今、考えている事

今日も体調が悪い。何かをする気になれない。積み上げられた本達が早く読んでくれと言っている気がするが読む気になれない。

英語、中国語、ベトナム語も数週間読んでいない。少しでも読んでいないと焦ってしまう。

以下は確認する事、若しくは調べる事。

①障害者に関する制度
障害者手帳の取得だけでなく、利用可能な制度が存在する。どのように活用するのか?

②ポイントサイト
少しずつポイントを貯蓄している。身を入れてやっていないが、副収入として頼りになるかもしれない。

③Facebook
掲示板の書き込みよりも面白いかもしれない。複数の人間が短文を書き連ねていく内に素晴らしい文章になる。しかも量が多い。歴史、経済、文化、ETCが折り重なった文章を読むのは楽しい。

***********

今から職業訓練を受講する心の準備をする。定刻通りに行動しない期間が数カ月あったから、時間通りに動く事。他人と話す事。報告する事。攻撃的にならない。心配しない。予定を立てる。計画を立てる。忘れない。

現在の状態で訓練可能かは医者と相談する。大勢の人間と話をする事は怖いが、今を逃すと参加し辛くなる。駄目であれば諦めるまでの事。

時間は僕の味方なのか敵なのか。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

職業訓練を受けるべきか?

障害者向けの職業訓練を受けるべきか悩んでいる。懸念事項は、下らないけれど役所での手続きについて。

役所や銀行、郵便局などが平日の9:00~17:00にしか営業していないのはどうにかならないものか?

僕が実行する必要の無い手続きだけれど、手間がかかりそうだから気になってしまう。

こうした懸案が実体以上に大きく見える。心配なのは、訓練をやり遂げる自信が無い事。終了目途が無いまま何時までも訓練する訳にはいかない。

だからこそ、役所への手続きが全て完了してから、訓練に入りたい。彼等の発言を聞いていると、未だに危機感を持っていない事が恐ろしい。それとも僕が間違っているのか?協力的になるか責任を持つかして欲しい。それは僕が間違っているのか?

それと確認したけれど、1000万円は返ってこない。何時の間にか自分に権利があると思っている。どうにもならない。

訓練の事を考えると、全ての手続きを来月中には終了させたい。定時に起床して電車に乗って移動し時間通りに生活する事が無かったから馴染めるか不安だ。

それでも、こうした事をしておかないと勤務者には戻れない気がする。投機による生活に確信が持てない以上、障害者雇用の対象になる事を考えるべきなのか?

この辺りの思考について心理カウンセラーに確認しておく。即断する気になれない。多分、問題は無いと言うだろう。

人気ブログランキングへ

4歳児、6歳児、8歳児

『スーパーセンス』(ブルース・M・フード著)のP156~P157から。

アネット・カミロフ・スミス/ベルベル・インベルダーの実験。

4歳児、6歳児、8歳児に、長さの異なる木の棒を与えて、釣り合いをとらせる。通常、木の棒の中央に釣り合う点がある事を予想するが、子供達に内緒で、中央で釣り合わないように重りをつけている。

結果は以下の通り。

4歳児:
棒をずらしながら釣り合う点を探す。
⇒釣り合う点を見つける事が出来る。

6歳児:
中央で釣り合う事を疑わず、真ん中で釣り合う方法に固執する。
⇒釣り合う点を見つける事が出来ない。

8歳児:
最初は混乱するが、やがて棒をずらして釣り合う点を探す。
⇒釣り合う点を見つける事が出来る。

******

4歳児は、『理論』を持たない。よって『予想』が出来ず、試行錯誤する事になる。

8歳児は、『理論』を持ち、結果を『予想』する。そして『予想』が外れた場合に、『理論』を再構築する。

6歳児が、課題を遂行出来ないのは、『理論』に固執するからだ。

******

本の中では、子供の世界理解の方法を『目的』から記述している。全てを自分の視点から解釈する。全てを自分と関連付けて解釈する。それを自己中心性と呼ぶ。

太陽は自分のために作られた。何故なら、物体は理由があって存在しているからだ。

こうした傾向は成人にも見られる。機械が故障すると、機械を擬人化して機械に話しかける事がある。

******

こうした擬人化による理解は、古来は一層の広がりを見ていたはず。天変地異や病、個人の幸不幸に至るまで、何者かの介在が当然視されていた。

現代に至り、その領域は狭まりつつある。「擬人化」と本の中には書いてある。人を擬装する。では「人」とは何か?目的による理解が、因果関係による理解に置き換わった場合、人間は存在しないのではないか?

人気ブログランキングへ

いかにして生きるのか?

納税額について、勘違いしていた事に気がついた。総合課税ではなく申告分離課税だ。相当に混乱しているのだろう。

現状、中途半端な状態なのだと思う。

何故、仕事をするのかというと、以下の2つの問題がある。

①収入の問題
②帰属の問題

何故、障害者雇用が必要なのかというと、仕事を与える事で、社会の中に取り込む役割があるのだと言われた。何もせずに家の中に引き籠っていると家族の心労が絶えないし、野放しにするよりも危険性が少ない。

一定の収入を得る事で安定し、会社という組織に帰属させる事で社会全体のバランスを保つ。

そうした観点から障害者雇用が必要であるという意見だ。

僕の立場は微妙だ。現在の資産総額は、家の問題が解決された場合、税引き後で8000万円台の半ば程度。収入の為に仕事をする必要は有るかもしれないし無いかもしれない。

家族の理解があれば、社会との接触を必要最小限にした生活をすべきだろうか?

結局、収入が不安定になる事と、社会的に変な目で見られる事から逃れるために仕事をするのか?

互助会で必要な収入の話になると違和感がある。1億円では足りない。10億円は無いと安心出来ないという意見が多かった。サラリーマンの生涯収入が3億円とすると、普通のサラリーマンであるだけでは生活出来ない事になってしまう。一般的な労働者の賃金は、それよりさらに低いだろうから生活コストの低下と、保険や年金の制度改革がどうしても必要になってくるのだろう。

僕が仕事をすると、僕の補助をするために余計な人間が必要になる。僕の労働価値はマイナス一人だ。僕が社会参加しないだけで労働者一人分の価値が発生する。

それなのに、僕は社会に参加しなければいけない事になっている。社会的な要求がそうなっている。会う人間達が、仕事もせずに何も目指さずに生きていく事は害悪であると言う。僕もそうした思考に影響されてしまう。

完全に一人になる事が出来ない以上、どうやって生きていくかは難しい問題だ。

人気ブログランキングへ

不安定になっている要因の整理

眠る事が出来ない。

最近、不安定になっている。鬱が悪化しているような気がする。眠る事が出来ないので、現在の自分の不安要因を適当に書いてみる。

①納税額
今年度の納税額を考えてみると気分が重くなる。年間に1800万円以上の収益で40%の税率となる。理解していたはずなのにどうしてこうなったのか?
控除等の小技は使用しない。僕に器用な事は出来ないから正直に支払う。これからの不安定な生活を考えると気が重い。

②言う事を聞かない人達
上記①を重圧に感じる理由の一つ。お金を返して欲しい。戻って来るはずがないが話し合う。話し合いをする必要がある人間が2人。先の事を考えて行動して欲しい。僕が尻拭いをする事になるのか?その場合、現在の資産は全て吹き飛ぶ。同じような失敗を繰り返すように思えてならない。反省出来ないのは僕も同じか。嫌いな訳ではない。本人達に悪気が無いから困っている。責め立てないように話し合うにはどうすれば良いのか?

僕は白黒に分けない曖昧な議論が苦手だ。相手の言い分の聞きながら妥協するべきなのだろう。僕の行動自体が余計な事なのか?

やってしまった事は仕方がない。注意しなかった僕が悪い。今後も金は無いとアピールするしかない。過ぎた事を何時までも悔んでいても仕方ない。この件を忘れてしまうにはどうすれば良いのだろう。

今後の事についても話し合う。どこまで関わるべきなのか?引きとった所で上手く出来る自信は無い。ともかく話をしてみる。僕の心理傾向として被害妄想的な部分がある。悪く考え過ぎている部分が多いのだと思う。向こうも悪くは考えていないはず。身内を信頼したい。

③仕事について
これが一番気が重くなる理由だと思う。一生懸命に他人と関わろうとする程、上手く他人と関わる事が出来ない自分がいる。

職業訓練等を受けるべきだろうか?僕が会社に就職する事は無理だと思えてならない。

心理カウンセラーとの話し合いで意見が合わないのは以下の2つ。
 ・障害者枠での雇用の有効性について
 ・人間の変化について

僕は「罪」と「罰」という思想が恐ろしい。「罪」があるのならば「罰」を与えても良いのだ。人間の行動について、「目的」がある前提で解釈をされる。僕の行動に「目的」があるとされると以下のようになる。

「これは周囲の人間を愚弄しているからこうなるんだ。知ってる?愚弄って言葉」
「これは障害が原因でなっている場合と性格が原因でなっている場合の両方があるから難しいだよ。出来るのに出来ない振りをしている事もあるでしょ」
「障害者という事にすると自分はこういう人間だと思って努力をしなくなる」
「障害者雇用の対象にして欲しい?障害者手帳なんて簡単に取得出来るもんじゃないんだ。馬鹿なの?」
「自分はアスペルガーだから頭が良いって思い込んでいるからこうなるんだよ。自分は駄目な人間だと思い知らせれば直るんだ」

正確に思い出せないが、上記のような言葉が湧き出てくる。他人と関わる事が怖くて仕方が無い。

僕の休職が決まった時に言われた言葉は以下のようなものだった。正確に思い出せない。

「何で人事に連絡なんかしたんだ。これだけの事をしでかしてただですむと思うなよ」
「俺はさ、これは他の人の鬱とは違うと思ってるんだ。他の人の鬱は責任感があるから鬱になったのに、お前の場合は逃げようとして鬱になったんだ。これからの人生どうするの?もう見捨てた」
「今日、どうして会社に来たの?会社に来た以上、昨日は仕事が出来るのに逃げるために演技をしたという事になる。皆、そう思っている」


上手くいかないのは僕のせいなのだ。彼等は僕に変化しろという。理解されないが、彼等に考えてもらいたい。

ならば、あなた達は僕に合わせて変化する事が出来るのかと。

僕に合わせろと言っているのではない。彼等は僕に合わせる事が出来ない。それなのに僕に対して合わせる事を求めている事に無理があると言っている。諦めろ言っているのではない。これは理解されないだろう。言ったところで人のせいにしていると思われお終いだ。

発達障害という観念が恐れられている理由は、「罪」と「罰」が正当化出来なくなるからだろうか?障害者という事にすると、罪人ではなくなる。行動・思考を「目的」ではなく「因果関係」から考えなくてはならなくなってしまう。

これが非常に難しい。目が見えない人間が存在する事を認めても、その人が車で人間を引き殺した場合に殺意が立証出来ないから秩序が乱れると心配する人間は存在しない。行動様式を「目的」ではなく、「因果関係」から考えているからだ。

発達障害についても同じように考えれば良い。行動の「目的」を考える事は無意味だ。「解決策」を考える事に意味がある。

職場に発達障害者が存在した場合、最初に考える事は病院に行かせて診断してもらう事だろう。その後に、障害者雇用の対象にするのか、障害者職業センター等を利用して転職を推し進めるのかを考えれば良い。僕はそう思っている。

しかし、何故かそうならない。「罰」を与える事は絶対的な正義なのだ。罰する事が無意味である事など、恐ろしくて考えられない人間達が大勢存在する。

かなり前に発達障害者にアドバイスしても行動が改善されない。改善されないのは、本人が話を聞きたくないからだというコメントがあった。その人は、人間の行動を「目的」から考えている。耳が聞こえない人間に言葉で話しかけても無視されるだけだ。

僕の家族は、僕が発達障害者である事にすると、「そんな事にすると自分を駄目な人間であると思わなくなる」と言った。自分が駄目な人間であると思えば、駄目な人間は立派な人間に変貌する。立派な人間でないという事は、自分が駄目な人間であると思っていないという事だから、「罰」を与えなくてはならない。

そういう思想だ。

僕から見ると、人間は「目的」ではなくて「因果関係」によって思考・行動しているように思える。僕は存在しているだけで周囲の人間を傷つけるのだ。傷つけられた人間達は、僕への攻撃を開始する。攻撃はエスカレートしていくだろう。自分が他人と上手くやっていく事を想像出来ない。

中途半端にお金を持っている事も問題を難しくしている。一生、安泰に生活出来るような金額ではない。資産価値は、今後、大幅に変動するだろうから、仕事を通じた経験や学習は必要なはずだ。それなのに僕は何もしていない。

職業訓練に参加する事も怖い。発達障害者の互助会に参加しても自分の意見が理解されない事、他人の意見を理解出来ない事を感じる。

会社に就職するのは何故なのか?親族への見栄が一番だと思う。社会の一般から外れる事が出来ない。何かをやっていると思わせる。

2012年初頭は、この1年間が勝負だと思っていた。その結果としての現在の僕の資産総額は微妙だ。上手く運用すれば働く必要は無いかもしれない。が、今後もずっと上手く運用できる自信は無い。それでは就職すれば良いのかというと、それで上手くやっていく自信も無い。

この辺りを考えると堂々巡りになって気分が悪くなる。誰かに腹を割って話したい。身内を信用出来ればな。僕に期待しないで欲しい。彼等が考えているより、僕は遥かに駄目な人間だ。その事を許容して欲しい。

人気ブログランキングへ

体力が落ちた

嫌な事ばかりを考えていると思う。

今日、他人と会う予定だが、明るく見せる事が難しいかもしれない。

書かなければならない文章。終わらせないといけない事務手続き。その他。

悲観的な事や、狂った事、嫌な事を考えるのは楽だ。何かを解決する方向に考えるのは体力が必要だと思う。

幾度も幾度も同じ事を考えないようにする。

嫌な人から好かれていると思う事が、ここまで疲れる事なのか。僕はあなたが嫌いだ。これ以上、付き纏わないでくれ。そう言えれば楽になるのか?

言ったところで同じ事を何回も繰り返し思い出すんだろう。良い気分になるには根気が必要だと思う。時間がかかっても良い。少しでも良い方向に持っていく。

人気ブログランキングへ

1/3終了

手続きが1/3終了した。

疲れ易くなっているのは、生活のリズムが乱れているからだろうな。

現在、悩んでいる事。

①就職について
僕に勤まるような仕事があるだろうか?心理カウンセラーには、障害者枠で証券会社にでも入社して時給850円のトレーダーになってはどうかと言われる。そのような柔軟な雇用体系があるのだろうか?冗談なのだろう。大した成果は出せそうにない。
互助会でも相談してみる。僧侶なんてどうだろう。最近は、人手不足だから見習いからスタートする。欲塗れの僧侶。清廉潔白ではないな。

真面目に考えると、障害者枠で企業に就職する。就職する先は、給料の多さよりも居心地の良さ、何かを学べる環境が良いと思う。他の人の話を聞いていると、障害者枠で一生暮らしていくのは大変なようだ。将来的は、会社からの独立を目指し、インターネット上にお店を立ち上げる人がいる。

僕には無い行動力だ。

②お金と学習の不足
最近、買いたいものが増えたと思う。
ガスETF、新興国系の株式、ソーシャルレンディングへの投資、債券ファンド、英ポンド、etc。

現状、お金を持っていない。それだから何かを買うためには、現在のポジジョンのどれかを閉じる必要がある。比較するという行為が難しい。比較するためには、対象に対して理解と知識が必要になる。

何かを学ぼうという意欲は、ここ数年でかなり低下している。何もしないで寝ていたい。寝ている間に死ぬ事が出来れば幸福だろう。しかし、そんなに都合の良い死に方は出来ないから生きていたい。我儘だと思う。

小額ながら買ってみた。後は増加額をどうするかだ。外国語、雑誌からのシェールガスの知識、未だに読んでいない新聞記事、etc。読まない内に、あらゆる情報が蓄積されている。時間があるはずなのに、時間が足りない。

ともかく、今は、手続きを終了させる事を考える。

人気ブログランキングへ

ザ・ジャストインタイム

読んだ本の感想。

フレディ・バレ/マイケル・バレ著。2007年11月15日 第1刷発行。



第1章 利益は王様、しかしキャッシュが支配する
主人公が友人から会社経営について相談を受ける。

会社が工場を買収したものの、現金収入が少なく、銀行からのローン返済利息を支払う事が難しい。商品自体の受容はあるので、工場の効率改善が課題。

第2章 流れの中の黄金
工場について。

①製造している商品
真空コア:工業用のサーキット・ブレーカー(遮断機)に使用する。
     サーキット・ブレーカーは、電気的な過負荷が機械に
     対してあった時に、装置が焼ける前に回路を切る。

工場では、遮断機と、それを組み込むキャビネットと、回路基板、操作パネルを組み合わせて、工業用のブレーカーを製造している。

②商品の種類

・STR
 最も売れるブレーカー。
 遮断装置を4個内蔵している。
・QST-1
 遮断装置を4個内蔵している。
・QST-2
 遮断装置を3個内蔵している。
・DG
 旧型の真空コアを使用したブレーカー

③作業工程
 ・遮断装置の組み立て
   真空コアを動かすモーターを含む
 ・真空コアを遮断装置に組み込む
 ・遮断装置に配線して電気試験を行う
 ・遮断装置をキャビネットに組み込み、回路基板、操作パネルを
  接続する。  

④決定した目標
最も売れるSTRの製造数を1週間に50台から、100台に増やす。そのためには、遮断装置の製造数を増やす必要がある(100×4で400個必要)。現在、1日に40個しか遮断装置を作成出来ない。目標を達成するには、1日に80個の遮断装置を作成する必要がある(80×5日で400個)。

在庫数、仕掛在庫、作業者数に注目する。

⑤工場の問題点
 ・個々の作業者が仕掛品を保持している。
 ・作業の振り分けが上手くいっていない。
 ・作業者が作業台から物を運ばなくてはならない。

⇒作業の時間をストップウォッチで計測する事にする。

第3章 タクトタイム
装置製造の所要時間(合計42分)
 装置の組み立て:12分
 モーターの設置:4分
 モーターの配線:6分
 真空コアカプセルの設置:7分
 配線:4分
 試験:9分

タクトタイム = 1日に何個を生産したいか?
       = 1日の稼働時間 ÷ 1日あたりの顧客需要

現在、STRを月200台納品している。発想の頻度は毎週50台。月20日の稼働日数。1日に10台のSTRとすると、STR1台に4個の遮断装置が必要なので、1日に40個の遮断装置を作る必要がある。1日の作業時間を8時間 = 480分。休憩を除くと450分の労働時間。よって、450 ÷ 40で、11.25分に1個の遮断装置を製造する必要がある。

この場合の11.25分がタクトタイムになる。

タクトタイムは、需要に合わせて適正な数の製品を作るためにある。需要が突然に増えた場合は、生産ラインの要因を増加させる。上記の装置製造の所要時間から、タクトタイムが11分の場合、42 ÷ 11.25 = 3.73 =4人として、4人の作業者が必要になる。タクトタイムが9分の場合、42 ÷ 9 = 4.7 = 5人として、5人の作業者が必要になる。

作業者数 = 作業時間合計 ÷ タクトタイム

計算された必要な作業者数は4人なのに、現在、生産ラインには6人を配置している。計算上、一人当たりの作業時間は66分となり、42分よりも30%程度多い。

目標:作業者数を6人から4人にする。

対策として、各工程間で不良を受け取らないよう、赤いプラスティックのゴミ箱を用意し、作業者が不良部品を受け取った場合、ゴミ箱に入れるように指示する。

⇒組立から試験まで行った35個の装置の内、8個に工程内での作り直しが必要になる。8個に問題が無ければ、1日に43個を生産出来ていた事になる。

トヨタ生産方式では、作業者が問題を見つけた時、「アンドン」という電光掲示板を点灯させ、監督者を呼ぶ。

作業時間の計測、作業時間のバラツキの原因を調査、仕事を単純な作業に分解し、タクトタイムに基づいて作業を組み合わせ、バランスを取る。

第4章 作業の標準化
以下を実施。

①生産ラインの作業者数を減らし2交代制を導入。
 以前は、1日に6人で40個を生産。4人で32個を生産する。
②工程内での作り直しの問題に取り組む。
 1/3は、モーターのモデルチェンジによるものだった。

作業者の生産性を向上させるポイント。

①作業サイクルのバラツキを無くす
②サイクルを乱す作業を止める
③作業者が常に同じ順序で作業する

5S
・整理:分類して不要な物を無くす
    作業者が作業空間の管理に責任を持つ。
・整頓:必要な物を置いておく
    分類された物を収納する。
・清掃:綺麗にしておく
    欠陥を発見して失敗を未然に防ぐ。
・清潔:メンテナンス
    清掃の手順と回数を明確に定める。
・躾 :規律を保つ

⇒作業者が主体的に仕事に取り組むようにする。
    
第5章 すべては人
機械化ではなく、組織の改善で仕事の質を上げる方法を考える。

作業者を減らし、改善する重圧を創る。作業者に作業サイクルを見直させ、各作業を点検する。同一の作業手順を守るようになると、何を無くせるか、簡素化出来るかを検討可能になる。

作業者同士が計画を共有し、協力した場合、情報の全てが責任者を通る必要は無くなる。リーダーは作業者が仕事を出来る環境を作り、非常事態に備え対処し、作業者を訓練する。

第6章 プルのための平準化
現在、STR専用と、QST専用の2つの生産ラインで生産している。ラインの増設は作業平準化のためには、しない方が良い。1つの製品を長く作り続けると、他の製品の部品が滞留する。それは作り過ぎの無駄だ。

1日のSTRの生産数量を2倍の20台にする。タクトタイムは5分半。

現在、①真空コアの在庫②遮断装置の在庫③最終組み立てと完成品のコンベア、の3個所で作業が詰まっている。

③については、最終組み立てで、1日に1種類の商品を作るようにしており、QSTを製造している間は、STRの装置が処理されないために、作業が滞留している(QSTやDGの最終組み立て中は、STRの作業が出来ない)。

最終組み立て工程のスケジュールに合わせて遮断装置の必要生産量を決定するべき。生産を標準化して、1種類でなく各製品を毎日生産する。STR20台、QST-111台、QST-210台、DG4台。

⇒最終組み立てでバランスを取れば、前工程からコンスタントに部品を引き取り、仕掛在庫が大幅に減る。

トヨタのルールでは、段取り替えに使える時間の10%を割り当てる。一定期間の総生産時間から、総稼働時間(部品のサイクルタイム × 平均需要)を引いた時間が段取り替えに使える時間。作業者が段取り替え時間を短縮しようとする事で機械の稼働率が上がる。

プル方式では、顧客が引き取る分だけを生産するが、実際には顧客が商品を必要にするタイミングは分からない。そこで架空の顧客がいると仮定して、定期的に完成品を出荷場所まで運ぶ。

トヨタの手順は以下の通り。
①品質の問題を解決。工程内の不良削減。
②生産工程の部品の流れを確認し、作業サイクルを一定にする。
③標準作業。作業速度を安定させる。
④部品が必要とされるまで次工程に送られないようプル方式を実施。
⑤バッチサイズを小さくして、生産の流れを均す。
⑥改善と品質管理に努める。

第7章 かんばんによる指示
部品が消費される度に、どの部品が引き取ったのかという合図を部品生産ラインに送る必要がある。

大野耐一が作成した「かんばん」の6つのルール。

①後工程は前工程へ必要なものを引き取りに行く
②前工程は引き取られたものだけを生産する
③かんばんがある場合のみ、生産や引取りを行う
④かんばんなしで工場内を移動するものは無い
⑤前工程から送られるものに不良は無い
⑥徐々に看板の数を減らす

仕掛けかんばん:
札を装置が入った容器に付けておき、最終組み立てラインの作業者が容器を引き取ると同時に、札を外して、その札が装置組立ラインに戻るような仕組みを作る。

引取りかんばん:
札が製品と一緒に運ばれる。運搬人は、カードを受け取ったら製品を引き取り、区分けされた搬出場所まで運ぶ。

かんばんの利点は、消費された部品を消費された順に作る事にある。バラツキの原因に対処しないまま闇雲に仕掛在庫を無くすと、緩衝が無くなり、部品が足りなくなる。かんばんが仕えるのは、不良がゼロで部品が不足していない場合に、より有効になるが、完璧で無ければ使えない訳ではない。

かんばんは、生産の順番と数量を的確に示す。

第8章 現場アティテュード
キャビネットを作る工程のチェック。

金属板が一定の形に切断され、CNNパンチャーで加工される。1分に、1枚の金属板がキャビネットの2枚のサイドパネルになる。扉の場合は、曲げ加工が4回必要。別の型のサイドパネルを作る場合、CNNパンチャーのプログラム変更に、1,2分は必要になる。故に1つの型のサイドパネルを100枚(2週間分)ずつ作成している。

キャビネットは8種類あり、48種類のパネルを作っているため、2台で切断しても、段取り替えの回数は24回になる。

⇒総稼働しなくとも、必要量を生産できる。

SMED(一桁分数での段取り替え)
段取り替え時間を10分未満にする。
機械を止めなくてはならない内段取り作業と、機械が動いているうちに出来る外段取り作業を区別する。

①現段階での段取り替えの総所要時間を計測する
②内段取り作業と外段取り作業を明確にして、時間を測定する
③機械を止める前に外段取り作業に必要なものを運び込み、
 必要な事をしておく
④内段取り作業を標準化し、減らし、無くす
⑤外段取り作業を標準化し、減らし、無くす
⑥全ての手順を標準化し、改善する

第9章 平準化ウェイ
リーンについて。

①顧客満足
②組合せと数量の柔軟性
 大量生産に匹敵する安いコストで様々な製品を生み出す
③現場に行って見る
④部品を作る前に人を作る
⑤問題を避けて通ってはならない

顧客からの需要の予測について
顧客の生産計画を入手する。入手した生産計画をタクトタイムで均する事で、生産を平準化出来る。顧客からの急な注文があっても、一定期間で考えれば、注文数は一定であると考える。この場合、顧客需要の急な変化に備えるための緩衝在庫と、生産工程で生じる不良に備える安全在庫が必要になる。

在庫の減少の影響について
生産コスト = 期首の在庫 + 材料費
       + 直接・間接生産費 - 期末の在庫
在庫が減少すると、期末の在庫が減少するため、一時的に生産コストが上昇する。

バリュー・ストリーム・マッピング:
全体像から、物と情報のフロー分析を行う。生産工程だけでなく、情報の流れも書く事がポイント。生産を平準化したいなら、情報も平準化する必要がある。需要予測から生産予測を作成し、小さいバッチサイズで頻繁に生産する事で、バラツキを吸収する。

第10章 永遠の改善
トヨタの田中氏が語る工場の問題点。

①問題が生じた時に、報告書を待つ以外に知る方法が無い
②流れの改善はなされているが、品質の改善はされていない
③作業者達が不良の八氏を自動的に正す仕組みを持っていない
④流れがスムーズになり過ぎて問題が表面化しなくなっている

自動化:
後工程が前工程に部品を引き取りに行く。この時、不良を引取ってはならない。その方法には、①検査②チェックリストの2種類がある。作業者自身が不良を確認し、不良が見つかったら助けを求める、作業サイクル内で解決策が見つからなかったら、全てが停止する。

標準作業は、チェックリストだ。標準作業を制定し、無駄を特定する。無駄を無くす方法を考案して、上手くいけば標準作業に追加する。改善は永遠に続く。

人気ブログランキングへ

手続きについて

終わっていない。

考えながらやると時間がかかるな。

人気ブログランキングへ

少し疲れている

手続きや書類作成等、今週中に終わらせておく必要がある。

少しずつ片づけておく。

人気ブログランキングへ

貯蓄率ゼロ経済

読んだ本の感想。

とても良い本だと思う。

櫨浩一著。2006年1月23日 1版1刷。



序章 消えた高貯蓄率神話
ライフサイクル仮説の説明:
人間は、「生涯の消費額」と「生涯収入」が等しくなるように毎年の消費量を決める。
⇒若者は貯蓄し、老人は貯蓄を切り崩す。
⇒高齢化が進む日本では、貯蓄率の低下が予想される。

1980年に20%程度だった日本の家計貯蓄率は、2003年には7.8%にまで低下している。

著者が考える家計貯蓄率は以下の2つ。

①GDP統計(国民経済計算)
②総務省統計局が全国の家計簿を調査して発表する家計調査の黒字率

②で見ると、2004年の家計の貯蓄率は、25.6%で低くない。家計調査では、勤労者世帯を調査対象にしており、高齢者層を対象にしていない。

第一章 貯蓄が経済を動かす
1 はじめに貯蓄ありき
日本では、貯蓄が消費水準を決める。
家計調査では、以下の通り。

1980年代の消費性向:70%台後半
2004年の消費性向 :74.4%

⇒携帯電話の普及によって、家計の通信費が消費支出全体の2%程度から2004年の3.8%に上昇したが、消費は増えていない。通信費の増加を、他の支出の減少によって補い、貯蓄を減らさなかったからだ。

2 貯蓄が成長率を決める
生産物を全て消費すると、設備を増加させる事が出来なくなる。家計貯蓄率が高いほど、多くの設備投資が可能になる。日本の高度成長を支えたのは、10%程度の家計貯蓄率だった。

その要因は人口構造にあったとする。1980年の日本の65歳以上の高齢者の割合は9.1%で、米国の11.2%、仏国の14.0%と比較して低い。2000年には、日本17.3%、米国12.3%、仏国16.3%となり、日本の高齢化率は高くなった。

3 経済の性質を左右する貯蓄投資バランス
国内の家計、企業、政府の貯蓄投資バランスは、必ず経常収支と等しくなる。

①経常収支 = 家計の貯蓄投資バランス + 企業の貯蓄投資バランス
       + 政府の貯蓄投資バランス

上記①は以下のようにも表現可能。

②経常収支 = 家計の貯蓄余剰 - 企業の資金借り入れ + 財政収支

上記、①、②から考えると、家計、企業、政府の全てが黒字となった場合、大幅な経常黒字が発生し、通貨高による企業収益の悪化や、それに伴う家計の雇用不安が発生すると考えられる。

日本の高度経済成長期には、企業の資金需要と家計の貯蓄余剰のバランスがとれていたため、大きな財政収支が発生せずとも経常収支は安定していた。

1970年代に日本が安定成長期になると、国内貯蓄を企業の設備投資だけでは使い切れなくなり、経常黒字が発生する。1980年代には、日本の経常収支は大幅な黒字になり、それが通貨高を引き起こす事になる。

政府が財政赤字を縮小しようとすると、①経常黒字の拡大による自国通貨高②家計部門の黒字縮小③企業の赤字拡大の何れかが発生する。それ故、大幅な財政赤字の削減を政府は実施出来なかった。

⇒家計の貯蓄の減少と、それによる経常収支の安定が課題となる。

4 バブル経済の背景となった過剰貯蓄対策
家計が貯蓄余剰解消のために、1986年に前川レポートが作成される。これは以下の2つの問題を解消するために、内需拡大を目指すものである。

①経常収支の大幅な黒字による通貨高
②財政赤字

⇒過剰な貯蓄を民間企業の設備投資で吸収しようとする。
 (1986年に名目GDPの4.4%だった経常黒字は、
  1990年に1.2%に縮小する)
⇒金融緩和や社会資本整備への民間の参加等がバブルを生む。

第二章 豊富な貯蓄の功罪
1 高貯蓄率がもたらした「失われた10年」
バブル崩壊によって企業の投資した資金の回収が不可能となり、不良債権が発生した。

こうした企業の投資の源泉は家計の貯蓄であり、家計が保有しているはずの金融資産が不良債権になってしまった事になる。このギャップを埋めるために超低金利政策が採用され、毎年の収益で不良債権の穴埋めをする事になる。

この事は、企業が投資主体でなく、貯蓄主体となる事を意味する。家計は貯蓄主体であり続けたため、バブル崩壊後の1990年代に政府が財政赤字を拡大させなければ、大幅な経常黒字の発生に伴う通貨高による企業収益のさらなる悪化や、さらなる失業率の上昇による家計の所得減少が生じていた事になる。

バブル崩壊後に、政府が公共投資を増やさなければ企業の貯蓄投資バランスは現在ほど改善せず、家計の貯蓄率も現在ほど高くなかったはずである。

2 日本経済の破綻を防ぐ貯蓄
日本は、2005年時点で一般会計の歳入の41.8%を国債による借入に依存している。このような状態で長期金利の上昇やインフレが発生しないのは、企業部門と家計部門が大幅な貯蓄余剰であるためだ。
2003年度で見ると、財政赤字が名目GDP比の7.5%であるのに対し、家計の貯蓄余剰が4.7%、企業の貯蓄余剰は5.6%となり、政府の財政赤字を補う事が出来る。

3 豊富な貯蓄が改革を阻む
政府が財政赤字を削減出来ないのは、民間部門が貯蓄余剰という状態の中で、増税や歳出削減を実施すると、①経常収支の大幅な黒字、②民間の景気の極端な悪化が発生するためにである。

国内の貯蓄余剰による経常黒字は、通貨高を招き、輸出の増加による景気上昇も難しかった。

4 貯蓄率急低下の原因と見通し
貯蓄率は、高齢化の進展による貯蓄の切り崩しによって低下する事が予想される。本の中では、団塊の世代の先頭が65歳となる2012年以降、貯蓄率が低下し、家計からの資金供給がなくなるとしている。

第三章 貯蓄率低下で激変する日本経済
1 家計貯蓄率ゼロの経済
貯蓄率がゼロとなる事で、日本は高金利国、インフレ、通貨安の国になる事が予想される。貯蓄率がゼロとは、その年の収入を全て消費する事を意味する。そのため、設備を増加させるための資金を捻出出来ない。

2 円高から円安へ
貯蓄率の低下による国際収支の構造変化は以下のように発生する。

①経常収支が黒字の状態で、貿易・サービス収支の黒字が縮小する。
   ↓
②経常収支の内、海外からの利子所得の割合が増加する。
   ↓
③2010年代半ばには、貿易・サービス収支は赤字化する。
   ↓
④貿易・サービス収支の赤字が利子所得を上回るようになる。
   ↓
⑤毎年の赤字のため、対外資産の取り崩しが発生する。
   ↓
⑥経常収支の赤字拡大による通貨安。

現在、日本の財政赤字は、家計貯蓄だけでは賄い切れず、企業の借入金返済の資金も穴埋めに使用している。企業が過剰債務問題を解決すれば、資金余剰が続かずに財政赤字の問題が深刻化する事になる。

3 インフレの再燃
貯蓄率ゼロ経済では、家計が毎年の全てを消費に使用してしまうので、設備投資が出来ず供給不足が生じる。厚生省の試算では、労働力人口は、2015年に6237万人、2030年には5597万人になり、この事からも供給力の減少が予想される。

労働力不足によるサービス産業の供給不足と、通貨安による輸出品の価格上昇が予想される。

既に高齢者介護等のように、資金があっても購入出来ない商品は存在する。

4 高金利時代の到来
以下の3つの要因。

①インフレによる金利上昇
②貯蓄率がゼロなる事から、資金供給が不足する
③海外から高金利によって資金を調達する必要性

第四章 効率化で貯蓄減少に対応すべし
1 効率化余地の大きい貯蓄の使い道
日本では貯蓄が豊富であったため、投資効率が悪かった。1990年代のGDPに占める設備投資の割合は、米国の11.1%に対して日本は16%。しかし、同期間のGDP成長率は日本の平均1.4%に対して米国は平均3.4%である。

また、2003年の日本のGDP構成を見ると、支出面から見て設備投資、公共投資の割合が23.9%と他の国と比較して高い(米国18%、英国16.3%)。その反面、民間消費、政府消費の割合は、日本74.5%、米国86.5%、英国86.5%となっており、投資に資金が流れ、消費に資金を使用していない。

所得面から見ると、日本は固定資本減耗(設備の価値の減少分)の割合が多い(日本20.4%、米国11.9%、英国10.8%)。固定資本形成への投資が大きいため、固定資本の減耗を補うための新たな投資が必要になっている。

⇒日本は、他国と比較してGDPのかなりの部分を設備投資に使用しており、消費に資金が向かわない。そのため、豊かさを感じる度合いが少ない?

供給力は、「資本」、「労働力」、「技術」によって定まる。日本では、「技術」、それも社会技術が重要になると予想される。社会を効率良く動かすための効率改善。

2 日本企業に必要な設備投資の効率化
資金供給が少なくなるため、企業においても収益率が重視されるようになる。株主配当も以前より優先されるようになる。

3 意義が高まる政府部門の効率化
貯蓄率が低下すると、家計貯蓄の流入を前提とした既存組織の効率化が必要になる。社会資本の整備が難しくなるため、優先順位、計画が求められる。

4 求められる対外資産の収益向上
GDP(国民総生産)とは、国内で生産されたモノ・サービスを示す指標である。これからは、海外で実施された生産活動から該当国の人間が得た財産所得を含むGNI(国民総所得)が重視されるのではないか?

5 家計もストックの効率化を目指せ
家計もスリム化を実施すべきであり、老後資金は貯蓄でなく保険によって賄う事を考えるべきである。過剰な貯蓄をしても、自分の寿命を予測出来ない以上、保険によって生活を保障してもらうべきだ。

住宅も広い家から狭い家へ転換し、維持費用の縮小を目指す。

第五章 貯蓄の急減を防ぐ方法
1 問題を引き起こす貯蓄の増減
日本の貯蓄率が高かったのは、勤労世代の人口が多く、老後のために貯蓄を行ったからであると考える。すると高齢化の進展によって貯蓄の急激な減少が発生するはずだ。

家計の貯蓄は、政府の債務である。急激な貯蓄の減少は、大量の国債の売却を必要とし、金利が急上昇する事になる。

備える方法は以下の通り。

①今の内に社会資本の整備を進める
 ⇒将来に必要になる社会資本の予測は困難。
②海外への投資
 ⇒相手の国が一時的に経常収支の黒字を計上した後、
  大幅な経常赤字を計上する事になる。
  相手国の経済に問題が発生する。

2 社会保障制度改革に必要な貯蓄の視点
社会保障費の貸付先の大部分が、企業の資金余剰と、通貨高を招く海外への投資が難しいため、政府部門でも貸し借りとなってしまっている。年金を解消しても、現在の貯蓄余剰と将来の貯蓄不足の問題は解決しない。

3 偏った時間配分を是正せよ
労働時間を貯蓄しようという傾向に歯止めをかけるべきである。若い時に働いて老いた時に貯蓄で暮らす。多くの人間が、こうした生き方をすると、現在の貯蓄余剰と将来の貯蓄不足が発生する。

4 定年延長より早期退職・転職を
対策として、早期退職、中途採用の推奨による、働く時期のシフトを提唱する。労働の流動化によって現在の失業と、将来の労働力不足を解消する。

終章 生産至上主義からの脱却
日本では、これまで高い貯蓄率が生じる需要不足、失業への対処が問題となってきた。
企業の設備投資を推奨した結果、バブルが発生し、政府が公共事業の増加や減税で対応すると、財政赤字が増加する。

結果として、家計が保有している金融資産額と、現実の不動産、工場等の資産価値の間に乖離が生じた。この差を超低金利による家計の利子所得の減少という形で埋め合わせる事になる。

家計は大量の貯蓄をしたつもりだったが、その価値の相当な部分は幻影だった。2004年度末で日本の家計が保有している金融資産は約1400兆円であるが、それは国への貸付であり、取り崩そうとすると、税等の形で自らへの負担が発生する。

貯蓄率ゼロ経済では、家計が保有していると思っていた資産の価値が、予想されていたよりも低かった事が明らかになるはず。

過去においても、通貨高によって輸出によって得た資産の価値は低下した。それでは、労働の意味はどこにあったのか?設備投資は消費を拡大するための生産拡大の手段に過ぎなかったが、高度成長を経て安定成長に至った時点で、生産拡大は失業率抑制や所得確保のために行うものとなり、本質が変化してしまった。

日本経済の真の解決策は、膨大な貯蓄を得る事を諦め、現在の労働時間を減らす一方で、将来の労働時間を増やすライフサイクルを確立する事ではないか?

人気ブログランキングへ

楽観的になる方法?

週刊ダイヤモンド 2012/02/23のP95から。

2013年1月にハーバード公衆衛生大学院から、「血中カロテノイド濃度が高いほど将来に対して楽観的」という研究結果が報告された。

カロテノイドは、赤、オレンジ、黄色の天然色素。全ての植物や一部の菌類が合成している。

調査方法としては、約1000人の男女に対して実施したアンケート結果と血液成分を比較したのもの。最も楽観的なグループは、一般的なグループより13%程度、血中カロテノイド濃度が高かった。

カロテノイドは、ほとんどが植物由来なので名までの吸収率は10%程度。加熱し油で調理すると吸収率は50%に上昇する。

記事の中では、オリーブオイルが良いとあった。

******

現在、僕は他の実験に参加中なのだが、こういう実験を自閉症スペクトラムの人間に行うと面白いと思う。

人気ブログランキングへ

アスペルガー者?の自己管理について

ソーシャル・スキル・トレーニングの本から。

自己管理が苦手な発達障害者について、以下の原因が考えられる。

①自分の感情を認知する能力が弱い
自分の喜怒哀楽を認知する力が弱い場合、問題解決、自分の行動の予測、行動の抑制が困難になる事がある。

②感情を抑制する力が弱い
欲求不満や不安に耐性が無い場合、怒り、恐怖に対処出来ない。衝動を抑制出来ない場合、不適切な言動をするようになる。

③覚醒状態の維持が出来ない
活性化した状態を長時間持続出来ない。

④記憶力の問題
能動的な作業記憶(1つの情報を記憶しながら、別の情報を操作する能力)に問題がある場合がある。同時に複数の作業が出来なくなる。

⑤再視覚化が困難
以前に見た光景を思い浮かべる事が困難。文字の綴りを間違える事が多くなる。整理整頓が苦手な原因となる。整理された状態を想像出来ない場合、片づける事は難しい。

**********

要するに、自己を管理する際の内的能力が欠如している。対策として、自らの外部に行動管理の枠組みを用意する必要がある。

具体的には以下の通り。

①スケジュール
仕事に取り組む際に、どのような道具が必要か、どのような作業が必要か、どのように結果確認するのか考えて作業を分割する。注意するのは、仕事の評価は段階が終わる毎に纏めて実施するようにする事。
さらに自らの時間間隔の弱さを考慮する必要がある。仕事に必要な時間を正確に見積もる事が出来ない可能性がある。

②ポストイット
機動的なスケジュール変更が可能になる。

③目覚まし時計

④写真
再視覚化が困難な場合、有用となる?整理整頓した後の最終イメージを構築するために使用する。

また、整理整頓のためには、部屋の中や引き出しの中を役割毎に分割する方法もある。発達障害者には、溜め込み屋が多く、「整理しろ」という抽象的な言葉では行動に移す事が出来ない。どのような手順、方策を考えるか?

自分の行動をパターン化する事が有用である場合もある。朝にやる事、やる順番を決める。

以下は幾つかの工夫。

①期日に間に合わせる工夫
20個の作業を依頼する場合、1日目に5個、2日目に10個、3日目に15個、4日目に20個が完了するようにする。仕事量を減らしたり、期日を後ろ倒しにするよりも有効に時間管理が可能になる?
⇒作業を細かく分割する。

②封筒を使う
封筒を用意しておき、終了した仕事を入れるようにしておく。忘れ物防止。

③複数の作業の処理
複数の作業を処理する場合、難しい問題から取り組むようにする。

④空き箱の利用
ペン、定規、紙、消しゴム、辞書等を空き箱に入れておき、すぐに使用出来るようにする。

**********

様々な事が書いてあるけれど、上手くいく気がしない。こうした事は全て実施済みで、その上で僕は駄目だったのだから納得が出来ない。

会社員をやる事自体に無理があるのだと思う。

人気ブログランキングへ

地下室の手記

読んだ本の感想。

ドストエフスキー著。2007年5月20日 初版第1刷発行。



安部公房先生の『壁』で説明されている壁とは、この本に出てくる話かな?

壁は人間の運動の限界であって、人間の運動に曲がり角を示唆するために存在している。四方八方は壁だらけ、風雨を防ぐ役割も忘れて人間を圧し潰そうとする。壁の復讐、地下至るところ地下室。

安部公房先生は、壁に画を描く事によって世界が開かれるとした。



Ⅰ 地下室
40歳になる主人公の独白。

自然法則としての壁 = 運動の限界としての壁について。感情のままに動く人間は壁に突き当たると本気ひるむが、思索する者にとっては脇へ身をかわすべきもの。

人間は自分の意志を発露させたい欲求があり、自らの欲求が自然法則に則た公式で表現される事を好まない。

Ⅱ ぼた雪に寄せて
主人公が24歳~26歳の時の話?以下の3つからなる?

①将校との闘い
主人公は居酒屋のビリヤード台の横で通り道を塞いでいたところ、将校に物のように移動させられる。それを切っ掛けに主人公は将校を恨み、2年が経過してから立派な恰好をして将校と道ですれ違い、意図的に脇にどかず将校とぶつかる。

それによってプライドが満たされたらしい。

②シモノフ達の話
主人公が学校時代の友人シモノフに家に行くと、友人(ズヴェルコフ)の送別会の話をしている。

スヴェルコフ:
将校であり、農奴200人の遺産を相続した金持ち。

フェルフィチキン:
ロシアに帰化したドイツ人。物真似をして他人をからかう。

トゥルドリュボフ:
特徴の無い軍人型。昇進に関する話しか出来ないらしい。

主人公は歓迎されていないと分かっていながら送別会に出席し、相手にされない。

③リーザ来訪
主人公の家を娼婦のリーザが訪れる。主人公は従者のアポロンと喧嘩をしているところをリーザに見られてしまう。リーザの受容は主人公を救えない

主人公にとって、愛するとは相手に横暴に振舞い、精神的に優位に立つ事を意味していた。他の科たちは想像出来ない。愛とは、愛すべき存在から自発的に贈られた横暴に振舞っていい権利なのだ。愛とは闘争であり、憎しみから始まって精神的征服に終わる。

「Ⅰ 地下室」で語られている事の具体例である。目的でなく過程が大切なのだから、征服した相手を扱う方法が分からない。

人気ブログランキングへ

アスペルガー者?の会話について

ソーシャル・スキル・トレーニングの本から。

発達障害者の中には、他人が話している時に、最後まで聞かずに口を挟んでしまう人がいる。

その原因の候補は以下の通り。他の理由もあるのだろう。

①短期記憶の問題
聴覚情報を記憶する能力が弱い。そのため、すぐに口にしないと自分が言いたい事を忘れてしまう経験が蓄積されている。

②衝動を抑制出来ない
衝動性を抑制する力が弱く、自らに注意を向けさせようと思ってしまう。

対策は以下の通り。

①前もって警告しておく
中断出来ない会話をする時は、話す前に黙っているように伝えておく。相手が黙っている事が出来た場合、感謝して行動を強化する。御褒美にお菓子を与えるのも良いかもしれない(犬みたいだな)。
事前に、黙っていろというサインを決めておく方法もある。第三者との会話中に割り込まないよう、ジェスチャーを決めておく。

②メモの利用
言い忘れる不安があるなら、相手の話を聞いている時に、疑問に思った事をメモさせるようにする。話の流れが中断するのを防ぎ、会話が一区切りついた時点で、メモの内容を確認する。

③質問の利用
会話を独占する傾向がある発達障害者には、質問をさせるようにする。この時、質問がしつこくなり過ぎないよう、時間間隔や回数について制限しておく(プログラミングのようだ)。

***********

会話には、複雑なルールと慣習があり、以下の技術が必要になる。

①相手の伝えたい内容を理解する
 その言葉によって、自分に何をして欲しいのか?
②相手の見方、考え方、行動特性を考慮する
③相手の社会的地位を考慮する
 年上か年下か、社会的地位は、どの程度の親密さか?
④場面を考慮する
 話をしているのは、電車内か、家庭か、会社内か?
⑤適切な応答
⑥非言語情報の処理
 ボディランゲージを観察、分析、反応する。
⑦相手の予備知識を推測
 相手が知っている事を推測する。

雑談については、周囲を観察し、身近な物や人を例にする。この時、雑談が歓迎される場所であるか、内容が相手の喜ぶ話であるかを考慮する。狭い興味を持っている発達障害者の場合、相手が興味を持っていない話題を選択してしまう事がある。しかも、相手が嫌がっている事に気がつく事が出来ない。

適切な話題としては、その日のニュースに基づく話題、共通の知人についてのニュース、テレビ番組や映画、相手の仕事や家族についての質問等がある。

***********

発達障害者と、定型発達者との話し方の調整について。

言語能力が強い場合と弱い場合について、質問に対する回答に以下のような差異が生じる。

【言語能力が強い場合】
大まかな質問に対しては長い回答があり、具体的な質問に対しては簡潔な回答がある。

例:
(大まかな質問をした場合)
質問「先日の選挙に対してはどう思いますか?」
回答「自民党は・・・・・でしたが、民主党は・・・・でした。
   若い人の投票行動は・・・・・」
(具体的な質問をした場合)
質問「先日の選挙では誰に投票しましたか」
回答「◎◎◆◆です」

【言語能力が弱い場合】
大まかな質問に対しては簡潔な回答があり、具体的な質問に対しては長く詳細な回答がある。

例:
(大まかな質問をした場合)
質問「今日、学校はどうだった?」
回答「普通」
(具体的な質問をした場合)
質問「今日の3時間目の理科の授業では何をしたの?」
回答「磁石を使った実験をした、モーターに磁石を付けたら・・」

⇒質問をする時は、相手の個性に合わせて質問の抽象度、具体度を変化させて、情報を取得する。

***********

互助会で聞いた話だけれど、意思疎通をする能力を習得するために、積極的に合同コンパに参加した人がいたらしい。結局、話したり聞いたりするのは上手くならなかったけど、結婚相手を見つけたのだとか。

そういう事で良いのだろうか?

人気ブログランキングへ

アスペルガー者?の嘘について

ソーシャル・スキル・トレーニングの本から発達障害者者の嘘について。

衝動性が強い発達障害者の場合、自分の行動の結果を予測せずに行動する事がある。周囲からの指示を理解しない内に課題に取り掛かろうとする事もあるので、数秒の間を置く事を自分で考える。

そうした衝動性から、咄嗟に嘘をついて失敗を隠そうとする場合がある。

対策は以下の通り。

①リハーサル
予想される事態について、予め答えを用意しておく。
 ・今週の日曜日に◎◎の家に行った際に何の話をするか?
 ・△△さんが家を買ったらしい。何を言うか?
②繰り返す
質問された内容を繰り返して確認する。考える時間を手に入れる事で、不正確な回答を防ぐ。

********

本の中では、咄嗟に回答する嘘は生物学的な事象に起因するので、心構えを変える事に効果は無いとしていた。対策は、時間を取る事が主になっているように思える。

僕の場合、相手の伝えたい内容が良く理解出来ない事が多いから、それはどうしようかな?言っている内容を繰り返して確認するのが有効な手段とあったけれど、実際に職場でやると周囲の人間が間違い探しをするようになって収拾がつかなくなった。

本の中にある解決策は、周囲との友好関係が無い限りは実現不可能ではないかな?

人気ブログランキングへ

攻撃欲求をどのように処理するか?

自分よりも弱い対象を苦しめたいと思ってしまう。

こうした衝動はどこからやって来るのか?

かなり前に読んだ心理学の本に、憎むことと恋する事は同一の事象だとあった。

どちらも、相手が目の前に存在しなくとも、行動の主軸を乗っ取られてしまう。その事に疑問を持つ事も無い。

誰かを憎む事は、その誰かに恋する事。その逆も成り立つのだろう。

そして不思議に思う。誰かを傷つけても、その人は自分ではないのだから痛みを感じない。だから攻撃しても実感が無い。反応が感じられるまで、攻撃を続けるとすると、何時までも攻撃は止まらない。

それを理解しても攻撃衝動は無くならない。

僕は不条理に成立している。

人気ブログランキングへ

LD・ADHD・高機能自閉症のある子の友だちづくり

読んだ本の感想。

リチャード・ラヴォイ著。2007年11月25日 初版第1刷発行。



パートⅠ どうしてこの子はこうなの?
     ―LDがソーシャルスキルの発達に与える影響


1 頭の配線が違う子ども―謎はすべて脳に
発達障害は、学業、対人面、感情のあらゆる面に影響する。例えば、読字障害者の場合、その原因となる神経学的問題が衝動抑制の弱さの原因となる事がある。

以下のように考える。

①知覚の問題
学習障害の子供は、近くに問題がある事がある。

・視空間の認知
 距離、大きさ、位置、方向の認知が苦手。
 ⇒本を読むと、どこまで読んだのか分からなくなる。
  物を置き忘れる、片づけが苦手等の事象の原因。
・視覚―運動の協応
 視覚情報と運動を協応させる能力。
 ⇒字が汚い、描画が苦手等の事象の原因。
・聴知覚の問題
 図と地の問題。
 ⇒聞きたい情報だけでなく、関係の無い情報にも集中してしまう。

聴知覚に問題がある場合、テンポの速い会話に混乱し、聞き返して情報処理の時間を稼ぐ事がある。

②脱抑制の問題
行動や思考、衝動を制御出来ない。言わなくて良い事を言ってしまう。

③計画や予想の問題
優先配分の判断、系列化、目標設定、自己監視、自己修正が苦手。

④柔軟性の問題
変化に応じてシフトチェンジが出来ないため、連続性と同一性を求める。非常に単純化した厳格なルールに固執する。

学習障害者は、キネティック・メロディ(特定の順序、リズムの行動を無意識的に実行出来る事)が苦手な場合がある。無意識的な学習が苦手。

2 不安―社会的孤立の原因―そして結果
不安は、未来に対して抱くもの。

不安のパターンは以下の通り。

①独断的な推測
客観的な証拠無しに解釈する。
②選択的な抽出
前後関係を切り離して、悪い部分に拘る。
③過度の一般化
単一の出来事を一般化する。
④矮小化と誇大化
良い面を過小に、悪い面を過大に評価する。
⑤二項対立的な思考
物事を曖昧に解釈しない。
⑥個人化
根拠無しに、出来事が自分に関係あると思う。
⑦感情的な論法
自分が感じる事と事実を同一視する。
⑧誤った思い込み
関係の無い問題を自分に関係すると思い込む。

不安の解消には、深呼吸、瞑想、運動、注意の集中等がある。

3 言語の困難―メッセージを理解し、伝える
社会性が弱い人間が苦手とする言語機能は以下の2つ。

①中枢性聴覚処理(CAP)
会話や話し合いに集中出来ない。聴覚で受け取ったメッセージを理解する事が困難。
②聴覚的記憶の問題
聴覚的な情報を忘れてしまう。一部を記憶しても、全体を記憶する事が出来ない。

4 パラ言語―メッセージを伝えることば、
       感情を伝えるボディランゲージ

パラ言語 = 声の高さ、大きさ、声質等。

アイコンタクトや微笑、他人との距離感が理解出来ないと、他者と強調出来ない。

5 注意欠陥障害―不幸なさまよい人の社会生活
ADDの子供が、共有する、順番を守る、ルールに従うといった社会的文脈を理解する事は難しい。

衝動性、不注意、時間感覚の欠如等。

対処するには、課題を細かいステップに分割するチャンキングという手法が有効。明確で一定した制限。即時のフィードバック、予防的な行動管理等。

パートⅡ 家庭生活でのソーシャルスキル
     ―親・きょうだい、その他の人々とのつきあい


6 管理能力を育てる―ずぼらな子どもに秩序と枠組みを
以下のパターンで自己管理が苦手になる。

①物―空間の統合困難
方向感覚や視覚的シンボルを解釈するのが苦手。左右の認識、ノートの書き写し、顔認識等。

②時間―空間の統合困難
時間や順序に対処するのが苦手。複雑な問題を段階を追って対処したり、話す能力に難がある。

③移行に伴う統合困難
行動の切り替えが苦手。気まぐれに活動したり、別の活動に移行する事に拒否反応を見せる。移行の前に情報を与えて、事前準備をさせる事が重要。

④展望記憶想起の統合困難
指示や命令を一定の期間、記憶する事が出来ない。メモ帳やスケジュール表が重要。

7 きょうだい、その他の人々
発達障害者の兄弟について。彼等にも配慮が必要。

①理解
発達障害者の兄弟に対する感情に共感する事。
②情報
兄弟の障害に対する情報を与える。
③尊重
自分が蔑にされていると感じないようにする。
④注目
適度に注目し、無視しない。
⑤役割
保護者になる事を期待しない。

子供は、親の愛情を限定品であると思ってしまう。誰かが愛されると、他の人間が愛されなくなると感じる。愛情が無限である事を知らせる。兄弟間の怒りや嫉妬、不安を煽らないようにする。

8 遊びの約束
相手の家に遊びに行った時や、相手を家に呼ぶ時の注意事項について。

パートⅢ 学校でのソーシャルスキル
     ―読み書きソロバン人間関係


9 いじめっ子、いじめられっ子、傍観する子
  ―学校でのからかい、脅し、いやがらせを防ぐ方法

いじめっ子、いじめられっ子は双方とも自己概念が確立していない。

以下の方法で自己概念に良い変化を起こす。

①個性を重んじる。
②長所に注目する。
③人格でなく行為を褒め、責める。
④子供に関心を持つ。
⑤子供同士を比較しない。
⑥個人スポーツをさせる。

その他様々、基本的に子供を承認し、個としての達成感を感じさせる事が中心となる。

10 “裏”カリキュラムをマスターする―学校の不問律
発達障害者は不問律を見抜く事が苦手。

以下は不問律の例。

①トイレの場所
②近道
③廊下の歩き方
④場所の略称
⑤時間割
⑥昼休みの過ごし方
⑦騒がしさに対する寛容度

その他様々、不問律はあらゆる場所に存在する文化である。

11 先生を喜ばせる秘訣―覚えめでたい生徒になるには
教師との話し合いのためにアサーション(自己主張)というスキルがある。

A=Attenntion:相手の注意を引く。
 (困っている事があるので、時間を貰えませんか?)
S=Soon,Short,Simple:短く簡潔な言葉で説明する。
 (今日の数学の授業で)
S=Specific:具体的に説明し、相手を攻撃しない。
 (先生は僕の点数を口に出して読みました)
E=Effect:行動が与える影響を伝える。
 (授業が終わってから、その事でからかわれました)
R=Response:自分が望ましいと思う結末を伝える。
 (僕の点数は、僕だけに知らせて下さい)
T=Terms:今後の行動について合意する。
 (次の授業の時は、個人的に点数を教えて下さい)

その他様々な留意点に就いて記載。

パートⅣ 地域社会でのソーシャルスキル
     ―子どもひとりでは生きられない


12 公共空間でのソーシャルスキル
発達障害者は、独特な公共空間で不安になり、行動に悪影響が出る事がある。公共の場では周囲からの要求度が高くなるので注意が必要。事前練習が必要になる場合があり、トイレや睡眠、食事等、基本的欲求が満たされているようにする。

13 友だちと出会う、友情を築く、友情を保つ
友人を作るには、以下の3段階がある。

①予備段階
互いの興味、能力、経歴等の共通点を見つけ出そうとする団塊。
②信頼の段階
一緒に過ごす時間が長くなる。
③親和の段階
持続的で互恵的な関係になる。

友人を作るには、以下の能力が必要になる。

①妥当性:
場面を読み取り、それに相応しい行動を調整する能力。
②感情を適合させる:
他人の感情を理解し、再現する能力。
③タイミングと段階付け:
適切なペースで人間関係を進める能力。
④社会的記憶:
以前の対人的交流を想起し活用する能力。同じ失敗を繰り返さない。
⑤社会的予測:
社会的行動の結果を予測する能力。
⑥人間関係を回復する能力:
 謝罪のスッテプは以下の通り。
 1.過ちを認める。
 2.原因を説明する。
 3.相手の感情を害した事を認める。
 4.誤る。
 5.関係を確認する。
 6.失敗の修正を提案する。
 7.同じ失敗を繰り返さない事を誓う。
⑦イメージの自覚:
社会的に受容される自分のイメージを打ち出す。自分の社会的地位のレベルを自覚出来る。
⑧フィードバックのサイン:
対人交流において肯定的、否定的なフィードバックを察知する能力。

人気ブログランキングへ

バフェットの株式ポートフォリオを読み解く

読んだ本の感想。

メアリー・バフェット/デビッド・クラーク著。
2012年9月9日 初版発行。



Ⅰ バフェットの投資戦略

第1章 バフェットの投資戦略の歴史と進化
ウォーレン・バフェットの投資戦略について。

①永続的な競争優位性を持つ企業の株を買う
②他の投資家が現金を持っていない時に現金を持ち、
 暴落時に株を買う。

バフェットの投資戦略は、1973年~1974年の株式暴落時に変化したとしている。1年半でダウ工業株平均は45%下落したが、この時、バフェットは割安銘柄でなく、永続的な競争優位性を持つ企業の銘柄を購入した。

第2章 バフェットのお気に入りは老舗企業
歴史ある企業の優位性について。

①歴史があるという事は、製品の質が優れているという事
②今後の収益を予想可能

第3章 安定した収益
永続的な競争優位を持たず、収益の安定しない企業には2種類ある。

①価格競争型
 ブランド力が無く、価格で差別化する企業。
②不断改良型
 改良を続けなければ、競争力を維持出来ない企業。

永続的な競争優位を持つ企業の利益は、安定して上昇する。

第4章 バフェットの疑似債券
バフェットが「エクイティ・ボンド」と呼ぶ概念。疑似債券とする。

投資対象となる企業の利益が予想可能な場合、債券のように株式の理論価格を算出可能とする。

以下の2つの見方。

①一株あたり純資産(BPS)
 債券の「額面」に相当する。
②一株あたり利益(EPS)
 債券の利子に相当する。

第5章 将来の収益を予想する
以下のWebサイトで収益の成長率を予測可能。

http://www.moneychimp.com/calculator/discount_rate_calculator.htm

以下は、Webサイトの使用手順

①基準年から特定の年までのEPS成長率を知りたいとする。
 (例:2000年~2010年までの10年間のEPS成長率を知りたい)
②サイト上の「Present Value:」欄に基準年を入力する。
 (例:2000年のEPSを入力する)
③サイト上の「Future Value: 」欄に基準年+年数を入力する。
 (例:2010年のEPSを入力する)
④サイト上の「Years: 」欄に年数を入力する。
 (例:10を入力する)
⑤サイト上の「Calcurate」ボタンを押下する。
⑥サイト上の「Compound Annual Growth Rate:」欄に
 該当期間のEPS成長率が表示される。
 (例:2000年~2010年のEPS成長率が表示される)

上記で得られたEPS成長率を使用して、株式の将来価値を以下のWebサイトから算出可能。

http://www.investopedia.com/calculator/fvcal.aspx#axzz2KsOxqnpx

①サイト上の「Present Value:」欄に現在のEPSを入力する。
②サイト上の「Interest Rate Per Time Period:」欄に、
 上記で求めたEPS成長率を入力する。
③サイト上の「Number of Time Periods: 」欄に
 期間数を入力する。
④サイト上の「Calcurate」ボタンを押下する。
⑤サイト上に、「Future Value:」として、該当期間と、
 EPS成長率から、将来価値が算出される。

本書では、上記で算出された将来価値と期間内に得られる配当金が、現行の株価水準から見て割安であるか否かを投資判断の材料としている?

第6章 一株あたり純資産の実績を参考に
    消費者独占企業を見つける

EPSを用いる方法とは別に、企業の一株あたり純資産(BPS)の長期実績を投資判断のポイントとする。BPSの価値が、株価を上回っていた場合、良好な投資先となる?ただし、優良企業の株価がBPSを下回る事は滅多に無い。

Ⅱ ケーススタディおよび投資価値の評価

以下では、バフェットの株式ポートフォリオの構成銘柄の幾つかを、2001年から2011年のEPS成長率、BPSの実績から分析したものである。

2011年に株式を購入した場合の、2021年までの年平均収益率を求める。

第7章 アメリカン・エキスプレス・カンパニー

2011年の予想EPS:4.05ドル
2001年~2011年のEPS成長率:12.2%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、12.81ドル。

この銘柄のPERは、過去20年間で12.4倍~30.2倍で推移している。PER12.4倍として計算すると、2021年の株価は、158.84ドルとなる。

2011年の株価は、約45ドルであり、2011年の予想BPS:16.60ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当0.72ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、13.95%になる。

第8章 バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)

2011年の予想EPS:2.4ドル
2001年~2011年のEPS成長率:2.86%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、3.18ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低の12倍として計算すると、2021年の株価は、38.16ドルとなる。

2011年の株価は、約21ドルであり、2011年の予想BPS:28ドル以下で買え、一株当たりの予想配当0.52ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、7.52%になる。

第9章 コカ・コーラ・カンパニー

2011年の予想EPS:3.85ドル
2001年~2011年のEPS成長率:9.18%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、9.27ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER16倍として計算すると、2021年の株価は、148.32ドルとなる。

2011年の株価は、約65ドルであり、2011年の予想BPS:14.60ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当1.88ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、9.9%になる。

第10章 コノコフィリップス

2011年の予想EPS:8.35ドル
2001年~2011年のEPS成長率:11.15%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、24.03ドル。

この銘柄のPERは、過去20年間で7倍~17倍で推移している。PER7倍として計算すると、2021年の株価は、168.21ドルとなる。

2011年の株価は、約67ドルであり、2011年の予想BPS:54.20ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当2.64ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、11.25%になる。

第11章 コストコ・ホールセール・コーポレーション

2011年の予想EPS:3.30ドル
2001年~2011年のEPS成長率:9.85%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、8.24ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER19.5倍として計算すると、2021年の株価は、160.68ドルとなる。

2011年の株価は、約81ドルであり、2011年の予想BPS:27.90ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当0.96ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、7.71%になる。

第12章 グラクソ・スミスクライン

2011年の予想EPS:3.8ドル
2001年~2011年のEPS成長率:10.19%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、10.03ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER11倍として計算すると、2021年の株価は、110.33ドルとなる。

2011年の株価は、約40ドルであり、2011年の予想BPS:6.20ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当2.08ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、12.61%になる。

第13章 ジョンソン・エンド・ジョンソン

2011年の予想EPS:4.95ドル
2001年~2011年のEPS成長率:9.99%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、12.83ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER12倍として計算すると、2021年の株価は、153.96ドルとなる。

2011年の株価は、約65ドルであり、2011年の予想BPS:23.05ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当2.28ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、10.52%になる。

第14章 クラフトフーズ

2011年の予想EPS:2.20ドル
2001年~2011年のEPS成長率:6.52%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、4.14ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER12.8倍として計算すると、2021年の株価は、52.99ドルとなる。

2011年の株価は、約35ドルであり、2011年の予想BPS:22.50ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当1.16ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、6.32%になる。

第15章 ムーディーズ・コーポレーション

2011年の予想EPS:2.45ドル
2001年~2011年のEPS成長率:14.02%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、9.10ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER12倍として計算すると、2021年の株価は、109.20ドルとなる。

2011年の株価は、約32ドルであり、一株当たりの予想配当0.52ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、13.59%になる。

第16章 プロクター&ギャンブル・カンパニー

2011年の予想EPS:3.98ドル
2001年~2011年のEPS成長率:9.82%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、10.16ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER16.4倍として計算すると、2021年の株価は、166.62ドルとなる。

2011年の株価は、約61ドルであり、2011年の予想BPS:22.10ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当2.10ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、11.89%になる。

第17章 サノフィ

この銘柄は、パリ証券取引所で取引されており、計算はADRを基準にして行う。1ADRは、サノフィ普通株0.5株分に相当する。

2011年の予想EPS:2.90ドル
2001年~2011年のEPS成長率:12.52%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、9.43ドル。

この銘柄のPERは、過去7年間で最低のPER11倍として計算すると、2021年の株価は、103.73ドルとなる。

2011年の株価は、約35ドルであり、2011年の予想BPS:27.85ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当1.79ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、13.27%になる。

第18章 トーチマーク・コーポレーション

2011年の予想EPS:4.65ドル
2001年~2011年のEPS成長率:8.43%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、10.45ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER8倍として計算すると、2021年の株価は、83.60ドルとなる。

2011年の株価は、約36ドルであり、2011年の予想BPS:38.10ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当0.49ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、9.41%になる。

第19章 ユニオン・パシフィック・コーポレーション

2011年の予想EPS:6.50ドル
2001年~2011年のEPS成長率:13.1%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、22.26ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER13.8倍として計算すると、2021年の株価は、307.18ドルとなる。

2011年の株価は、約100ドルであり、2011年の予想BPS:40.95ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当1.90ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、12.55%になる。

第20章 USバンコープ

2011年の予想EPS:2.05ドル
2001年~2011年のEPS成長率:4.5%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、3.18ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER12.3倍として計算すると、2021年の株価は、39.11ドルとなる。

2011年の株価は、約24ドルであり、2011年の予想BPS:16.55ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当0.5ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、6.28%になる。

第21章 ウォルマート・ストアーズ

2011年の予想EPS:4.45ドル
2001年~2011年のEPS成長率:11.49%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、13.20ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER13倍として計算すると、2021年の株価は、117.60ドルとなる。

2011年の株価は、約54ドルであり、2011年の予想BPS:19.35ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当1.48ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、13.19%になる。

第22章 ワシントン・ポスト・カンパニー

2011年の予想EPS:34.75ドル
2000年~2011年のEPS成長率:8.39%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、77.78ドル。

この銘柄のPERは、過去15年間で最低のPER12.5倍として計算すると、2021年の株価は、972.25ドルとなる。

2011年の株価は、約338ドルであり、2011年の予想BPS:427ドル以下で買え、一株当たりの予想配当9.40ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、12.17%になる。

第23章 ウェルズ・ファーゴ&カンパニー

2011年の予想EPS:2.85ドル
2001年~2011年のEPS成長率:11.15%
(この成長率が今後10年間続くと仮定する)

上記から第5章のサイトを利用して算出される2021年の予想EPSは、8.20ドル。

この銘柄のPERは、過去10年間で最低のPER12.7倍として計算すると、2021年の株価は、104.14ドルとなる。

2011年の株価は、約28ドルであり、2011年の予想BPS:22.45ドル以下では買えないが、一株当たりの予想配当0.48ドルを毎年受領したとすると、10年間の年平均収益率は、14.55%になる。

第24章 マンガー、コームズ、ウェシュラーの投資戦略 
バフェット以外が選択したバークシャー・ハサウェイの株式ポートフォリオの銘柄について。

チャーリー・マンガー:BYD
トッド・コームズ:マスターカード
         ダラー・ゼネラル・コーポレーション
テッド・ウェシュラー:2012年初にバークシャーに入社したため、
           投資先は無し。

人気ブログランキングへ

未だに風邪気味

風邪気味で体調が悪い。

ので、柑橘類のジュースとレバーを大量に買ってきて食べる。

思う事だけれど、自分は機能表示されている食品を買ってしまうと思う。

一日分の食物繊維だとか、カルシウム配合だとかを買ってしまう。

最近、参加している読書会にブドウ糖配合のチョコレートを持っていく習慣が出来ているが、普通のチョコレートと大差は無いだろう。

と、思いつつも自分は機能食品を買い続けるのだろう。

人気ブログランキングへ

風邪気味

頭が痛い。くしゃみが止まらない。よって風邪気味。

最近、無為に過ごす事が多い気がする。せっかく大量に本を用意したのだから読んでしまいたいけど、何だかんだあって読んでいない。

何もしないという事は難しい。何かを考えてしまう。考える事は碌でもない事だ。だから他の事に注意を集中させるべきなのだと思う。

人気ブログランキングへ

ユナボマーの『産業社会とその未来』を読んで

以下は、Wikipediaのユナボマー(セオドア・カジンスキー)の記事へのリンク。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC


以下は、『産業社会とその未来--ユナボマー宣言(前篇)』へのリンク。後篇が見つからない。

http://anarchism.sanpal.co.jp/translation/1006

以下は原文へのリンク。

http://besser.tsoa.nyu.edu/howard/Anarchism/Unabom/manifesto.html

以下のように、内容を適当に意訳、要約する。

***********

産業革命は、人類に心理的苦痛を蔓延させた。技術の継続的開発は状況を悪化させるだろう。我々は現行社会の経済・技術基盤を転覆させる「革命」を主張する。

現代社会は、社会システムを維持するために、個人の自由(外部から強制されずに目標を持ち、達成する機会を持つ事)を損なっている。

現代社会において、人間は以下のような心理的傾向を持つようになる。

①劣等感
自らに対して自信が無く、自助努力でなく、社会からの保護を願う。敗北意識から個人間の競争に敵対し、失敗の原因を社会に帰着させる。自らに価値を感じないため、集団主義的になる

②過剰社会化
「社会化」とは、社会が求めるように行動するよう訓練される過程。現代社会の道徳規範は厳しく、完全なる道徳的行動は至難。「過剰社会化」とは、自らの行動に対して道徳的理由を作り出す事であり、「汚れた」考えを持つ事が出来ず、束縛感と無力感を持つようになる。

上記①、②の事象は、現代社会が社会化の結果、人間が持つ自律性への欲求を満たせないからだ。

自律性を感じるには、自らの意思で目標を設定し、目標を達成しなくてはならない。

原始社会においては、身体的欲求を満たすための目標が大量にあり、自律性を感じる事が出来た。現代世界では、人間は社会的な規則に従わなくてはならず、自律性を感じる事が出来ない。

現代人は規則に縛りつけられているが、規則の大部分は産業社会に必要であり破棄出来ない。優先されるのはシステムのニーズであって、人間の欲求ではない。

技術的進歩により、こうした傾向は加速するだろう。人類は偶然の創造物でなく工学的製品になる。技術は物理的利点を示すが、自由は人によって異なる意味を持つ抽象であり、自由の喪失は覆い隠されてしまう。

***********

子供の時に、上記のような思想を持つ集団の中で生活した事がある。結局、原始的な生活の中でも、集団の中で生きていく以上は、規則を押し付けられる。その事が理解出来ない人達だった。

現代人の方が原始人よりも遥かに自由だ。

ユナボマーの文章に説得力は全く無いが、彼のような思想を持つ人間は大量に存在する。彼等の思考形式が、同様の結論を作り出してしまうのだろう。

人気ブログランキングへ

本に埋もれていく

調子に乗って本やら雑誌やらを買っていたら、本に埋もれそうになっている。去年の大掃除で、整理したけれど、再び布団や机が埋もれている。

本を読むには体力が必要だ。記憶する力や、一定期間の集中力が弱まっている。

ここ最近、自分の思考が硬直化している気がする。何か新しい事を学習する意欲が無くなっている。

自分は何も知らないという感覚が無いのは怖い事だと思う。

人気ブログランキングへ

寒くて眠れない

寒くて眠る事が出来ない。

羊を数えるように、株式関連について考えてみる。米国の10年債利回りが2.0%を上回ったらしい。コンドラチェフの波で言うところの景気上昇過程が開始したんだろうか?

1つの循環が60年とすると、今後、30年は金利が上昇する事になる?(コンドラチェフの波が実在すると仮定する)

様々な人のブログで話題になっているのは、米国債の利回り上昇に伴って日本国債の利回りが上昇する可能性。「T&D-日本債券ベア」という投資商品は、日本国債の利回り上昇時に値上がりするらしい。

現在の日本の10年債利回りは、0.8%程度。利率が上がる余地が大きいのだそうだ。

しかし、現在、FXを除いた資産の大半を株式にしている。税金を支払うために、現金化した貯金で買う手段もあるけれど、確定申告の時期が近づいているから、そのお金は使いたくない。

現在の持ち株は、値上がるとうい見込みがある、若しくは、他の株が値下がった時に値上がる可能性が高いから保有しているのであり、それを売ってしまうのはどうだろう?

判断は確率的に考える。日本国債の利回りが、上昇する可能性と上昇幅、上昇時期、期間、etcを現在の自分の持ち株とを比較してみる。

考えた結果、良く解らない。一番、損が出ている銘柄から少しずつシフトしていくのかな?それともFXから現金を流用するか?

どうしよう?

人気ブログランキングへ

ユナボマーの『産業社会とその未来』を読んでいる

ユナボマー(セオドア・カジンスキー)が書いた『産業社会とその未来』を読んでいる。テロリストが書いた本だけれど、同じような論調を目にする事が多いように感じる。

論理を組み立てる場合、確実な事実を必要とする。何か一つでも確実なものがあれば論理の力によって世界を構築出来る。

ユナボマーの論文の出発点となるのは、「自分」、「自我」、「理性」、「論理」、「共感」の存在だと思う。「自分」とは何か?意見、主義、主張、思想、信念、ETC。周囲から影響を受けない何かが自らの中に存在している。

それが自らの行動を決定づけ、喜び、怒り、哀しみ、喜ぶ。「自我」があるからこそ喜びを感じる。「自我」を感じられない人生に意味は無い。

「自分」を持たない事は恥ずかしい。

********

おそらく数十年の内には、「自我」の存在は否定される。理性によって全てが把握され、人間の行動が操作されるという思想は消えてなくなる。

論理的な思考によって把握されるのは、仮想的な事実だ。論理は因果関係と量を重要視する。原因と結果があり、それは数値によって検証される。世界を抽象化し、把握可能な対象を2つに絞らなければ因果関係は構築出来ない。3つ以上の対象が存在する場合、原因 ⇒ 結果という単純化された把握は出来なくなる。

論理的に思考する場合、「真理」に辿り着く事になる。「真理」が存在するのなら、「真理」に反対する人間は誤っているのだから、矯正しなくてはならない。

人間の脳構造は、一人一人が異なる。だから全ての人間が論理的に思考した場合、各人が異なる「真理」に辿り着く。「真理」が一つしかないと思うなら、対立が生じる事になる。

数多ある対象の中から、原因と結果を一つずつ、合計で二つしか選択出来ないのだから、誰の論理も不完全である。不完全である事を悟っている者は議論において敗北する。

だから、世界を動かすのは常に間違っている人間だ。世界を動かさない人間も間違っている。

ロジックを超越した何かは見つかるだろうか?

人気ブログランキングへ

集団の中で生きていくために

以下、聞いた話。発達障害者が集団の中で生きていくヒント。

①深呼吸
イライラした時は深呼吸して数を数える。気持ちを切り替える。

②言葉通りに受け取らない
「馬鹿」、「役立たず」という言葉に対しては、反応しない事が有効である場合がある。

③理解してもらう
相手が意図的に自分の意向を無視しているのでなく、理解していない可能性を考える。
 ・身振り・手振りを使う。
 ・相手の利を考える。

④予告する
唐突に動くのでなく、相手に準備をしてもらう。今すぐではなく、10分後にやると予告する等。自分が知っている事を相手が知っているとは限らない。

⑤無意味な行動
短期間でも周囲と雑談をするよう心がける。

*************

あんまり役には立たないな。

人気ブログランキングへ

アマゾン・コイン

以下は、「アマゾン・コイン」についての記事へのリンク。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2925993/10228690

「アマゾン・コイン」とは、amazon社のタブレット端末「キンドル・ファイア」で使用可能な仮想通貨との事。

こういうのを読んでいると、株式や債券、不動産等への従来型の資産運用は時代遅れになるのだと感じる。かつて、物々交換が一般的だった時代は、「貨幣」の信用性は低かった。いつしか「貨幣」は一般的になり、「紙幣」が誕生し、近年では「電子マネー」が普及している。

仮に、国家財政が今すぐに破綻する場合を考えてみる。通貨価値が0になり、国債の価値が0になるとすると、銀行預金の価値も0になるとする。その場合、数十年前であれば、物々交換が復活するだろう。各人が自らの衣服や日用品等を食べ物と交換し、やがては統治機関が発行する新しい通貨を使用するようになる。

未来においては、インターネット上の仮想通貨が、国家が保証する通貨以上の信頼性を持つかもしれない。企業の資金調達手段も変化するだろう(企業という概念自体が一般的でなくなる?)。

株式を発行しての資金調達以外の資金調達手段が一般化した場合、株式水準は低迷するだろう。株式市場に資金が流れなくなるからだ。

今後、数十年という期間で考えると、何が発生するんだろう?

人気ブログランキングへ

感情を抑制出来ない

嫌な事を何回も何回も繰り返し思い出してしまう。

人気ブログランキングへ

バブルへGO!!

インターネット上で様々な人のブログを読んでいると、バブルを期待する声が大きいように思う。2012年秋から株価は大幅に上昇した。さらなる値上がりを見込む声が大きい。

円も1ドル=100円以上に値下がりする可能性が高いそうだ。

これで良いのかな?

新産業育成や規制改革等の生活の改善でなく、株価を上昇させるための通貨価値の低下だけが実現してしまうのでは?複雑化した社会構造は変革を許さない。それは別の形態に駆逐されるまで継続するのだろう。

現状の考えは以下の通り。

株:
国内の株式は既に危険な状態。REITに対してバブルを望む声がある。意図的なバブルか?慎重な人は既に相場から降りてしまっている。難しいのは、資産の置き場が無い事。現金や円債は株以上に危険だ。政府が意図的にインフレを引き起こす事を公言している状況で、資産を現金化する事は自殺行為だと思う。一番安全なのは、新興国の株式だろう。PERや成長性で考えると、日本株や円よりも安全な投資先であるはず。どのように資産を移行させるべきか?

FX:
現在の僕の状況は、円高に備えながら各通貨からドルへの還流を待つ状態にある。円の価値が低下するなら危険な布陣だろう。昨年からの反省をすると、円安を見こみながらも流れに逆らってしまった事が失敗だったと思う。何となく今の円安の流れに乗りたくないという気持ちが強い。通貨を減価させなければ維持出来ない体制に問題があると思ってしまう。

**********

バブルなんて発生する前に潰すべきだと思う。それはそれとして、これからどうしよう?

人気ブログランキングへ

向上心は難しい

障害者枠で働いている発達障害者の話。

現状、単純作業しかしないので将来が不安だという事。一般枠で働いているのなら、徐々に出世していき、管理能力を身に付ける事になるが、そうしたキャリアパスが提示されないので不安らしい。

互助会にいると、現行の社会システムを前提にしなくてはならない事に矛盾を感じてしまう。偉くならなくてはならない。進歩しなくてはならない。自己否定しなくてはならない。

繰り返し以下のように教え込まれる。

上手くいかない原因は自分にある。原因は自分にあると思えば、今後の人生の中で進歩する可能性がある。自分は悪くないと思うと進歩しない。駄目な人間とは、自分が駄目である事に気がついていない人間だ。

***********

精神科の先生は、発達障害という概念と「努力」という概念を結び付ける事に苦労しているようだ。上記の妄執 = 自己否定による進歩とは奇妙な概念だ。スポーツに例えると、自分は駄目であると思うだけで野球やサッカーが上手くなるのなら誰も苦労しない。どのような練習を、どのくらいの期間実施するのかを明確にする必要がある。実施すれば、必ず上手くなる方策は存在しないから、芽が出ない可能性も考慮する必要がある。

自己否定するだけで物事が上手くいくのなら随分と楽な話だ。

就職していた時は、発達障害という概念は周囲の人間から嫌われていた。

「お前が発達障害者だと認めると、お前はそういう人間だから、お前に進歩を求める事が出来なくなる」
「僕は発達障害者だから、このままで良いと思い込んでしまう」
「障害が原因でこうなってるんじゃない。性格が原因でこうなっているんだ」

話し合いは不可能だろう。偽装発達障害者が問題視される理由は何故だろう?偽装糖尿病患者は問題視されない。自分は糖尿病の患者だから、このままで良いと言って努力しなくなる人間の話等聞いた事が無い。

それは、多くの場合、人間の認識・思考・直観が因果関係でなく、目的によって解釈されるからだと思う。

会社にSさんという人がいた。自分の子供が変な子供だと良く言っていた。

「あの子は、自分の事を尊い存在だと思っていて、周囲に対して思いやりが無い。だから私は甘やかさないで厳しく躾ける」

数年間、同じ事を繰り返していた。その子の行動を「目的」から解釈するとそうなる。そして上手くいかない。そこで、発達障害という概念を導入するとどうなるか?その子の行動を因果関係から解釈する事になる。

まず本を読まなくてはなるまい。ジョン・レイティ、テンプル・グランディン、ETC。それから専門家の話を聞く必要がある。病院から各種のセミナー、ETC。そして試みなくてはならない。

上手くいかなければ、自らの方法論や認識が間違っているのだから、最初からやり直しになる。

つまり、その子に対して要求している努力を自らに求める事になる。そうして、ある程度の労力を割けば解決策等存在しない事に気がつくだろう。努力は虚しい。

僕は上記のように行動すべきと思わないし、行動しないのが悪いとは思わない。まして自分が行動出来るとも思わない。

僕の目には、Sさんは本当に悩んでいるのではないように見えた。困ってはいるが悩んではいない。唯、子供が変な子供である事を周知すれば、自分が改善を求められなくなる。上手くいかないのは、その子に原因がある。甘やかさないで厳しくする。自らに厳しくする事は無い。自己否定とは他者に求めるものなのだ。そして、自分は自己否定していると自分を正当化するものだ。

その点を追求されると、次のように言うのかもしれない。「私は、自分に問題があると思っている。自分が悪いと思っているだから、私は長い人生の何処かで進歩する。だから私は本当に駄目な人間ではない」

楽な思想だ。そして僕は自己否定を否定出来ない。向上心という奴は思考を否定して尊い事のように感じる。そして周囲の人間に、向上心が下らないと考えている事を覚られないようにしなくてはならないと考える。

価値観が転換するのは遠い未来の事だろう。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード