今日も疲れている

何もする事無く、一日が終わったと思う。

一つ発見があった。自分の体重が一定水準を下回ると、大食いがしたくなる。過去2年間で15キロ~20キロ程度、減量している。体が痩せる事を拒否しているのかもしれない。

こういう感じで、無為に過ごす事が出来れば、それは幸福な事だと思う。

そういう事は出来ないので、時間の使い方を考える事になる。祖父は、50歳を過ぎてから本を2冊書いた。そういう風に何か意味のある作業を継続出来るなら、暇潰しには良いと思っている。

多分、一生懸命に様々活動した場合でも、何もしなかった場合でも、死んでいく時の感想は大きくは変わらない。

それだから、こうした事を考える事自体が時間の無駄遣い何だろうけど、生きている事自体が無駄遣いだから、それで良いのかもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

気だるい一日

何となく集中力の無い一日だった。

昼御飯にグラタンと無花果入りの菓子パンを食べる。食べている時は幸福なる事が出来る。しかし、食べ終わると幸福は消えている。

嫌な記憶や辛い経験は、消す事が出来ないのに、良い事は無くなってしまう。不都合なものだと思う。

簡単に見える事や当たり前な事は、とても難易度が高いのだと思っている。だから、ほとんどの事は出来ないし、不満を持つ事は避けられない。

生きている事は苦痛だ。

************

上記のような気分の解決方法を調べていると、暇である事が原因と書いてあった。何らかの活動をしていないと余計な事を考えてしまうらしい。

適当な義務感は幸福の種なのだろうか?

人気ブログランキングへ

月間ユニークアクセス数が6000を超えた

このブログの月間ユニークアクセス数が6000を超えた。来月のアクセス数は減ると思うけど、閲覧者数が増えていると思う。

以下は、アクセス解析を見て思った事。

①どのように検索される事が多いか?
以下のような言葉に関連して検索される事が多いと思う。
 ・リップルコイン
 ・アイフルのADR
 ・アスペルガー者の適職

最近、リップルコインが値下がっているようなので原因を調べている?人達がブログを閲覧している?アイフルのADRの期限が7月にあるらしいので関連する情報を調べている人もいる?

アスペルガー者の適職もそうだけれど、調べている人達への回答を用意出来ていないので、ブログを読んだ人達は失望していると思う。

②定期的に検索される言葉
以下の言葉で定期的に検索されている。
 ・三橋貴明 不倫
 ・野波ツナ 自己中
 ・誰からも嫌われる

同じ人間が定期的に検索をかけている?時々、上記の言葉で検索される記事が掲示板にリンク先として貼られていたりする。ネガティブな言葉なので、精神衛生上は読まない方が良い気がする。そう思うが削除していない。

③少数の人から気に入られている?記事?
ネガティブな言葉以外で検索される記事では、以下のページが閲覧される事がある。閲覧者数が僅かなので特定の人間が偶に読んでいるのだと思う。

「フライデーは正しかった」
http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-783.html

「やる夫と彼女と見えないアイツ」
http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-816.html

「周囲の人間の男女交際の記憶」
http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-823.html

「私を離さないで」
http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-902.html

特に「私を離さないで」が読まれている?何が気に入ったのかな?

④これから書く事
仕事が本格的に忙しくなった場合、日記として書く事が多くなると思う。仕事の愚痴やら不満やら。余力があるなら、本や雑誌、やる夫スレの感想を書きたいと思っている。

**************

Webサイトを通じて儲けるような本を読む事がある。特定の人間にとって有益な情報を提供し続ける事で利益を出せるらしい。例えば、シークレットブーツに関するブログを書き続け、シークレットブーツを必要としている人達を満足させる事が出来れば、それが収益を生む。

婚活、ダイエット、毛蟹や菓子類等の特産品、etcに関する記事を書き続けるのだそうだ。

僕の場合、そこまで極める事が出来ていない。これからも出来ないと思う。

人気ブログランキングへ

疲れた

何かゴールデンウィークでのイベントに参加する事になってしまった。無愛想にならないように気をつけたい。

日経ビジネスでビットコインの特集をやっていたので読んでみた。

ケニアにビットペザというビットコインを使用した送金サービスを提供する会社があるらしい。ケニアへの海外送金は、年間で約13億ドル?手数料は1億1000万ドルになるらしい。ビットコインを使用する事で手数料を安価にして、素早い送金を実現する?

アフリカ全体では、年間で60億ドル程度の送金があるらしい。銀行やクレジットカードの仕組みが未整備な地域では仮想通貨の需要が根強い?

****************

少し前までは、仮想通貨はリスク回避資産として各国での政変によって値上がる傾向があったのだとか。しかし、2013年3月~4月にかけてのウクライナ問題に際しては、危機が意識される事によって値下がりする傾向がある?

リスク回避資産から、リスク選考資産へ変化する傾向がある?

そうした投機対象として仮想通貨を考える事は危険であると考える。仮想通貨が値上がるか否かは、使用者数によって決定されると考える。仮想通貨を使用した商売のシステムを普及させる事が利益を得る道なのだと感じる。僕にそうした商売を組み立てる力は無い。

****************

リップルのコミュニティでは、リップルが値上がらない理由を、ユーザーを取り込めない事に求めている?送金ネットワークとして普及していない事がリップルが値上がらない理由なのか?現在のリップルのユーザー数は10万人程度?

****************

コミュニティでのコメントを読んでいると新規に商売の仕組みを立ち上げる事の困難を感じる事が出来る。皆、自分が購入した仮想通貨が値上がる事を待っているが、一般に仮想通貨を普及させる取り組みが出来る人は少ない。

ビットコインが他の仮想通貨と比較して有利な点は、多くのビットコイン使用者がビットコインを利用した商売を立ち上げようとしている点なのかな?ビットペザは一例と言える。他の仮想通貨を普及させる試みを僕が知らないだけだろうけど。

****************

人間の意欲を掻き立てる仕組みを考えると、運営主体が存在しない事が良い方向に作用しているのかもしれない。管理者が存在する場合、自らの成果を奪い取られる危険性が生じる。包括的なシステムを許容出来るシステムが発展する可能性が高い。

****************

小規模ビジネスが一般化する事を妨げる要因には、そうしたシステム上の問題があるのかもしれない。創造性を開放する思想や仕組みが必要とされている。

既に開放性を孕んだ仕組みは存在するはず。そうした仕組みを探し出して利用する方法を考えたい。

****************

そうした事を考えていて、とても疲れた。休日は溜め込まれた本を読むつもりだったけど一冊も読んでいない。「アイデアの力」、「一般意志2.0」、「国家はなぜ衰退するのか」、「期待値で考える株式トレード術」、「Unityによる2Dゲーム開発入門」、etc。

本を積み上げた結果、寝る場所が無くなっている。今夜はどうやって眠ろう?

人気ブログランキングへ

ベトナム株に関するWebサイト

ベトナム株に関するWebサイトへのリンクを集めてみた。

以下は、「ベトナム株情報」へのリンク。

http://www.viet-kabu.com/

以下は、「ビナファイナンス」へのリンク。

http://www.vina-finance.com/

以下は、「アジアナビ」へのリンク。

http://www.asianavi-jas.com/

****************

クラウドファンディングでカステラ屋に投資してみた。ほんの少しだけ。

大きな会社の株式を購入するよりも、クラウドファンディングで小規模な事業体に投資する方が健全だと思っている。資金を集中出来ないのは、どのように買えば良いか方針が定まらないからだ。

株式を購入する場合、広く薄く投資する方法を選択出来る。インデックスファンドを購入する方法だ。少しずつ分散しながら時間軸をずらして購入していく。これらなら暴落によるリスクを軽減出来るし、難しい事を考える必要が無い。

クラウドファンディングを活用する場合、そうした広く薄く分散する方法が分からない。AQUSHへも資金を出しているけれど、何かが違う。

以下は、「ソーシャルレンディング研究誌」へのリンク。

http://p2plending.blog.fc2.com/

銀行預金も博打の一種だし、何かを保有する事は全て賭け事のように思える。

実物資産を購入する方法もある。そうした事を考える事が暇潰しになる。生きていると面倒臭い。

人気ブログランキングへ

もうすぐゴールデンウィーク

どこにも行くつもりは無いけれど、何をしようか考えている。

何かを楽しむ事や、何もしない事、何かをする事は本当に難しいと思う。

人気ブログランキングへ

ユーロ高に関するコラムから

ロイターの2014年4月23日のコラム「国際与信動向から占う円安・ユーロ高の持続力」(鈴木健吾氏)から。

ユーロ高と円安は表裏一体と考える。

国際決済銀行が2014年3月9日に発表した各国銀行部門の対外与信統計によると、2013年9月時点の国際与信額は31兆402億ドルと2013年6月末と比較して5000億ドル増加した。

2008年12月時点以降の国際与信額の平均値は約31兆ドルであり、約5年間、平均値から0.5%程度しか国際与信額は上下していない。

総額は変化していないが、資金の出し手には大きな変化がある。ユーロ圏では、2008年以降に与信が大幅に圧縮されている。ギリシャ、アイルランド、イタリア、ポルトガル、スペインに対する与信額は、2008年6月末から2013年3月末にかけて45%圧縮されている。欧州全体への与信も減少が継続している。

ユーロ圏からその他地域への与信も圧縮傾向が継続している。2012年~2013年にかけて、ユーロ圏からの資金逃避よりもユーロ圏への資金回帰が約3000億ドル上回っている。

2014年11月の欧州中央銀行による銀行監督一元化を控え、ユーロ圏では銀行の資産査定が本格化している。2015年1月の単一破綻処理制度の発足を見越して、当面はユーロ圏での与信圧縮が継続する見通し?

ユーロ圏から新興国への与信額が2012年から2013年にかけて593億ドル減少している。その間、日本から新興国への与信額は583億ドル増加している。

⇒ユーロ圏からの与信圧縮を埋め合わせる形で、日本からの与信が
 増加している?

米国から新興国への与信動向は、量的緩和の段階的縮小を受けて2013年3月末以降は約1200億ドル程度の減少傾向にある。ただし、2008年9月末からの5年間では約1兆6000億ドルから約3兆2000億ドルへの増加傾向にある。

為替市場でのフローを考えると、日本の対外与信拡大が円安を後押しすると思われる。

***************

週刊ダイヤモンド2014/04/26 P80~P83『ユーロ高で忍びよるデフレ 欧州経済に潜む新たな危機』から。

ユーロ圏経済に関する楽観的な見方の根拠は以下の3点。

①金融市場の流動性危機が回避された
2012年9月に発表された条件付き国債購入措置OMTの効果。ユーロ圏加盟国が財政赤字削減措置と引き換えに、金融支援基金ESMから信用枠を獲得し、欧州中央銀行に残存1年~3年の国債を全額購入して貰う。

OMTは一度も発動されていないが、市場に安心感が広がり、国債価格を安定させた。

②財政・構造改革の効果
ギリシャの2014年度一般政府財政赤字対名目GDP比率は、EUの目安である3%を下回る見込み(一時期は15%を超えていた)。スペインの2013年の実質輸出は前年比4.9%の増加であり、ドイツの0.8%の増加を上回る。各国の改革の結果、経常黒字が維持される見込みがある。

③景気の改善
ユーロ圏経済は、2013年4月期~2013年6月期以降、連続して前期比プラスとなっている。

上記の改善点はあるが、政府債務の膨張や銀行の不良債権増加の問題は未解決であり、南欧諸国の不良債権比率は増加している。2014年10月末には、欧州主要銀行の財務健全性を査定する「包括的審査」の結果が発表される。

ユーロ高も以下の2つの点から欧州経済のリスクとなる可能性がある。

①輸出への悪影響
②デフレリスク

ユーロ圏のインフレ率は、2013年10月以降、欧州中央銀行の目標である2%弱未満である1%を下回っている。ユーロ高が物価を0.5ポイント程度押し下げた可能性がある。

ユーロ高の背景は、以下の3点。

①経常収支の黒字
②ECBの量的緩和政策拒否
2011年、2012年に欧州中央銀行は金融市場への3年物長期資金供給を実施した。2013年1月に期限前返済が開始され、市場から欧州中央銀行に資金が還流している。ユーロ圏の短期金融市場の金利は上昇し易い。
③ユーロ圏への資金回帰

欧州中央銀行は、2014年10月末予定の「包括的審査」の結果発表より前に量的緩和政策に踏み切り、通貨安を誘導する事に否定的。銀行の財務健全性を査定している間に、銀行の保有資産の価格を人為的に押し上げる事は望ましくないらしい。

よって、これからも口先介入が継続する可能性が高い?

**************

上記のような物語は広く流布されてしまっている。何らかの落とし穴が用意されていると考えるべきであるし、予想されるリスクへの対処方法、予想出来ないリスクへの対処方法を考えてみるかもしれない。

そうした事を考える事は、疲れるし無駄な事であると思う。

結局は何もしない事が賢い選択肢なのかもしれない。一番のリスクは、皆の予想が的中してしまう事だ。

面倒臭いと思う。

人気ブログランキングへ

日本のカジノについて

週刊ダイヤモンド 2014/04/26のP92~P103で日本におけるカジノについての特集をしていた。

【日本でのカジノ議論が活発化した背景】
①2013年9月に2020年東京オリンピックが決定した
 再開発のためにカジノが期待されている
②外国人観光客の誘致
 2020年までに2000万人、2030年までに3000万人の
 年間外国人観光客を誘致する計画がある。
 カジノは観光客誘致の手段である。

2013年12月には、「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」が、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法令(IR推進法律案)」を国会に提出した。
IR議連は、超党派の議員連盟で207人の議員が参加しており、法案成立は確実視されている。

2014年6月にIR推進法が成立すると、2015年6月のIR実施法成立を目指し、2016年中にはカジノ開発区域の決定や事業者の決定を行い、2017年中には建設工事を開始し、2020年までに2ヵ所~4ヵ所のカジノを建設する事になる?

【カジノの経済的効果】
IR議連が建設を推進するIRとは、カジノ以外にホテルやショッピングモールを含む統合型リゾートである。

以下は、IRの種類。

①総合型
 人口が多く、交通の便が良い地域が向いている。
②既存施設の有効利用型
 既存の施設の利用。
 長崎県のハウステンボスや宮崎県のシーガイア等が、
 この形式でのカジノ誘致を行っている。
③コンパクト型
 交通の便が悪い地域がカジノを地域振興の起爆剤として
 利用する。
 秋田県のイーストベガス、仙台市の復興カジノ構想等が、
 コンパクト型でのカジノ誘致例?

◎シンガポールの例
2010年に、以下の2ヵ所のIR施設を開業させた。カジノを導入する地域を2ヵ所に絞り、民間会社に開発を委託する事で、公的資金の拠出を抑制する。

①マリーナ・ベイ・サンズ
 ラスベガス・サンズが約5000億円で開発権を落札。
②リゾート・ワールド・セントーサ
 ゲンティンが約4300億円で開発権を落札。

上記①のマリーナ・ベイ・サンズの2013年度の売上は、29.7億ドル。その内、23.6億ドルがカジノによる売上である。カジノは、延べ床面積1万5000㎡で、マリーナ・ベイ・サンズの延べ床面積(57万㎡)の5%以下であるが、多くの売上を出す。因みに、ホテルの売上は3.6億ドルで延べ床面積は26万5600㎡、ショッピングモールの売上は1.5億ドルで延べ床面積は7万4300㎡。カジノ以外の施設は、集客のために存在しており、利益の大部分はカジノによって生み出される。全体の税引償却前利益は13.8億ドルであり、売上の半分が利益となる。

2009年と比較すると、シンガポールの外国人観光客は60%増の1550万人となっている。ただし、カジノ利用客の7割りは自国民であり、ギャンブル依存症等の深刻な社会問題を引き起こしている。

日本にカジノを建設した場合、市場規模を他国と同様にGDP比0.4%とすると、2ヵ所~4ヵ所の建設で1.2兆円~1.9兆円の経済効果が発生する事になる。

以下は、2013年推定値での各国のカジノに関する市場規模のランキング。2013年の推定値で考えると、日本にカジノが建設された場合、世界3位程度の市場規模になる?

市場規模施設数
米国6.2兆円930
マカオ4.5兆円35
シンガポール6000億円2
オールトラリア3500億円13
韓国2700億円17
フィリピン2000億円13


東京のお台場にカジノが建設された場合、年間の売上が5000億円、税引償却前利益が2500億円になるという試算がある。大阪の夢洲、沖縄の浦添糸満も有力な建設候補。

【どのように投資するか】
カジノ関連銘柄は、以下のようなものらしい。

○カジノ運営
外資のラスベガス・サンズ、ウインリゾーツ、MGMリゾーツ、メルコ・クラウン・エンターテイメント、ゲンティン以外に、セガサミー・ホールディングス、ダイナム、フジ連合(フジテレビ、鹿島、三井不動産、日本財団等)

○スロットマシン
コナミ、ダイコク電機、ユニバーサル、カプコン 

○紙幣識別機
日本金銭機械

○カードゲーム
エンジェルプレイングカード

○カジノチップ
マツイアジア

○システム
NEC、日立、東芝、ダイコク電機

○セキュリティ
セコム

○電子部品
サン電子、EIZO、スリーライク

○建設
鹿島、大成建設、清水建設、大林組、竹中工務店

○不動産
三井建設、三菱地所

【カジノによって発生する問題点】
厚生労働省の調査では、日本の成人男性の7.6%、成人女性の1.6%がギャンブル依存症である。総数は約560万人となっている。ギャンブル依存症の男性の61%、女性の31%が違法行為を行っており、病的ギャンブラーの41%は自殺企図の経験がある(健常者は2%)。

シンガポールにおいても外国人環境客誘致のために建設されたカジノを自国民が利用し、ギャンブル依存症患者を生み出した経緯があるため、カジノ建設については議論が多い。パチンコとの整合性も問われている?

**************

日本金銭機械の株式を購入しようか悩んだ事があった。

こういう感じのギャンブルは怖いものだと思っている。

人気ブログランキングへ

現在の悩み

①小さい悩み
「ペッパーフードサービス」が大幅に値上がっている。

考えている事1:
明らかに危険な状態だから早く売ってしまおう。

考えている事2:
株主優待目当てに買った株だし、買い戻す事を考えると面倒臭いからこのままにしておこう。

僕は決断が苦手なのだ。100万円が230万円に?このような上手い話がある訳無いから、どうしたものか。

②大きな悩み
職場適応に悩んでいる。

周囲の人間に問題があるのでない。どうしても嫌われてしまう。関わらない方が良いのか、自分の立ち位置について聞いてみる。聞く事自体が嫌われる原因になるのかもしれないが、聞いてみる。

僕に対して支配者としての立場から関わりたい人間が多いように思える。それは道徳的な戦いだ。僕に何かアドバイスをする。それは僕にとって実施不可能な事だ。出来ない原因は、僕の甘えにあるとされ、僕を攻撃する大義名分を手に入れた事になる。

精神科医や外部の専門機関に僕の問題点を隠すのは、解決策を提案されてしまうからだと思っている。

解決策を提案されてしまうと、それをやらなくてはならなくなってしまう。出来ない場合、彼等が怠け者であるという事になってしまう。

訓練や努力、鍛錬は、僕がやらなくてはならない事になっている。彼等自信が解決策を提案されてしまうと、自分が怠け者である事を自覚しなければならない。

それが専門機関からの照会に虚偽を回答する理由であると思っている。

彼等が許容出来る解決策は、僕を改善する方法だ。そして、彼等を改善する事も出来ない。誰かが悪い訳ではない。僕が存在する事が間違っている。

**************

これから長い時間を生きていく。生きていれば、多くの人間と関わる事になる。僕と関わる人間は、僕の事を憎むようになる。

会社に勤めなければ良かったと確実に思うのだろう。

それでも、お金を抱えて隠遁する生活を選択出来なかった。

後戻りは出来ない。長い戦いの途中だ。

人気ブログランキングへ

コメントを読んで考えた事

以下のコメントがありました。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1433.html#comment250

僕は、就労訓練に参加した事はありますが、ジョブコーチを利用出来た事が無いので、貴重な意見であると思っています。

ジョブコーチの実際的な運用には、少しだけ興味があるのですが、就労に関する問題に有効な対処が出来るような制度ではないのでしょうか?

**************

組織に適合出来ない人間を、組織に適合出来るように変化させる事は出来るのか?出来たとして、それは本当に意味のある行為なのか?この辺りの問題は、簡単には解決出来ないと思っています。

仮に就職出来たとしても、組織内で問題児として扱われるのであれば、本人も周囲の人間も不幸になってしまいます。

それなので、定収入を獲得するための仕事とは別に、スモールビジネスを行う事は出来ないかと思っています。

自らが向上する事を解決策とするのでなく、現状の自分の優位性を活かす方法です。

①場所の優位性
自分の居住地内に、特産物は無いか?海外に住む人間に、オークションで売る事が出来る品物があるかもしれない。

②時間の優位性
場所取りや、モーニングコールの代行等。他の人間と異なる生活サイクルが役立つかもしれない。

③知識の優位性
パソコンの設定や料理等。一流の域に達していなくとも比較優位があれば需要があるはず。

***************

組織に適合する事が不可能ならば、資本家か起業家を目指すしかないのだと思います。僕は、その辺りが決断出来ないので会社員をやっています。

多分、日本人であるという時点で、世界的には大きなアドバンテージを持っている。「円」は未だに高い信用を持っているので、インターネットを介して海外の安い労働力を活用出来る。

僕はそうした優位性を活かせていないです。

面倒臭いと思ってしまいます。

人気ブログランキングへ

正義とは暴力である

『国家はなぜ衰退するのか』を読んで考えた事。

P127:
国家の本質とは、社会における「合法的な暴力の独占」

社会全体が混沌に陥らないようにするには、独占された暴力が秩序を強制しなくてはならないとする思想?秩序とは、自らが迫害されない条件が明示されており、選択的に安全を確保出来る状態と考える。

誰もが、自分は誰からも迫害されず、尊重されるという確信を抱いている状態が秩序立った世界なのだと思う。

以下は、僕のブログ内で最もアクセス数が多い「アスペルガーは誰からも嫌われる(前篇)」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-62.html

コメント欄を読んでいると、迫害される人間には迫害される理由があるという考え方があるような気がする。そうした人間達は、自分は安全圏にいると思っているのだろう。

以下の、「アスペルガーは誰からも嫌われる(後篇)」は、それほど読まれない。皆、前篇を読んだ所で満足してしまう。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-63.html

「正義」が存在するには、「悪」が存在しなくてはならないのだと思う。誰かが暴力の対象になっていないと、善悪が明確にならない。

************

秩序が確立した世界は、時間の経過に伴い不均衡を生むと考える。権威を独占している人間達に特権が集中した結果、社会全体が緩やかに衰退していく。社会的な新陳代謝を活発化させる方策が必要とされる。

<ヴェネツィアの例>
810年に独立を達成したヴェネツィアは、1050年の人口が4万5000人であり、1330年には11万人の人口を数えるまでになっていた。ヴェネツィアはパリに匹敵する規模を具える大都市だったが、その根源は経済拡大を促進させる制度にあったとされる?

コメンダ:
貿易のために組織される原始的な合資会社。定住パートナーと旅行パートナーという2人の共同出資者から成り、定住パートナーが資金を負担し、旅行パートナーが貿易を行う。コメンダによって、自分自身の財産を持たない起業家が貿易業を営む事が出来た。

片務契約の場合、定住パートナーが資金を100%負担する代わりに利益の75%を手に入れる。双務契約の場合、定住パートナーが資金を67%負担する代わりに利益の50%を手に入れる。

ヴェネツィアの政治的変遷:
ヴェネツィアを統治する総督は、一般議会によって選ばれる終身職だったが、1032年以降、公爵評議会による監視を受けるようになり、絶対的権力者ではなくなった。

【大評議会】
立法と行政に関わる職務を担う。定員は450人?ヴェネツィア州の官僚を構成員として、任命委員の4人は評議会から抽選で選ばれた。毎年100人の評議員が任命委員によって指名される。任命委員は、参事会と40人委員会、公爵評議会という下位評議会の委員を選ぶ権限も持つ。

【評議会】
総督の指名を行う。大評議会による承認を必要とする。

⇒絶対的権力者が存在出来ない政治制度。
 公平な法形態の下で金融業が盛んになる。

ヴェネツィアが独占の罠に嵌っていく過程:
1286年に以下の提案が大評議会を通過した。
 ①大評議会のメンバーの子や孫は、自動的に評議員に
  承認される
 ②大評議会のメンバーの指名は、40人委員会、総督、
  公爵評議会の承認を受けなければならない

1315年には、貴族階級の戸籍台帳にあたる金書が作られる。

⇒大評議会は、部外者の参入が困難になり、
 評議員は世襲の貴族となっていく。

ヴェネツィアは、不満を持つ層を取り込むために、大評議会の定員を450人から1500人に増やした。1310年には警官隊が設置され、1314年には貿易の国営化が始まる。

コメンダ契約は利用禁止となった。1324年には、貿易に携わる個人に高額の税金を課すようになる。ヴェネツィアの人口は1500年にまでに10万人に減少し、経済活動は衰退していく。

⇒ヴェネツィアの支配階級は、新参者によって自分達の地位が
 脅かされる事を防ぐため、社会秩序を固定化させた?
⇒固定とは停滞であり、停滞は退歩である。
⇒流動性の無い社会は衰退する?

************

現代日本でのコメンダに相当するのは、クラウドファンディングやクラウドソーシング等だと思う。

以下は、クラウドファンディングに関する、まとめサイトへのリンク。

http://matome.naver.jp/topic/1Lxqv

以下は、クラウドソーシングに関する、まとめサイトへのリンク。

http://matome.naver.jp/topic/1LwLu

小組織や個人が事業を展開出来る環境は存在する。組織に適合出来ない人間が、こうした環境を利用する事は出来るだろうか?

************

そして「正義の喪失」というのが難しい問題だと思う。自分が、どのような理由で迫害されるか分からない。それを回避する手段も分からない。これは大変な恐怖だ。

社会全体の仕組みを変えるには、新しい秩序形態が必要なのだと感じる。

人気ブログランキングへ

あなたが発達障害者であったなら

以下、上手く書けない事。

『発達障害』という概念を他人に説明する事は難しい。

自閉症や注意欠如/多動性障害の説明になると、人間の意志についての議論になってしまうと思うので一層難しい。読字障害について考えてみるのが分かり易いと思う。

あなたが読字障害者として生まれた場合、どうなるのか?

字が読めない事は、学校教育において大きなハンデになる。問題が理解され難いのは、平仮名は読めるけれど漢字は読めない。漢字は読めるけれどアルファベットが理解出来ない等、症状が人間によって違う事。さらに原因も人によって異なるので、同一の解決策の適用が困難である事だと思う。

多くの場合、本人の努力による解決が望まれる事になると予想する。漢字の書き取りや読書の推奨等だ。そうした解決策が功を奏する可能性は分からない。成果を出す人間がいるかもしれないし、出さない人間も多いかもしれない。

成果が出なければ、当人が怠けている事が原因になり、解決策自体が間違っているとは思われない。

******************

何らかの方法論を適応した事により、あなたの読字能力が向上したとする。周囲の人間と、あなたの学力差は逆転するはずだ。そして、あなたは自分に出来る事を他人が出来ない事を不思議に思う。

「どうしてこんな事すら出来ないんだ」

こうした疑問を周囲の人間にぶつけると思う。あなたは生まれた時から、周囲に存在する全ての人間にそうした言葉を投げつけられてきたはずだ。そうした言葉は、あなたの意欲を喚起する善意に満ちた行為であるとされ、あなたは感謝を強要されてきた。

だからこそ、あなたのそうした言葉に対して、彼等は感謝の意を表明するはずだし、発破をかけられた事で行動が改善される。あなたはそう考える。何故なら、彼等自信があなたにそうした行為をしてきたからだ。

しかし、予想は裏切られる事になる。

彼等は、いかに自分が努力をしているか、いかに自分が成果を出したのかを主張し始める。

あなたは話を聞いて唖然とすると思う。

「努力とはそんな事だったのか」

あなたに強要されてきた苦役に比して、彼等の語る努力はあまりに軽くて薄い。その程度の事が努力としてカウントされるのであれば、世の中に怠けている人間は存在しない。

さらに、彼等の語る成果には笑い出すしかない。

「そんな低劣な事を根拠に他人を見下すのか」

人間に優劣をつけるなんて下らないと思う。

******************

学校社会においては、それだけで終わると思う。しかし、会社等のビジネス的な関係においては上下関係が発生し、無視する事が出来ないかもしれない。目を背ける事が出来ないほどに醜悪だからだ。

何らかの事情で無視出来ないとする。彼等を無視する以外の対処方法は、問題を解決するしかない。以下の2つのアプローチがあると思う。

①努力
当人達の努力不足を理由にすればよい。あなたが即座に理解するのは、彼等の勉強方法の誤りだ。問題集や単語帳というものを使用している。何故、教科書全体で記憶しない。そうした間違った方法論を採用するのは怠けているからだ。そうして、あなたの正しい方法論を強制すれば良い。

このアプローチのメリットは、自分の責任を追及される事が無い事だと思う。上手くいかなければ、対象が言う事を聞かない事に起因させれば良いので、上手くいかないほど自らを被害者出来る。

②工夫
前提条件が間違っているとする。やらないのでなく、出来ないのではないか?発達障害者でない人間は存在しないという僕の意見は理解されない事が多いと思う。全ての人間の記憶や理解には、深刻な欠陥があり、その種類が違っているだけなのだと思う。彼等は記憶障害者であり、問題集や単語帳を使用しなければ、事物を記憶出来ない。

それならば、彼等に合った方法論を考えなくてはならない。

工夫によるアプローチの問題は、正しい解決策が見つかる保証が無い事だ。さらに、失敗した場合には解決策を提唱した人間の責任が追及されてしまう。

さらに感謝もされない。彼等の意見では、間違っているのは教育制度の方である事になる。あなたは、単にテキストを丸暗記しているだけで内容を理解していない。本当の理解が評価されない教育制度の方に問題がある訳だ。

彼等は間違っている。本当に理解しているのなら、間違う事は無いはずだ。そして彼等は正しい。人間に序列を付ける事は本質的に不可能だと思う。

******************

多くの人間が自分を過大評価していると思う。時々、ブログのコメント欄に「自分は努力して改善されてきた」というような意見が投稿される事がある。

そうしたコメントを残す人間が改善されていない事は簡単に証明出来る。より良い人間に成長出来たとするのなら、何故、身近に存在する発達障害者に対処出来ない。

努力出来ない事も簡単に証明出来る。努力とやらを実行しない理由は何か?何故、周囲の人間に強制する?

そうして、自分を過大評価して、上手くいかない原因を他人のせいにしてきたのだと思う。それは人間の本質で、逃れる事は出来ない。そうした存在として人間は規定されている。
自分を「常識」の側に位置付ければ、自らを正当化出来る。それは問題を解決出来ないけれど、現状を肯定する。

何もしないで、簡単に生きる方法は無いものか?

人気ブログランキングへ

今週が終わった

何とか今週が終わった。

これから人間関係や上手くいかなかったり、失敗したりするのだと思う。

そうした事は必ず発生するので、そうした事態にどのように対処するかが問題なのだと思っている。

自分自身に関する情報を集めていきたい。

人気ブログランキングへ

ベトナムに関するコラムから

日本ビジネスプレスの細野恭平氏のコラムから適当にコピペ。

ベトナム経済について。

全般的にベトナム経済においては、付加価値の低さが問題視されているように思えた。儲からない産業に従事する人間が多いため、労働が収入に結び付き難い?

その結果、脱税や賄賂が横行する事になる。教育において、躾意識の低さを懸念しているようにも思える。

東南アジアでは、タイやインドネシアは数十年をかけて付加価値の高い産業を育成した。自由貿易システムが整備されていなかっため、高関税によって自国産業を保護しつつ、現地産業を育成出来た。

ミャンマーのような後発国は、人件費の安さを武器に経済成長しようとしている(ミャンマーの平均的な工場労働者の賃金は月100ドル以下、ベトナムは月200ドル前後)

2018年頃?には、ASEAN城内の関税が撤廃されるため、他国とは異なる市場育成が必要とされている。

余談だけれど、ベトナム人の体脂肪率の低さが91ヵ国の比較で男女ともに最低である事は知らなかった。

【裾野産業の育成】
ベトナムでは、各産業における部品の現地調達率が低い = 裾野産業が弱い。

ベトナムにおける電子部品工場や自動車工場は組立工場であり、2018年頃?にASEAN自由貿易協定によって関税が撤廃されると自国産業が壊滅する可能性がある。

労働集約的な産業では、賃金上昇が競争率の低下に結び付くため、国民生活の向上が困難になる。

例えば、ベトナムでは、東南アジア諸国連合からの完成車の輸入に対して60%の関税がかけられている。その他の税金や費用も含めると、自動車は輸入前の約2.5倍の価格になる。

ベトナムにおいて現地生産可能な自動車部品は、シート等の労働集約的な製品が中心で、部品の現地調達率は20~30%程度。 関税が撤廃された場合、ベトナムで組み立てた割高な自動車よりも、輸入車の方が高い競争力を持つ可能性が高い。

また、韓国のサムスン電子は、スマートフォン工場をベトナム国内で稼働させており、2013年の予想輸出額が約2兆5000億円になっている。ベトナムの輸出全体に占めるサムスン電子の比率は15%以上になる。

しかし、サムスンの工場では、部品の大半を輸入している。ベトナムは輸入した部品を、低価格な労働力で組み立てる事でしか付加価値を提供出来ていない。

国民生活の向上のためには、資本集約的な部品産業を含む裾野産業を構築していく必要がある。 そのためには、市場を拡大させなければならない。

ベトナムのバイク市場は、ホンダを中心に年間販売台数300万台以上。部品の現地調達率は75%以上、巨大な市場が築かれている。しかし、ベトナムにおける2012年の新車販売は9万台弱でタイの15分の1程度。政府の規制緩和による各製品の普及が求められている。

さらに優遇措置が重要となる。タイでは、射出成型などの業種に対して、8年間の法人税免除等を採用していた。しかし、ベトナムの中央政府は、歳入減少を恐れ、特定産業への優遇税制の適用を躊躇している。その結果、裾野育成は進展していない。

【海外送金】
ベトナムは2012年時点で、海外からの送金額が世界第9位の国である(1位はインド1210億ドル、2位は中国600億ドル、3位はフィリピン260億ドル)。2013年(11月現在)のベトナムに対する海外からの送金は年110億米ドル(約1.1兆円)。

同時期のベトナムの輸出総額が約1,210億ドル(12兆円)で、輸入もほぼ同額であり、輸出総額の約10分の1の資金が海外から送金されている。

海外に住むベトナム人(越僑)は450万人程度とされる。多くは、ベトナム戦争に敗れた南ベトナムの人々だ。1970年代の半ばから1980年代前半に北ベトナムによる厳しい支配に耐えかねて、海外に脱出した。

海外送金が、ベトナムにおける経済活動の把握を困難にしている。

【小売市場】
2012年のベトナム国内の小売市場の規模は約12兆円。2013年の成長率は前年同期比12~13%と予測されている。 2013年現在、ショッピングモール約130店舗、スーパーマーケット約700店舗、コンビニエンスストア約1000店舗が展開されている。

コンビニエンスストア市場では、生鮮食料品を中心に売るミニスーパーのような形態も含めて10社以上の参入企業があり、1000店舗展開されているらしいが、黒字の企業は無いと想定される。

タイと比較して、消費者の購買力が20%低く、テナント料は逆に20%高い。黒字化するには、最低でも200店舗は必要とされており、各社は体力勝負の先行投資の状況にある。

以下も、小売業の収益化が困難な理由。

①家族経営の小規模店
ベトナムでは、家族経営の小規模店の文化が根付いていおり、チェーン店の普及が進んでいない。小売売上全体に占めるチェーン店舗比率は22%。東南アジア諸国と比べて半分以下の比率である(中国63%、マレーシア57%、タイ49%、インドネシア44%)。消費の大半は、ベトナム全土に40万店舗~50万店舗とされる小規模店が担っている。

②外資規制
ベトナム政府は、世界貿易機構の公約に従い、2009年1月より100%外資の小売り参入を解禁した。しかし、出店規制は存在している。地場産業保護のためのEconomic Needs Test(ENT)という裁量行政によって、外資チェーンの進出が困難になっている。

ENTとは、外資チェーンの2店舗目以降の出店については、近隣の地場店舗に与える影響を考慮し、行政が出店の可否を総合的に判断する制度。運用が恣意的なため、外資小売りチェーンは、進出にあたって苦労する。

ベトナム商工省は、外資系小売業の多店舗展開を制限するENTについて、2013年5月、適用除外となる条件を示すなど規制緩和に向けた姿勢を示した。2014年以降、外資系チェーン店の出店が加速する可能性もある。

【海外投資】
ベトナムにおける2013年の海外直接投資許可状況は以下の通り。

日本(416件、約57億ドル)、シンガポール(139件、約43億ドル)、韓国(488件、約43億ドル)、中国(100件、約23億ドル)、ロシア(12件、約10億ドル)、合計で1747件、約216億ドル。

サムスン電子による投資額20億米ドルの携帯電話の新工場案件が、サムスン電子法人のシンガポール法人経由のため、統計上はシンガポールにカウントされているため、実質的な1位は韓国になる。

韓国人は人口も多い。日本人はベトナム全体で8000人前後と言われているが、韓国人はその10倍いると言われている。

【農業育成】
ベトナムの1人当たりGDPは、2002年の477ドルから、2012年には1755ドルへと約4倍になった。しかし、ベトナムの70%を占める農民のほとんどは貧困のままだ。

ベトナムは社会主義国家だが、中国ほど情報統制を徹底していない。ベトナム共産党の幹部は、格差拡大を解決すべき問題と位置づけなくてはならない。

ベトナム農業の生産高は多い。2012年のベトナムの米輸出量は800万トン。タイを抜いて世界第2位(1位はインド)。1980年代の後半、ベトナムは100万トンの米を輸入していた。2013年現在では世界的な米輸出国になっている。

コーヒーの輸出国でもある。ブラジルに次ぐ世界第2位の輸出量。他にも、キャッサバが世界第1位、天然ゴムが3位等、多数の農作物が世界有数の生産量だ。

ベトナムの農民が貧しい理由は、以下の通りとされる。

①低い付加価値
コーヒーの栽培品種は、以下の2種類に分けられる。

 (1)アラビカ種:高品質・高価格
 (2)ロブスタ種:低品質・低価格

ベトナムで生産されているのは、ほとんどがロブスタ種。ロブスタ種は、缶コーヒー等の「増量剤」として使用される。缶コーヒーの量を増やし、費用抑制のためにベトナムのコーヒーが使用される。

低品質・低価格のコーヒーをベトナムが大量に栽培・輸出した結果、輸出額は増加したが、ロブスタコーヒーの価格は供給過多で下落。結局、生産量の増大が収益の増大に繋がっていない。

低付加価値は、米・茶・果物など、他の輸出品にも共通する課題である。

②利益配分
農業生産における利益が適正に配分されていない。
米を生産する事を考えると、生産する農家から、集荷業者、精米業者、輸出業者と4つのプレイヤーが介在する。

以下の表は、米1トンあたりの利益構造を表している。

生産農家    集荷業者 精米業者 輸出業者
原価209239329368
売価233276377438
利益24374870
利益率10%15%15%19%


米1トンを輸出する場合、農家が209ドルで生産し、輸出業者が438ドルで販売している。農家の取り分が最も少ない。高付加価値の農法に挑戦する余裕が無い。

米を集めるだけの集荷業者、精米機を持っているだけの精米業者、国家からの割当制度に依存している輸出業者の方が儲かる構造になっている。

農業に関わる国営企業も多く、利権の温床にもなっているのだとか。

******************

新興国投資の難しさについても書いてあった。現在、世界中で資金が余っており、資金が運用場所を求めて新興国に溢れている。しかし、投資対象として適格な企業は少なく、バブルが醸成され易くなっているのだとか。

人気ブログランキングへ

今日も疲れている

少しだけ忙しくなった。

上司から、障害を踏まえた職場適応の方法を提案するように言われる?来週の月曜日が期限であるらしい。そのような都合の良い話は無い。

ビジネス・スキルの本を読んでいると、発達障害とは関係無く、会社員としての技能向上の方法論への需要は大きいと感じる。

基本的な社会常識、周囲との会話、文章の書き方と読み方、時間管理方法、etc。既に構築されている様式を教え込む方法論が必要とされている。

一方で、管理する側の方では、新しいシステムを構築する方法が必要とされているのだと思う。部下を管理する方法、技能管理、意欲向上、人望強化、etc。

会社というのは学校のような役割を担っていて、多くの人間を戦力化しなくてはならない。全ての人間を戦力にする事は出来ないから、役に立たない人間に対処する思想が重要になる。

会社とは何か?組織の目的とは何か?そのような所から考えるべきだと思っている。

会社に帰属しない方が良い人達が大勢いて、そういった人達はどうするべきか?

人気ブログランキングへ

出来ない事

最近、何も考えない事が難しくなっていると思う。

気が付くと、何かを考えているし、悩んでいると思う。

大抵の事は悩んでも解決しないから何も考えない状態を作り出したいと思う。

何かを考える状態は、不安から生じる。何も考えないためには、不安を無くす事を考えなくてはならない。不安は恐怖心から生じると考える。

僕の恐怖心は、周囲から攻撃される恐怖、身の置き所が無くなる恐怖、将来が見えない恐怖、自分に何も出来ない事から生じている事、ETCだ。

そうした状態に取り組む事は難しいと思う。どうしたって不安定な状態になるから、常に何かに恐怖しているし、結果的に不安な状態になる。

何も考えない事は難しい。

************

今日、腕立て伏せが連続で何回出来るか試してみた。連続で70回が限界だった。もう少し痩せないと回数は増えないだろう。

こういう下らない事を考える事で、余計な事に煩わされないようにしたい。

人気ブログランキングへ

寝不足

昨日、徹夜して本を読んだから寝不足だ。

そう思っているはずなのに、何冊か本を買ってしまった。また、布団が本で埋まっている。読んでいない本が溜まっていく。

夕食は、沢山の米と鶏肉とじゃが芋の唐揚げを食べた。不健康な食生活だと思う。

**************

インターネット上の記事や本を読んでいると、趣味と呼ばれるものでも、ある程度のレベルになれば稼ぐ手段になるような気がする。

ジャム作り、編物、イラスト、陶芸、etc。

会社というのは学校ではないから、役立つ技能を学ぶ場所ではない。スキルアップやキャリア形成をやりたいなら、趣味の領域で自己実現を目指すべきなのかもしれない。

という事を考えながら、関連する本を買ってしまった。本の無いように基づき、蜜柑の皮でマーマレードを作ってみたが不味かった。

苺ジャムの方が簡単そうだけど、苺は高いからやりたくない。趣味というのは金がかかるものだと思う。

人気ブログランキングへ

仮想通貨の法的位置付けや将来性について

日経ビジネスのコラム『日本でBitcoinが流行る日はくるのか』からコピペ。

現段階では、ビットコイン等の仮想通貨は「通貨」ではない。

2014年4月8日の記者会見で、黒田日銀総裁は仮想通貨の一種であるビットコインについて「安全性等もあり、一般的に決済手段としての需要は現段階ではない。唯、現状はそうであっても将来はどうなるか分からない」と述べた。

2014年に、民主党の大久保議員が参議院でビットコインについて質問している(ビットコインに関する質問主意書)。答弁書によるとビットコインは「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」や「民法」に於ける「通貨」ではない。法律上の通貨であるかどうかは「強制通用力」(債権者が受領を拒む事が出来ない)の有無で決まる。ビットコインは債権者が受け取りを拒否出来るので、法的な通貨ではない。

「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」の中には通貨と貨幣(硬貨)という言葉を使い分けている。硬貨は紙幣とは違い21枚以上は債権者が受け取りを拒否出来る。

米ドル札等の外貨も日本国内では受け取りを拒否出来る。

日本国内での外貨の定義は「外国為替及び外国貿易法」(外為法)で「外国通貨」として規定される。外為法上の外国通貨の定義は「本邦通貨以外の通貨」としか規定されていない。再質問主意書では「強制通用力を担保する主体は、主権を有する国家である。外国の通貨とは、外国が自国における強制通用力を認めている通貨であり、日本国内における強制通用力が認められていない」、「ビットコインについて強制通用力を認めている外国が存在しない限り、ビットコインが外国の通貨と同様の性質を持つと解する事は困難である」としている。

上記のように、参議院での答弁書ではビットコイン等の仮想通貨は「通貨」ではない。金貨等と同様に資産となる。そうするとビットコインを使った支払いは資産の譲渡等になるため消費税がかかる。取引手数料の低い決済手段としてのビットコインの魅力は打ち消されてしまう。さらに政府は海外企業からも消費税を取る方向で、平成27年度税制改正へ向けた議論を始めている。

ビットコインを資産と位置づけるのは日本だけでなく、米国やドイツも同様の方針だ。2014年3月末に米内国歳入庁がビットコインを資産に位置づけた。一方で英国歳入関税庁は2014年3月3日、ビットコインには20%の付加価値税を課さない方針を明らかにしている。

◎プライバシーの問題
ビットコインを決済手段として考えた場合に最も大きな障壁はプライバシーの欠如だ。

利用者間でビットコインを受け渡すにはビットコインアドレスを教える必要がある。自分のビットコインアドレスを相手に教えてしまうと、これまでの全ての取引履歴を相手に知られてしまう。

ビットコインの取引を記録したBlockchiainはP2Pで全世界から共有されており、2014年4月時点で約16GBに過ぎない。取引履歴を可視化・解析するWebサービスは数多く提供されている。ビットコインアドレスを入力すれば、現在の残高や過去の取引履歴を全てリアルタイムで照会出来る。

プライバシーの欠如は同時に、完全な透明性とも言える。ビットコインは最も寄付に向いた決済手段だ。自分以外にどれだけ多くの人が寄付をしたか、寄付した資金がどこへ流れたか、報告書がなくてもBlockchainから流れを追う事が出来る。米国政府によってPayPalなどの決済手段を止められたWikiLeaksは、今ではビットコインやライトコインを使った世界中からの寄付によって生き延びている。

現金と比べて資金の流れを把握し易い仮想通貨が普及する利点は大きい。匿名性の高い決済手段として仮想通貨が悪用され、結果的に地下経済のオープンデータ化が進むとも考えられる。

◎日本における仮想通貨の将来性
日本のように、国民の多くが通貨の価値安定や銀行の経営を信頼し、誰もが銀行口座を開設可能、全国にATMが整備されていて、瞬時に決済を完了する電子マネーが普及し、多額の現金を安心して持ち歩ける治安の良い地域は、国際的には普通でない。日本での実感だけで判断すると、仮想通貨の将来を見誤る可能性もある。

1964年の東京オリンピックは日本にクレジットカードが普及する契機となったが、2020年の東京オリンピックで海外からの観光客によって仮想通貨の普及が促進されるかもしれない。世界中でビットコインに触発されて暗号貨幣ベンチャーが創業する中、日本では環境が恵まれているために取り残されるかもしれない。

*******************

2020年には、各種の仮想通貨が一般的に使用されているかもしれない。

才覚がある人間が、それまでに様々なアイデアを実現する。どうしたものか。

人気ブログランキングへ

会議なんてやめちまえ!

読んだ本の感想。

スコット・スネア著。2003年7月20日 初版印刷。



会社員の仕事の大半は、会議に費やされている。しかし、会議によって問題が解決される事は無い。組織的な惰性によって、管理職は会議を招集する事を止められない。

上手く機能する管理戦術はあるが、それが正式に採用されると効率は低下する。「革新」は「正式」の範疇に収まると魅力を失う。

【会議が上手くいかない理由】
集団思考の欠陥。三人以上の人間が集まると、生み出される決定には欠陥が生じる。調和を図る名目で、間違った思考が成長してしまう。

人間が集まる事として有用な事は、研修、リハーサル、顧客見学、セミナー、交代時の申し送り、グループへの称賛、激励と休息等である。

【会議無しで組織を運営する技術】
①マンツーマン管理
一対一で従業員と話す。
例えば、1人の部門長が1000人の従業員を管理すると仮定する。その場合、10人を1グループとして、グループ毎にグループ長を割り当てる。1000人を10人単位のグループに分けるので、グループ長は100人存在する。さらに、グループ長10人を1グループとして、グループ毎に副部長を割り当てる。100人を10人単位のグループに分けるので、副部長は10人存在する。

部門長は、各副部長と一日に20分ずつ個別に話す。合計で200分となる。さらに、部門長は、朝と午後に20分ずつ秘書と打ち合わせをする。合計で40分が必要だ。また、グループ長の中から特に成績の良い人間と悪い人間から話を聞く。合計40分が必要だ。
他に必要な時間は、以下の通り。
 ・昼食休憩に1時間
 ・上司への報告に20分
 ・トラブル対応に1時間
 ・計画策定に1時間
 ・法的問題に1時間  
 ・特定の部門をぶらつくのに30分

上記を合計すると540分になる。昼食時間も含めて9時間となる。会議を開催するよりも短い時間で組織管理が出来る。

マンツーマン管理には、以下の段階がある。
 (1)信頼関係を築く
 (2)優先順位を理解させる
   課題達成のためには、報酬や罰則よりも、
   重要な問題を理解させる事の方が必要。
 (3)特定の目標を設定する
   管理職は、短期・長期の目標を部下に伝えなくてはならない。
   目標は、スケジュールが明確で達成可能であり、
   どのようになれば達成されたかを明示する必要がある。
 (4)徹底的に追跡する
   自らの指示が達成されたかを追跡する。
   一対一の指示は、個人の説明責任が重くなる。
 (5)他人の言葉に耳を傾ける
   
◎他人の話を聴く方法
以下のような練習方法が書いてあった。
 (1)全て聞く
   相手の言葉が最後まで終わってから返事を考える。
   通常、人間は相手の話が2/3まで進んだ所で内容を
   推測する。
   1/3は聞いていない事になる。
 (2)応答を減らす
   相手の言葉を無視せず、言葉による反応は相槌を多用する。
   相手の言葉の半分には言葉で応答しない。
   ボディランゲージを上手く使う。
   そうなると、話し手が詳細に説明するようになる。

②責任者を明確にする
会議が多用されると、責任者が不明確になる。指示者は一人にするべき。従業員が、二人以上の責任者への報告義務を持たないようにする。

③組織的チャネリング
組織の運営過程を分散し、適切な人物に責任を割り当て、成果を統合して仕事を完成させる。個人は、仕事の別々の部分を運営する事に集中する。全ての情報はリーダーを経由し、リーダーは情報を個々に伝える。リーダーは統合整理者だ。

④職務を任せる
職務を委任すれば、各担当者が別々に動く事が出来る。それは管理職が支配権を失う恐怖との戦いだ。以下が職務委任を実行するコツ?
 (1)最初の数歩
   短時間で完成する仕事を割り振ってみる。
   誰に職務遂行能力があるかを見定める。
 (2)日常業務でなくプロジェクトを任せる
   通常業務でなく、プロジェクトを委任すれば
   支配力を失わない。
 (3)手本を示す
 (4)特定の能力を活用する
   部下達の才能を見つける。
 (5)スケジュール帳によって、職務委任を管理する
   管理職が委任する職務は、スケジュール帳で管理可能な
   規模とする。仕事量や人員数は適切でなければならない。
 
職務委任の逆説は以下の通り。
 (1)支配力の向上
   職務委任のためには計画を立てなければならない
   職務委任を実施すると、部下と個人面談する事になる。
   管理職が現場に直接的に関わる事となり、
   現場との接点が生まれる。
 (2)地位の向上
   職務委任を上手く実施出来れば、有能な管理職として
   評価が高まる。
   自分にしか出来ない仕事がある人間より、
   教育能力が高い人材の方が有益である。
 (3)責任が報酬とならない時
   有能な人間に職務を委任し過ぎると潰れる。  
   仕事が出来ない人間にこそ、重要性が低い仕事を
   多く割り当てるべきである。
   名馬は死ぬまで走らせない。

⑤メンタリング
職務指導と早期のキャリア開発を目的に、管理職が特定の人物の面倒を見る事。昇進のためにチームを去るように訓練する事で最高の人材を獲得する事が出来る。他人を指導する事は、自らを成長させる事である。

【会議から逃げる方法】
会議から逃れる方法は以下の通り。

①常に忙しく働き、成果を出し続ける
②職務記述書と職務内容を明確にする
 自分の責務を明確にする事で、不必要な会議を避ける。
③会議を丁重に辞退する
④近づき易い存在になる
 会議の招集者は、会議の出席者の人数と自らの支配力を
 結びつけて考える事がある。
 上司との心理的距離を短くする事は、会議時間の短縮に繋がる。
⑤手本を示す
 自らの行動で会議を開かない事を有効性を証明する。
⑥会議の予定を早めに手に入れ、前もって答えを提出する
⑦反会議の哲学を携え、相手に直接近づく
⑧非生産的な会議の後で不満を表明する
⑨楽しみを提供するのを止める
 会議が美食の場となる事がある。
 寛ぎながら会議するのでなく、ある程度は不快な環境で
 会議する。
⑩プロジェクト・マネジャーの役割を引き受ける
 自らがリーダーとなる事で支配権を手に入れる。

普段からメンバーが情報共有していれば会議は必要無い。ネットワーク上の共有ファイル等を活用するべき。活発な意志疎通が不要な会議を避ける革新的方法である。

【会議を招集しなくてはならない時】
以下に注意する。

①議題を絞り込む
 一回の会議で全てを行うのでなく、無理のない予定を立てる。
②出席者を絞る
 キーパーソンと意思決定者のみを参加者とする。
③タイム・リミットを設ける
 20分~1時間程度に収めるのが理想。
④準備を整える
 自らの論点を検討し、出席者には議題を前もって知らせる。
⑤短時間に集中する
 前もって、会議のテーマと目的を周知し、
 結論を出すための時間を決めておく。
⑥会議の進行予定を徹底的に実行する
 会議は延長しない。
⑦会議に振り回されない
 個人的な議題や無関係な情報が紛れ込まないようにする。
 不必要な人間を呼ばない。
 終わりに「何か意見はありますか」と尋ねてはいけない。
 会議にて決定した事が最終的な決定であると周知する。
 後になってから、違う意見を言わないようにする。

◎シアーズ・ローバック社のガス・パゴニス
シアーズ社の物流担当であるパゴニスは、会議を行わない個人的リーダーシップの研究対象となっている。彼は労働時間の40%を米国中の流通センターを巡回する事に費やし、30%をマンツーマン管理とメンタリングに費やし、20%を上司への報告に費やしている。会議時間は10%未満だ。上級管理職の多くは、労働時間の3/4を会議に費やすから驚くほど短い。

パゴニスは、以下の4つの方法でチームと情報交換する。

①掲示
 予測や指揮官の意図を公式発表する。
②スリー・バイ・ファイブ
 3×5インチのカードに収まる情報が書かれたメモ。
 従業員が問題を感じた時に、メモに書いて上司に提出する。
 eメールが使用される事もある。
 正確で簡潔な形式である。
③スタンド・アップ
 全員が立ったまま会議を行う。
④シット・ダウン
 座ったまま行う会議。

上記の③は短時間で終了するため、全体的な会議時間は短縮される。

人気ブログランキングへ

購買力平価をどのように考えるか?

あまり相場について考える事は良くないと思う。

業務中は、仕事について考えるようにしている。バランスが大切だ。無謀な行為は慎むようにする。

*************

購買力平価が参考にならない為替相場が継続していると思う。現在のユーロ高と円安は表裏一体の関係にある。ユーロ高が円安を下支えしている。数年前までの円高は、ユーロに対する懸念が一因であったと考える。

以下は、様々なWebサイトからのコピペ。

ユーロ:
1ユーロ = 1.20ドル~1.25ドルが購買力平価上の適正水準であるとする意見が多い。ユーロ圏の物価上昇率は低く、対デフレ政策が決定される事を予想する人間が多い?ECB理事会後のドラギ総裁の記者会見にて、何も対デフレ政策が発表されない事により、ユーロが高騰するパターンが続いている?

対デフレ政策 = ユーロの大量供給 = 大量に供給された事によるユーロの値下がり、というような論理であるらしい。

2013年8月以来、ユーロ圏のコアインフレ率は1%を上回った事が無い。2014年2月の生産者物価は1.7%低下し、これは2009年以来の数値。

物価が上昇しない事の問題は、債務が減少し難い事にある?インフレ傾向が継続すると、物価に対する実質的な借金額が減少する。

ECBは、対デフレ政策を遂行出来ない可能性がある。多くの国が、一つの政府という枠組みで動くのに対し、ユーロ圏の国々は別々の政治・財政を抱えている。仮にECBが米国や日本のように国債の大量購入に踏み切る場合、各国の経済状況の相違を踏まえた施策を実施しなくてはならない。複数の国に同一の政策を押し付ける事の影響を読み切れないのではないか?

2013年11月にECBが利下げを発表した際には、ECBの理事6名が反対票を投じた。現行以上の緩和政策の選択には、それ以上の反対が予想される。そうした予想がユーロをデフレ通貨と位置付け、購買力平価以上の高値が継続しているのではないか?

⇒ユーロは安くなるという見方は裏切られ続けている。

円:
円安期待は根深い。最近の1ドル = 104円から1ドル = 101円台の円高によっても円ショートのポジジョンは、ほとんど解消されていないと感じる。

円安期待を支える要因は、以下の4つ?

①貿易赤字
 原油価格高騰に裏打ちされた日本の貿易赤字は、
 少なくとも2016年度までは継続する見込み。
②対外投資
 日本企業の保有する現預金は160兆円以上とバブル期より多い。
 日本銀行の緩和政策により借入費用も安く、年間に10兆円程度の
 対外投資が継続すると考える。
③投資家動向
 生命保険会社の円売りが年間に1兆円~2兆円。
 個人投資家の円売りが年間に5兆円程度はあると考える。
④日米金利差
 米国の利上げ開始時期は、2015年10月~2016年3月と予想される。
 2年物の国債の利回りが相場に影響すると考えると、
 日米金利差の影響は、2013年末~2014年初に発生する?
 金利の相関から考えて、現在の米国金利が2%程度に上昇すると、
 3円~7円程度の円安効果が発生する?

⇒総じて「日本」という国家の成長性を信じない意見が多かった。
 そのため、海外からの投資が少なく、自国からの投資が多い。
 よって、円安になる。そういった見解だ。
⇒1ドル = 110円説は、そうした見解に基づいている。

人民元:
相場動向に人民元が関係しているという話?2014年3月15日に、人民元の対ドル許容変動率が従来の1%から2%に拡大された。発表後、ドル高人民元安が継続している?

2012年4月に、人民元の対ドル許容変動率を0.5%から1%に拡大した際には、円高が発生している。低金利で円を調達し、人民元を買っていた投機家達が、対ドル許容変動率拡大というイベントによって取引を逆流させた結果、円高が発生した?

人民元は安値であるという意見は多く、値上がり予想が多かった。

***************

要するに、何が何だか解らない。自分の中の根拠の無い山っ気を制御する事を考える。上手く儲けようなどと考えない。仕事と趣味のバランスを考える。

損をする事や、上手く出来ない事は当たり前だ。

人気ブログランキングへ

色々と考えた事

職場で自分の存在感を出す事が難しいと感じる。雑用を任せて貰えるよう、周囲に働き掛ける事を心がけている。

何もしていない事が辛い。周囲に対して意欲をアピールする事が出来ない。仮に出来たとしても、自分に仕事が出来るような気がしない。

*************

帰宅してから考えた事:

最近、米ドルが大幅に値下がっている。特にユーロ、ポンド、NZドル、豪ドルに対しての値下がりが激しいような気がする。

直接的な原因は、米国の金利低下とユーロ圏の金利上昇、それからオセアニア圏の良好な経済指標にあるとされる。

米ドルが安くなっている原因についての説明をインターネット上で探しているが、しっくりくる説明が見つからない。

以下のような説明が多いと思う。

【開始】
2014年3月19日の記者会見にて、米国のFRB議長イエレン氏が、「利上げ開始時期は半年後くらい」というような発言をする。

⇒米国の金利上昇期待から、米ドル高になる。

2014年4月9日に発表されたFRBの議事録に、「利上げが期待され過ぎている」というような記述があった。

⇒米国の金利引き上げが遅れるという見込みから、
 米ドル安になる。
【終了】

米ドルを売っているのは誰なのか?米ドルを売る理由は何か?

今月末になっても米ドルが安いままなら、ポンドか豪ドルあたりに売りを仕掛けてみようと思っている。同時に、NZドルか人民元を買う。

月末までに、米ドル安の原因について調べる。新聞や雑誌、Webサイトの記事を意識する。そろそろコラムで詳細に解説される時だと思う。月末までに自分の考えは変わっていると思う。

変化に合わせて、その時々で考える。何もしない可能性が高い。

*************

仕事もそうだけれど、趣味の時間を持ちたいと思っている。今の会社で行っている業務は、対外的に評価されない。将来的な選択肢を増やすためにも、仕事以外の時間を持つ事が大切だと思う。

しかし、僕は何かを楽しむ事が苦手なのだ。

人気ブログランキングへ

イフジ産業

週刊東洋経済 2014.4.12にて、お買い得な株式?の特集をしていた。P37に経営効率改善中の会社がランキングされていて、1位は「イフジ産業」だった。

以下は、イフジ産業のWebサイトへのリンク。

http://www.ifuji.co.jp/

事業内容は、菓子パンやケーキの材料となる液卵(鶏卵を割って中身を取り出した物)の製造・販売と、卵加工品の製造・販売。

会社四季報によると、液卵製販2位(1位はキユーピーなのかな?)。2014年4月10日時点の株価が514円で、予想株価収益率21.42倍、予想株価純資産倍率1.11倍、予想配当利回りが3.11%。

以下は、会社四季報に掲載されていた2011年3月期~2015年3月期(予想)までの、売上高、営業利益、経常利益、純利益。2014年2月に、業績下方修正を出している。理由は、鶏卵価格の上昇により原材料費が増えたため。売上高は予想より15%程度増加したが、純利益は予想より70%程度減少している。

年度売上営業利益経常利益純利益
2011.311,742705712282
2012.310,807809817433
2013.310,657786825532
2014.3予12,500300320200
2015.3予12,000750780420


*****************

週刊東洋経済の記述では、関東工場に最新割卵機を導入した事による処理速度上昇やロス減少が営業利益率の改善に繋がったように読める。

しかし、会社四季報や会社のWebサイトを読むと違うような気がする。2013年度は鶏卵の価格上昇により、大幅に利益が減少する。2014年度は鶏卵の価格が上昇しない事を前提に業績予想をしているため、営業利益が例年通りになる見込みとなる。そのため、2013年度と2014年度を比較して、営業利益率が大幅に改善したように見えるのではないか?

新聞を読んでいると、鶏卵生産者層の高齢化、円安による餌代の高騰、天候変動リスク、etcによって、鶏卵価格は2014年度も上昇するかもしれない。2014年度に値上がらなくても、少なくとも10年先までは値上がり傾向が継続するのではないか?

何らかの方法で売上を増加させないと厳しいような気がしてしまう。

*****************

イフジ産業は、100株以上の株式保有で、たまごギフト券600円相当、1000株以上の株式保有で、たまごギフト券2400円相当を、株主優待として年毎に受け取る事が出来る有名な株主優待銘柄だ。

株主優待目当ての株主が多いから、値下がりし難いかもしれない。それでも随分と割高な状態だから買いたくないな。

人気ブログランキングへ

困窮者になったらどうするか?

勉強会の内容。

抽象的な不安に対処するには、不安を具体化する。

最初のステップとして、不安が具体化する時期について考えてみる。今日、発生する自称なのか?将来的に発生する問題なのか?

さらに、対処可能な問題であるかを検討し、対処不可能である場合、受け入れる事を考える。

*************

金銭的な問題としては、以下が考えられる。

超短期:食費や居住費を支払う事が出来ない
短期 :貯金が底をつく
中期 :自分を支援してくれる人がいなくなる
長期 :収入の減少、支出の増大

こうした問題に対処し難い理由の候補は以下の通り?

①収入を獲得するための技能が無い
②自分や親族の高齢化
③障害者であるため
④その他

金銭的な問題である場合には、以下の解決策が考えられる。

①給付
 障害者年金、住宅手当(失業後、2年以内なら貰える)、
 生活保護、etc。
②貸付
 総合支援資金(失業、2年以内で就職活動中の人間が対象)
③居住支援
 宿泊所やグループホーム等、日本国内であれば
 役所に相談すれば、ホームレスになる事は無いはず
④就職支援
 障害者雇用や就労支援等

生活支援に関する制度は以下の通り?制度数が非常に多かったので、窓口で相談するのが良いと思う。

・TOKYOチャレンジネット
 東京都内で生活期間が半年以上、且つ、
 就労中で住居の無い人間に住居入居費用の貸付等を行う。
・TOKYOチャレンジ介護
 ホームヘルパー2級口座を無料で受講可能。
・区市町村社会福祉協議会
 住居の無い離職者への10万円以内の貸付支援等。
 再就職までの生活費の貸付。
・区市町村住宅手当窓口
 住居の無い、又は失う可能性のある人間に住宅手当を支給。

*************

困窮者支援の課題は、以下の2つなのだと思った。

①高齢困窮者の問題
東京都内では、15歳~34歳の引きこもりを2万5000人と見積もっている。対象となる人間のために、東京都ひきこもりサポートネット、地域若者サポートステーション等の機関を設置しているが、35歳以上の人間への対策が手薄い。

②自立支援
困窮者を永続的に支援する事は出来ない。支援は、対象となる人間が継続的に自活可能になる状態をゴールとする。

*************

困っている人間に対処するのは、国家という事になってしまうのかな?

以下は、前に書いた「信頼は通貨となるか?」へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1037.html

金銭が存在しなくなる可能性について。

同種の話は、神田昌典の「成功のための未来予報」にも通貨が存在しなくなる可能性について書いてあった。

以下は、本の中に書いてあったソーシャルシェアリングサービス「Socueus」へのリンク。

http://www.socueus.net/

「Gift」、「Socueus」以外にも物々交換系のWebサイトは多くある。物々交換が盛んになっていけば、貧困自体が著しく減少するのかもしれない。

残った問題は、高齢困窮者が如何にして社会参加のための技能を習得する事が出来るかだと思う。社会的な変化が加速するのなら、生涯学習が一般的になる。「学び」をどのように定義するかが重要な課題だ。

人気ブログランキングへ

丁寧に編み込まれた物語を読むのは楽しい

6千円分の本を買ってきた。

話の構成や文章の作りが丁寧な本を読むのは楽しいと思う。

紅茶、食文化、菓子、絵、etcと、何かについて書いてある本を読む事が面白い。

明日の勉強会でも楽しい話を聞く事が出来れば良いと思っている。

人気ブログランキングへ

疲れた

以下のWebサイト「アラサーアラフォーで集まる大人のブカツ・コミュニティ bk2(ビーケーツー)」を見つけた。

http://bk-2.jp/top

選択肢が多くて、少し読むだけで疲れてしまう。

会社や家族が永続性を持たないと考えると、あらゆる共同体を渡り歩く事を前提にする事になる。当然、仕事をしながら他の活動をする事にもなる。それは非常に疲れる事だ。

こういった事も長生きするリスクなのだろう。

人気ブログランキングへ

講習会に参加する

講習会に参加した。

ピザトーストやフィッシュ&チップスを大量に食べた。

思っている以上に人恋しくなっている事に気付く。普段は話し相手がいないものな。

困窮者の支援について教えて貰ったけど、基本的には国が援助してくれるらしい。困ったら役所に行くようにという事なのかな。

それと、金銭以外の重要性も強調されていた。

着飾る事や社会参加も大切な事らしい。稼ぐ事が目的化してしまい、他の事に注意が向かなくなると、結果的に社会にとって好ましくない人間になってしまう。

どのように社会に参加するかは重要であり、難しい問題だと思う。会社に帰属している状態が絶対的なものでない以上、何かのサークル活動にでも参加した方が良いのかもしれない。

読書会やらボードゲーム愛好会とかかな?他人と関わる事にはリスクが伴うから、そういった面倒臭さに対処する決意が必要だと思っている。

人気ブログランキングへ

死ぬまでの変化をどのように考えるか?

社会が変化するリスクもあるけれど、自分自身が変化するリスクもあると思う。若く漲っている時は不安要素を気にしないが、衰えを自覚すると不安に打ち勝てなくなる。

未来は常に不確定だから、どうしたって不安から逃れる事は出来ない。

<死刑のパラドックス>
死刑宣告を受けた囚人がいる。判決内容は、「これから十日間の内に死刑を執行する。しかし、囚人は死刑執行日の朝になるまで自分が死刑になる日を知る事が出来ない」というものだった。

論理的に考えると、この判決内容では死刑執行は不可能になる。

最終日となる九日目まで死刑が執行されない場合、十日以内に死刑を執行しなくてはならないため、十日目が確実に死刑執行日となる。それでは九日目になった時点で、囚人が死刑執行日を知る事が出来る事になるため、十日目が死刑執行日になる事は無い。

そうなると、実質的に九日目が最終日となる。その場合、八日目まで死刑が執行されない場合、九日目が確実に死刑執行日となる。囚人が八日目に死刑執行日が九日目と予測出来る事になるため、九日目が死刑執行日になる事は無い。

同様に、八日目、七日目、六日目、五日目、四日目、三日目、二日目、一日目、と全ての日において死刑執行は不可能になる。

******************

しかし、現実には死刑執行は可能である。論理的に死刑執行が不可能であるとしても、囚人が自分の死刑執行日を予測する事は出来ない。

<パラドックスの発生する原因>
パラドックスの発生する原因は、矛盾した循環論法にある。

死刑執行が不可能であるとするのならば、、「これから十日間の内に死刑を執行する。しかし、囚人は死刑執行日の朝になるまで自分が死刑になる日を知る事が出来ない」という判決内容が成就されると考えなくてはならない。成就される判決内容に基づいて、死刑が執行されないと考える。

しかし、死刑が執行されないのなら、判決内容は正しくない事になる。判決内容が正しくないのならば、論理を構築する根拠は失われてしまう。

その時点で出発点に戻り、囚人は死刑執行日を予測出来ない事になる。循環論法だ。

******************

現時点で確定している事は、僕が死ぬ事、衰える事、そして後悔したり、悩んだり、不安になる事であると思う。そして、そうした結論を受け入れる事が出来ない。

どのような選択肢を選んでも、そうした結論に至るのならば、考える事自体が無駄であるのかもしれない。

僅かな時間と、低い力で達成出来る事は何だろう?

人気ブログランキングへ

不安は消えない

未だに試用期間中。数ヵ月後の自分の立場がどうなっているのかは予測出来ない。

精神科医や職場の人間は、僕が悲観的過ぎると言っている。

僕自身に問題があり、それだから上手くいかない。そういう主張が理解されないと思う。

10年前には、20代で仕事が出来るようになり、お金もある程度貯めて、30代以降は若い時の蓄積で生きていく事を考えていた。

30代になって、仕事は何も出来ない。社会人としての常識も無い。

それから考えるのは、働かなくとも生きていけるだけの貯蓄があっても、それだけで安心出来る訳ではない事。お金があると、減る心配がある。

財産は、あらゆる形式に変換出来るが、常に最上の判断は出来ないから、常に後悔する事になる。

あらゆる事について、バランスが重要だと思う。完全に自由に生きていても面白くないし、時間のほとんどを義務で縛られているのも辛い。

お金は無くても辛いけど、必要以上にあっても苦痛を呼ぶ。

僕の人生を考えると、仕事で必要とされる人間でありたいと思う。それが就職する事でなくとも、何らかの形で社会と関わる事になる。

達成が難しい目標だと思う。常に不安定な自分と向き合う。

人気ブログランキングへ

コメントがありました

2014年3月26日に書いた記事に以下のコメントがありました。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1408.html#comment245

最初に書くべき事は、僕は分かり易く喋る事や書く事が苦手です。何か工夫出来る事が無いか、僕の方が教えて貰いたいです。

何故、僕の説明が分かり難いのかというと、以下のように説明出来ると思っています。

①全体像を掴む事が苦手
以下は、セントラルコヒーレンスについて書いた記事です。僕の話は、変な所が細かくて全体像や目的(オチ)が分かり難いと思います。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-239.html

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-241.html

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-271.html

②短期記憶領域の小ささ
記憶を保持する能力が低いと思います。少し前まで話していた内容を忘れてしまったりするので、何を話しているのか繋がり難い所があります。それは他人の話を聞く時にも発生すると思っています。

③衝動性の抑制困難
脳内の神経伝達物質の量の問題?感情を上手に操作出来ない事があり、場当たり的な会話になる事があります。
以下は、それについて書いた記事です。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-972.html

***************

整理整頓や計画を立てる場合には、以下のような対策があると思っています。

①全体像を最初に構築する
整理整頓が苦手だったり、計画を立てる事が苦手な理由は、完成図を想像する事が苦手だからである。整理整頓であれば、最終的な整理図をイラスト等に書いておく。その上で、捨てる基準を最初に決める。

②視覚的な理解
工程を紙に書いておく。片付ける時は、ラベル等を使用して配置場所を確定させる。紙に書いて視覚的な理解を助ける事は、衝動性を抑制する上でも有効。

しかし、会話というのは相手が存在し、定型的な作業になりません。その時々で事情が異なるのでどうすれば良いのか分からない事があります。

僕に対する周囲の不満を集めて、専門機関にでも分析して貰いたいのですが、それも上手くいかないようです。

愚痴になってしまいますが、このような事を考えながら生活をしています。

人気ブログランキングへ

アンティークコインで資産を防衛せよ

読んだ本の感想。

平木啓一著。2012年10月4日 第1版第1刷発行。



「カネはアンティーク・コインにぶちこめ!」(加治将一著、2012年5月10日発行)と、「カネはやっぱりアンティークコインにぶちこめ!」(加治将一著、2014年2月20日発行)からも。





以下は、「加治将一オフィシャルサイト」へのリンク。

http://www.kaji-room.com/

アンティークコインの価格は、2002年~2012年の10年間で全体として4倍程度になったとされる。アンティークコインへの投資が盛り上がっている背景には、以下のような事情があるらしい。

・中国やロシアの経済発展
  2010年以来、中国絵画競売市場は取引額世界一。
  コインにも資金が流入している。
・2010年頃からのスイス銀行の口座名簿の開示
  スイス銀行の秘匿口座に預金されていた資金が
  コインに流入している可能性。

⇒バブル崩壊に注意。

以下は、コインの情報誌「月刊 収集」のWebサイトへのリンク。

http://www.shushu.co.jp/

以下は、Webサイト「古銭関係リンク」へのリンク。

http://park1.aeonnet.ne.jp/~iida/kazuo/coin/coinlink.html

第1章 何故コインが資産になるか
第一次世界大戦に敗北したドイツにおいて、ユダヤ人達がインフレヘッジのためにアンティークコインに投資した話等。現在でも、欧米のコインディーラーにはユダヤ人が多い。

アンティークコイン投資には、歴史を楽しむ側面もあるが、英国年金基金や退役軍人基金等の資金も流入している。

日本において、総額1000万円以上のコインを収集する人間は2万人程度と推測されるが、米国の150万人、スペインの50万人、英国、ドイツ、フランス、イタリア、ベルギーの各20万人と、世界中にコイン愛好家は300万人は存在すると推測される。

第2章 基礎知識を学ぼう
2.1 グレードと価格について
貨幣の状態をグレード(品質)と呼ぶ。

以下は、グレードを示す用語。

・未使用
  プルーフ(FDC):鏡状の面を有した、全くの未使用
  UNCIRCULATED:鏡状の面でない未使用
・準未使用(ABOUT UNCIRCULATED)
・極美品(EXTREMELY FINE)
・美品(VERY FINE)
・普通品(FINE)
・劣品

未使用と極美品の間には3倍、極美品と美品の間には2倍~3倍の価格差がある?コインが摩耗するとグレードが下がる。銀磨き等で汚れを落としたり、縁欠け(エッジネック)、小さな傷(スクラッチ)、髪の毛状の傷(ヘアライン)もグレードを下げる原因となる。

未使用品を購入する事は困難。極美品、美品を狙い、普通品や劣品を避ける。

グレーディングは、1886年に設立された米国貨幣保証会社(PCGS)と、NGCの二社が主に行う?NGCの方が後発だが、甘いグレーディングという話がある。

以下のリンク先の「一般社団法人 日本アンティークコイン・グレーディング協会」に問い合わせると、有料で鑑定してもらえる。

http://antiquecoin.or.jp/

2.2 文献を数多く読もう
以下の文献がある。

・世界のコイン標準カタログ一九0一―現代
  1901年以降のコイン4万8800万枚以上を紹介
・世界のコイン標準カタログ 19世紀
  19世紀のコイン3万5000万枚以上を紹介
・世界の金貨標準カタログ
  1601年以降の金貨等を収録

世界のコイン標準カタログには、1901年以前の版もあるようで、古いコインの閲覧が可能。ダヴェンポート(Davenport)の9000番台のカタログには、1400年代末期から1500年代のコインが収録されている。

米国で発行されているコイン年鑑「WORLD COINS」は、KMカタログとも呼ばれており、1601年~2000年までを4刷で網羅して約3万円程度の値段。他に、「SEAR」という古代コインのカタログが有名。









・世界の紙幣―一九六一―現代
・世界の紙幣標準カタログ

2.3 歴史を学ぼう
コインの背景知識を知ると、コイン投資を楽しむ事が出来る。

<例1>
ドイツには、1888年銘柄の三人の皇帝に関する20マルク金貨がある。ヴィルヘルム1世が1889年3月9日に崩御した後、フリードリヒ3世が即位したが三ヶ月後に崩御し、ヴィルヘルム2世が即位している。同年に3人のドイツ皇帝が即位したため、1888年銘柄のドイツ金貨は3種類ある。

<例2>
英国のコインに刻印された文字には、歴史が刻まれている。
英国の貨幣制度は、古代ローマの貨幣制度を継承している。L(ラテン語のポンド)、S(ソルド)、D(デナリウス)。また、1663年に発行された金貨の単位「ギニー」は、アフリカのギニア産の金で製造された事を示す。

2.4 どう買ってどう売るか
コインディーラーやオークションでコインを購入する話。オークションにてコインを売る話。日本でのオークションの開催は、年に7回であるらしい。

日本に、コインディーラー店は100店舗ほどあるが、信用性がある店が見極める事が大切。

以下は、「日本貨幣商協同組合」のWebサイトへのリンク。

http://www.jnda.or.jp/

他に「国際貨幣専門家協会」(International Association of Prefessional Numismatists)という団体もあるらしい。

コインオークションについて、インターネットで検索したら以下のページを見つけた。株式会社日本コインオークションという会社があるらしい。

http://www.darumacoins.co.jp/?main_page=about_relation

以下は、コインの目安価格を知るための海外のWebサイト?

http://coins.ha.com/

インターネット・オークションでの売買は贋作を掴まされる可能性を考慮すべき。

以下は、「みんなのコイン市場」へのリンク。

http://www.coinichiba.com/

2.5 いかに保管するか
自宅に耐火機能付金庫を設置する話。湿気対策のため、茶箱や乾燥剤を使用する。

2.6 市況には常に目を注ぐ
地金タイプの金貨投資をする場合、金相場の動向に注意する。名品の場合、相場動向にはそれほど左右されない。

第3章 どのようなコインを狙うか
3.1 金貨・銀貨・銅貨
予算によって投資対象は決定されてしまう。

●少額から開始したい場合
  コイン型地金メイプル・リーフを買う。
  1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類があり、
  1万円台から購入可能?
●やや高額から開始したい場合
  ナポレオン金貨を購入する。
  5、10、20、40、50、100の6種類がある。
  100フランの場合、月桂冠有りのデザインが希少で高価。

評価の違いは、以下によって定まる。
 ・ミントマーク(貨幣製造所の番号)
 ・希少年号
 ・保存状態

3.2 小廻りの利く小型地金タイプ
名品を売却する場合、オークション等によって時間を要する事が多い。欧米では、地金タイプの金貨(ビュリオン・ゴールド)を、両替商によって換金可能。

3.3 新発行物は地金価値だけか
新規に発行される地金タイプのコインが希少価値が値上がりする事はない。地金価値にプレミアムが付いて取引される。人気の低い国家のコインは、高いプレミアムがつかない。金価格が1g4500円の時に、コイン価格が1g5000円程度なら購入価値があるかもしれない。

3.4 発行数と現存数
発行数は、コレクター数とのバランスを考慮する。コレクター数が多い通貨の場合、1万枚の発行数でも問題にならない。記念コインの場合は、テーマがローカルであると人気が出ない。

<1928年のハワイ発見150年記念50セント銀貨>
1915年~1951年に発行された50セント銀貨記念シリーズの一つ。
発行数が1万8枚と少なく、50セント銀貨記念シリーズの中で人気が高い。同じ発行数の「ニューヨーク・ハドソン市150年記念50セント銀貨」とは、極美品で2.8倍の差がある。発行数6000枚の「アラバマ州100年記念50セント銀貨」とは4.3倍の差があり、発行する5000枚の「ミズーリ州100年記念50セント銀貨」とは2.77倍の差がある。

ローカル色が強いと、発行数が少なくとも評価が低い。

また、政変があった国家の貨幣は、発行数が多くとも現存数が少ない事がある。

3.5 歴史的背景は大きな魅力
通貨の発行者や発行された理由を知る事も、コイン投資の魅力である。

3.6 人気のある国のコイン
コインの魅力は、①国の人気②コインの希少性③デザインによって定まる。日本のコインは、マーケットが弱いため、人気が低い。

<米国>
1915年の「パンパシフィック博覧会記念」等の国力を物語る近代コインが目立つ。歴史が浅いために投資対象は少ない。

<英国>
最重要国。地金タイプの場合、1980年以降のエリザベス2世の5ポンド金貨等がある。

<ドイツ>
高いコイン製造技術を持った神聖ローマ帝国に属する。ドイツの公国は、それぞれが貨幣製造権を保有し、ワールド・コインカタログに掲載されている1601年~1700年のコインの内、42.7%がドイツ製である。小国のコインは希少性が高い。

<フランス>
アンリ4世やルイ13世以降が面白いらしい。
以下の2つのテーマがある。
 ブルボン王朝:アンリ4世、ルイ13世、ルイ14世、ルイ15世、
        ルイ16世のコイン。
        23種類で一区切り。
        2012年時点では600万円ほどで揃ったらしい。
 共和制:第一共和政から第三共和政までのコイン。

イタリア、北欧諸国、スイス、スペイン等にも有望なコインは存在する。インドやブラジル等の経済発展が著しい国家のコインは値上がる可能性がある。

3.7 突然の高値には何が?
2000年代から、ロシアや中国の経済発展に伴い、ロシアコインや中国コインが急騰する事があった。コイン・マーケットの歴史がある先進国では5年でコイン価値が5倍になる事は無い。

3.8 歴史のある記念シリーズは不変の人気が
コイン界の五大記念シリーズ。

①ドイツ・バイエルン
 1825年のルードヴィヒ1世の戴冠記念からマクシミリアン2世まで
 続く。ターレル銀貨26種、2ターレル銀貨14種。
②ドイツ・ワイマル共和国
 15年の短命国家であるが、大インフレーションの後で登場した
 記念コインに人気がある。27種類。
③スイス射撃大会
 1842年~1885年にかけてのシリーズ。17種類。
 2012年時点では、約350万円程度で揃ったらしい。
④米国50セント銀貨シリーズ
 1915年~1951年に発行。48種。
⑤オーストリアシリーズ

上記の①~④が確たる地位を築いている。

3.9 系統立ったコレクション
コイン投資をする前に、テーマを決める。特定の国家の王族のコイン等。少額の予算では、エリザベス2世の5ポンド金貨だけ揃える方法がある。2002年までに22種類となる。

3.10 名品だけを狙い撃ち
1800年以降の銀貨の名品を紹介。

<オーストリア>
1858年の「オーストリア南部鉄道記念」2ターレル銀貨。1873年の「ウィーン射撃大会」2フローリン銀貨。1887年の「クッテンベルク鉱山再開記念」2フローリン銀貨。

<ブラジル>
1900年の「発見四00年記念」4000レイス銀貨。2000レイス銀貨、1000レイス銀貨、400レイス銀貨と4種のセットになる。

<カンボジア>
1875年にピアストル銀貨が、ベルギーにて製造された。5サンティーム青銅貨まで8種のシリーズ。

<コモロ諸島>
1890年の5フラン銀貨は、発行数が2050枚であり人気が高い。

<チリ>
1828年の1ペソ銀貨は発行数が少なく人気が高い。

<仏領コーチシナ>
仏領コーチシナのピアストル銀貨は、1879年、1884年、1885年銘が存在する。1885年は100枚だけ製造されたらしい。

<フランス>
1815年の「百日天下」タイプ。

<独領ギニア>
5マルク銀貨。極楽鳥を描き、1万9000枚も発行されたが希少性がある。

<ドイツ>
ルードヴィヒ2世を描く2ターレル銀貨。

<ワイマル共和国>
1932年の「ゲーテ逝去一00年記念」5マルク銀貨。2万枚が発行されたが人気がある。

<グアマテラ>
1925年の1ケッツァル銀貨。1万枚製造されたが、2年後に7000枚が溶解されたため、実質的な発行枚数は3000枚である。

<ハワイ>
1883年に発行された1ドル銀貨。発行枚数は50万枚であり、グレードが高い銀貨には価値がある。

<英国>
1839年~1847年にかけてのヤングヘッド。1847年と1853年に発行されたゴティック。クラウン。

<香港>
1866年~1868年の1ドル銀貨。210万枚以上が発行されたため、グレードが高い銀貨の価値が高い。

<イタリア>
1914年の5リレ銀貨。27万3000枚が発行されたが、極美品以上は少ない。

<朝鮮>
1892年の5両銀貨。裏面の王冠を戴く鷲はロシアをイメージしており、朝鮮王朝内の親露派が製造。数百枚単位で製造された?

<ニュージーランド>
1935年の「ワイタンギ記念」クラウン銀貨。通常タイプが764枚、ルーフ・タイプが364枚発行されている。

<ロシア>
1835年、1836年の「ファミリー・ルーブル」、1914年の「ガングート海戦」等。

<タイ>
1864年の「ラーマ4世生誕六0年記念」4バーツ銀貨。

<スイス>
1842年の「グラウヴンデン射撃大会記念」4フランケン銀貨、1847年の「グラルス射撃大会記念」40バッツェン銀貨、1855年の「ゾロートゥルン射撃大会記念」5フラン銀貨。

<ザンジバル>
1882年に発行された1リアル銀貨。6万枚が発行され、グレードの良好な品が珍しい。

<フランス軍守備隊>
1813年にフランス守備隊が、アドリア海方面で攻囲された際に発行された銀貨。

3.11 試作貨はどうか
デザイン変更のために試験的に製造したコインをトライアル・ピース、パターン、エッセイ等と呼ぶ。金貨を銅で製造する場合がある。

3.12 一点クラシカルな名品を持つなら
以下の候補がある。

・神聖ローマ帝国
ティロル大公領のグルディナー銀貨。1484年の小型タイプと1486年のフルサイズがあり、世界初の完全年号入り大型銀貨である。

・スイス
1494年、1512年のターレル銀貨。

・英国
1551年のエドワード6世のクラウン銀貨。他にエリザベス女王のタイプもある。

その他、いろいろ。

3.13 金貨の名品の話をしよう
1800年以降の名品について。

中国:
光緒丙午(1906年)、丁未(1907年)に発行された「大清金幣」。偽造品が多い。

英国:
1839年に発行された「ウナ&ライオン」。プルーフセット用400枚という希少な発行数。

その他、いろいろ。

3.14 マイナーコインに可能性はあるか
コインがありふれていても、グレードが高ければ高価になる可能性がある。カタログ上で、各コインのグレードと評価の関連、オークションでの落札値を知っておく必要がある。低額面の銀貨の未使用品は宝石並の存在。

・カナダ
1870年~1901年のヴィクトリア女王を描く1/2ドル銀貨。ペニートークンが、ニューブラウンズで1853年に48万枚、1854年に43万2000枚、ノヴァスコシィアで1856年に36万枚が発行されたが未使用品が少なく希少価値が高い。

・朝鮮
鷲の50銭銀貨、5銭白銅貨、1銭銅貨の3種。

・リベリア
1847年、1862年に発行された2セント銅貨。

・ギリシア
1831年の20レプタ銅貨

他にエチオピアのゲルシュ(1/20ビール銅貨)、米国のラージセント(大型1セント銅貨)等。

3.15 将来の展望
テーマに基づき、コレクションを作り上げていくと、ネックが生じてしまい、普通品で代用するしかない事がある。そうやって欠けている部分を補い、後刻、グレードの良い品が出た時に入れ替える事になる。

投資として考えると、1億5000万円の札束はスーツケース一杯の分量があるが、コインにすると約350gですむ。金や銀の地金価値に保証されたコインと、希少性を有するコインで資産保全する事になる。

これからは、希少な大型銀貨が値上がりする可能性がある。後進国のコインには未使用品が残っている可能性があり化ける可能性がある。

一番の問題は市場の過熱であり、バブル化している対象を避ける必要がある。

第4章 紙幣
4.1 割安感の強い紙幣
コインと比較して紙幣の割安感が強いとする意見。

<例1>
インドシナ銀行 ウラジオストーク支店がロシア革命の最中に、米国バンクノート社に依頼して試作した5組程度しかない紙幣がオークションでは40万円以下。

<例2>
明朝 光武帝の時代に発行された1貫文紙幣は、2006年頃まで1000ドル台で見つけられた。2012年現在では100万円の値がつく事もあるらしい。

<例3>
1945年に、インド準備銀行が発行した1万ルーピー紙幣。1ルピー銀貨(5.83gの純銀が含まれた)1万枚と兌換出来た。未使用状態でオークションに出ても100万円にしかならなかったが、2012年のオークションでは400万円の値がついた。

4.2 グレードがここでもものを言う
紙幣の最高ランクは、未使用(UNCIRCULATED)だが、ピン札(CRISP NEW)という表示もある。投資対象としては、極端な希少品以外は、極美品以上を考える。

4.3 試刷りが意外と市場に
紙幣は、コインよりも試作が容易いため、試作品が市場に出る事も多い。米国バンクノート社による紙幣印刷の受注が有名である。

4.4 どういったテーマで集めるか
興味のある国家や目的に基づいて集めるべき。紙幣には、国家の代表的な風物を描かれているので、世界遺産や女性、動物等をテーマに集める事も出来る。

4.5 紙幣の名品とは
オーストラリア:
1910年にヴィクトリア銀行にて登場した1ポンドから50ポンド紙幣までの5種のシリーズ。

エチオピア:
1915年~1929年の500タレル紙幣。

フランス:
1918年の5000フラン紙幣。

スペイン:
1876年の100ペセタ、500ペセタ、1000ペセタの3種。

その他、いろいろ。

第5章 メダル
5.1 美しさではコイン以上
メダル:古代ギリシア時代から、記念事業や戦勝等の業績を
    記念するために製造された。

古代ローマ帝国の皇帝ハドリアヌスは、愛人であったアンティノオスの肖像を描いたコインを製造している。

5.2 現代物は地金価値だけ
コレクターの間で値が付くのはヴィクトリア女王までという意見。現代物には歴史的価値が付属し難い。

5.3 歴史的メダルは文化財
メダルには、歴史的人物の肖像を描く等、文化財として評価出来る品もある。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード