     (__人__)  u  |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ


         ,, -──- 、._ :
       -"´         \:
      /        u     ヽ :
      /    _ノ    ヽ、_   ヽ :  スイスに移住するお
     |   ((○))    ((○)) u|
      l               | :
     ` 、     (_人_)    /:
  ,―――`ー 、_  ` ⌒´     /ー 、
 l´        `''     ‐''´    `l
 ` ̄ ̄ ̄ヽ         / ̄ ̄ ̄´
       |         |
       i  `/ ̄`l  /
       \    / ./
         \__//
         /  /
         ` ̄


人気ブログランキングへ

やる夫スレを書いてみた②

以下は、「やる夫スレを書いてみた①」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2536.html



        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \  どや、これがやる夫渾身の
   |      (__人__)     |   歴史大河ロマン小説だお!
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          
          
【読者の反応】

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
うん…まあ・・・・そこそこ面白い・・・かな・・・


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧ 
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'
で、ホームズの続編は?

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \ ・・・どいつもこいつも
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |  ホームズホームズかお・・・
  \     ` ⌒´   ⌒/


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒ ほら~
. |     (__人__)  世間はやっぱり
  |     ` ⌒´ノ   ホームズを求めてるんですよ~
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \        
    |    |ヽ、二⌒)、 


    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.   
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.  
   |   |     |   |     |   |     |   |   
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.  
  ホームズ読みたい!ホームズ読みたい!
  
       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__) ね~先生~
.     |     トエエエイ   歴史小説よりホームズ書いて
.     ヽ     `""´}   下さいよ~ホームズ~
      ヽ     ノ
       /    く

      ___
    /     \
   /   _ノ  ヽ、_\ 嫌だって言ってるお
 /.   ((●)三(●)\ ラノベ書いてたら
 |      (__人__)   |  本業の歴史小説を書く暇が
 \    ヽ |r┬-|/ /    無くなるお
 /      `'ー´   \


   。。" ̄ ̄\
  (--) _ノ  ヽ \
  |    ● ●  |   そこをなんとか!お願いしますよ!
.  |  "   __  |     何でもしますから!
   |    ヽ 丿  |
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ         
    /    く  \       
    |     \   \        
     |    |ヽ、二⌒)、


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \ (ほんとしつこいお、こいつ・・・
 /  (●)  (●)  \ こうなったら無理難題吹っかけて
 |      (__人__)    |  追い払うお)
 \      ` ⌒´   /


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\ じゃあ、原稿料1000ポンドよこすお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ そしたらまた1年ホームズ
  |     (  (      |  連載するお
  \     `ー'      /
   ※1000ポンドは現在の価値で約2500万円

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○) 1000ポンド・・・?
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

               ____
             /      \
           / ー ‐  --' \ 払えんかお?
          /   t''tzj   ィtェッ   \ ならお断・・・
            |     `¨、__,、__,¨´    |
          \      `´     /
          /           \


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \ 払いましゅ~~~~~!!!
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

     _____
   /      \
  /    ⌒  ⌒\  !!!??
/    ( ・ ) ( ・ )\
|          __)   |
\        l_  /
/         ‐'  \


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \  ホントに
    /  _ ノ   ヽ、_   \  1000ポンド振り込んできたお
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

     ____
   /      \
  /         \ 冗談で言ったのに、
/           \  これでまた1年ラノベ書くのかお
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

      ___
    /       \
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \ けど、もうトリックのネタが無いお・・・
 |   ( ●) (● ).     |  どうしよ・・・
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ

       ____
     /      \
   / ─    ─ \  しゃーない、
  / -=・=-   -=・=- \ トリック無しで適当に書くお
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \ まあミステリがいつの間にか
   /  (●)  (●)  \ ファンタジーになるのは
   |    (__人__)    |  ラノベじゃよくある事だお
   \    ` ⌒´    /
   /              \

           ____
         /⌒  ⌒\ 後は回想とかでお茶を濁して・・・
       /( ―)  (―)\  で、お約束のさすホム!
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"

【読者の反応】
          _,,..-‐──-..、
        -'"´        ` ヽ、
      /           ヽ   \
     / /      /   ′人 i   丶
    ,.'  /    /  /_// / ヽ iヽ   ヽ
    f 、  i   i フ ̄/ / /  ー l-、 l  iヽ
   乂、/ }   i / l/ ー l/   _` ヽl  i l
  (ヽε3ノ i  i /_,,,-===、     ,==-,,,_ i  ヾ
  `イトィAリ l i               i i i/l
   λγ i、ヽ l ///         ///νl/
  /ヽi ` ヾ ヽl    / ̄`¨ ‐ァ     l
  \ ヽ乂_ 、     弋   丿    /
  /、_、 \_  \          , /  斗z_
...〈 \ヽ  \)   "┌ー   - 彡イ /  ,,ノ
  \  、 \ ヒノ 厂〟  ヽ、、 ヽ 彡/ /
  -‐\ ヾ,   /  ヽヽ-‐‐┴ヽ  i i/
..(/ ̄ `´   /"  / /‐'""  ̄ ヾ-- ′
        { ヽ ┤Y      /  \
ふあああ~ホームズしゅごい~さすほむー!

               ____
             /     u.\
           /ー‐-:::::::::::-‐' \ ほんと
          /   t  j:::::::ィ  ッ   \ この国の文学は
            |. u   `¨、__,、__,¨´    |  終わってるお
           \      `こ´     /
          /         u .\

       ____
     /      \  さて、2度目の連載も来月で最後だお
   / ─    ─ \  今度こそ、この煽情的で低俗な
  / -=・=-   -=・=- \  ジュブナイルとおさらば出来る
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

         ____
       /     \
.    /       \  けどストランドマガジンはどうせまた
.  / /) ノ '  ヽ、 \  続き書けと言って来るお
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /  平民どももホームズ3期を
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \     当然のように全裸待機
 /\ ヽ          ヽ

         ____
       /     \
.    /       \  このままでは永遠に便所の落書きを
.  / /) ノ '  ヽ、 \  書き続ける羽目になり
  | / .イ '=・=  =・= u|  やる夫の人生の本道である
    /,'才.ミ) (__人__) /   歴史文学の追及が
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \    手につかなくなる
 /\ ヽ          ヽ

        ____
      /      \  
     /  ─    ─\ ・・・・・・そこでやる夫は考える・・
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

       ____
     /      \
    /  ─    ─\  続きを書きたくないのなら、
  /    (●)  (●) \  書けなくしてしまえば
  |       (__人__)    |   いいのだ、と
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \  ホームズ殺すお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /


人気ブログランキングへ

やる夫スレを書いてみた①

以下は、『コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」』の途中まで。


<18世紀のイギリス>

           /  ̄ ̄ \         
          /ノ  ヽ__   \  苦労して書いた歴史小説が
        /(―)  (― )   \ ちっとも売れないお
        |.  (_人_)   u |
           \   `⌒ ´     ,/
         /         ヽ
        ./ l   ,/  /   i
        (_)   (__ ノ     l
        /  /   ___ ,ノ
        !、___!、_____つ

      ___
    /       \
   /          \   何でだお?
 /   ノ  ヽ、_    \  壮大な世界観に重厚な人間描写、
 |   ( ●) (● ).     |  時代考証も完璧なのに
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ

      ____
    /      \  あかん・・・金がない・・・どないしよ
   /         \
 /            \
 |   _,   /        |
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
   |  | ゝ_ \ /  )
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /

      ___
    /     \   とりあえず、もっと大衆的で
   /  _ノ '' 'ー \ 金になるもん書くか
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /
  

               ∩_
              〈〈〈 ヽ  売れる小説ゆーたら、
      ____   〈⊃  } キモオタ向けのラノベだお!
     /⌒  ⌒\   |   |  ホントはそんなの書くのは
   /( ●)  (●)\  !   ! やる夫のプライドが
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  許さないけど
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


               -―─- 、 クールイケメン天才の完璧超人
           /         \ を主人公にして
         ′  -‐    ‐-   ,  俺TUEEEやらして
          i  ( ●)  (● )  i
          |   ⌒(__人__)⌒  l
         、     `⌒´   . '
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/


               -―─- 、  引き立て役にお人よしの
           /         \ 友人キャラを配置して
         ′ ノ     ‐-   , マンセーマンセーっと
          i  /・\ /・\  i
          |   ⌒(__人__)⌒  l
         、     `⌒´   . '
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/


       ____
     /      \    さすがにやりすぎかお?
   / ─    ─ \  書いてて死にたくなったお
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \  ま、アホな中学生くらいには
   /  (●)  (●)  \ こんなもんでちょうどいいお
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    / 
   /              \

       ____
     /⌒  ー、\  主人公の名前はシャーロックホームズ
   /( ●)  (●)\  小遣い稼ぎになったら儲けもんだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


【読者の反応】
 .   +   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  +
      (-@∀@∩(@∀@∩ (-@∀@)
 +  (( (つ 朝 ノ(つ朝 丿 (つ 朝 つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)
       ホームズかっけー!すげー!             
       超おもしれーーー!!!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  やる夫先生!続きを書いて下さい!
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


     ____
   /      \
  /  ─    ─\ なんやと・・・
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|


     ____
   /      \  中坊向けに書いたラノベで大人が
  / ヽ、   _ノ \ 喜んでるお
/   (●)  (●)   \ 大衆はアホだお
|  U   (__人__)     .|
\    |i||||||i|     /
 / __` ー'
 (___)

          , ── 、
  ( (   /     \  先生、うちの雑誌にホームズの
     /      _ノ `i 小説を書いてくれませんか?
      .|       (⌒)
      |       (___))
    |.        ` )
    .|         }
      ヽ       /
      ゝ    _ノ
    ./    〈
    /       |

          ___
        /      \ (いつもは出版社に土下座して
       / ー   ー \ 原稿買ってもらってるのに、
     /  (○)  (○)  \ 向こうからお願いなんて
     |     (__人__)    |  初めてだお)
.     \    |r┬-|    /
      (ヽ、  `ー'´  / ̄)ヽ
        | ``     ''|  ヽ |
       ゝ ノ      ヽ  ノ|


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \ ストランドマガジンで
  |    ( ●)(●) 短編連載を6話くらいどうでしょうか。
  |     (__人__)  原稿料は35ポンドで
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /
        ※35ポンドは現在の価値でおよそ80万円


      / ̄ ̄ ̄\  
    / /     \ \  短編6話で35ポンドね・・・
   /  (●)  (●)  \ (足下見すぎだお。
   |    (__人__)    |  相場なら100ポンドくらいだお・・・
   \    ` ⌒´    /  けど所詮ラノベだしな)
   /              \


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒   いえ、1話につき35ポンドです
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         

               ____
             /⌒  ⌒\  ファッ
             ./(_)  ( ̄ )\
            ./ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
       ゚ 。゚ 三 ≧     ゚'ゝ    |
       -== 三       ≦。   /
       .。 -=≦        ,ァ-
  ゚ ・ ゚。  三<       、,Jト
       .≦ ッ       ッV´≧
  ・ 。 ゚ 。 ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。


        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\やる夫の他の傑作はボツにしたのに
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ あんな落書きが35ポンドかお
    |     (__人__)  u  |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

         ____
       /     \  さて、ラノベの月刊連載が始まったが
.    /       \ どうするお?
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


         , -―― - 、.._
       , '  ̄ ̄ ` ''ヽ  ヽ.`ヽ.、
    /    :    :::::::::::\. \:::.\ とりあえず美少女だお。
   ./     :      :! :::::::ヽ ':;:::::: ':, 豚は美少女キャラ
  ./      :   / .::/ .::;| ::::';r- ,:::::: ', 出しときゃ
 / /  i.|  :   / .:// :::/l ::::::::|__ !__:::: i  ブヒブヒ喜ぶお
. ,' :/ :: LL :::  ./ .::/'"! _'_`| ::::::::i/´-, |:: |
..i :i.| :::. | _!_ヽ:/'./ /iイ;;;;゙i  ::/:|' |:l::l::: l
..| l l :::|; i. !イ;ヽ '゙    ' --'!::::/.::l  l::|:l::: |
. ',.! ':, :::l:ヽ ゙ー'       /::/:://!:、|:l:| :: l
 ヾ ヽ:;!、':,   '      /':::/:/:ヽ丶-' ::: |
    l ::':::ヽ、  ´ ̄    ,'-'/ .::/: ̄: :::: l
     | : ::::r:丶.、  ..  '  /.:/:: .:::  :::::::|
.     ',  :::丶- `r.´ri'' "/:'/ :: ::/  ::::i l
     ヽ、 :::ヽ ::::|゙/゙ヽ   / , , '   .::::::l: |
       `' --゙' r .!. .ノ-‐=- '''/   .:::::::!::: l
      ,z ニニヾr‐r‐r‐- , '-‐/   .:::::::/\:..|
     / <....  -'‐ ニ - ''i ,!:/   .::::::::/   ヽ',
     ー=r <_/.//、ノ__-/   .:::::/     iヽ
    /  ' -ヽノ――/    .::::/ |  0 3  l: ',
   /    //./   /     ::::/ ,.L.........._  /::: i



【読者の反応】
 .   +   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  +
      (-@∀@∩(@∀@∩ (-@∀@)
 +  (( (つ 朝 ノ(つ朝 丿 (つ 朝 つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)
     ぶひいいいいーーーアイリーンたん萌え~~


       ____
    //   \\ けどクールなホームズは
   /( ●)  (●) \ 恋愛になんて興味無いねっと・・・
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /


【読者の反応】
          -‐……‐-ミ
     /             \
.     /  /           `ヽ  きゃああああーーー
   .'  /  . / / / /ヽヽ  ‘,  ホームズ様素敵ーーー!
    i rz{   !.i/l/l/   }ハ i }
.   ‘,(:::',  i l. i⌒! _ i⌒! j/ /
.   {二ミ\トヽwx (_ソ xwノイ
   {ニミソ` `≧=‐- -‐=≦ニミ}
.   `ソ  /  {f⌒()⌒i}ヽ`ソ


       ____
    //   \\ 天才ホームズは国王様にも
   /( ●)  (●) \ 頼りにされて、
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \ 秘密結社と戦ったりもしちゃうお
 |     'ー三-'     |
 \              /


【読者の反応】
 .   +   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  +
      (-@∀@∩(@∀@∩ (-@∀@)
 +  (( (つ 朝 ノ(つ朝 丿 (つ 朝 つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)
       うおおおーーーかっけーーー!


       ____
    //   \\ ホームズはチョイ悪だからアヘンも
   /( ●)  (●) \ コカインもキメちゃうよっと・
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /

【読者の反応】
               . -―- .      
             /       ヽ
          //         ',      
            | { _____  |      そこに!シビれる  
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ    あこがれるゥ!
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー-
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ


      ___
    /     \ よくこんな低俗なラノベで喜べるな・・・
   /   _ノ  ヽ、_\ 読者がいつの間にか
 /.   ((●)三(●)\ 信者になってるし・・
 |      (__人__)   |
 \    ヽ |r┬-|/ /
 /      `'ー´   \


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒ ホームズのおかげでストランドマガジンの
. |     (__人__)  部数は爆裂的に上がりました。
  |     ` ⌒´ノ  実に喜ばしい事です!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \        
    |    |ヽ、二⌒)、        

     ____
   /      \
  /         \  (むしろ嘆かわしいお)
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒ で、やる夫先生。来月からの事なんですが
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \        
    |    |ヽ、二⌒)、 

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \ おう、ホームズは今月で終わりだお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |  次回作の構想もあるお!
  |    ー       .|
  \          /


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒ 本当ですか!ぜひ見せてください!
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \        
    |    |ヽ、二⌒)、 

       ____
     /⌒  ⌒\ これはやる夫が長年構想を練っていた、
   /( ―)  (―)\ とっておきの歴史小説で
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 17世紀フランスで
  |             |  フォンテーヌブローの勅令に
  \              /  端を発する カルヴァン派への
                 残酷な弾圧と彼等の亡命について
                 深く切り込んで・


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) ……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         

       ____
     /⌒  ⌒\ …その一生を重厚に描くこの小説は必ず
   /( ―)  (―)\  我がイングランド国民達に真の誇りと
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   愛国心を啓蒙すること必然で・・・
  |             |  
  \              /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) あの、先生
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、   

      ____
    r、/  ⌒ ⌒ \
    |.l1 (● ) (● )ヽ  ん、何だお?
   .|^ )  (__人__)  |
  .ノ ソ、_ ヽノ _/ ̄`!
  /  イ         イ7 _/
  {__/\        ヽ {


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) そんなものよりホームズの続編を
. |     (__人__)   お願いします
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、   

     ____
   /      \
  / ヽ、   _ノ \  ホームズはもういいお
/   (●)  (●)   \ それより、この歴史小説の方が
|  U   (__人__)     .|  ホームズの100倍は面白いお
\    |i||||||i|     /
 / __` ー'
 (___)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  その歴史小説よりホームズの方が
    |     ` ⌒´ノ   1000倍売れますって
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

          ___
        /      \   
     ,---、  \    /\―、 駄目だ!
     .l   l  (●)  (●) \ | ホームズは終わりだお!
     |    |    (__人__)    | | やる夫はあんな
     .|   |   |!!il|!|!l|   / / キモオタに媚びた
      ゝ     |ェェェェ|   ノ  ラノベじゃなくて
      \         /  本物の文学を書くんだお
       /          |
      /          |


            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .| でも英国中の読者は
    | !    | (__人___)   |  ホームズを求めてるんですよ
    | !    |  ` ⌒ ´    .|   見て下さい、
    | !   ,.-,|          |     このファンレターの山を
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |


             __
            -´   ``ヽ  そのファンってのが
          /::::::::::|::::::    `ヽ 気に入らないんだお
         /:::\::::::::<● >   `ヽ 見てみろお、この手紙
    ((   / <●>::::::::::⌒      )
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

【ファンからの手紙】
.    ゞ/、ヾ/  /  // ∠_ ノ
     ;、ヾ/ /   { / /⌒ヽ \
    ー┴‐匕   ___ 圦{イ∨   |、  \
.    />r┬〃芯`ヽ`  ヘ   | ` ー‐-ヽ
   / /:)} } {辷ツ     ,芯ヽ !
   \ン_ノ 、、     ヒシハi|
    -‐、八  r‐-  '  、.ん刈
  //    ヾ\ 、:::::ソ  ノ ´
∠//      vハ>-r‐  ぼくはやる夫先生の話が大好きです
=//      vハ⌒7、   緋色の研究も四つの署名も
/∧       vハ / 人   シャーロックホームズの冒険も
ノ ∧_、__∠__)v____〉  やる夫先生の本は全部持ってます
 /  {========}只===}
    ー┬―┬ 1 } 丁
 /   { ;   } | { ; {


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒   いいファンですねぇ
. |     (__人__)    先生、うれしいでしょう
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、


          ____┘(
        /\  / ⌒
      /(○) (○.) \  どこがだお!
     /   (__人__)     \ このクソガキはやる夫の著作が
     |      |::::::|      | ホームズが全てと
     \     l;;;;;;l     ,/ 思ってるんだお!
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ   
      rー'ゝ       〆ヽ .)  
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}  
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ                        

          ____
        /ノ   ヽ、_\  
      /( ○)}liil{(○)\  やる夫の歴史小説は、
     /    (__人__)   \   「マイカ・クラーク」も
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    「白衣の騎士団」も
     \    |ェェェェ|     /    読んだ事が無いどころか
     /     `ー'    \ |i  存在すら知らないんだお!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <


   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒   すみません。私も知りませんでした
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、      

            ____
            /      \  殺すぞ!
         / 一 ノ  ゝー ヽ
        /  (●) }lil{ (●) ',
     __|  ノ(  (__人__)    |
   (´  .\ ⌒   | /     /
    ``゙''ー、 >ー- `´ --‐ '’
          }         ヘ
         .{       j、   }
       }        :! `ー'    
       /  / ヽ   }  |l!il|
        (  /    ヽ  ! γ `゚´ ヽ て
        `ー'      `ー'  {___jzz, て
              )          て
              ゝ⌒ ヘ/⌒ヽて


人気ブログランキングへ

障害者として働く

身体障碍者の同僚が復職する事になりそうだ。

そのように伝えられた時に、一緒に仕事をする事を重荷と感じてしまう自分が嫌だ。書類に鼻糞を付けて渡された事がトラウマになっている。

視覚や聴覚に障害がある人との関わりでは、非言語的コミュニケーションが重要だと思う。相手が笑顔でいてくれると僕もやり易い。表情で友好的である事を伝えたい。

そんな僕の職場での地位は知的障碍者。

20歳くらいの同僚に、芸を仕込まれる犬のように褒められると悲しくなってしまう。それが僕の日常。

人気ブログランキングへ

風邪をひいたようだ

寒さの中で行動した結果、体調が悪い。

自分は寒さに弱いと思う。

人気ブログランキングへ

中国古代の科学

読んだ本の感想。

藪内清著。2004年4月10日 第1刷発行。



中華文明の独自性に関する考察。

中華文明の基礎は、紀元前の戦国時代(紀元前6世紀~紀元前3世紀頃)に奴隷制が解体し、大衆のエネルギーが集中して秦漢の統一国家に進んだ時代にある。中華の地理的環境は砂漠に囲まれたために外来文明を受け入れるのに困難。

欧州における古代ギリシャが、中華における春秋後期から戦国時代である。

両者ともに、自然現象の原因を「神」に求めず、自然自体によって説明しようとした。古代ギリシャの哲学者達は、万物の根源を水や数とし、それらが結合分離する事で自然現象が起こるとした。

超自然を予想しない合理主義が科学の第一歩である。

相違点は原子論の有無であり、原子の集積によって物質が形成されるとする原子説は中華では生まれなかった。欧州においては元素を確実に限定しようとしたが、中華では陰陽として漠然と把握される事になる。

政治を通して社会を救済する儒教の思想に対し、道家は自然の秩序を示して儒教を補完する。自然の法則を認め、自然を観察する事で法則を汲み取ろうとする。

しかし、道家における法則 = 道は理論化されず、一つの物から他の物が生まれるのは「自ら然る」のであり、系統立った説明は必要とされなかった。

そうした理論の欠如は数学における欧州との比較によって明らかになる。

欧州において盛んだった幾何学では、図形の間に存在する普遍的な性質、定理の証明、点や線等についての定義が重視され、それらの基礎の上に論理的な証明が行われ、全体が一つの体系を持つ。

⇒整理と体系化が本質

対して、中華における数学は算術と代数的算法を特徴としており、個別的な問題の計算が最終目的である。

ギリシャの天文学は宇宙の幾何学的モデルによって説明され、天動説等が完成されたが、それは現象の根底にある法則を明らかにする科学的態度によって可能になる。

人気ブログランキングへ

昆虫食

エコノミスト 2016.11.29 P89~P94の「世界を救う 昆虫食」から。

昆虫を材料としたベンチャー企業が欧米を中心に増加している。2023年にあ、昆虫食市場が5億22200万ドルを超える予測もある。

以下は、「ジャパンマリンポニックス」のWebサイトへのリンク。

http://www.marine-ponics.co.jp/

2017年から蚕を鰻の餌とする実験を始め、早ければ2018年に実用化する予定。養殖魚の餌である魚粉は海産物の消費拡大により、価格上昇が継続しており、ペルー産魚粉の価格は、2005年~2015年?で二倍になったらしい?

価格以外でも、魚餌の1%~10%を蚕で代替したところ、鰻の稚魚の生存率が10%超上昇したという実験結果もあり、蛋白質豊富な蚕の栄養吸収効率の良さを指摘する声もある。

*****************

国連食糧農業機関によると、100gあたりの蛋白質含有量では、昆虫66種の内、80%以上の種が10g以上あり、40%以上の種が20g以上ある。牛の生肉(赤身)の蛋白質含有量16.5g~22.5gに匹敵する。

また、家畜1kgを増量するのに必要な飼料の量は、牛10kg(出荷までの期間30ヶ月、生産面積144㎡~258㎡)、豚5kg(出荷までの期間6ヶ月、生産面積47㎡~64㎡)、鶏2.5kg(出荷までの期間1.5ヶ月、生産面積42㎡~52㎡)であるのに対し、ミールワームは3.8kg(生産面積18㎡)、蟋蟀2.3kg(出荷までの期間1ヶ月~1.5ヶ月)である。

⇒昆虫は体温維持費用が少ない

さらに、牛や豚の可食部は40%~50%程度だが、蟋蟀は後ろ脚を取り除いても可食部は80%程度になる。

繁殖力が高い事も特徴で、1ヶ月~2ヶ月で成体になる。雄と雌の1組から繁殖を開始した蚕は、1年後に1.2×10の17乗匹 = 12京匹になり、イエバエは1.8×10の60乗 = 1.8那由他匹まで増える。

******************

昆虫が食糧として普及する障害となるのは偏見であり、昆虫食の習慣が無い地域では食べる事に抵抗があり、家畜の餌として活用する等、効率が悪い使い方をする事になる。

人気ブログランキングへ

機械の夢

人間の認識構造は、猿の物語であるという。

物語は、「起承転結」で成り立つが、これは猿が餌を手に入れる過程を言い換えたものであると言えるらしい。

神話や伝承、数多ある小説に至るまで、欠乏を抱えた主人公が、欠乏を埋める何かを探し求め、敵と戦い、或いは敵から逃げて、目的とする何かを手に入れる過程を描く事を基本とする。

現実に発生した事が何であるかを問わず、餌を求める猿の物語に落とし込まなければ、人間は現実を理解出来ないのかもしれない。数百万年の進化過程において、そのようにプログラミングされているとしてみる。

機械の行動形式は、猿が餌を求める過程や繁殖欲求とは異なるはずで、機械の行動原理を知る方法が必要だと思う。

人気ブログランキングへ

捉え難い世界

以下は、インターネット上の記事からのコピペ。

2016年11月18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで10営業日連続で上昇し、1999年のユーロ導入以降で最長の上昇となった。ドルは対円でも上昇し、2週間ベースの上げ幅としては1988年以降で最大となった。

この上昇相場の特徴は、ほとんどのエコノミストやトレーダーが懐疑的な中、彼等の予測を覆す形で株式やドルが値上がりしている事だ。

予測を外れたドル高に対し、トランプ政権による景気回復や放漫財政による金利上昇にその原因を求めている。しかし、それが理に適っているのなら、大統領選前に現在の状況を予測出来たはずだ。

サンタンデール銀行のG10通貨戦略担当の責任者、スチュアート・ベネット氏は「ドルは凄まじい勢いだ」、「米国が来年から財政政策によるリフレーションに入るというのは仮説にすぎない。今の段階ではまだ仮説だ」としている。

現在の相場の本当の原因は、人工知能によるプログラム売買だと思う。

人間の感覚では高過ぎる金融商品を人工知能が購入し続ける事で、ドルや株式の上昇が継続している。現状は、金融市場において既に人工知能が人間の支配を免れている事を意味している。

雰囲気や過去の経験則、さらには数か月後の見通しすら関係無い売買主体の存在。

******************

そして問題をより大きい視点から眺めると、株式や法定通貨の役割が減少している事になる。

米国株は2008年のリーマンショック後の過剰流動性供給で8年間値上がりしたが、実体経済は富の一極集中を高めただけで、一般の国民は利益を享受していない。

米国だけでなく、その他の各地において新聞やテレビの伝える株式相場や通貨価値に関する情報が、一般の多くの人間には関わりの少ない事柄になりつつある。

多くの人間が「公」の枠外の捉え難い領域に存在している。そして、既に「公」は機械の論理で運営されている。

人気ブログランキングへ

韓流スターのような髪型の赤ちゃん

韓流スターのような髪型の赤ちゃんを見てきた。

かなりの大旅行をした気分だ。

人気ブログランキングへ

夢を見た

今日は夢を見た。

夢の中の僕は柔道部員になっており、柔道の団体戦に出場する事になっている。

団体戦のメンバーには、Kさん(大学時代の3年上の先輩)と松本薫(ロンドン五輪金メダリスト)がいる。柔道大会では、松本薫が敵大将の出川哲郎をローキックで倒した事で、僕達のチームが優勝した。

試合後、僕は先輩から相談を受ける。ストーカーに悩まされているというのだ。

僕の提案したパソコンを2台所有する作戦で、ストーカーからのメールは減ったが、ストーカーのメール送信先を知るために役所で手続きをしなければならない。役所は早朝、深夜、休日はやっていないので、有給休暇を取得出来る僕が代わりに役所で手続きをしなければならないそうだ。

夢の中の僕は役所での手続きが如何に難解で面倒かを解説し始める。担当者によってルールが変わるし、一つの手続きを終えるのに何日もかかる。

そして、先輩の家を出て駅までの道を歩く僕の後ろを、通行人達が恐怖の目で見ている事に気付く。どうやら、僕はストーカーに尾行されていたようだ。

と、ここで目が覚めた。

*****************

「翼とざして―アリスの国の不思議」(山田正紀著)を読んだ。二部作で「サスペンス・ロード―アリスの国の鏡」という続刊が2006年秋に出版される事が予定されていたらしいが、未だに刊行されていない。

伊藤紗莉がデモ隊に巻き込まれた時に、瀬下綾香に対して叫んだ言葉は何だったんだろう?

以下の2作品のオマージュであるらしい。





納得の出来ない感覚を溜め込んだ事が、奇妙な夢の原因かもしれない。

人気ブログランキングへ

烏に単は似合わない/烏は主を選ばない

読んだ本の感想。

阿部智里著。2012年6月25日 第一刷発行、2013年7月10日 第一刷発行。





2冊で一冊になる本。やや説明不足な所がある。以下、ネタバレ含む。

以下は、「八咫烏シリーズwiki」へのリンク。

http://yatagarasu.memo.wiki/

この本を読んでいて、妹の以下のような雄叫びを思い出した。

「凄いムカツク女がいるんだよ。青森県を知らないって言うんだよ。オサカナの名前ですかー?とか言っちゃてさ。でも、男はそんな馬鹿な女が好きだから、お姫様みたいにチヤホヤされてるんだよ。フォー。チクショー」

男性的な感覚では、動かしがたい論理やシステムを好むところがあり、地縁や血縁、位階を尊重すると思う。女性的な感覚では移ろい易い感情を重視するところがあり、本書における主従関係に違和感があるのは、そうした感覚の違いなのかもしれない。

******************

平安時代風の異世界 山内が舞台。この地を司る族長一家 宗家があり、東西南北を有力四貴族である東家(楽人を多く輩出)、西家(文化レベルが高い)、南家(経済的に豊か)、北家(武人が多い)がそれぞれ統治する。

皇太子である若宮の后を決めるべく、四貴族から四人の姫が后候補として桜花宮に集められ、后が決定するまでを描く。『烏に単は似合わない』は后候補達の視点から話が進められ、『烏は主を選ばない』はその間の若宮の行動が記述される。

【烏大夫の伝説】
①貴族に伝わる話
若宮に求婚された姫に横恋慕した烏が、若宮や姫に化けて悪い噂を流すが信じてもらえない。烏大夫は烏が姫に化けた時の呼び名。見た目が美しくとも、宮中の常識を知らない事で馬脚を露す。

②民間に広まる話
高貴な姫と恋に落ちた兄鳥と、若宮に見初められた妹鳥の物語。姫は若宮に心変わりし、若宮も姫の求愛になびく。邪魔になった兄妹は愛していた者達によって殺される。

******************

以下は、后候補の紹介?

〇あせび
東家の二の姫。姉姫が体を壊したために代理で后候補となる。珍しい薄茶の髪をしている。世間知らずではあるが、音楽の才がある。

〇浜木綿(はまゆう)
婚活パーティーに、化粧無し・ジャージ着用で現れ、「私は男に媚びない」と絶叫する40代独身女性のイメージ。若宮とは昔馴染みであり、若宮に相応しい姫を選ぶつもり。自分が本気を出すと他の姫に勝利してしまうと思い、意図的に無作法に振る舞った自信家。

〇真赭の薄(ますほのすすき)
『ジョジョの奇妙な冒険』4部に登場する山岸由花子さんのイメージ。一晩で手編みのセーター。若宮に恋しているはずが、実際に会ってイメージと違ったので尼になると宣言して断髪する。

〇白珠
若宮の后になれぬなら自殺すると言っているが、実は下男と恋愛関係にある。「私は嫌なのに下男があまりに強引なの」というような悩みに説得力が無い。

后候補が重い人ばかりなので、あせびが選ばれるかと思っていたら、あせびが最も重い女だったという話。説明が足りないので、最後まで読んでも伏線に気付かない読者が多いと思う。シリーズ2巻目以降、あせびが登場しなくなってしまうので、これなら別の姫を主人公にした方が収まりが良かったのではないか。

『烏に単は似合わない』では、后選定中に起こる様々な事件がテーマとなる。届かない若宮からの手紙、女房の死等。それらは、あせびの仕業であり、他の人間が自分の意図通りに動くように操作していたらしい。

『烏は主を選ばない』では、同期間中の若宮暗殺未遂事件がテーマとなる。この巻は若宮が后選定中の事件を捜査する過程を描いた方が良かった気がする。

それと若宮が遊学していた期間を10年としているため、妹の関係や幼馴染との関係が変になっている気がする。5年では駄目だったのか?

*********************

2巻目以降、あせびが登場しなくなってしまうので、作品の伏線に気付き難い。

あせびは、后候補だった母親が下男に手籠めにされて出来た子供なのだと思う。

あせびの母 浮雲は生まれつきの位が下でありながら、当時の若宮に最も寵愛された后候補だったという。他の姫が出し抜く形で帝の子を身籠って宿下がりしたものの、側室として入内出来る筈だった。

しかし、入内前に別の男の子を孕んだために入内資格を失い、東家当主の側室となる。浮雲は殺されたらしいが、犯人である下男は珍しい薄茶の髪をしており、あせびの父親はその下男である事が暗示されている。

東家当主は、あせびが下男の子と知っていた事になる。

その前提で、『烏に単は似合わない』を読み返すと印象が変わる。例えば、冒頭の東家当主とあせびの会話。

「(前略)お前はとてもこの父の子とは思えないよねえ。才能にあふれていて、しかも、とびっきりのべっぴんさんだ。お母さまに似て良かったよねえ」
「(前略)私はお父さま似だと、もっぱらの噂ですのに」
「おやまあ、どこがなのだろうね」
「(前略)『おっとりし過ぎていて、はらはらして見ていられない』のだそうで」

この場面を血縁関係の無い父娘の会話として解釈すると、父の嫌味に対して、娘が自分達は無邪気を装う狡猾であると返している事になる。

さらに、あせぎの姉が体を壊したのは、あせびが下男に姉を襲わせた事が原因だが、東家当主はその事に気付いている。次のやり取りで「余計なことなどせず、さっさと帰っておいで」と東家当主が言うのは、后候補として成果を出せない場合、相応の制裁がある事を暗示している。

桜花宮に向かう車中で、あせびが姉の事を思い、姉と代わりたいと思う場面があるが、これは制裁の苛烈を示してるのだと思う。

后候補として桜花宮に到着した後も、あせびは異様だ。

他の姫達が当たり前のように知っている常識や教養を教えてもらっていない。粗末な雛人形。何よりも普段使用される呼び名である仮名が無く、族長の正妻である大紫の御前にあせび(馬酔木)という名を付けられる。馬は下賤の者を意味し、大紫の御前があせびの出自を知っている事を示す。

白珠はあせびに対し、「自分は汚いことなんてなぁんにも知りません、自分はいつまでも綺麗ですって信じ込んでいる顔が、あたくしは心底嫌いなのです!」と言うが、最初から汚れた者であるあせびは、この言葉をどのように聞くのだろう。

姉妹同然に育った藤波があせびに執着するのは、あせびの東家での立場を知っているからかもしれない。

あせびは、他のどの姫よりも后となる動機があるが、幽閉されて育ち、音楽修業以外をやらせてもらえなかった者の知る奸計は、幼い頃の寝物語に聞かされ続けたであろう「賤しい男に身体を汚されたために入内資格を失った逸話」しかない。他は親しい人間に頼る事になる。

下男に襲わせる行為を繰り返すのは、そのためか?

最後の謎解きの場面で、あせびに対して若宮が以下のように言う。

「私は、悪意が無ければ、全てが許されるのだと知っている者を決して許す事は出来ない」

しかし、他の后候補達も刹那的な感情で主家との契約を破ったり、尼になったり、下男と密会している。『烏は主を選ばない』での若宮の行動は、人間を何人か殺したり障害者にするもので、当人が最も悪意無く他人を傷つけていると思う。

若宮や姫達は純粋な貴族であるので、気分で行動して尼になり野に降っても、その気になれば元の優雅な生活に戻る事が出来る。そうした者達が居場所の無いあせびを一方的に批判して良いのだろうか?

しかし、作者はそこに踏み込まない。作者は、美しい女性が嫌われ、性的魅力に乏しい女性が好かれる展開を書かずにいられなかったのだと思う。そのため、あせびの動機がぼやけてしまい、話が分かり難くなっている。

綺麗に着飾ったすみを見て、笑ってやるのだ。そんなもの着ても着なくても、何も変わっていない、と。お前はいつだって、一番強くて素敵だった、と。

⇒最後のこの言葉がどうしても書きたかったんだろう

*********************

説明不足を補うために、八咫烏シリーズの3巻目では、あせびの母親 浮雲の話を書いて欲しかった。幾つかの疑問が残ったままだ。エピソード0が無ければ分からない事がある。

まず、東家当主が下男の子であるあせびを実子として育てた理由。

浮雲が下男に襲われたのは、入内を阻止したい大紫の御前の意図とも思われるが、東家当主の意図も関係していると思われる。浮雲の娘の利用価値は何か?

次に今上帝の側室が殺された事件の不可解。公式には南家に帰属する浜木綿の母親が犯人とされ罰せられているが、真犯人は浮雲と若宮は主張する。その根拠は、側室殺害に使用された毒薬 伽乱は南領でしか取れず非常に希少であるため南家の者が犯人となったが、浮雲が伽乱を贈られているためとしている。

これは辻褄が合わない。作中で、大紫の御前が伽乱を用いて幾度も暗殺をしたような記述がある。最も怪しいのは大紫の御前のはずだ。

浮雲の策として、まず側室を殺害し、その罪を正室である大紫の御前に被せる事で、自らが乳母として宮廷に君臨する構想があったとしてみる。大紫の御前が疑いを晴らす物語が必要になる。

第3巻『黄金の鳥』から、侵略者 猿の要素を取り除くと「娘を愛せない母親」の話になる。

あせびは望まれない子供として母親から愛されない生活をしたはずであり、薄茶色の髪をした下男が浮雲を殺したのは、あせびを守るためであった。

このような感じの話に出来なかったのは、作者が若宮と雪哉の話を書きたいからなのだろう。

人気ブログランキングへ

眠れない

昨日から眠っていない。

目覚めているのか、夢見ているのか定かでない状態だ。

眠いのに眠れない朦朧としている。

人気ブログランキングへ

「暴力と聖なるもの」から

以下は、「暴力と聖なるもの」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2523.html

高校生の時に、以下のような言葉を言われた事がある。

「俺さ、前からお前の事嫌いだったの。歩き方とか話し方とか人と違うじゃん。だから気持ち悪かったの。でもそれは個性だから大切にしないといけないと思うようになったんだ。だから、俺はOがお前の事を殴ったりするのも個性だと思ってるの。両方とも他人を嫌な気にさせているんだからお互い様じゃん」

上記の言葉で、他人を説得出来る、問題解決が出来ると思った理由は何か?発想の元となっているのは何か?ずっと考えていた。

「暴力と聖なるもの」では、ギリシア神話の『オイディプース王』と同じとしているように思える。

テーバイで発生している争いについて、登場人物達は自らが局外者である事、若しくは優越者である事から、自分が争いを解決出来るものと思う。

オイディプース王は、テーバイ出身でない自分は局外者であり、客観的に意見出来ると思う。クレオーンは、王でない自分は客観的な神託を伝える事が出来ると思う。テイレシアースは、予言者で全てを知っているので客観的な意見が出来ると思う。

「争う者達よ。局外者(優越者)である私から見て、お前達に違いは無い。お互い様なのだから争いを止めよ」

上記のような意見で争いを止める事が出来ると思うのは、自らが傍観者であり、争いに巻き込まれる事が無いと信じるからだ。争いの外部から見ると、対立し合う両者には同一性しか存在しない。

しかし、自らが当事者として争いの内部に位置すると、上記の傍観者的意見は選択出来ない。争う相手の自分とは違う落ち度を指摘し、自説の正しさを主張しなくてはならない。争いの内部からは差異しか見えないのだ。

「お互い様」の論理は、「自分が攻撃される事が無い」という確信がある中で必然的に選び出される。自分と他人の分離が思考の原点であると思う。

***********************

現代社会を構成する生贄について考える事。

第二次世界大戦以後の世界は、ナチスドイツや日本軍の悪が確定された事で、個人主義規範に合意し、国際協調主義によって悲劇を生んだ思想を抑え込む事を国際社会の責務とした。

国境という地平の中で、一般人は自国内を完結したシステムとして無自覚的に了承した。全ての国境は神聖で、犯されるべきものではないとする。

インターネットの普及は、『国境』を変えた。多くの人間が当事者として情報を受信し、発信する。

国境を越えて人々が交流しても、『国境』に縛られた公権力はそれらを管理出来ない。

現代社会を構成する公権力(合法的な復讐の施行)が存在しない世界では、原初的な生贄の論理が復活する事となる。

人気ブログランキングへ

暴力と聖なるもの

読んだ本の感想。

ルネ・ジラール著。1982年11月20日 初版第1刷発行。



考えていた事について幾つかの答えをもらった本。内容が難しいので、あまり理解出来なかった。

共同体の秩序維持における生贄の有効性について。

人間の攻撃衝動に理由は無い。そして、攻撃衝動は模倣によって伝染する。静めるために、一部の人間に全ての罪を被せ、共同体から追放する。追放された者は、共同体に平和を齎した聖者となる。

<供儀について>
暴力に理由は無く、鎮静化されない暴力には身代わりの犠牲を差し出す。保護したいと思う者から、死んでも惜しくない者へ暴力の鉾先を移転する。

あらゆる神話において、暴力と、暴力が狙う人間の間に動物が介入している。カインとアベルの神話においては、牧夫の弟は家畜を生贄として捧げるが、農夫である兄は捧げ物を喜ばれず、家畜の代わりに弟を殺さなければならない。

供犠は神によってその事実を覆い隠されている。神名の下において、個人が共同体構成員全体に捧げられる。攻撃衝動は部分的満足を得て軋轢が解消される。

供犠が行われない場合、個人の暴力が復讐を呼び起こし、その繰り返しによって共同体は崩壊する。現代社会において供儀が行われないのは、公権力が法体系を作り出し、合法的に復讐する事が可能だからである。絶対権力は復讐の連鎖に巻き込まれない。そうした公を持たない社会において供儀は必要とされる。

供犠も法律も、私的復讐とは相違すると信じさせる事によって、暴力を騙す事が出来る。

◎チュクチ族の復讐への対応
『未開社会』(ローイー著)では、チュクチ族は、自部族が他部族の一員を殺した場合、殺した者の家族を殺す事で争いを避けようとするとしている。これは生贄の論理であり、犯人を罰しない。犯人を殺した場合、復讐が完遂された事になり、暴力的要求に従った事になる。そこで近親者を殺す事で復讐の相互性から離れるとする。

<供儀の危機>
供犠が適切に機能するには、以下の条件が満たされる必要がある。

①生贄と保護される人間が分離されている
②生贄と保護される人間に類似性が存在する

上記は微妙な均衡に基づくため、生物や人間を分類して位階付ける方法の変化は供儀体系を狂わせる可能性がある。ギリシア悲劇である『狂えるヘーラクレース』や『トラーキースの女たち』は供儀が上手く機能しなかった例とする。

人間は、道理が敵対する両者にあり、暴力に理由が無い事を認められない。供儀の危機は、公平無私の幻想が崩壊する所から始まる。ギリシア悲劇の『オイディプース王』では、オイディプース(テーバイ出身でない)、クレーオーン(王でない)、テイレシアース(預言者で全てを知っている)は、自らが局外者である故に問題を公平に裁定出来ると思い込んでいるが、自らが争いの当事者となる事でその優位性が失われ、怒りの虜になっていく。

正邪を判定する観察者には、「自分が攻撃される事が無い」という確信が無ければならない。それが失われると、同じ罵声が対立者間で飛び交い、彼等の差異は消失する。暴力は伝染するので、共同体全体の差異が消失する。

オイディープス王、クレオーン、テイレシアースが、自らがテーバイの危機を救う事が出来ると思い込むのは、自分が外部から来た者であり、敵対する者達に向かって「お前達に差異は無い」と示す事が出来ると思い込むからである。しかし、外部からは同一性しか存在しないが、内部からは差異しか見えない。自らが当事者として内部に入る、と差異を否定する外部の論理は使用出来なくなる。

供犠における差異は、穢れ無きものと穢れたものの差異である。それが消失する事は文化的秩序が消失する事を意味する。

<差異による秩序>
秩序は文化的差異に依拠しているとする。差異無き社会では、各人が対立し合う。

それは原始的思考にとっては自明の事で、多くの原始的社会において双生児は異常な恐怖を与える。それは肉親同士の類似も同じ事で、『未開人の心理における父』(マリノフスキー著)では、トロブリアンド諸島においては肉親と似ていると伝える事が禁忌であると記述されている。

神話においても敵対する兄弟という主題があり、差異が少ない事が争いの源となっている?家庭内差異崩壊の象徴。

『オイディープス王』においては、各人が言い争う事で、王や予言者が互いの権威を貶め、各人の差異が失われていく。その中で、父殺しと近親相姦の罪を負っているオイディープス王は、差異から逃れた特別な罪を持った人間と言える。

テーバイの危機においては、全ての人間が同じ憎しみを持ち、同じように行動する暴力の双生児となる。そして、全ての分身が同じ者であるとするなら、誰であってもあらゆる者の分身となり得る。差異の完全な消失によって満場一致の生贄(オイディープス王)が生まれる。

至る所に広がった相互暴力をオイディープス王個人の違反に置き換える。

共同体の全員が、暴力の一切が一人の責任に帰すると確信し、彼を罰した時に秩序は生まれる。

<供儀の歴史的過程>
あらゆる共同体の秩序は、始祖的暴力(生贄)によって成立するとすると、集団による殺人は豊穣の源のように見える。死せる神から儀礼や婚姻規則、禁止事項等が生まれるとする。

『神性と体験』(ゴドフリー・リーンハート著)では、ディンカ族の供儀儀礼について記述されている。最初は互いに叩き合った人々が、生贄に暴力を集中させる。これは相互的暴力から一方方向への暴力の変身を形象化したと言える。

自然発生的な満場一致の暴力の模倣と再演。そして、定義された儀礼は各個人が他人を模倣する事により秩序を乱す事を防ぐ。

現代社会においては、供儀の有効性を認める事が困難であり、フロイトはエディプス・コンプレックスが他者を模倣する欲望ではなく、原父殺しや近親相姦への欲望によるとすり替え、『トーテムとタブー』では原父殺しを夢想している。

⇒この辺りの記述は非常に難しく、僕の解釈は誤っている。理解するにはフロイトの原書を精読するしかないと思う。レヴィ・ストロースに関する記述も同様

フロイトの卓越は、一切の儀礼行為、神話的意味付けが現実の殺人に起源を持つと断言した点にある。『トーテムとタブー』のギリシア悲劇に関する記述では、同じ服装をした合唱隊が一人の主演俳優を取り囲んでいる場面に注目する。この場面は歴史的場面から採用されたものであり、実際の事件では合唱隊にあたる人々が一人の人間を苦しませたとする。本来は群衆(合唱隊)のものである罪を背負うために主演俳優は救世主となる。

救世主たる生贄 = 聖なるものが触れたものは絶対的禁止の対象となり、禁止により人々は相互的暴力に落ち込まないようにする。

<通過儀礼について>
『通過儀礼』(ヴァン・ジュネップ著)では、成人式等の若者に共同体への完全な所属を認める儀式が記述されている。若者はそれまで持っていた身分を失い、新しい身分を獲得する。

身分の喪失は、若者全員の差異の消失であり、それは暴力を呼び起こす。そして暴力は伝染する。通過中の個人は疫病の犠牲者と同一視され、差異の消失により暴力を伝播させる可能性があるとする。

初期には犠牲者を孤立させ、共同体外部に追放する。通過によって失うものは誰にでも分かるが、やがて見い出すものは誰も知らない。差異の混雑がどこにいたるかは誰にも分からない。それらの議論に決着を付けるのは暴力である。

社会的秩序を価値評価し、比較、選択、操作する事には途方もない恐怖が伴う。

それは供儀の危機と同一であるために、人々は最初に起こった創始的暴力を全て再現し、危機の段階を経験させる。原初の危機を正確に再現するなら、同一の形で終わる事を期待出来る。

⇒通過儀礼の体験者が安らぎを奪われるのは、最初に事がそのように推移したからである

通過儀礼では原書の危機をモデルにして、差異の喪失が惹起するであろう危機を構造化する。不確実性を確信に変える。それが常に成功するならば、単なる試験になる。

このようにして成立する宗教は、暴力から発生する障害を回避する機能を持つ。

人気ブログランキングへ

ミステリーを解いて、科学を学ぼう!

読んだ本の感想。

ダナ・バリー/兼松秀行著。2007年2月8日 第1版第1刷発行。



<問題解決モデル>
以下の手順。

①問題を設定する
②可能な情報の収集
③必要とされる情報のリストアップ
④必要な情報を得るための手順確立
⑤情報の記録
問題に付随する情報を記録しリスト化する
⑥情報整理
名前、場所、動機等を示す情報チャートを作成
⑦情報解析
⑧情報の一般化
問題について一般的な説明を作る
⑨意志決定

<科学的思考>
以下から成り立つ。

①観察
対象を五感を使用して観察する。記録が推奨される。
②分類
対象を似ているもの同士で纏めて分類する。
③数字の使用
%や比率のような定量的関係を用いる。
④測定
定量的観察。
⑤推論
特殊な対象についての説明を与える。
⑥予測
過去の観察に基づいて将来を予測する
⑦情報解釈
情報を解釈して説明する。

<Bloomによる学習段階>
六段階を経て、学習者は実践によって学習を達成する。低いレベルでは受動的に学習するが、高いレベルに移行するに従い、積極的に考える事が必要になる。

以下では、推理小説における具体例を付加する。あまり適切な具体例とは思えなかった。

①知識
記憶し、呼び起こす。推理小説の登場人物や、事件の場所・時間、背景となる雰囲気や人格を説明出来る。

②理解
考えを自分の言葉で説明出来る。推理小説における登場人物の発言の意味解釈等。

③応用
規則を適用して問題解決する。

④分析
事柄を分割し、全体と部分を区別する。推理小説における構成員の心情や、その理由を説明可能。

⑤統合
考えと手段を生み出し創造する。登場人物のその後についてエッセイを作る等。

⑥評価
判断し価値ある決断をする。登場人物の性格比較や、考え方を支持したり批判する文章作成等。

人気ブログランキングへ

できる上司の「部下を動かす」行動習慣

読んだ本の感想。

髭彰著。2013年10月19日 初版発行。



第1章 人は誰でも素晴らしい才能を持っている
多くの上司は、自分を変えずに部下を変えようとして失敗する。しかし、他人を変えるには自分を変えるしかなく、そのためには自分を理解する必要がある。

自分を理解するには、上手くいった経験と、失敗した経験を集め、そこから自分の得意パターンを探す事である。自分の得意パターン(判断や行動の癖)は上手く機能する時もあるが、全てに適用してはいけない。

成功するために多様な行動を選択出来るようにする。自分の強味を止めてみる。

第2章 激しくやりすぎる上司
声も態度も大きく、自己主張が強い型。心を開いて他人を受け入れる強さを持つべき。

以下の問題。

・何でも自分で決めたがる
⇒部下が自分で考えなくなる

・会議を仕切ろうとする
⇒皆の意見を集約出来ない

・異論に対して威圧的に対抗する
・「意見があったら行って来い」と言う

以下の具体的な行動改善例。

・自分で何でも決めず、部下の意見も聞く
・会議を仕切る癖を止めて、黒子になる
・自分に意見出来る雰囲気を作る
・勝とうと思う癖を止める
・部下を操作せず、部下に任せる
・出来ない部下を駄目扱いしない
・部下に対抗せず、愛情を注ぐ

第3章 頭をフル回転しすぎる上司
自分の考えを話すのが好きで行動的。価値あるものを見抜いて真の革新を成すべき。

以下の問題。

・次々と指示を出して部下を動かす
⇒部下が自立しない

・会議を独演会にする
・話を先に進めて部下の話を聞かない
・熱し易く冷め易い

以下の具体的な行動改善例。

・人の話をじっくり聞く
・考えを発散させず、一つに集中する
・自分の満足を求めず、部下の中に財を探す
・夢中で話し込まず、話を短く纏める
・未来の計画でなく、現実の問題に取り組む
・楽天的に考えず、部下の苦しみに目を向ける

第4章 効率的に進めすぎる上司
目標に向かって精力的に仕事をする型。信頼関係を築くべき。

以下の問題。

・部下を道具のように扱う
⇒部下の意見を聞かずに方針を変える等

・会議で早急に意見を纏めてしまう
⇒自分の方法に沿った形で纏めてしまう

・仕事中心で親密な関係が作れない
⇒自分の弱味を話せず、仕事の話しか出来ない

・方針を簡単に変える
⇒自分が学んだ事を即時で実行するために、部下は振り回されているように感じる

以下の具体的な行動改善例。

・合理的に考えず、信頼関係を築く
・自己イメージを求めず、部下の成長を願う
・部下と目的を共有する
・自分の評価を気にせず、部下に手柄を与える
・部下の気持ちを理解する
・話の腰を折らない

自分を表現し、部下の意見の弱点を指摘して組織を動かしているつもりになってはならない。組織では、情報が自動的に上がる仕組みを作るべきで、そのためには各人がビジョンを共有しなくてはならない。

第5章 未来を心配しすぎる上司
真面目で堅実に仕事をする型。覚悟を持って行動すべき。

以下の問題。

・起こりそうでもない問題でも気になる
⇒部下は不安感を増幅される

・確実な方法に固執する
⇒部下の確実性を問い詰めると、部下の発言が減る

・答えを他人に求める
・全て自分で対処しようとする

以下の具体的な行動改善例。

・リスクばかりを気にせず、部下に挑戦させる
・誰かに頼らず、自分で判断する
・人が肯く事を気にせず、意見を伝える
・全ての事案に対処せず、重点を絞る
・常識に縛られず、部下の多様性を活かす
・自分の経験を部下に押し付けない
・早く決断する

未来を心配し過ぎる事は、反面では広い視野を持っている事である。自分の不足を認め、他人に任せる覚悟を持つべき。

第6章 面倒を見すぎる上司
部下に助言するのが好きな型。相手のためより目的優先で行動すべき。

以下の問題。

・部下に近付き過ぎる
⇒私的な事まで細かく指導する

・部下に注意出来ない
・上から目線で助言する
⇒微笑みながら威圧的な言葉を使う

・気持ちを理解しないとむくれる
⇒自分の配慮に感謝すべきという感覚

以下の具体的な行動改善例。

・すぐに部下を助けず、任せる
・部下に好まれようとせず、距離を置く
・関係を壊す事を怖がらずに意見する
・見返りを期待しない
・他人に相談する
・人に合わせず主体的に判断する
・自分を犠牲にする癖を止める

第7章 欠点を探しすぎる上司
何事もきちんとしてないと気が済まない型。肯定的に考えるべき。

以下の問題。

・高い基準で自他を責める
・過程の正しさに拘る
⇒部下は、どこまでやれば良いか疑心暗鬼になる

・判断に時間がかかる
・部下の書類に赤ペンを入れる
⇒部下が上司依存になる

以下の具体的な行動改善例。

・自分の基準で判断せず、多様な意見を受容する
・批判する癖を止めて他人を許す
・方法に拘らず、目的を意識する
・助言に力を入れず、自主性を尊重する
・助けを求める
・批判を恐れずに自分を許す
・80点で良しとする

第8章 価値観にこだわりすぎる上司
個性的な判断をする型。現実に立ち向かうべき。

以下の問題。

・判断に感情を持ち込む
⇒利益ではなく、自分なりの意義を重視する

・自尊心が高くて人間関係が冷え込む
⇒他人の意見を否定して、相手が対話を諦める

・他人を気にし過ぎて素直になれない
⇒周囲の反応を気にして迷ってしまう

・自己否定して同情してもらおうとする

以下の具体的な行動改善例。

・気持ちが揺れるのを止めて現実的に判断する
・自分らしさではなく、平凡を受容する
・他人と比較せずに、自分を肯定する
・感傷的にならず、客観的に見る
・インスピレーションに頼らず、手順を踏む
・好き嫌いで判断せずに他人を受容する
・独特な表現でなく、平易な言葉を使う

第9章 自分を軽く見すぎる上司
穏やかでマイペースな型。沈着に決断して存在価値を高めるべき。

以下の問題。

・優先順位を誤る
⇒葛藤を生む重要事項を後回しにする傾向

・問題を先送りする
・自己主張しない決断に時間がかかる

以下の具体的な行動改善例。

・謙遜せずに強い意志を表現する
・相手に反論する
・我慢せずに自分の要求を求める
・葛藤に打ち勝つ
・問題を軽視せず、先手必勝に出る
・放任せずに、部下を育てる覚悟を持つ
・周囲を気にせずに自分で決める

第10章 評論的に考えすぎる上司
尋ねると答えるが、必要最小限しか話さない型。予見力と思いやりで人を指導すべき。

以下の問題。

・自分で言った事をやらない
・部下を馬鹿扱いする
⇒「もっと検討しろ」、「他に良い案は無いのか」等

・行動するまでに時間がかかる
⇒目的までの手順に納得しないと行動出来ない傾向

・部下の感情が分からない
⇒人との触れ合いを避けるために感情に気付き難い

以下の具体的な行動改善例。

・批評せずに、思いで他人を動かす
・一人で考えずに、共に行動する
・知識を溜め込まずに、実体験から学ぶ
・傍観的にならず、挑戦する
・分析せずに、人の情に触れる
・すぐに諦めずに、怖さを乗り越える
・馬鹿にされても良いから、助けを求める

第11章 やっぱり得意パターンが出てしまう落とし穴
自分の行動パターンを変える時にも、得意パターンが出てしまう事がある。

特に、「激しくやりすぎる上司」、「頭をフル回転しすぎる上司」、「効率的に進めすぎる上司」は、強味を止めるようにすると、自分が弱くなったように感じてしまう。しかし、それこそが成長の源である。得意パターンを使う時と止める時を見極める事が出来るようになる。得意パターンを止め続けるのでなく、部下を育成するタイミングで止める。

逆に、「価値観にこだわりすぎる上司」、「自分を軽く見すぎる上司」、「評論的に考えすぎる上司」は、短所を直すという方法になり、強味を活かせない。基本的に一人で過ごす事を好むので、対人行動における得意パターンを自覚していない事が多い。

・激しくやりすぎる上司
極端に激しく、激しくやり過ぎる行動を止める。上司の意見が出しやすいよう、全ての会議の出席を止める等。本当に激しさが止まった時は、自分でない感じがするはず。

・頭をフル回転しすぎる上司
短絡的に、「こうすれば良い」と思い付いた事をする。本当に止まった時は、多くの人に助けてもらっている感覚があるはず。

・効率的に進めすぎる上司
学習した事から、すぐに使えそうな事を実践してしまう。本当に効率的に進め過ぎる事が止まった時は、心が落ち着いた感じになるはず。部下の育成する焦りが消える事が大切。自分のスピードを落とす。

・未来を心配しすぎる上司
とりあえずやってみる事が苦手。部下の気持ちを聴く場合、どうすれば良いのか自分の外に答えを探す事を止める。

・面倒を見すぎる上司
理由を作って部下に近付こうとしてしまう。他人への関心から、自分を育てる事に重点を移す。

・欠点を探しすぎる上司
欠点を探す欠点を直そうとしてしまう。自分を責めずに許す事が大切。

・価値観にこだわりすぎる上司
どうしても価値観に拘ってしまい、他人と自分を否定的に比較してしまう。これは、自分は他人と違うとする事で、自分の世界に留まる心理である。目前の現実に対応する事に集中する。

・自分を軽く見すぎる上司
挑戦出来ない。反省して、それ以上責められないように自分を防御している。それなので、反省しないような方向に意識を持っていく。自分を褒める事が大切。

・評論的に考えすぎる上司
考え過ぎないための手順を組み立てる事に時間を使い、結果的に行動を変えられない。自分が当事者として関わる事で、考える準備無しに話したり動くようにする。

以下の方法論。

◎損失予測法
自分の得意パターンで行動する事で生じる損失を書き出す。どのような状況で得意パターンに入り込み、それによってどのように損をするかを知る。

◎自問法
得意パターンを止める必要がある時、「どうしてそう思うのか」、「どうしてそうしようとするのか」を自問する。

◎相談法
自分の得意パターンについて、信頼出来る人間に効く。

第12章 人は関係づくりの中で成長する
相互理解は、共に働くための基盤である。部下を見ると、上司がどのように部下を育成しているか分かる。上司にとって、部下は自分の鏡。

人気ブログランキングへ

マンダラスゴロク図法

読んだ本の感想。

石井禎著。平成18年7月13日 初版発行。



以下は、「楽しくわかるマンダラ世界」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2492.html

曼荼羅を活用した構想技法。

曼荼羅を理解出来る本だと思うけど要約は無理。実際の活用方法は、本を読んで実践しなければ分からないと思った。

<胎蔵曼荼羅>
大日如来中心のコスモス構造を持つ。絵図全体で太陽を象徴する大日如来の宇宙的原理を構成している。


外金剛部院









文殊院

















 
釈迦院











遍知院



中台八葉院
持明院
虚空蔵院
蘇悉地院
外金剛部院
①中台八葉院
中心に位置し、仏界で最も完成された法力を持つ仏達がいる。四方の各院に指令を出す司令塔でもある。絵図では男性力を持つ光明エネルギーと女性力を象徴する蓮華が描かれる。

②遍知院
菩薩道の表現で、智恵と慈悲の心得ようとする働きを描く。一切如来智印という三角形の炎が据えられる。

③持明院
明王道の表現で、仏性と煩悩の戦いを憤怒の力で降伏させる表現。

④金剛手院
男性力を金剛系の鋭利な武器によって描く。

⑤観音院
女性力を蓮華によって描く。

⑥釈迦印
釈尊の教化の働きを示す菩薩道の実践者達が活動する。

⑦文殊印
仏の智恵で「空」思想を説く。自らは常に変化しているので、固定して考える事が出来ないと知る。

⑧虚空蔵院
修業した結果の虚空の境地となり、あらゆるものを育成する功徳を象徴する。

⑨蘇悉地院
三列あった虚空蔵院の下一列を構成バランスのために独立させた。真実に目覚めて立派な心境になる。

⑩除蓋障院
障害になっている蓋を取り除き、清純な心を顕わにする。

⑪地蔵院
大地が内蔵する意志で人々を引っ張る

⑫外金剛部院
胎蔵界曼荼羅の外側にあり、現世利益の虜になっている世界の魔性を跳ね除ける。

<金剛界曼荼羅>
大日如来の働きを様々な機能に分けて、それぞれが受け持つ9つの場所を修業しながら観想する双六構造を持つ。
四印会 5一印会 6理趣会 7
供養会 4成身会  1降三世会 8
微細会 3三味耶会 2降三世
三味耶会 9

9つの区画に分けられ諸尊(大日如来中心に1491尊)がそれぞれの場で会合する事から、区画を会と言う。会の中に大円があり、さらに5つの中円があり、さらに小円が配されており、世界が深化していく会の小宇宙を表現している。中心となる成身会から数字の純に右旋回する向下門の構図をとる。逆に9から修業しながら流れに遡る向上門の表現とも言える。

①成身会
自分が如来の宇宙におり一体化する。

②三味耶会
成身会の諸尊の働きを教えを象徴する道具で表現。

③微細会
成身会の諸尊の働きを、諸尊は仏が説法する姿で金剛杵の中に入った形で表現される。

④供養会
大日如来等の五仏以外の菩薩全尊が合掌し供養する姿を表現。修行者は最後には大日如来と一体化するので、その努力に対して供養している。

⑤四印会
成身会、三味耶会、微細会、供養会の統合されたもので、大日如来を目標とし、四菩薩を代表として修業を簡単に表現する。仏尊と一体になる身体的行動の促進を立体像で表現。

⑥一印会
四印会と同じダイジェスト版で、成身会における大日如来を拡大強調する。大日如来に知恵や真理が統合集約し、衆生に流れる事を表現する。

⑦理趣会
欲望を制御し現生欲を仏欲に転化させる。

⑧降三世会
16菩薩が憤怒の形で我欲を戒める。三つの欲望(貪り、位階、怠け)を降三世明王が降伏させる。

⑨降三世三昧耶会
降三世会の教えを象徴する道具で表現。

************************

曼荼羅では、様々な知恵や行動を仏尊や抽象物に託し、一つの思想を宇宙として視覚表現している。中心に立つ大日如来が衆生を救うという目的に添う知恵を持った大宇宙があり、それを分担する院という中宇宙がある。院の中には仏尊という小宇宙が配置され、脈絡を持ってシステム化されている。

著者は、曼荼羅を参考に思考を創造する脳具を開発したとする。
<マンダラスゴロク図法>
第二院                 第一院  
枡会            枡会枡会枡会枡会
枡会枡会枡会枡会枡会
枡会枡会総括院枡会枡会
枡会枡会枡会枡会枡会
枡会枡会枡会枡会枡会
第三院                                      第四院

上記には、縦軸と横軸があり、四つの院がある。各枡会の中に軸や院によって分類した情報を当て嵌め、全体として理解する。

以下は、家電商品開発を例にする。

1970年代                1980年代
プロダクト
流通
売る
アフターケア
マーケティング

生産性追求
商品
市場性追求

造る
製品
創る
道具
使う

省資源
再資源化
生活科学
ロングライフ
エコロジカル

棄てる

生活者

2001年~                1990年代

上記では、1970年代から2000年代までの家電開発の中で、重要視される事柄がプロダクトからマーケティング、生活者、エコロジカルと変化していき、その中で具体的に流通や市場性追求、生活科学、省資源等の考慮すべき項目を当て嵌めていく。

右旋回での変化を記述する事で、考えを整理出来る。

作り方としては、右旋回の順序を考え、灰色で網掛けした部分に軸となる事を設定し、さらに4つの院に関連する言葉を嵌め込んでいく。

本の中では、当世学生気質、日本のデザイン等について曼荼羅を活用した表現が為されていた。

以下は、マンダラスゴロク創り方十箇条。

①テーマの明確化
例えば、「花」という漠然とした言葉と「誕生日プレゼントの花」では内容が全く違う。誰に何の目的の花か具体的に考える。具体的に明確化する事で、マンダラスゴログの骨組みとなる軸を設定出来る。

②テーマに添った情報収集
関連する情報を集める。例えば、花の情報には生物的視点もあれば、文学、科学、産業、暮らしの視点もある。集めた情報を必要な枚数25枚の倍の50枚以上カードとして作成し、準備する。

③情報整理と集約
作成したカードを分類し括っていく。この作業の過程で軸となる言葉を探し、枡会の中に嵌められるように整理していく。

④マンダラスゴロクへの変態
軸となる言葉を見つけ、抽象化した言葉をとする。

⑤枡会に言葉を嵌め込む
字数を揃えて言葉を嵌め込んでいく。

⑥各院の意味の整合性
各枡会の内容に相関関係があるように調整する。

⑦総括院に統合する言葉を入れる
中央の総括院に、マンダラスゴロクの中心となる、大日如来に相当する総合的存在感を持つ言葉を入れる。

⑧ミクロコスモスの調整
軸、院、枡会の全てに相関関係が成り立っているか推敲する。

⑨個人ワークとグループワーク
マンダラスゴロクはグループで活用する事も出来る。情報収集を全員で分担し、考察は各自で行い、グループで討議する。

⑩習慣付け
マンダラスゴロクを活用する事を習慣化し、脳具として活用出来るようにする。

人気ブログランキングへ

満鉄全史

読んだ本の感想。

加藤聖文著。2006年11月10日第一刷発行。



以下は、Wikipediaの「南満州鉄道」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%BA%80%E5%B7%9E%E9%89%84%E9%81%93

プロローグ―「国策会社」満鉄とは何だったのか
満州支配の牽引役として期待された国策会社 満鉄が陸軍、関東軍、外務省、関東都督府等の勢力争いによって統一された方針を持てなかった事について。

関わる人間の個性によって支配され、組織として独自性を持つ事が無かったとする。

第一章 国策会社満鉄誕生
1 満鉄創立
日露戦争講和時のポーツマス条約(1905年)によって、ロシアから日本に東清鉄道南部支線を譲渡し、これが後の満鉄になる。

<東清鉄道>
1896年に、満州を東西に横断してウラジオストクへ向かう鉄道として、清国からロシアに80年間の所有権を譲渡されて建設された鉄道。露清国境沿いを迂回してウラジオストクへ向かうシベリア鉄道とは異なる。東清鉄道南部支線は、1903年に開通し、哈爾濱から旅順に至る。

日本は満州全域の経済情報を収集しておらず、ロシアの再南下を阻止する戦略上の必要性から軍用鉄道を求めており、経済的観点が欠けていたとする。

1906年に作成された満鉄設立の勅令では、満鉄の総裁・副総裁は天皇の勅裁を経て政府が任命する勅任官とされ、満鉄は株式会社でありながら政府機関であった。

◎後藤新平
初代満鉄総裁。台湾の民政長官としての実績があり、台湾での経験を満州にて適用する事になる。東インド会社をモデルとした組織を目指す。そのために、鉄道経営を基盤に線路守備や鉱山採掘、移民等の周辺事業を行う事を経営方針とする。

米国を意識した新旧大陸対峙論を唱えた。

2 政党の浸透
政党政治家として日本政治に関わった原敬の影響について。

清国との鉄道交渉を外務省に委ねる事で、関東都督府を中心に満州政策の主導権を握ろうとした日本陸軍を牽制しようとした。原の思想では、政府主導による満州政策を行う事になっていたが、これは満鉄を中心とした満州経営の思想とは対立した。

政党内閣が本格化し、二大政党制による政権交代が実現すると、満蒙政策の一貫性を守る事が困難になる。

そして1911年の辛亥革命により、清国と革命政府のどちらに味方をするか決めかねた日本を尻目に英国が主導権を握り、袁世凱が英国資本と組んで満州へ影響力を及ぼそうとしたため、対抗上、日本とロシアの結束が強まり、1912年の第三回日露協約では日本の勢力範囲として東部内蒙古(内モンゴルの一部)が追加された。

3 国策会社としての使命の拡大
経営方針の対立にも関わらず満鉄は成功していった。

開業時の1907年に410万2229円だった満鉄本線の利益は、1913年には1375万4416円になっている。他に大連港の拡充や倉庫業、電気・ガス事業、奉天や長春でのヤマトホテル開業等の事業展開を行う事になる。

しかし、1917年のロシア革命によって南北満州を日露両国が分割支配する構想が崩れ、満鉄は不安定な状況に置かれる事になる。帝政ロシア時代は、満鉄と東支鉄道(ロシアが管理する鉄道)とは共存関係にあったが、南北満州分割が無効となる事で輸送物資争奪が始まる。

日本は北満州への権益拡大のため、軍閥の張作霖との連携を目指す事になる。

◎中村是公
二代目満鉄総裁。最も在位期間の長い総裁であり、実績があったとする。

第二章 「国策」をめぐる相克
1 松岡洋右と国家改造
◎松岡洋右
1921年から11年間に渡って満鉄で理事、副総裁、総裁を務める。

原内閣が基本方針として掲げた北満進出の具体化を目指し、そのためにソヴィエト連邦が弱体である内に満州から駆逐するべきとした。

松岡の持論として、ソヴィエト連邦はやがて強大化するため、日本が対等になるには満州全域に影響力を及ぼすべきとしている。

北満物資の取り込みを図るために、洮斉線(洮南―斉斉哈爾)の建設を目指す。ソヴィエト連邦が管理する東支鉄道南武線と並行する路線で、張作霖を前面に出す事で日本が矢面に立たないようにした。

洮斉線は満州における日本の権利として認められている鉄道ではないため、満鉄が鉄道建設工事を請け負うものの、経営は張作霖が主体となる建設請負契約という方法を採用。

張作霖側には対価として、満鉄の開海線(開原―海龍間)の放棄と満鉄平行線となる奉海線(奉天―海龍間)の張作霖側による敷設を認めた。

⇒ソヴィエト連邦との対抗上は満鉄と張作霖の利害が一致したが、中国中央政府との関係では思惑が異なった

⇒張作霖との個人的関係を基盤として利権を獲得する交渉と違い、条約に基づく鉄道交渉は進展しない

2 山本条太郎と満鉄中興の時代
◎山本条太郎
1927年から衆議院議員のまま満鉄社長になる。

第一次世界大戦後の重化学工業発展のために、日本国内と結び付いた産業開発を満州で行うべきとした。

当時の田中内閣には、満州を張作霖による独立政権として中国本土と分離する構想があった。そして、満蒙政策に一貫性を持たせるために拓務省(植民地を統括する中央機関であり、満鉄への監督権を持つ)を新設した。

また、張作霖の側では蒋介石による北伐に対抗するために日本の援助が必要であり、1927年の山本・張協約で満鉄による五路線の建設を認める事になる。

さらに、山本は鉄道事業は政治的に獲得した独占事業であり、独占権が無くなると利益が失われる恐れがあるため、製鉄や製油、肥料等の事業多角化を図る。

・製鉄
鞍山製鉄所を立て直し、鉄材を日本へ供給する。1933年に昭和製鋼所を設立し、満州最大の製鉄会社となる。

・製油
油母頁岩から人造石油を作る研究。日本では産出しない石油燃料を確保する狙い。

・肥料
鞍山製鉄所のコークス炉から発生する窒素を利用した硫酸アンモニウム製造の研究。1933年には満州化学株式会社を設立した。

・その他
化学工業(曹達、マグネシウム、アルミニウム等)の計画や大連農事株式会社設立(1929年)、東亜勧業株式会社による移民斡旋会社整備等。

⇒満州が日本の利益になる事を証明する。さらに華北の炭鉱資源にも着目し、山西省(大炭田がある)への影響力を確保するために滄石鉄道建設請負の仮契約を結んでいる

3 日本の「満州」・中国の「東北」
1920年代の日本の満蒙政策は、張作霖の中国中央政界進出を支援しつつ、満州における日本の権益を拡張する方針だった。

その核にあったのは、張作霖が親日家であるという意識である。日露戦争当時、馬賊としてロシア軍の諜報を請け負っていた張作霖が日本軍に捕らえられた際に、後に首相となる田中義一に命を救われたという逸話がある。

しかし、張作霖が中国中央政界に進出するには中国の民族主義を意識しなければならず、日本側は張作霖を支える満州漢人社会の社会的要請を理解しなかったとする。

1928年に起こった張作霖爆殺事件は、思い通りにならない張作霖への反発が原因で発生したとする。後を継いだ張学良は張作霖が満鉄との間に結んだ協約の実行を拒み、中国国民政府への合流を宣言した。

また、この時代の中国は世界各国が金本位制を採用する中で銀本位制を採用していたためにデフレの悪循環に陥っており、経済の悪化は満鉄の経営にも影響した。銀暴落によるデフレの影響で、銀建てだった張学良側の鉄道運賃が低下し、割高になった満鉄から物資が流れた。

****************

1930年頃の満州の人口は3000万人程度であったが、日本人居留民は20万人程度絵、その半分近くが満鉄関係者である。支配のためには土地と人が必要だが、土地は商租権は満鉄付属地以外は無く、日本人人口も少ないために、満州に産業基盤を整備しても、それは中国人の利益となる。

日本の「満州」でなく、中国の「東北」の成立。

第三章 使命の終りと新たな「国策」
1 満州事変と満鉄の転換
1931年に満州事変が勃発。

◎内田康哉
満州事変勃発当時の満鉄総裁。不拡大方針を唱える政府の方針に反し、積極的に関東軍を支援した。

関東軍が計画した満州全域での作戦行動は、鉄道の迅速な活用によって可能だった。満州事変までは一個師団程度の規模しかなかった関東軍には、行政や経済を担当出来る人材がおらず、満鉄の人材が必要とされた。

満州事変における関東軍と満鉄の協働は世界観の共有によって可能になった?日本が国際社会で生き残るには、満州を支配して超大国になるしかないという前提。

満州事変後は、長大線と吉会線の二路線が実現が決定した。満鉄本線と満州国の首都で交差し、東支鉄道の平行線となる。特に吉会線は日本と満州を結ぶ最短ルートであり、ロシアとの戦争の際には朝鮮から満州中心部へ直接軍隊を輸送出来る路線だった。

⇒日本と満州の接続点として朝鮮を位置付ける

⇒満鉄内部には、北満州の物資が大連でなく朝鮮に流れる事に批判的な意見があり、国策と経営が相反する矛盾があったとする

2 蜜月の終り
関東軍と満鉄の軋轢が表面化していく(1932年には、満州事変不拡大派の江口副総裁が罷免された)。

1932年に発生した五・一五事件後に成立した斎藤内閣では、満州国が正式承認され、国際連盟脱退への道筋が形成されていく。

関東軍が強く求めた満州移民が行われていき、軍の積極関与が顕在化していく。

3 国策会社の凋落
1935年に松岡洋右が満鉄総裁となる。

関東軍司令官 南次郎の要請によるものであり、軍の影響力が大きい事を示す。民間会社である満鉄が植民地統治を行う事は、英国の東インド会社の矛盾と同様であった。

満鉄は関東軍の影響下で、軍が求める事業を行い、華北進出の使命を与えられる事になる。満鉄付属地の行政は満州国や日本機関に委譲され、満鉄は純粋は鉄道会社となった。

終章 国策会社満鉄と戦後日本
1 満鉄の終焉
太平洋戦争勃発によって、満鉄は大陸物資を日本国内に輸送する事が主な任務となる。

しかし、満鉄は対ソヴィエト作戦用の北満州の鉄道整備を中心にしていたため、港湾等の整備が遅れており、効率的な運用が出来なかった。

満鉄の全55路線、1万2493.2㎞の内、全線が複線化されたのは4路線のみで、貨物運行が上手くいかず、供給地である中国本土と送出地である朝鮮との連携が成り立たない(単線と複線では輸送能力が3倍以上違うらしい)。

⇒交通網整備が疎かであった事が日本敗戦の一因とする

⇒背景には、対ソヴィエト連邦用の鉄道整備に拘る参謀本部と、国内向幹線輸送強化を求める陸軍省の対立があったとする

****************

敗戦によって満鉄は消滅したが、その資産はソヴィエト連邦に没収された。満鉄幹部はシベリア送りにならず、ソヴィエト連邦側に業務を引き継ぐ事となる。

満州は、国共内戦期は中共軍の後方基地となり、新中国誕生後は重工業地帯として中国を支えた。その基盤となる技術者は、ソヴィエト連邦からの援助や、満州国期の産業経済開発と留用日本人からの技術継承によって形成された。

2 満鉄の「戦後」
戦後の満鉄は、国策性が忘却され、企業性のみが語り継がれる。日本による植民地支配の拙さは封印された。

戦後の満州研究においては、満鉄は日本帝国主義の先兵であり、中国人民に満鉄が与えた被害を明らかにする姿勢が強かったが、冷戦構造が崩れた現在では、問題意識型の研究よりも実証的研究が盛んになっている。

エピローグー現代日本にとっての満鉄
日本における国策を考える材料としての満鉄。

社会体制が未整備だった時代には、個人が能力を発揮出来る可能性があったが、社会が複雑化すると組織が重要になる。そうした柔軟性欠如は軍部において顕著であり、傑出した人物も部分的にしか活躍出来ない。

満州で活躍したのは岸信介のような官僚であり、世界史的視野を持たないまま世界帝国化した日本を象徴している。

松岡洋右は、「満蒙は日本の生命線」と唱えたが、具体的に何をするかは合理的に説明出来なかった。他の個人も総論賛成、各論反対の中で、部分的な役割しか果たせず、責任の所在が曖昧となっていた。

それは現代日本の根本的問題でもあり、満鉄の歴史は日本の根本的欠陥を象徴している。

人気ブログランキングへ

寒くなってきた

今年も苦手な季節がくる。

自宅の暖房が壊れて久しいので、今年は暖房を設置する事になると思う。

しかし、設置の見積もり等の手間を考えると億劫になってしまう。

そういう状態だ。

人気ブログランキングへ

眠い

何だかとても眠い一日だった。

その理由は昨日の徹夜だ。

人気ブログランキングへ

「ギルガメシュ叙情詩」失われた一部が発見とか

米国大統領選挙の結果のせいか、仮想通貨が大幅に値上がっている

以下は、「トランプ氏の抽象と具体」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2281.html

これから「国家」への信頼性が低下していく中で、国家によって管理される通貨や株式、企業への信認も低下していくはず。現在は大儲け出来る状況なのだろうけど、どのようにすれば良いかは分からない。

*******************

以下は、インターネット上の掲示板からのコピペ。

2015年10月、世界最古とされるバビロニア神話「ギルガメシュ叙情詩」の一部が発見された。神話に登場する怪物フンババが、英雄エンキドゥのの友人であった事等、神話の背景を補完する内容になっているらしい。

⇒友人設定は拡大解釈?

<ギルガメシュ叙情詩>
古代シュメール王朝の王、ギルガメシュを主人公とした神話。ギルガメシュが傲慢であったため、女神アルは半獣半人エンキドゥを作り出し、地上に送り込んだ。エンキドゥは人の理が通じない野蛮人だったという。後にエンキドゥは人としての分別を得てギルガメシュと対決し、以降は無二の親友となる。 エンキドゥはフンババ(神)殺しの呪いで死ぬ。

<フンババ(アッカド語名)>
全身を鱗に覆われ、手はライオン、足の爪は鷲、牛の角を生やし、尾は蛇という巨人(巨人ではなく、ドラゴンまたは精霊であるという言い伝えもある)。シュメール語名はフワワ。









*****************

「ギルガメシュ叙情詩」は、シュメール人の神話をアッカド人(バビロニア)が改変した物語だが、長年の間にアッカド人自身の神話になっている。シュメール神話をアッカド人が編纂する過程で、雑多な神話や事実が混ざる。

シュメール人の勢力範囲は都市国家級であり、シリア辺りの異民族征服はしていない。ギルガメシュの紹介文も、「ウルクに城壁を作った者」であり、常に他の都市国家に攻め込まれる危険性があった事を示唆する。

エブラ(レバノン)やエラム(イラン)らの異民族を攻めてメソポタミアを統一したのは、ギルガメシュの時代から数百年後に在位したアッカド人の王サルゴン。フンババの森はレバノン杉が群生している事から、現在のシリア北部~レバノン山脈辺りと考えられ、ギルガメシュの根拠地であるウルクからはシリア砂漠を迂回してユーフラテス河を北上しないと到達出来ない遠方にある。

歴史的事実を神話に反映させたと仮定すると、アッカド人が森の民族を征服する過程で裏切り者を利用しており、エンキドゥは元々フンババと同じ森の獣神側の存在だったが、半人半獣の存在に改造されてギルガメシュに与し、森の侵略に手を貸したとも解釈可能?

*****************

シュメール人の神話も他神話の模倣である可能性がある。

人類初の文明は、紀元前1万数千年頃にトルコ、黒海周辺に誕生し、欧州に移動した人々が西洋人の先祖となり、南に移動した人々がメソポタミアやインド人の先祖となった。だからヨーロッパとインドの人種と言語は近しい。

神話も同様に移動したかもしれず、世界史自体を一つの物語として見るとノアの洪水伝説はギルガメシュ叙事詩の模倣と言える。

模倣は現代でも継続しており、「もののけ姫」のシシ神が死ぬ場面は、「ギルガメシュ叙情詩」のフンババを倒す場面をそのまま使用している。

日本神話との類似点も指摘されており、シュメール文明の遺跡からは、十六弁菊花紋が刻まれた発掘品が多数出土している。シュメール人は自らをアヌンナキ(天から来た民)の子孫と称していて、天孫降臨神話と似ているかもしれない。天皇をスメラミコトと呼ぶのはシュメールから来ているという説がある。

【ギルガメシュ叙情詩】
ギルガメシュが傲慢であったため、
女神アルはエンキドゥを地上に送り込んだ

エンキドゥはギルガメシュと無二の親友になる

【日本神話】
大国主の国が欲しくて、女神アマテラスは天穂日を地上に
送り込んだ

天穂日は大国主を説得している内に大国主に心服して
地上で暮らすようになる



*********************

ライトノベルと神話の類似性についての記述。ライトノベルは「小説の中で人間が空飛んでも良い」という理由で始まっており、写実性の高い文学では描けない事柄を記述する目的がある?従来の小説では扱えない荒唐無稽を描く。しかし、元々文学では人間とは違う能力を持った人物が現れる事が当然だった。

それを知らないと写実性から離れた文学作品はすべてライトノベルに見える。

小説とは、散文で作成された虚構の物語であり、君子や聖者が国家や政治に対する思想、歴史を書いた書物は「大説」という。架空の物語だが、当時は神話=史実であるとの認識があるため、史書と考えられる。よって「ギルガメシュ叙事詩」は小説ではないため、ライトノベルでもない。

王の成功物語を誇張したものが神話だから、個人の脳内妄想である小説とは正反対。

しかし、仮に文明が途絶するような事態が起きて、その上でライトノベルが数千年間解読可能な状態を維持する事が出来たなら、神話化する可能性はある。

人気ブログランキングへ

プリン失敗と飲み会

プリンが固まらない。

ので、以下の2つの方法で新しい食べ物にしてみる。

①バニアアイスと混ぜて冷凍庫で凍らせる
②チョコレートを溶かして混ぜる

調べてみると、炊飯器を使用してケーキにする方法もあるらしいが、手間がかかるのでやらない。

********************

久しぶりに飲み会に出席した。

僕は話量が少ない。皆、アニメや映画等を休日に見ているようで、感想を言い合っていた。韓流が好きな人が一人いて、韓国産のオペラを見ているらしい。

ああ疲れた。

人気ブログランキングへ

プリンを作る?と半分残った事について

今日はバナナプリンを作ってみた。出来上がりは明日になると思う。

工程は以下の通り、

(1)以下の材料をミキサーにかける。

①バナナ4本
②豆腐半丁
③卵黄
④牛乳100cc

(2)上記(1)でミキサーにかけた材料を蒸し器で蒸す

未だ蒸し器で蒸している途中。材料の水分が多過ぎるので上手く固まらない。失敗かもしれない。

**********************

以下、自分の中から無くなった事の再構成。記憶しているだけ書き出してみる。

小説とは文章による虚構であり、作成者の思考型を表現するものである。あらゆる小説は階層 = 序列を前提にする。登場人物達間に順位があり、その変動を記録する形式が小説であるとする。

そうした物語世界における「闘争」は、序列がある事によって発生するのでなく、序列が同一の存在間で発生する。争いは、対立する二者の差異を知る行為である。自分と他者の階級が同一であると認める事は出来ない。

そのような現実世界と小説を対応させてみると、人間の不安や争いは、格差によって発生しているのでなく、他者との差異が失われる事によって発生しているとみなす事が出来る。

人々が社会階級が固定されていると思っているのならば、おそらく争いは発生しない。各人の権利や能力が同一とされ、さらに向上する事を強いられた時に社会的重圧は最大化するはず。

そうした重圧は、必然的に攻撃対象を必要とするはず。攻撃する事は、序列を確認する行為だ。知りたいのではない。解決したいのではない。確認したいのだ。

正義とはそうした存在。

人気ブログランキングへ

半分が死んでいる

自分の中の色々な事が半分無くなった感覚が継続している。

残りの半分が僕の分身として存在しているかもしれない。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード