まだ存在していない仕事

日本ビジネスプレスのコラム「2030年に有望な職業とは?」から。

①ボットロビイスト(Bot lobbiest)
Botとは定期的に決められた呟きをツイートするアカウント。ボットロビイストとは、ボットの機能等のソーシャルメディアの機能を上手く利用する事で、顧客のビジネスを支援してくれる人を指す。

②未来貨幣投機家(Future currency speculator)
成長している仮想通貨市場は間違いなく仮想通貨の専門家を必要とするようになるだろう。

③生産カウンセラー(Productivity counselors)
生産カウンセラーは顧客に健康管理から時間管理に至るまで、人生全般の生産性を上げるためにあらゆる事をアドバイスする。

④微生物バランサー(Microbial balancer)
危険な細菌の薬剤に対する懸念が増している一方、細菌の新しい形態も発見される中、訓練を受けたバランサー(均衡調整役)が微生物の組成を評価するために必要とされるだろう。

⑤ミームエージェント(Meme agent)
ミームとは進化生物学者であるリチャード・ドーキンスが提唱する「文化的遺伝子」の事・遺伝子のように人から人へとコピーされる情報を指す。我々はあらゆる種類の著名人のための代理人を既に持っているのだから、近い将来、インターネット上でスター達の代理を務める職業もできることだろう。

⑥ビッグデータ・ドクター(Big data doctor)
ビッグデータは、既に多くの産業に多大な影響力を持っている。そしてヘルスケアが次に来るだろう。患者の伝記プロファイルと個人データに基づいて治療を施す新世代の医師が誕生する可能性がある。

⑦クラウドファンディング・スペシャリスト
 (Crowdfunding specialist)
キックスターターやインディーゴーゴーのようなクラウドファンディング・ウェブサイトの人気を考えれば、資金集めのアドバイスをする専門家のニーズは今後高まっていくだろう。

⑧未来の仕事スペシャリスト/リクルーターの仕事
 (Jobs of the future specialist/recruiter)
目まぐるしく変化する雇用市場が将来スローダウンする事はないと思われる。そのため、将来のキャリアに特化して助言してくれる専門家は、求職者にとって多大な価値を持つだろう。

⑨組織混乱家/企業かく乱家(Disorganizer/corporate disruptor)
企業の攪乱家は、システムやプロセスが古くなった企業を揺り動かし、覚醒させるために呼び出される。

⑩プライバシー・コンサルタント
新技術は、新しいプライバシーの問題を生みだすため、将来の人々がデジタル情報を管理し、保護するために専門家の支援が必要になるだろう。プライバシー・コンサルタントは人々のプライバシーを守る支援をする専門家である。

⑪人工知能クリエイター(Artificial Intelligence Creator)
社会を変革するようなAIの研究が水面下で進行している。米国ではグーグルが2013年と2014年にAIの研究機関や企業を買収、フェイスブックも2014年にAI研究所を新設し、初代所長にAI研究の権威、ヤン・ルカン氏を招聘した。中国の大手検索エンジン業者「百度(バイドゥ)」も2014年、シリコンバレーにAI研究所を設立し、初代所長にはグーグルを去ったアンドリュー・エン氏が就任した。
各社ともAIの技術基盤である「機械学習」がビッグデータと結び付くと、大きなビジネスチャンスが生まれると確信している。AIが生み出した機械やロボットは将来、我々の仕事を奪うかもしれないが、AIを使って商品やサービスを開発するAIクリエイターは、非常に有望な職業である。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

新年を迎える

慌ただしい一日。

人気ブログランキングへ

日経マネーから

日経マネー 2016.2から。

◎クラウドファンディング

群衆から資金を集めてファンドを作る仕組み。匿名組合という仕組みを使用し、投資信託では困難なニッチな対象にも投資可能。一方で、自由に購入・解約出来ず、情報開示の面で劣る事もある。

2015年には「株式投資型」が解禁され、個人が非上場の企業に出資可能になった。個人の投資可能額は1企業につき、年間50万円が上限。企業の調達額は年間1億円未満に制限されている。

(1)不動産担保ローン
クラウドファンディングで最も人気がある。主に中小の不動産事業者等に融資を行う。不動産を担保にするため、安全性が高い。融資額を担保物件の評価額の7割~8割に抑えるファンドが多く、不動産価格が大幅に下落しない限り元本割れリスクが低い。

・maneo

https://www.maneo.jp/

日本初のクラウドファンディング運営会社で、日本国内で約7割のシェアを持つ。これまでの融資額は約370億円。GMOクリックホールディングスと提携。2016年春に専門型の運営会社(遊戯機器リリース、再生エネルギー、海外個人金融等)を集めたポータルサイトを開設予定。

・SBIソーシャルレンディング

https://www.sbi-sociallending.jp/

不動産担保ローンの貸金業者に融資するファンド。利回りは3%~4%程度。

・AQUSH

https://www.aqush.jp/

保証会社の保証付きで、借り手の返済が滞った場合は代位弁済が受けられる仕組み。安全性が高い分、利回りは2.5%と低め。

・LCレンディング

https://www.lclending.jp/

不動産に特化した運営会社。ロジコムの保証付きファンドを手掛ける。利回りは5%~7%と高め。

以下は、「ロジコム」のWebサイトへのリンク。

http://logicom.jp/

(2)新興国
高利回りを狙える。

・クラウドクレジット

https://crowdcredit.jp/

欧州3カ国(スペイン、フィンランド、エストニア)の個人向けに融資を行うファンドを手掛けるとする(ペルーやメキシコのファンドも手掛ける)。リスク別に3種類あり、9.5%~13.3%の利回り。為替ヘッジタイプでは、6.5%~12.5%の利回り。。「ハイイールド型」では、現地の個人向けに平均年率66%の金利で融資を行う。ハイリスクであり、約45%が回収不能になる前提。

・スマートエクイティ

https://smartequity.jp/

AIP証券が運営。スリランドのパン・アジア銀行の3年定期(年利5%)に預金するファンド。為替変動の影響有り。

以下は、AIP証券のWEBサイトへのリンク。

http://www.aip22.co.jp/

◎ビットコイン

2015年1月の200ドル近辺から、2015年11月の400ドル超えまで上昇している(2014年12月頃には1000ドルを超えていた。)。価格の上昇の契機はニュースにあり、2015年秋に、欧州連合司法裁判所がビットコイン取引に関する付加価値税を適用除外とする判決を下した事等が相場上昇の原因になったとする。

中国の影響を受け易く、2015年秋に銀聯カードの海外引き出し額が制限されるニュースがビットコイン価格急騰に繋がったとする。

日本国内のビットコイン取引は急拡大しており、2015年春には月間1億円弱だった取引高が、2015年11月には30億円弱まで増えたとする。

ビットコイン取引と外貨証拠金取引には大きな違いがある。ビットコイン取引の取引時間は平日に限定されず24時間365日であり、金利が付かない。

・ビットフライヤー

https://bitflyer.jp/ja/

国内2位の取引高の大手取引所。メガバンク系のベンチャーキャピタルが出資しており、信頼感が高い。

・コインチェック

https://coincheck.jp/?locale=ja

信用取引でレバレッジ最大5倍の取引が可能。指し値注文が板に並んだ後に約定すると最大0.05%の手数料を受け取れる。

・Zaif

https://zaif.jp/

取引手数料がマイナス0.1%。ビットコイン残高に最大年率3.6%のボーナスが付く。国産仮想通貨「モナコイン」も扱う。

・ビットバンクトレード

https://www.bitbanktrade.jp/

日本初の証拠BTC取引。最大レバレッジ20倍。世界最大規模のOKCoinに取り次ぐ事で高い流動性を確保。

人気ブログランキングへ

明日から忙しい

納会やら大掃除やら。

人気ブログランキングへ

易における幼・若・老

以下、コピペ

陽:
活動発展性を表す。潜在しているものが表現し、表現と共に分化する。

⇒活動すれば疲労があり、表現されると実体から遊離し限定される。表現は無限の自己限定である。

人間の肉体を例とすると、親は二人だが二十代遡ると総数は百万人を超える。その極一部が一人の人間を形成しており、潜在的生命が限定されている。

表現は潜在されたものに支えられており、分化となる。分化するほど抹消化し、簡単に破滅して元の潜在に返る。

陰:
分化を統一し、表現を含蓄し、全体性と永続性を保つ働き。

⇒統一・結合・含蓄は、過ぎれば萎縮し、固定し、終には死滅する。

****************

文字から陰陽を考えると、以下のようになる。

表音文字:
陽的な文字。知性的で機械的。

表意文字:
陰的な文字。様々な意を含蓄する。

漢字に代表される表意文字は、陰原理のために永続性があり、数千年前の文献に学ぶ事が出来る。対して表意文字には含蓄性が無いために、時代が変わると読めなくなる。

従って、表音文字を中心とする社会は専門家による分化に注力する事になる。表意文字を使用する社会においても専門家が必要だが、民衆が専門に入り易いとする。

⇒陽原理を追及する社会は、分化、分析を希求し、自我観念が明白となるために個人主義思想が発達するとする。権利観念だけだと社会が分裂するために、統一への要請から義務観念が起こり、権利と義務 = 自他の区別と侵入の禁忌が生まれるとする。

⇒陰原理を追及する社会は没個性的であり、大きな環境に自己を統一させようとする。

***************

以下は、Wikipediaの「六十四卦」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%8D%A6

人生の流れを以下のように考えるとする。乾(天)と坤(地)の後。

(1)水雷屯
上卦が水で下卦が雷。
水は障害を表し、雷は動き出す事を表す。陽の動き出す初動。胎児。

(2)山水蒙
上卦が山で下卦が水。育み徳を育てる時期とする。児童。

(3)水天儒
上卦が水で下卦が天。
蒙が成長し、各種の要求が起こった状態。内卦が全て陽であり、生命力が発展した事を示す。少年。
この時期に多いに与えるべきとする。

(4)天水訟
上卦が天で下卦が水。
子供が成長し、種々の文句をつける時代。

(5)地水師
上卦が地で下卦が水。
さらに子供が成長するとグループを作るようになる。これが師であり、類をもって集まる。

(6)水地比
上卦が水で下卦が地。
自他を比較する時期。陽性化。

(7)風天小畜
上卦が風で下卦が天。
陰の徳を養うべき時。

(8)天沢履
上卦が天で下卦が沢。
新たな実践活動のために冒険が必要とする。

(9)地天泰
上卦が地で下卦が天。
安泰という一つの安位。第一期の終わり。

(10)天地否
上卦が天で下卦が地。
外卦が全て陽で、陰卦が全て陰。表面が立派で、内実が伴わない。泰になって伸びると、履を外れてどうしても否に行くとする。

(11)天火同人
上卦が天で下卦が火。
社会的に発展した成人に求められる卦。子供が師・比を経過するが如く、比に該当し、社会的勢力がついてくる。

(12)火天大有
上卦が火で下卦が天。
大有を受けるには、謙をもってしなければならない。

(13)地山謙
上卦が地で下卦が山。
謙を以て余裕が生まれるとする。

(14)雷地預
上卦が雷で下卦が地。
余裕を持ち、前途を予見して楽しむ事で人が付いてくる。

(15)沢雷髄
上卦が沢で下卦が雷。
前途や計画を忘れると、享楽一方になる。

(16)山風蟲
上卦が山で下卦が風。
出来上がった時に虫が食う。大有の時期に自戒しなくてはならない。

(17)地沢臨
上卦が地で下卦が沢。
第三段階として、新たな舞台が開ける。臨は光明、発展を表す。

(18)風地観
上卦が風で下卦が地。
意義が発揮される。

(19)火雷噬嗑
上卦が火で下卦が雷。
発展し新たな問題が始まる。

(20)山火賁
上卦が山で下卦が火。
問題を消化して新たな臨となる。飾るという文字で、種々の経験を積むと粉飾が生じる。飾りは誤ると破滅になる。

(21)山地剥
上卦が山で下卦が地。
一段上にある陽が陰を食い止めるかで運命が決まる。

(22)地雷復
上卦が地で下卦が雷。
一陽来復で再起を考える。

(23)天雷无妄
上卦が天で下卦が雷。
復から進み、予期しない災難にぶつかる。

(24)山天大畜
上卦が山で下卦が天。
陽徳を養うべき。

(25)山雷頤
上卦が山で下卦が雷。
頤で咀嚼するように新たな発展をする。

(26)沢風大過
上卦が沢で下卦が風。
失敗があり、船が沈む。

(27)坎為水
上卦が水で下卦が水。
沈み切ってしまわずに、再び姿を現す。

(28)離為火
上卦が火で下卦が火。
発達に赴く。

******************

上記は、易の上経に属する。下経は、異なる観点から卦を展開するとする。

(1)沢山咸
上卦が沢で下卦が山。
「沢」は上に陰があり、若い女性、「山」は上に陽があり若い男性を表す。若い男性が若い女性を負っている。男が積極的に女を追っており、男性が女性を理想化する。恋愛。

(2)雷風恒
上卦が雷で下卦が風。
上卦が男で下卦が女。女が男を追う事を表す。連続性、定着性が生じる。結婚。

(3)天山遯
上卦が天で下卦が山。
一定の生活形態を整えると家事が生じ、家族に支配される。形態から生じる係累から脱却する事を考えなくてはならない。最も愛する者から離れる必要性。ただし、自由になるためには礼を尊重しなくてはならず、我儘になってはならない。

(4)雷天大壮
上卦が雷で下卦が天。
陽が壮んに伸びる事。生活形態から離れる事で人格を伸ばす。

(5)火地晋
上卦が火で下卦が地。
地上に火が出るように、周囲が明るくなる。

(6)地火明夷
上卦が地で下卦が火。
火が地の下に落ちる。艱難辛苦の時期で、この時期に人を見捨てず逃げてはならない。

(7)風火家人
上卦が風で下卦が火。
因縁を同じくする親しい者を集める。恋愛、結婚を経過して、家人の情愛が深くなるとする。

(8)火沢睽
上卦が火で下卦が沢。
「火」は姉、「沢」は妹を表す。女が集まると睨み合うとする。アンバランスが生じて足が不自由になる。

(9)水山蹇
上卦が水で下卦が山。
アンバランスな状態への対処。

(10)雷水解
上卦が雷で下卦が水。
アンバランスを解決するために、私利私欲を抑制すべき。

(11)山沢損
上卦が山で下卦が沢。
克己修養の卦。損する事によって力が出る。

(12)風雷益
上卦が風で下卦が雷。
克己修養によって物事が順調に進む。

(13)沢山夬
上卦が沢で下卦が山。
決断決行の卦。

(14)天風姤
上卦が天で下卦が風。
局面を打開すると、目的と違う方向へ向かう事がある。

(15)沢地萃
上卦が沢で下卦が地。
如何に組み合わせるかの法則。

(16)地風升
上卦が地で下卦が風。
発展向上が行われる。

(17)沢水困
上卦が沢で下卦が水。
発展した後の困難を表す。

(18)水風井
上卦が水で下卦が風。
井戸を掘るように自我を掘り下げて困難を解決する。

(19)沢火革
上卦が沢で下卦が火。
革命の卦。真に徹して行き詰まりを打開する。

(20)火風鼎
上卦が火で下卦が風。
革命の後の建設。沢火革の互卦は、天風姤であり、革命は最初に注意しないと破壊の方向に進む。今一つ発展すると、天山遯になり逃げてしまう。もう一つ発展すると天山になる。そして次に風地観に到達し、宗教的な境地に立たなければ救われない事になる。それが下手をすると山地剥になり崩壊する。そのままでは地に帰してしまうから地雷復により再革命が起こる。

(21)震為雷
上卦が雷で下卦が雷。
雷が鳴りはためくように啓蒙する。

(22)艮為山
上卦が山で下卦が山。
私欲のない無欲の働きでなくてはならない。

(23)風山漸
上卦が風で下卦が山。
正しい堅実な進歩。独力ではいかず、新たな力との結合を要する。

(24)雷沢帰妹
上卦が雷で下卦が沢。
政略結婚や私利私欲からの結合への戒め。

(25)雷火豊
上卦が雷で下卦が火。
謙譲でなくては思いがけない変化が始まる。

(26)火山旅
上卦が火で下卦が山。
様々な苦労によって地山謙のように自己を従順に出来る。

(27)巽為風
上卦が風で下卦が風。
従う、入る、事物の中に徹する。

(28)兌為沢
上卦が沢で下卦が沢。
人と人が相和楽して、難問題を解消する。

(29)風水喚
上卦が風で下卦が水。
南極にあたって天子の命令を渙発する。

(30)水沢節
上卦が水で下卦が沢。
道徳的進歩発展の締めくくり。

(31)風沢中孚
上卦が風で下卦が沢。
誠は最も造化的力であるとする。そのためには陰徳を積み、内面的に生きなくてはならない。

(32)雷山小過
上卦が雷で下卦が山。
謙虚な内面生活を説く。

(33)水火既済
上卦が水で下卦が火。
火に水をかける相。新たな創造の一段階。

(34)火水未済
上卦が火で下卦が水。
新たな乾為天。

人気ブログランキングへ

充電中

今日も疲れていて、眠くて仕方がない

自分の中にある様々な事が変化していると感じる。

全ての事は適切な時期に発生する。

人気ブログランキングへ

未来の予測

暦と占術が同一だった時代があるらしい。

一日の中で朝・昼・夜が循環する事、年間を通して季節が巡る事は古代において大発見だったらしい。

周期的な循環と、それに要する時間や兆候を調べておけば、寒暖や植生を予想出来る。

それを人間に当て嵌めれば、全ての人間は生まれてから死んでいくはずで、成長して老いていき、それに伴い発生する事象を予測出来る事になる。

そして、人間の思考は何かに規定されている。その法則を理解出来るのかもしれない。

人気ブログランキングへ

易経の起源?

読んだ本から。

定住農耕による暦の必要性が「易」を生み出したという話。

紀元前2200年頃、中国の黄河流域に殷王朝があった。

殷の生業は、焼き畑と狩猟であるとされ、『史記』殷本紀第三によると、殷は、帝国創始者 湯王以前に8回、湯王が「亳」に遷都してから紀元前1100年まで5回の遷都を行ったとしている。

殷の占いは、亀の甲羅等を使用した卜占であり、10日間の吉凶を占ったとされる。

殷の後に帝国を構築した周は定住農耕を指向しており、焼き畑農耕よりも、長い期間の方針を策定する必要があり、そのために易を生み出したとする。

******************

易経の始まりは、日時計にあるとされ、日時計の図面が抽象化されたものが太極図となる。太古においては、太極図の中央に竿を立て影を見て季節を見分ける実測図にしたとされる。

以下は、Wikipediaの「太極図」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E6%A5%B5%E5%9B%B3

太極図の中央に、竿を立て、影を計測する。すると、日出・日没の記録から東西を確定可能であり、影が最短となる方角を南とし、北極星から北を確定可能。

さらに、日時計の影を年間を通じて計測すると、影が最長となる日を冬至と定め、一年が約365日であると確定出来る。

⇒循環する四季の変動を予測可能になる。

⇒易の起源は、暦による季節予想?

暦 = 易?によって、寒暑の交代、草木の成長、雨・霜・雪の多発時期、作物の栽培時期等を事前に予想出来る?

*******************

季節変動を陰陽から考えると、陰陽は循環しながら互いに依存している事が明らかになる。

まず、夏至と冬至によって、夏~冬を「陰」、冬~春を「陽」に区分けする。

さらに、春分と秋分が陰陽をそれぞれ二分するとして、以下の四つの概念が出来る。これが四季の概念の始まり?

①太陽:春分~夏至
②少陽:冬至~春分
③少陰:秋分~冬至
④太陰:夏至~秋分

「太」は多い、「少」は少ないを意味する。

さらに、陰陽の二気は、月の交代を基準にして、それぞれ6つに分ける事が出来る。すると、一年は十二ヶ月になり、11月に1つの陽が生じ、4月に6つの陽が満ちて、五月に1つの陰が生じ、十月に6つの陰が満ちる事になる。

○春
震(陽が陰の下にある)。方位は太陽が昇る東方であり、動く事を喜ぶ。

○春と夏の間
巽(陰が強大な陽の下にある)。方位は東南であり、風を象徴しており、性は入る事。

○夏至
離(内陰外陽)。南方に位置し、その性は麗。太陽が最も高いところに昇る。

○夏と秋の間
坤(全て陰)。方位は西南。地を象徴しており、養育期間。

○秋
兌(陰の下に陽が積みかさなる)。方位は西。収穫の季節。

○秋と冬の間
乾(全て陽)。方位は太陽が沈む西北。陰と陽が交代する時期。性は健。

○冬至
坎(内陽外陰)。方位は北。太陽が沈む休息の時期。翔は険陥。

○冬と春の間
艮(陽の下に陰が積み重なる)。東北に位置する。その性は止。一巡して新しく始まる。

上記の季節の流れや方位は、黄河流域を前提にするらしい。

11月の冬至において陰が極まって陽を生じる。冬至の後は陽気が漸長し、1月に万物が発生する。5月の夏至においては陽が極まって陰が生じる。夏至の後は陰気が漸長し、8月を過ぎると万物が枯れ果てる。

上記から、冬至は水に属して一陽が生じるとする。万物が発生する1月は木を象徴とするとする。夏至は火に属する。8月は収斂の象徴である金に属する。

難してくてついていけない。

人気ブログランキングへ

今日も疲れ易い

長文を書いたり、長い時間考える事が苦痛になっている。

こういう状態で会社員をやっているので、会社勤めというのは楽な生き方であると思っている。

まだ当分は動けそうにない。

人気ブログランキングへ

疲れ易い身体

疲れ易くなっている。

自分の経年を力強く感じる。

人気ブログランキングへ

暴走老人

読んだ本の感想。

藤原智美著。2007年8月30日 第一刷。



以下は、「『藤原智美』ということ」へのリンク。

http://tm-fujiwara.cocolog-nifty.com/

社会の急激な変化に伴い、変化に適応出来ない老人達の感情爆発が多発しているという話なのかな?

高齢者の犯罪が増加しているとする。2005年に刑法犯で検挙された65歳以上の高齢者は4万6980人。1989年は9643人であり、その期間に高齢者人口が約2倍になり、高齢者犯罪者は約5倍となっている。

その原因を、社会の情報化に適応出来ない事にあるとする。

以下の3つの変化。

①時間
待つ事への抵抗感の増加。

携帯電話等の情報機器の普及により、待つ事は一般的でなくなり、待たされる感覚が一般的になりつつある。手紙を投函して返事を待つ事は過去の行為である。

<ゴドーを待ちながら>
1950年代初頭にパリで初演された作品。劇的な展開は無く、ウラジミールとエストラゴンが、田舎道でゴドー氏を待ち続ける。二人の関係性もゴドー氏を待つ理由も分からない。

⇒1950年代は、メッセージのやり取りが手紙から電話に移行する時代であり、自動車の普及もあり、待つ事が省かれ始めた時期とする。

待ち時間は無駄と感じられる理由に教育があるとする。近代の学校教育は時間割によって区切られる。日の出・日の入りという農業的リズムから、全国一律に規定される時刻という工業的区分に支配される生活。

『グレート・ギャッビー』においては、主人子が時間割的な生活によって精進し、成功者となる。1948年に闇金融業を起こし光クラブ事件の首謀者となった山崎晃嗣も時間割によって一日をスケジュールしていた。

社会には、そうした時間割に従って自らを律する人間が成功者になるとする神話がある。一日を有意義な時間と無駄な時間に区分けし、無駄を排除しようという意識。

しかし、社会が個人の時間の集合体である以上、独自の時間割を構築しようにも、他者の干渉を受ける。社会と関わるためには、多元的な時間を受容しなくてはならないが、一元的な時間割を理想とするとストレスが生じる事になる。

自由な生活の中で自ら時間割を管理するよりも、会社に勤務する等して外部から時間割を強制された方が楽な事がある。自ら時間割を構築するには強靭な意志が必要。

そして、携帯電話等の情報機器は時間の省略システムへの接続を可能にするが、そうした機器操作に適応出来ない人間はシステムから排除され、損をしているような感覚を持つ?

②空間
住居における個室化が進み、公共空間においてもテリトリー感覚が強力になっている。

情報化から排除されると、狭い生活範囲に閉じ込められる。狭い範囲で濃厚な人間関係が生じるとトラブルの原因にもなる。

1960年代には、郊外住宅地が続々と建設され、核家族の受け皿となったが、現在では核家族の箱としてのマイホームが役割を終え、独居老人世帯が点在する。そこには孤立化を食い止める共同性は存在しない。

郊外に暮らした核家族は、古い家父長制や地域共同体からの自由を実践しており、個人を束ねる権威は存在しない。

老人達の感情爆発には自己顕示欲が垣間見え、孤立した自分の発露があるのかもしれない。

個人のテリトリー意識の高まりにより、臭いや音もトラブルの原因となる。1960年代以前の日本家屋には、一個人の占有空間を住宅内に設ける発想は無かったが、公団アパートの普及に伴い、個室空間という意識が普及した。

高齢者と呼ばれる世代は、個室で成長した記憶を持たず、現代の主流となっているテリトリー感覚に適応出来ないため、無自覚的に臭いや音で他者を攻撃してしまうのかもしれない。

昔は少し困った人くらいの存在が、現代では反社会的存在にまでなってしまう。

③感情
サービス化する社会で、感情を管理しようという意識が強くなっている。新しいサービス産業が、人々の意思疎通に関する態度を変えた。

マクドナルドやスターバックスでは、客がカウンターに並んで注文し、待ち時間が短い。ラインの一部に収まらない人間がいると、後続の客が待たされる。

多くの顧客はシステムに順応しようとして、不可視のルールに従う。

こうした透明化したルールは様々な領域へ拡張し、語らずともすむはずの共通認識である常識がマニュアル化され、書籍化される。パソコンや携帯のマナー等、技術進歩によってマナーも増加していく。

あらゆる業種において丁寧化が進展し、旧来の不愛想なサービスとの格差が発生している。

丁寧化の原因の一つは、ファミリーレストランとしている。店内サービスを徹底的にマニュアル化し、丁寧語と笑顔を多用する。

工業化社会では忠誠心や人間力、集団性が重視されたが、多くの職場で笑顔に象徴される心の領域も労働として提供させられる感情労働が一般化している。性格もスコアとして診断されるようになり、明るく元気な人間が理想となる。

表情管理だけで済まされた時代ならば笑顔と丁寧な言葉遣いだけで十分だが、周囲の自尊心にまで奉仕される事が求められるとすれば難易度は高まる。

丁寧化は双方向であり、客も丁寧化しなくてはならない。丁寧化された秩序を読み取れない場合、他者への攻撃と見なされる行為を行ってしまうかもしれない。

人気ブログランキングへ

2歳から5歳まで

読んだ本の感想。

コルネイ・チュコフスキー著。1970年6月 第一刷・発行。



言葉の使用に関する記述が多い。ロシア語に詳しくないので、その辺を上手く理解出来なかったと思う。

幼児の語る物語に、時代や地域を超えた共通性があるとする。現実認識に必要な物語は、発達段階によって異なっており、成人の物語を幼児に強制する事は健全な発育の妨げになるとしている?

幼児の創造の全体的基礎を成すものは模倣であり、周囲からの標準に応じて創造が行われる。幼児は、外界の構成要素の意味と意義に対して類推を行い、細かな意味を取り込んでいく。

他者の意思疎通によって、幼児は思考や言葉に習熟する。他者を模倣すると同時に、論理が首尾一貫していないと承知しない。

<例>
A「死ぬほど嬉しい」
B「じゃ、なぜ死なないの?」

⇒正常児の場合、6歳~9歳?で言葉の比喩性と妥協し始めるとする?

一つ一つの言葉には論理 = 物語が必要であり、見つからなければ自分で作り出す。

成人は、言葉や言語形式で考えるのに対して、幼児は実物によって考えるとする。思考が具体的形象に結び付いている。そのため、比喩や暗喩に反対する。

<例>
「頭がみしみし痛む」
「どうして、みしみしっている音が聞こえないのだろう?」

比喩や暗喩への反抗は、自らの会得した言語法則への擁護とされ、言語規則を厳重に守る事を求めるものとする。

【自尊心について】
多くの幼児は、言語や事象を正しく習得している事に誇りを感じるとする。知性の勝利への渇望。

幼児には、架空の人格を作り出し、架空存在に自らの間違いを押し付ける事で安らぎを得る事があるとする。実在しない人物を競争相手とし、打ち負かす事で勝利感を手にする。これは2歳児から3歳児における一般的現象であるとする。自己肯定の本能が強烈な年頃。

自らの知性の貧弱を認める事は恥であり、それは児童期が知的活動の連続である事の証明であるらしい。知識欲王政な幼児は、知識の価値を知っている。

幼児は、自分は無能でも無知識でもないと思いたい。自己妄想は幼児にとって必要である。

大部分の幼児は、他の者(物)を犠牲にして、自分や自分の個性を褒める傾向にある。

他者が出来る行動が、自分に出来ない自覚ほど幼児に耐え難い事は無いとする。自分が膨大な知識を持っており、他者が間違っても、自分は間違わないと知る事による自尊心。

*************

教育者に必要な心構えとして、幼児を一定の枠に嵌め、一般的な知識を習得させることを必然としながらも、各種の創造も必然的な過程である事を知る事が重要とする?

それに並んで重要な事は新しい言葉を次々と与える事で、物語や格言等を知的糧とする。

しかし、幼児の言葉は、形容詞の天で貧弱であり、形容詞を押し付けてはならない。幼児は、量と作用を区別する事は出来るが、質の領域は明確に分化されていないとする。

<例>
・「これと同じ箱を持って来て。
  だけど、これよりもっと大きいのを」
・「二人とも同じものね、黄色の大きさが」
 
*******************

【法則の追及】
幼児は知的混沌から抜け出すために、法則を見つけ出そうとするとする。

断片的知識に、見せかけの秩序を与えようとする精神的努力。

○接近連合
偶然時間的に一致した二つの事実を結び付ける。

<例>
警察官が犬を撃ち殺した時に、夕焼けを見た幼児が、空が赤くなると犬を殺すという因果関係を作り出した事例。

⇒観察した事実の相互条件を探求する人類固有の因果的思考。

○対比連合
事物を特徴によって分類し、様々な事物を対比する。

<例>
・「駝鳥は、麒麟っていう鳥の事だよ」
・「七面鳥というのは、リボンを付けている家鴨の事だよ」

【半信半疑】
幼児は時として、自分を真実に適応させるよりも、架空的状況のために、真実を自分の都合に従わせようとする。自分のために虚構を作り出し、自分の意志によって真実を入れ替える。二つの解釈を教えられると、両方とも信じようとする。

<例>
・「神様はあるけど、私は信じていない」

役割演技においても、幼児は自分が作り出した幻想の、完全な支配者であり、幻想が自らの利害関係に反する事があれば、簡単に幻想を放棄する。

幼児にとって、「何故」、「どうして」という質問が重要であり、「何のために」という質問は稀である。幼児は、周囲の事物は自分自身の必要と要求のために存在するという確信があり、周囲の事物の存在理由が理解出来ない時は、自然法則の違反として抗議する。

<例>
・「何故、サクランボに種を入れとくの?
  種は捨ててしまうのに?」

幼児の質問に対して、厳密で科学的に回答する事は虚構を伝える事に繋がるとする。精密な科学では情趣を伝える事が出来ず、正しい理論が幻想に跳ね返される事がある。

例えば、幼児は進化の過程に要した数百万年を想像する事が出来ず、進化論を伝えると、自分の祖父が猿であったという物語を作り出す?2歳~5歳までの幼児には、人類の創生時期を祖父の時代にあるとする?微小な経験の枠組み。

【楽天主義】
幼児は、生活は喜びと無限の幸福のために作られていると信じている。この信念は、幼児の正常な精神発達の重要な条件の一つとする。

物語を観劇している最中に、悲しい場面では目を瞑る。自分と登場人物を同一視する能力があり、悲しい場面を追い出す。凶悪な敵と戦う、善良な主人公の物語では、必ず主人公と一心同体になる。

自己本位の楽天主義が、やがて共同体全体に対する配慮に変わっていく過程があるとする?

【時代変化への対応】
工業化による電化製品の普及が幼児の概念に与えた影響について。

かつての幼児は、機械に人間が動物の特質を与えたとする。

<例>
・「あのバスほっぺたが真っ赤だよ」


現代では、動物に機械の特質を与えるとする。

<例>
・「馬にもガソリン入れる?」

【涙の社会的価値】
多くの幼児が、他人に見せるために泣く事について。

幼児の狡猾は頻繁に発揮されるが、興味深い事として、自分の利己的な願望や要求を、純粋な利他主義に基づくものとして、自分や他人に暗示しようとする。

<例>
・「アイスクリームを買ってきたらどう?
  アマが少しは外出した方が良いと思って言ってるよ」

【数学理解】
心理学者 アー・ヴェー・ザポロージェyツの意見。
幼児の場合、数学の問題の切実性に注目し、数学的要素を背景に押しやる事がある。

<例>
以下の質問を幼児に尋ねる。

「ママがボンボンを4つ食べました。君にも2つあげました。2人では幾つ食べましたか?」

幼児の回答として、「何故、僕には2つしかくれないの?」というものがある。問題の理解にあたって、現実の事態に気を取られたため、不公平な分配の方が気になる。数自体は補助的意味を持つものとなる。

数字が抽象物でなく、具体物として認知される事により、数字の系列を人間の意志に左右されるものとみなす傾向。

<例>
・カレンダーを毟り取って、日付を早めようとする
・時計の針を動かして、時間操作しようとする。

**********************

童話の意味付けを、空想を通して現実を教える事にあるとする。幼児は、虚構が虚構であると知っている。虚構に現実を対置し、現実が勝利する事で、幼児の自己評価を高める。自らを騙そうとする虚構への勝利。

発達の過程において空想的物語は重要であり、幼児においては特に自らの幻想を信じようとする欲求が強い。幼児期には空想力を伸ばす必要がある?

幼児期に注入された物語が、そのまま不動のものとして残存する事はなく、発達と成長の過程で実生活の影響を受け、変化していく。

*****************

あらゆる童歌に見られる常軌逸脱について。

多くの童歌は、幼児の世界を形成する経験的与件を混乱させる事を目的としているようにも見える。童歌の不条理の多くは、事物Aに固有の機能を事物Bに押し付ける事で作り出される。

<例>
・海の真中で乾燥場が燃えている
・野原の真中を船が走っている
・練り粉が女を捏ねている
・雌牛が女の乳を搾っている

知的発達段階の一時期において、ほとんど全ての幼児が、こうした引っ繰り返しに興じたいという欲望を持つものとする。その基礎となるのは認識の発達であり、正しい対位が明確化した時に、逆転が面白く感じられる。

氷が寒さのと結び付き、魚と水が結び付く事で、観念の対位を引っ繰り返す遊びが始まる。間違いの裏にある正しさを感じ取る。常軌逸脱は、常軌に対する認識を強める。認識の自己点検。

以下は、童詩作家の心得。

①絵画的である事
幼児の思考には形象性がつきもの。絵を付けられない詩は半滅する。

②形象の急速な交替
幼児の視覚は、質よりも動きを感知するため、形象と動きの変化に富んでいなければならない。

③叙情的であるべき
詩の中に歌と踊りがある。

④韻律の可動性と可変性
⑤詩語に音楽性を与える
⑥韻を極めて近い位置に配置する
隣り合っていない韻は知覚し難い。

⑦韻の役割を担う言葉に、句全体の意味を代表させる
⑧すべての行が生命を持っている
それぞれの行が、文章構造として完成されている事。詩の一つ一つが独立した区であり、行の数と文の数が一致する。

⑨形容詞を詩に与え過ぎない
形容語は、長期に渡って物を観察した結果、生じるものであり、そうした経験は幼児に無縁。

⑩韻律は強弱格
「ねんねんよぉ、おころりよぉ」は強弱格。

⑪遊び唄になっている事
⑫童詩は大人の詩でもあるべき
技術、円熟、技法の上で、大人の詩と同じ高さにあるべき。

⑬大人の感覚に順応させるべき
幼児に順応するのでなく、幼児を成人の感覚に順応させる。その際には、幼児の本性を圧迫しないようにする。順応の過程においては、上記①~⑪の心得の多くの少しずつ破っていく必要があり、詩形を徐々に複雑化させていく。

人気ブログランキングへ

色々と疲れている

現在の悩み。自分の中の様々な能力が衰えていると思う。

「(株)ペッパーフードサービス」を全て売却しようと思っている。

悩んでいるのは、売却後の資金の使い方で、現金で持ちたくないけれど、これ以上、美術品を購入する気にもなれないのでどうしたものか。

様々な媒体で、仮想通貨やクラウドファンディングへの投資(投機?)が推奨されているので、もっと新しい事に挑戦した方が良いと思っている。

自分は体験から学ぶ事が苦手なので、かなり前から投入額を増やしたいのだけれど上手く増やせないでいる。

感覚や学ぶ意欲は、この数ヶ月で一段と減退しており、そうした中で何かを探し続けるのだと思う。

今の心境は、「ダイエットを始める。明日から」というものだと思っている。

人気ブログランキングへ

岩本友規さんのブログ

以下は、「発達障害の「生き方」研究所」へのリンク。様々な媒体で話題になっている。

http://self.hatenablog.com/

ブログの作り方が上手いと思った。

人気ブログランキングへ

支配されている恐怖

以下、何となく考えている事。

理想的な社会とは、権力者が有識者の意見を仰ぐ形で物事を推し進めていく事になっている。

現実の社会は、階層構造になっており、階層毎に最も弱い人間の裁量で物事が決定されていく。

狭い空間の中で、最も弱い人間が生贄となる。嘘をついている事になり、怠けている事になる。弱 = 偽 = 怠。

弱者の偽りを暴き立てる事が問題解決の一般的手段。

より広い視点から考えると、低い階層は高い階層に規定されており、上部に支配されていると考える。

上部階層に問題発生を伝えると、問題解決を任される事になる。権力も知見も無い下位者に問題解決能力は無いため、上位者に対しては、万事が順調に稼働していると報告しなくてはならない。でなくては、自らの力量を超える不可能を強要されてしまう。

そして、自らよりも弱い人間に対しては、不可能を強要する事になり、偽りを見抜こうとする。

世間にて問題解決技法として一般化されている手法の大部分は、虚偽を見抜く事が中心になっている。それは、上位者に働き掛けが出来ない状態で必然的に発生する事象であり、誰かを生贄にした事により、秩序が回復したと思う。

人間の脳は、そうした理想と現実の矛盾を何となく受け入れてしまう?

人気ブログランキングへ

後悔

人工知能と人間の対話動画を見る機会があったが、気分が悪かったので見る事が出来なかった。

未だに試作品であるが、英語と日本語を使い分ける機能があるとの事。

現状の問題点としては、情報量が不足している分野には適用出来ない事であるらしい。人工知能は変化に弱い。ソフトバンクのPepperは、対話能力の認識精度が低く、それがIBMと提携したがる理由ではないかとうい意見。

かなり前から楽しみにしていたけど、見逃してしまった。

人気ブログランキングへ

物語を描けない事

今日は体調が良いと思う。

以下、考えている事を適当に書く。

①弱者の恋愛観について
身体障害者の同僚がアイドルに嵌っている。

写真撮影や握手会等。

身体を上手く洗えずに体臭が漂う人間にも親切にしてくれるのだそうだ。

周囲の知り合いのアイドル好きを見渡すと、高齢者が多いように思う。

そうした人達の話を聞くと、誰かを応援し、感謝される事が嬉しいのだそうだ。

自分に、誰かを好きになったり、他人から承認されたい欲求がある事が堪らなく嫌な時がある。生きていれば、どのような人間も弱く醜くなっていく。それでも他人から好かれたいと思うのは辛い。

自らの承認欲求と向き合う方法が分からないでいる。誰からも好かれない人間。

②読んだ本からのコピペ。
『ずっとあなたが好きでした』(歌野晶午著)P49:
結婚して時間が経つと、愛は深まったが、恋が冷めた。この人を抱きしめたい、口づけしたいという気持ちがまったく湧かなくなった。それでいて、女性を抱きしめたい、口づけしたいという欲望はしっかりとあり、彼は外の世界に目を向けることになった。

『ずっとあなたが好きでした』(歌野晶午著)P58:
たいした価値はないんです。仕事も、人脈も、遊びも。この歳になって一番大切なのは家族なんです。なのに私は、その家族に捨てられてしまいました。一番大切なものを失ってしまったんです。この歳になって独りぼっちになってしまった。この孤独は、仕事や趣味では埋められません。自分は何のために生きているのか?張り合いも希望もなくなりました。日々寝起きしているだけで苦痛です。

『女王暗殺』(浦賀和宏著)P154:
論理的な推理小説を書くのは作家にとって重労働です。何しろ、齢を取るごとに脳細胞は死んでいきますからね。本格ミステリを得意とする作家も、真の意味で本格と呼べるのは若い頃の代表作だけです。齢を取ると、論理よりも人生経験の厚みを武器にした、文学として成熟した小説を書くようになる。商売でやっているのだから、脳細胞が減ってロジック重視の小説は書けません、なんて泣き言は言えない訳だ。
(中略)
クイーンは本格ミステリに固執したが、しかし作品はキリスト教を背景にした重厚なものになり、本格ミステリ要素と言えばダイイング・メッセージの趣向だけが目に付くようになる。

『女王暗殺』(浦賀和宏著)P285~P286:
三十を前にした未婚の女が焦り始めるのも近藤は知っている。高齢になると出産には危険が伴うからだろうか。それとも世間の圧力のせいだろうか。
 男もいずれ焦る日がやってくるのだ。松前はまだ若いし、養う家族もいないから良いだろう。だが人間四十に差し掛かれば、終始他人と自分の人生を比較し、他人に嫉妬し、または他人を見下して生きる人生が始まるものだ。

③物語を描けない事
社会全般に大きな変化が発生していると思う。

因果関係や世界観が重要視されなくなっている。事実が、過去から積み上げられたものでなく、現在の刺激から再構成されたものになりつつある。

『物語』というものについて考えている。

それは、個々人の記憶を扱い易いように貯蔵する手段であったと思う。

やがて、それは多数の人間が共有出来る文化となり、多くの人間が同一の物語を共有する事になる。それは常識であるし、法律であるし、慣行である。

そうした構造に抜本的な変化が発生している。

徐々にではあるが、他人と共有出来る物語でなく、自らの内面を投影した世界観が侵食しつつある。それは社会の分裂であるのかもしれないし、解放であるのかもしれない。

他人と共有出来ない『物語』を個々人が保有する事になる。自らの欲求に外部世界が追従する事を当然のように感じる。

大発見だ。

人気ブログランキングへ

今日も疲れている

日中に眠くなる。

本格的に体調が悪いと思う。

自分の人間関係の中心は職場になっていて、その中で完結していると思う。

年齢を重ねるに連れて日常のルーティン以外の人間関係を作る事が、前よりも難しくなる。

それは同僚達も同様のようで、暇や長生きする将来を持て余す事が当たり前になっているような気がしている。

人気ブログランキングへ

何かが変わった


自分の中で何かが欠落した。

考える事が出来なくなった事があるし、沢山の事を忘れた。

人気ブログランキングへ

機械と人間の物語

最近、ブログを書く事に疲れを感じるようになってきた。

自分の感性や考え方が変わってきているのかもしれないし、疲れているのかもしれない。書きたい事や吐き出したい事は沢山あるけれど、文章化する時点で何か違う気がしてしまう。

****************

以下、上手く纏まらない話。

人工知能による分析によって人間の評価が定まる時代が近づいているとされる。

雇用、解雇、昇進、懲戒等について、人間の判断ではなく、計算機械による査定が重視される?

計算機械が判断の拠り所とするのは、「物語」ではなく「情報」だ。従来の常識では考えられないような基準が重視される。

正しいキーワードの使用回数、帰属集団、行動の時間割、ETC。個人の行動を点数化し、情報として蓄積し、人々に機会を割り振る。

【JNBストアローン】
ジャパンネット銀子が、Yahoo!ショッピングの店舗向けに行う融資サービス。トランザクションレンディング(商流取引をみながら融資を決める方法)。

①審査情報の種類
Yahoo!上の商流データや店舗の評判情報。既存の銀行は審査情報として決算書や財務諸表を使用する。

②分析手法
財務分析を重視せず、審査項目のデータの中で、ビッグデータに近い分析を志向。

③申し込みと貸し出しの方法
無対面、ペーパーレス、ネット上で完結。

⇒決算書の情報よりも、商流データの方が誤魔化しが出来ないため、信頼性が高いとする。

⇒因果関係や前提条件は、人間が理解出来るように、捻じ曲げられた現実であるのかもしれない。

***************

インターネット上の掲示板を読んでいると、小説や漫画、映画、テレビドラマ等において、感想が2つに分かれるように感じる事がある。

世界観や伏線を重視する人達と、刺激に反応して楽しむ人達。

両者の感想を読み比べていると、全く違う情報を受け取っているように感じる。作品世界内における過去と現在の結び付き = 物語を読んでいる人達は従来から存在したと思う。瞬間毎の刺激を楽しむ人達は、最近になって増えている?

過去からの結び付きでなく、過去情報を作り出している。現在の情報に即して、話の筋道が変化していく。

*************

制作者側にも変化が生じているように思える。

作品創造のノウハウのようなものが流布されていて、何かを参照しながら物語を作り出していき、徐々に制作者自身の内面世界が投影されていくイメージ。

読んでいると、料理に使用する材料が無くなってしまい、自らの肉体を使用して料理をしているような印象を受ける。その特徴は、公の喪失であり、作品世界全体が登場人物の行動を肯定し、あらゆる制限が失われた状態になる。

人気ブログランキングへ

漫画喫茶で過ごす休日

徹夜で本を読んでいる。

こうした事が出来る期間は短いと思う。

貴重な時間だ。

人気ブログランキングへ

古代から続く物語

読んだ本から。上手く書けない。

古代遺跡から発掘される土偶には、共通の特徴があるとする。眼球、性、出産の強調。

縄文時代の土偶は、巨大な目がエスキモーの雪眼鏡に似ている事から、遮光器土偶と名付けられた。

古代メソポタミアにて作られたた大地母神像は、紀元前5000年頃の初期には肥満体であり、異常に発達した胸や腰が表現される。

シリアのマリ遺跡から出土した、紀元前3000年頃の大地母神像は痩身で目が強調されており、『神』に関わる物語が変化した可能性があるとする。

人間は死ぬと瞳孔が開くため、古代から生死の確認は瞳孔を確認する事で行われたとする。最初の大地母神像は、新たな生命を産み出す下腹部や生命を育てる乳房が強調されたが、生命の根源を司るのは「目」であるとされた事で、神話が変化したのかもしれない。

⇒遮光器土偶は、肥満体であり、眼球が強調されている。豊穣を表現する事と、邪悪を睨み返す力の両立?

現代におけるフィクションのキャラクターも、眼球や性、出産が強調されていると思う。

人気ブログランキングへ

雑感として適当に書く事

人間が世界を情報を認識、解釈する形式は、各人で共通の傾向が見られる?

外部から取得された情報は、内部の枠組みに適合するように変型される。

自分や他人と意思疎通するためには、共通する形式、枠組み、物語を知る必要があると思う。

******************

根拠は主観だけれど、周囲の人間が持つ「物語」が変化しているような気がする。

他の人間の反応が重視されるようになっていると思う。

信頼する人間や上位の人間の反応が、自らの信念や善悪の基準に影響する?

行動や思想の一貫性に対する拘りが弱くなっている。より、刹那的で変化し易い。

そのように感じられる。

人気ブログランキングへ

陰陽とイノベーション

以下は、コピペ。

全ての人間は様々な側面を持ち、状況に応じて自分を切り替えるとする。

特定の面で評価される人間は、評価が高いほど別の側面を殺してしまう?仕事が出来る人間がより多忙になり、他の楽しみを見つけ難くなる現象?

一人の人間の中の一側面を強化すると、別の側面が脆弱になるのかもしれない。成功したいと強く願えば、失敗する不安が高まる?これも陰陽の一側面。

考える事は不便なもので、成功している状態を考えると、失敗している状態も作り出されてしまう。真偽、善悪、美醜、好悪、優劣、ETCは思う事から発生するとする。

***************

以下は、「しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2100.html

以下は、「易経入門を読んでいる」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2095.html

破壊的イノベーション(新しい物を作り出す)を陽、持続的イノベーション(既存の物を改良する)を陰とする。

破壊的イノベーションによって能動的に作り出された物は、当初、性能が低いので、持続的イノベーションによって受動的に改良されなければ普及しない。

陽 = 破壊的イノベーションは男性的で始動を司り、陰 = 持続的イノベーションは女性的で始動を受容して完成に導く。陰が陽の働きを受容する事で陽の働きは永続し、それにより陰の働きは拡大する。

***************

純粋な陽は即ち破壊であり?、全ての始まりとなる。そして、頂点に達する事は転落の始まりであり、易経においては、先頭に立ってはならないとする。

純粋は陰は生成力の根源であり、陰によって全てが生まれる。柔順になり、人の後に従う事で目的を果たす。そして、陰柔なる者が極盛に達すれば、必ず剛強なる者との戦いが始まるとする。

陰の勢いが強過ぎると、陽と見紛うばかりになる。しかし、陰は陽を圧倒する事は出来ない。

⇒易経のこの記述は、伝統的な大企業が破壊的イノベーション = 陽に対応出来ない事を示しているのだと思う。

人気ブログランキングへ

しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法

日経ビジネスONLINEの『しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法』から。

イノベーション:
新しいアイデアを作り出し、社会的に受容される事。

E.マンスフィールドが行った米国大企業への調査によると、技術的に成功したプロジェクトが商業的にも成功した確率は20%である。

ジョセフ・A・シュムペーター『経済発展の理論』によると、イノベーションは以下を含む。

①新しい財貨
②新しい生産方法
③新しい販路
④新しい供給源
⑤新しい組織

上記が結合し、資本主義が継続するとする。インベンター(発明者)とイノベーター(商業的に普及させた人)が異なる事例は多い。社会に新しい事を普及させるためには、研究開発のみでは不十分であり、多様な人材が必要とされる。

持続的イノベーション:
今ある製品・サービスをより良くする競争。資金や技術を多く持つ大企業が有利。商品の性能が顧客の要求水準に達していない事が多く、高性能を目指す。

破壊的イノベーション:
既存の顧客でなく、新しい顧客にアピールする。

⇒性能が低いため、既存顧客からの需要は無いが、社会を変える可能性がある。商品の性能が顧客の要求水準を超えており、単純で使い易く安い商品をアピールする事になる。

破壊的イノベーションの場合、一時的に性能が低下するため、既存顧客を多く抱える企業よりも、新企業が有利?

顧客は一定水準以上の性能向上に価値を感じないものであり、無秩序な性能向上は歓迎されない?

破壊的イノベーションによって誕生した新商品が、その後の持続的イノベーションによって顧客の要求水準に達した時に、市場環境に変化が生じる。優良企業であるほど、既存優良顧客の満足度を向上させる事を目指すので、一時的な性能低下を許容する破壊的イノベーションに対処出来ない。

*****************

以下は、破壊的イノベーションの手順。

①三つの戦略
・新市場型破壊(新しい市場を作り出す)
・ローエンド型破壊(安価で単純な商品を販売)
・ハイエンドを目指す
②多様なメンバーを集める
③無消費状態や満足過剰な顧客を探す
④ブレインストーミング
⑤破壊的アイデアを選び出す
⑥新組織設立
⑦破壊的企業買収

多様な人材で構成されるチームは、産出されるイノベーションの振れ幅が大きい傾向があるとする。

以下の人材。医療機器分野のイノベーション。

リサーチャー:
科学技術の知識を持ち、それを応用出来る博士号保持者。

ビルダー:
プロトタイプが作れる手先の器用なエンジニア。

クリニシャン:
臨床医療の経験がある、現場を良く知る医師。

オーガナイザー:
企業でプロジェクト運営の経験があるMBA(経営学修士)保持者。

英国のリサーチャー、メレディス・ベルビンらによる、20年以上、様々なチームにビジネスを模擬したゲームをさせた結果では、高い能力を持った人材からなるチームが、他の7チームと競争して勝利を収めたのは、25回のうち3回(勝率1割2分)で、最も頻度が高かった順位は、8チーム中6位(6回)、次に頻度が高かったのは8チーム中4位(4回)だった。

社会学者のセドリック・ヘリングによれば、企業における人種やジェンダーの多様性と、売上高・顧客数・市場シェア・利益といった業績指標との間には正の相関があった。

⇒人為的に多様な人材を集めた方がパフォーマンスが高い?

****************

製品やサービスが使用されない無消費を生み出す以下の制約。

①技術
②資力
③アクセス
④時間

使用するのに、高度な技術や費用が必要であったり、特定の場所でなければ消費出来ないサービス、消費するのに大量の時間が必要な商品を探し出し、制約を無くす方法を考える。

インスタント食品は一例で、自宅にいながら短時間で食事をする事が出来る。

人気ブログランキングへ

疲れる一日だった

ボーナスの査定をしてもらう。

日頃の僕の業務に関する評価を聞くと、もっと自立して欲しいとの事。

障害者として認知された状態で就業しているので、僕をどのように評価するかは上司にとっても難しい問題なのだと思う。昇進する事は無いだろうし、今の会社でどこまでやっていけるか分からない。

**************

人工知能系のセミナーに出席した話をすると、意外に多くの人間が人工知能に興味を持っていた。

計算機械が普及する事によって仕事が失われる事は無いと思う。

現状でも僕の職場の仕事は、不必要な人間に仕事を与えるために作られたものなので、多くの人間がそうした状態になれば現状と変わらない。

既にかなりの仕事が実質的に無意味なものになっていて、ほとんどの人間が無価値な時間を過ごしているのだと思う。

だから、本当に問題なのは、必要とされている部分に人間が割り当てられていない事であり、その解決が困難なのだと思っている。

人気ブログランキングへ

易経入門を読んでいる2

人間が集まると上下関係が生じるとする。

考える事や感じる事、認知構造は帰属集団によって規定されているとしてみる。部分ではなく、全体を表現する方法が必要。

以下は、コピペ。

あらゆる企業において偽装が発生する理由は、目標未達の場合に部下を解雇したり左遷する経営者が存在するからである。

そうした経営者から命令された場合には、肯定するしかない。不可能だと言えば、降格されてしまう。そして、大規模な不正は個人では実施不可能。重圧や罪悪感により、個人が実現出来る不正には限りがある。

大規模な不正には集団心理が必要となる。自分より僅かでも上位ランクの人間が存在する場合、思考や行動は上位ランクの人間によって規定されてしまう。

集団全体における認知分散も問題であり、全ての人間が群衆の一部となり、慣性に従って行動するようになると危うい。

こうした状況を易で表現すると、どのようになるのか?

*****************

陰陽を解釈する事が難しいと思う。

陽を目覚めている状態とすると、陰は眠っている状態となる?

目覚めているためには眠らなくてはならず、眠るためには目覚めなくてはならない。陰陽は表裏一体であるらしい。

易経を習得するためには、実際に占って慣れる必要があるらしい。そして、占いは当てにならないのだとか。

*****************

会社に帰属していると、自分の思考や行動が規定されている事を自覚する。

就寝時間や起床時間、着衣の種類や行動範囲等のあらゆる事について選択肢が狭まるので生活し易い。

周囲の人間についても同じで、様々な影響があると思う。

位階上位の人間には服従してしまうし、下位の人間は自分の思うがままに動くべきと思ってしまう。

個人は全体の一部であるのだから、全体から逃れる事は出来ないとしてみる。

皆、何かに規定されており、流されるように生きている。そうした状態を表現して感得してみたい。

人気ブログランキングへ

占いをする人工知能

人工知能関連のセミナーに出席した。

占いをする人工知能の可能性について話を聞く。

星占いにしても、姓名判断にしても実際に役立つのか証明出来ない事が弱点であり、ビッグ・データを利用した分析によって占いの有効性が立証出来るかもしれないらしい。

元々、占いが古来から受け継がれてきたのは、色々と考えたくない人が多かったからだと思う。

礼儀や格式というのは可能性や選択肢の制限であり、完全な自由を喜ぶ人間は存在しないのだと思う。

**************

僕自身にしても、将来の可能性が判然としないので、占いにでも頼ってみたい。占師を信じる事が出来た昔の人が羨ましいと思う。色々な事を誰かに決めてもらいたい。

職場がどうなっているかは分からないが、不安定な状況にある。

自分には何の技術も無くて、受け身な状態である。何か能動的に始める事が出来ない。

このような状態で易を実行してみると、「身を屈めて慎重になるが吉」と出た。うーん。

人気ブログランキングへ

易経入門を読んでいる

体調が悪いと思う。寝てない事が原因で、明日は外出出来ない。

易経入門を読んでいる。以下は、コピペ。

易の思想の核心は、陽と陰(剛と柔、乾 = 天と坤 = 地)の対立である。全ての事象は孤立しておらず、必ず対になるものがあり、対立する事によって統一した世界を作る。

全ての変化は陰陽の対立から生じる。

陰:
柔・弱・低・暗・受動的・女性的

陽:
剛・強・高・明・能動的・男性的

万物は、高と低の位置に分かれる事によって貴賤の秩序を形成し、動的な物と静的な物に分かれる事で陰陽の関係を結ぶ。天における象(日月星辰)と地における形(山川草木)がそれであり、相互作用する事で変化が生じる。

乾(天)は男性的で始動を司り、坤(地)は女性的で始動を受容して完成に導く。

坤(地)が乾(天)の働きを受容する事で乾(天)の働きは永続し、それにより坤(地)の働きは拡大する。

人間は、易によって天地の根本原理を体得する事で、天地と並ぶ地位を獲得する。

人気ブログランキングへ

今週が終わった

変化があった一週間だったと思う。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード