今年が終わる

お節料理が出来たので、何もする事が無い状態だ。

夕ご飯は作っていない。

来年の自分がどのようになっているのかは定まらない。予想すると以下のような状態だろうか。

・未だに休職中。
・障害者手帳、障害者年金取得の準備は終わっている。
・研究室の被験体をやっている。

願望があるとすると以下のようなものだろうか?

・外国語と資産運用の知識が身になっている。
・株・FX以外の収益源。 
 (出来れば月10万円以上の稼ぎ)

僕は未だに周囲が恐ろしいのだと思う。誰かが僕を痛めつけにやってくる。僕は存在しない方が良いと言う。そうした行動が世間から称賛される。

今までの人生は常にそうしたものだったし、これからもそうだろうか?我を捨てる事は出来ない。無理で有ると思っても苦からは逃れたいと思う。

それは避けられない事だ。どうにもならないものによって僕の思想、行動は縛られている。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

大掃除が終わった

お節料理は作っていない。

人気ブログランキングへ

今年の垢を落とせるか?

今年の反省をしてみる。

生活:
体調は良くなっていると思う。食べ過ぎに注意。野菜類を摂取して睡眠時間に注意しようと思う。体重は1年間で5キロ減った。体力は落ちているかな?

株・FX:
今年度の収益を計算する。払わなくてはならない税金が多い事が悩みだ。全部払うと総資産額が7000万円以下になってしまう。来年は本格的に新興国への投資を開始するべきか?段階的に投資するか?それとも値下がりを待つべきか?両方の戦略を検討すべきか?

取引を重ねると、無自覚にパターン情報が脳内に蓄積されてしまい、思考が制限されてしまう。先入観 = 取引を重ねる事による垢を洗い落とす事が当面の課題だ。

仕事:
障害者手帳の取得と障害者年金については、もっと精神科医と相談したい。まだ、仕事を探す段階では無いと言われる。家族が催促するなら、代わりに説明してくれるらしい。
どのような仕事をするかは考えておく。

************

来年度の目標:

収益を多重化したい。外国語、オプション、アフィリエイト、転売、ETC。どれも上手くいっていない。

発達障害者である事を活かして病院で被験者になる事も面白いと思っている。探すと診断済みの発達障害者を募集している研究機関があった。

参加してみようかな。

人気ブログランキングへ

2013年、世界経済のマネーフローについて

エコノミスト(2013.1.8)から適当に抜き出し、意訳、コピペ。

2012年と2013年の比較。

【2012年】
前半:米国の国際収支は米国資本が流入、海外資本が流出。
   ⇒米国の対外的なバランスシートが資産・負債両面で縮小。
    2008年、2009年の金融危機時と同じ。
7月~9月:米国資本が2298億ドルの流出、
      海外資本が2820億ドルの流入となる。
   ⇒バランスシートの縮小が止まる。

前半の米国のバランスシートの縮小は、欧州金融危機に関する懸念から、米国から新興国向けの投資が抑制された事を示す。2012年8月に、欧州中央銀行がスペイン等の国債を上限を設けずに購入する政策を打ち出し、米国連邦準備制度理事会が、流動性の供給を増加させる量的緩和第3弾を決断した事から、縮小が収まったもの?

後半:新興国からの資本流出が抑制され、資本フローが回復。

2011年に9.6兆円あった日本の経常黒字は、2012年1月~10月で6.2兆円と縮小しており、2011年に円高を進行させた証券投資が15.3兆円の流入(2011年)から8.5兆円の流出となっている。

【2013年】
2012年後半の流れを引き継ぎ、新興国が回復に向かう可能性が高い。欧州中央銀行が、貸し手として、南欧諸国のユーロ離脱を止める可能性が高い。

⇒大きな危機が発生する可能性は低い。

しかし、EU内で財政赤字削減を継続する国が複数存在し、金融機関のバランスシート圧縮が続く事から、欧州の成長率は、2013年~2014年は、0を挟んで低いものとなると予想される。

日本においては、新政権が金融緩和を強化し、下記の【財政の崖の影響】から、米国の長期金利が上昇した場合、1ドル=85円~90円のレンジとなる可能性がある。日本経済は為替変動の影響を受け易い。10%の円安が起こると、1年程度の時間差で消費者物価、成長率が0.5程度押し上げられる。

円安だけで年率2%のインフレ目標を達成する事は困難である。また、2012年12月現在の円安は、内外金利差とは独立した動きになっており、現実の政策を伴わないと持続しない可能性がある。

最近までの円高傾向は、FRBのバランスシートの拡大のペースが日本よりも速かった事にあり、足元の円安は、FRBのバランスシート拡大のテンポが鈍化した事にある。

FRBは、2013年に毎月850億ドルの米国債、住宅ローン担保証券を買い入れると発表しており、それが2013年中、継続すると、FRBのバランスシートは年率35%増加する。

日本銀行が対抗するには、基金を通じた資産買い入れ額を2012年11月末の91兆円から111兆円に拡大する必要がある。

それは実現出来るだろうか?

実現出来たとしても、それは通貨の信認を低下させるのではないか?

*********

【財政の崖の影響】
米国における財政の崖の影響は、赤字カットの規模と、解決に要する時間の長さによる。GDP比2%程度の財政赤字カットで、解決が2013年2月下旬までかかると想定すると、景気への悪影響は1%強になると見られる。

2012年12月12日の公開市場委員会で、FRBが量的緩和第3弾を決定した理由は、財政の崖の悪影響を緩和するためだったと見られる。

⇒米国では住宅価格の下落が止まっており、家計の純資産も増加している。2013年前半は、財政緊縮と金融緩和の影響により、低金利・通貨安となる?が、景気の持ち直しに伴い資金需要が底打ちすると、長期金利が上昇する可能性がある。

【グローバル経済について】
自由化・グローバル化が反転する可能性。現在のグローバル化は2度目のグローバル化であるという説。

①第1次グローバル化(19世紀後半~第二次世界大戦)
ドイツ、日本が輸出を中心に急成長した事で、世界のパワーバランスが変化し、世界大戦が発生した。

②第2次グローバル化(1970年代~)
西側諸国で貿易・金融の自動化が段階的に進み、1990年代には、旧東側諸国も巻き込みグローバル化が進んだ。
上記①の時と同様に、パワーバランス維持のために、保護主義やブロック化によって貿易や投資を縮小させると、先進国と新興国が対立がする?

ハーバード大学 D.ロドリック教授の「世界経済のトリレンマ」:
以下の3つを同時に達成する事は出来ない。
・グローバル化
・国家主権
・民主政治

第二次世界大戦後のブレトンウッズ期には、グローバル化を制限する事で国家主権や民主主義を重視した経済運営を実現した。EUは、国家主権を制限する事で市場、通貨、財政、政治を統合しようとしている。自由主義の思想では、民主政治を制限し、自由貿易、規制緩和を推進する市場友好政策を取る。

【日本のデフレについて】
金融緩和によって景気を良くする事は可能か?

マネー増によるデフレ対策は、フィッシャーの交換方程式を根拠にしている。MV = PT(貨幣量×貨幣の流通速度 = 物価×財とサービスの取引量)

M(貨幣量)を増やしても、V(貨幣の流通速度)が低下すれば、P(物価)には影響しない事になる。

米国においても、金融緩和の有効性には疑問が持たれている。2009年以降、金融緩和を実施しているが、米国の16歳以上の人口に占める雇用の割合は、2009年以降58%台のまま改善していない。

雇用が増えて失業率が改善したのでなく、就職を諦める人が増加した結果、失業率が低下している。量的緩和第3弾は、失業率が6.5%以下になるまで継続するとしているが、ドルに対する信認が低下する可能性がある。それは日本にも波及し、長期金利を引き上げるだろう。中核資本に占める国債保有額の割合は、米国の100%に対して邦銀は900%。日米の国債バブルが同時に崩壊した場合、日本の損害の方が大きい。

日本のデフレは、1998年から進行している。

2011年(1997年を100とした場合):
GDPデフレーター = 83
企業の経常利益 = 163
国内の民間需要 = 91
輸出      = 125

⇒1997年と比較して企業利益も輸出も増加している。デフレの原因は、労働者から企業への所得移転が発生し、それが個人消費を抑制している点にある。

⇒デフレの原因が、円高による輸出不振や企業利益の減少でないとすると、金融緩和による円安誘導に効果があるかは疑わしい。

人気ブログランキングへ

調子が悪い

体調が悪い。

年末の大掃除を少しやる。

人気ブログランキングへ

賃金下落に潜む新たな経済危機

日経ビジネス「記者の眼」の『賃金下落に潜む新たな経済危機』から意訳、抜き出し、コピペ。

日本の企業の間で、人件費削減のための退職推奨を受け、拒んだところ、出向させられたり、閑職に回されるケースが増えている?

東京都、大阪府、愛知県、福岡県、北海道での解雇や退職勧奨を巡る相談件数は、リーマンショックの影響が沈静化した2010年度は減少したが、2011年度は再び増加している。今年はさらにソニー、パナソニック、シャープ等が国内外で数千人から1万人規模の削減を行おうとしている。

国内の生産拠点がアジアの人件費との比較で流出した動きが、ホワイトカラーを直撃している可能性がある。ホワイトカラーが、コストパフォーマンスの点で海外との比較競争にさらされているのではないか。

電子材料、電池部材などを生産する住友化学の情報電子化額部門は2012年3月期で約3000億円の売上高の内、約8割が海外。6600人の社員も同じ比率が海外子会社だという。

10年前は国内が半分を占めており、その後の成長が「アジアを初めとした海外にあった」(松井正樹・情報電子化学業務室部長)結果だ。ただし、変化はその内側にある。海外事業の拡大に伴って重要になり、増えていく仕事は「海外子会社の資金調達や事業展開の支援。或いは日本と海外子会社が同種商品を生産している場合、在庫と出荷状況に応じた融通の差配」(同)等に移っていった。

⇒本社社員には、世界を動かせる語学力や法制度・業務への知識等が必要になる。個人間の差も付き易くなり、賃金、処遇の差が大きくなる。

それもやがて、相対的に賃金の低い海外拠点の社員の方が効率が良い、或いは海外市場の規模が国内より大きくなれば、職自体が流出していく。

グローバル化で世界がフラット化するとすれば、人材を社内に残る人、そうでない人、さらに残る人の中でも早い昇進をする人と、そうでない層などに分けていく。雇用から所得に渡る二極化の拡大だ。

二極化の拡大は、日本の中間層の“解体”だ。2人以上の世帯を世帯収入別に5分類し、その中位にある世帯(中間層)の収入の推移を見ると、2000年の630万円程度に対し、2011年は560万円程度になっている。

********

社会人だった時は、アウトソーシングは上手くいっていない印象だった。上席には、実績があるように見せかけながら、実際の業務は裏で進めていた。こうした事を折り込んでいるだろうか?

人気ブログランキングへ

日経ビジネスからのコピペ

日経ビジネスからのコピペ、抜き出し、意訳。

田村耕太郎の「経世済民見聞録」の『安倍総裁、勝ちすぎに悩む?自民党、大勝は惨敗のもと』から。

2012年12月の衆議院選挙において、世論調査の通り自民党が圧勝した。自民党は今回、294議席を獲得した。これは、2005年の郵政選挙時の小泉純一郎氏や、2009年の政権交代時に民主党が獲得したのと同等だ。しかし、安倍総裁の表情は敗者のようだった。その理由は、比例区における自民党の得票率は27%前後で、大敗した2009年選挙での得票率とほぼ同じだったからでなく、勝ち過ぎの悩みだろう。

第1:外に敵がいなくなり党内抗争が始まる。
   ⇒ポストの数は限られており、ポスト争いが始まる。
    第1期安倍政権は、党内結束の乱れがあり、
    国政選挙の初戦となった2007年の参院選で大敗した
第2:選挙戦の過程で議員達が、各々の選挙区に約束をする。
   ⇒自民党のマニフェストは、公共事業や原発、TPPについて
    明解には書いていない。
    当選した議員が、各々の選挙区で異なる約束が出来る。

TPPについては、米国に対して回答を先延ばしする事も、玉虫色の回答をする事も出来ない。

背景に中国があるからだ。中国との問題に対処するには、米国との関係を強化する必要がある。

第1期政権で、安部氏は中国に配慮した(就任後、最初に訪問したのは中国)。中国は、「日中の緊張関係を緩和したい」と安倍氏を歓迎した。あれから6年。中国はGDPで日本を抜き去り、米国の国際的影響力は低下している。

安倍氏は今回も、領土問題によって経済的打撃を受けた財界に配慮して、中国には慎重に対応するとみられる。

しかし、安倍氏が中国に敬意を払っても、中国は答えない可能性がある。中国は、総選挙期間中に航空機を差し向け、尖閣諸島上空の領空を侵犯した。明らかに日本を挑発している。

中国は、中国中心の経済連携を構築し、日本を排除するために安倍政権を挑発し続ける恐れがある。周辺国に対して脅迫的2国間外交を展開し、自国主導の経済連携を進めていく。韓国、台湾、東南アジアとの貿易を拡大できれば日本はいらない?ワシントンには、中国は「第三国経由で日本の技術やノウハウが手に入ると思っている」と分析する専門家もいる。

対抗するには米国との関係強化しかない。日本は、米軍基地問題やTPPでアメリカに明確に協力出来るか?
 
様々な約束をした当選者を多数抱え、党内世論が纏まらない。それを見越した中国が揺さぶりをかける可能性がある。その時、安倍政権が中国に対抗すれば、日中の経済関係に亀裂が生じ、日本経済が打撃を被るかもしれない。

民主党や第3局も動くだろう。特に民主党は、参議院選挙に負けたら自らの存在意義は無いと自覚している。

************

「時事深層」の『“改革”なければ円安・株高逆流も どうなる市場』から。

衆院選での自民党の圧勝を市場は円安・株高の反応で歓迎した。前評判が高いだけに、成長戦略や規制緩和といった改革を伴わなければ、しっぺ返しも食らいかねない。

霞が関では、新政権は財政出動の余地を広げるため、中期財政フレームの見直しに動くという見方がある。

中期財政フレーム:
民主党政権が取り入れた財政規律を保つための仕組み。
複数年度に渡って予算を管理するのが特徴で、野田佳彦内閣は国債の元利払い費を除く政策経費の上限を71兆円、新規国債発行額を44兆円以下とする方針を2015年度まで続ける事を決めていた。

自民党の安倍総裁は、大規模な補正予算(5兆~10兆円規模?)を編成し、民主党政権で休眠状態だった経済財政諮問会議を復活する考えを表明した。

以下の役割分担。
日本経済再生本部:産業再生などのミクロ政策を担う。
経済財政諮問会議:マクロ政策の司令塔になる。
         ⇒日銀総裁も出席し、議事要旨や議事録が
          公開されるオープンな議論の場。
          日銀と政策協調について意見交換する。

デフレ脱却に向け日銀に強力な追加金融緩和を促すため、自民党は新たに物価上昇率の目標を設定し、その水準を「2%」とする方針。この物価目標を日銀法の中に成文化する、法改正を視野に入れている。

「独立性」を重んじる日銀だが、白川方明総裁は2012年12月18日、挨拶と称して安倍総裁に自ら面会を求めた。安倍総裁は、2%の物価目標に向けた政策協調の検討を要請した。

市場は安倍総裁が選挙戦で連呼した「大胆な金融緩和」を織り込んでいる。2012年11月14日に野田首相が衆院解散を予告してから、自民党による政権奪回を材料視した円売りが優勢になった。「安倍トレード」と呼ばれた円売りが株高を促し、衆院選直後に円相場は1ドル=85円、日経平均株価は1万円が視野に入る水準まで円安・株高が進んだ。

日銀短観の前提となる2012年度の大企業製造業の想定為替レートは1ドル=78円90銭。既にその水準よりも5円程度も円安となり、企業の輸出採算は大幅に改善していると見られる。

円安の中で目を引くのが、韓国のウォンに対してだ。2012年に入り、対ドルで9%強、対ユーロで10%強も円が下落したのに対し、韓国ウォンに対しては18%も円安となった。

輸出回復につながる自国通貨安を促す政策で、日本が韓国を凌駕するとの思惑が働いている。

今後、重視されるのは、雇用と所得の回復だ。自民党は政権公約で、「国民所得50兆円奪還プロジェクト」として、若年層の失業率を現在の10%台から半減させるとした。だが、公共事業を増やすような旧来型の財政政策に頼るだけでは、日本の雇用環境が抱える構造的な問題は解決しない。

正規・非正規雇用の格差是正や職業訓練支援といった安全網の構築が必要?自民党が掲げる雇用政策には体系性が乏しく、産業構造の転換に伴って雇用が流動化するような構造改革を促す事は出来ない?

選挙で圧勝した自民党の政策手腕について、市場の評価も早い段階で下されることになるだろう。

第1期安倍政権は、構造改革への期待で株高が進行した小泉政権を引き継いで発足した。しかし、安倍政権以降、改革期待がしぼむにつれ、株価は低迷した。

自民党は規制緩和やイノベーションを生み出す分野に集中投資する考えも示す。だが、選挙戦を通じて様々な業界に「手形」を切っており、既得権益に切り込んだり、成長に結びつく分野に資源を集中したりすることは難しいかもしれない。

この1カ月の円安進行で、デリバティブのシカゴ通貨先物市場では、海外投機筋による円売りの持ち高が急増。2012年12月11日時点では、2007年7月以来、5年5カ月ぶりの水準に膨らんだ。

構造改革なき小手先の円高是正とデフレ脱却で終わってしまわないか。市場参加者は年の瀬から新政権の手腕を見極める事になる。

**********

多分、今回も何も出来ないであろうと思っている。問題なのは、米国もEUも中国も韓国も、何も出来ないであろう事だ。

韓国のウォンについては、日本側の要因を見ると円安ウォン高になる。しかし、韓国の新政権が意図的にウォン安誘導する可能性があり、先行きは見通せない。

僕の勝手な思い込みでは、現状、円はドルに対しては円高だが、他の国の通貨に対しては円安になり過ぎている。今は、円安なのでなく、ドル安になっている。

長期的には、ドルの価値は低下するだろうけど、それが一気に進むとは思えない。

さあ、どうしよう?

人気ブログランキングへ

精神科医との面談

精神科医との面談。

集中力が持続しない事について。服用している薬の副作用もあるという事。服用のペースを緩やかにしてみる。

人気ブログランキングへ

やる夫と隣のAV女優

やる夫スレを読んで思った事。

『やる夫と隣のAV女優』。2011年2月13日~2011年4月17日に投下された作品。

以下は、やる夫 Wikiへのリンク。

http://yaruo.wikia.com/wiki/%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB%E3%81%A8%E9%9A%A3%E3%81%AEAV%E5%A5%B3%E5%84%AA

【あらすじ】
求職中の元SEやる夫は、AV女優の所属する芸能事務所「Visual Impact Promotion」(通称VIP)にてマネージャー業に携わる事になる。様々な女性が各々の事情を抱えて集うこの事務所で、やる夫は何を見、どのように行動するのか。

【感想】
女性に厳しい話だというのが感想。AV女優達が、年齢を重ねる毎に価値が無くなっていくようなので、そのように思ってしまう。

僕の偏見だけれど、世の中は女性に厳しいと思う。
例えば、僕のような男性が、「身長160㎝、年収1,000万円、可愛くて優しい女の子と結婚したい」と言っても冗談だと思われて笑われるだけだ。

しかし、普通の女性が、「身長180㎝、年収1,000万円、格好良くて何でも言う事を聞く男と結婚したい」というと、「お前の顔を鏡を見てみろ」とか「そんなUMAは存在しない」とか思われてしまう?

喋るだけ、考えているだけなら、どうでも良いんじゃないかな?何となくイメージで語っている。事実がどうなのかは分からない。

遊牧民達の一夫多妻制の社会では、男性は4人まで妻を持つ事が可能であり、妻達の間で役割分担があると聞いた事がある。高齢の第1夫人は財産の管理を担当する。第2夫人は子供の世話を担当する。第3夫人は家畜の世話等の重労働を担当する。そして、第4夫人には若くて美形の女性がなる。

第4夫人は、他の第1~3夫人から苛められるが、高齢の第1夫人が死去した場合、彼女は第3夫人となり、重労働を担当する事になる。そして、新しい第4夫人を徹底的に苛める事となる。

浮く男、沈む女。女性は最初に若さを持ち、徐々に失っていく。対して、男性は最初に何も持たないが、経験を積む事で階層を登っていく?

作品内では、女性達に対する救済手段として、階層社会への参加が挙げられているように思う。

若さを失い、AV女優を続ける事が出来なくなった場合、自分で会社を立ち上げる、社員としてAV作成に関わる、資格を取得して安定した職を見つける。

こういった解決策は、有効なのかな?

作品を読んでいて感じる一番の違和感は、主人公の社会経験だろう。

主人公は、第1話で、三流大学を卒業後、入社した会社を1年半で退職、その後フリーターや契約社員で生計を立てる20代半ばの男として自己紹介している。

しかし、話数が進むに連れて、SEとしての経験を活かして、会社内のシステム構築や管理、外部業者との折衝を担当している。1年半の経験では、無理ではないだろうか?こうしたマネージメント的な仕事は、短くとも5年程度の経験が必要で、30歳くらいにならないと、ものにならないのでは?そうした実務を経験出来る人間は何人いるのか?

何者にもなれなかった人間は滞留するしかないのか?

一つの問題提起だ。「会社」に勤める事は、経験を積む手段として本当に有効なのか?或いは、現状は有効であるとしても、今後、どうなるのか?

作品世界の中で、主人公は、自社の業務をシステム化していく。少ない人数で事務作業をこなし、売上を伸ばすために、自動化・省力化を推進する。最終話で会社を作るけれど、それだって事務、経理、配送に至るまで自動化し、人を増やさずとも対応出来る体制を目指すのだろう。

現実世界でも、システム化が進行した結果、会社は少人数のマネージャーと多数のオペレーターの集団になるのだろうか?

つまり、主人公の行動は、①AV女優達に、地に足の着いた居場所を作る事(社会人としての成長)を推奨する②自らの会社を、コンピューターを活用して簡単に運営可能な組織(人が成長しない組織)に変える。

という矛盾する2つの側面を持っている?

そのような組織で、有用な経験は積めるだろうか?おそらく出来ないだろう。

これからは、会社外での活動が重要視されていくのかもしれない。副業?複業?そもそも一つの会社に在籍し続けるという事が珍しくなっていくのかもしれない。

作品を通して、主人公は若い時にしか出来ないAV女優という職業に懐疑的なように思える。しかし、主人公が作ろうとしているシステムも、多くの社員が取り換え可能なAV女優のように扱われるシステムなのではないかな?

会社全体が少人数のマネージャーと、多数のオペレーターで構成される。オペレーターの業務は定型的であり、企画・管理を経験出来ない業務だから、つぶしのきく仕事が出来るようにならない。結果的に、安定していたはずの「会社員」という地位は、「AV女優」のように、不安定なものになる?

主人公が有能な人間として評価されるためには、彼は組織のシステム化を実施せざるを得ず、社会全体としてそれが行われた場合、作品内の登場人物達が求める安定した居場所は無くなっていく。

それは人々が不幸になる世界ではないのだと思う。刹那的、一時的に変転する社会は、人間が変化する事を許容する。それは素晴らしい事ではないだろうか?

人気ブログランキングへ

やってしまった

外貨証拠金取引のポジジョンのかなりの部分が決済されていた。

年末が近いから損失を出すべきなのに、利益を出してしまった。売却益から考えて、納税額が400万円~500万円ほど上がる。

年末までの為替の変動予想と、予想される納税額を天秤にかければ、指値を解除しておくべきだった。

来年のポイントは、待つ事が出来るかどうかだと思う。上昇はこのまま続かないと思う。どこかで揺り戻しがある。そこで損失を覚悟出来るかどうか?

タイミングをとろうとする行為は危険だ。思考する事は間違える事。何も考えない態勢を作る。

人気ブログランキングへ

世界は完璧?と四朝龍

①何となく考えた事1
上手く纏まらない事。何回か書いた事。

世界は完璧なものと考える思考があると思う。

(1)区別
世界を全体でなく、要素の集合と見なす。各要素は、「善」、「悪」に明確に区別可能であり、且つ、全ての人間が各要素を同一に評価する。

(2)静的なモデル
因果律 = 過去に発生した事象が現在の状況を作り出す。原因があって結果がある。現在は、原因から結果が発生する過程で発生する。

世界を一意に把握可能な静的構造として把握する場合、世界を変更する事は不可能に思える。それは、理解を超えた事象だからだ。

静的な世界観の中では、「世界」と「個人」は区別される。完璧な動かない「世界」があり、その中に「個人」が存在する。「個人」は、さらに「我」と「他」に区別される。

世界は変化させる事が出来ないのだから、あらゆる変化は「我」か「他」を変化させる事によって成立する。

自己責任が尊ばれる背景には、「世界」を不動と考える思考形式があるのだろうか?

自己の絶対化。それは、「他」の絶対化である。実際には、「我」は存在しない。だから、「他」を動かさなくては、変化は発生しない。

そうした価値観の中では、問題が発生した場合、その背景には何者かの「罪」がある事になる。罪人に対して「罰」を与えれば、問題は解決する事になる。

この問題は根深い。

②何となく考えた事2
以下の言葉を思い出した。

昼朝龍「朝青龍がやられたようだな」
夕朝龍「奴は四朝龍の中で最弱」
夜朝龍「審議会ごときにやられるとは四朝龍の面汚しよ」

どこで聞いた言葉だっけ?

その後、身体を動かさないのは良くないと思い、掃除と調理をする。

餃子を一から作ったけど、冷凍餃子を買うよりも、高くついてしまう。節約を考えると自炊は出来ないのか?

人気ブログランキングへ

メキシコ、マレーシア、トルコ、フィリピン

エコノミスト(2012.12.25)のP36『伸びる新興国』から。

人口動態や競争力から将来有望と目される四カ国について。
以下はWikipediaへのリンク。

<メキシコ>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3

<マレーシア>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2

<トルコ>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3

<フィリピン>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3

【人口動態】
生産年齢人口(15歳~64歳)の伸び率が高い国は、豊富な労働力の供給と消費の活発化を通じて経済成長が加速し易い。2010年~2015年の生産年齢人口の伸び率を比較すると、フィリピン、マレーシア、インドの等のアジア諸国と、エジプト、メキシコ、コロンビア、トルコが高い伸び率を示す(1.5%~2.5%程度の伸び率。日本は-1.0%程度)。

【競争力】
世界経済フォーラム(WEF)が発表している「国際競争力指数」の2010年~2012年の変化率を比較すると、英国、韓国、フィリピン、シンガポール、マレーシア、トルコ、メキシコの競争力が改善している(約0.2程度の指数向上。日本は殆ど変わらず)。

ここで、人口動態と競争力の両面から優位に立っているメキシコ、マレーシア、トルコ、フィリピンをMMTPと記事の中では呼んでいる。

ポイントは、以下の2点。

①下請け産業
2011年のメキシコの平均賃金は中国の1.4倍。2003年は中国の5.4倍だった事を考えると、競争力は向上している。メキシコは、2020年には人口ボーナス期(生産年齢人口が従属人口の倍以上になる期間)に入る見通し。
既にメキシコからの自動車の輸出台数はドイツ、日本、韓国に次ぐ世界第4位となっており、今後、数年の内に韓国を抜く勢い。

フィリピンは英語が公用語である事から、アウトソーシングに強みがあり、コールセンター業務がビジネス・プロセス・アウトソーシングの60%程度を占める。2013年5月の中間選挙後に税制改革や工業部門改革が進展すれば、2013年後半には格付けが「投資適格」に引き上げられる可能性がある。既に2011年の対内直接投資は2561億ペソ(約4700億円)と過去最高を記録している。

②イスラム経済
イスラム教徒の人口は、世界の1/4を占めており、2030年まで平均3.1%増と、イスラム教徒以外の倍のペースで増える見通し。

トルコでも人口は急増しており、2022年にはドイツを抜き欧州地域ではロシアに次ぐ第2位の人口を持つ事になる。トルコの人口ボーナス期は2010年~2040年の見通し。

マレーシアは、イスラム金融の中心地であり、世界のイスラム金融債の約60%はマレーシアの銀行引き受けにより発行されている。
2011年の対内直接投資は、213億リンギット(約5550億円)とアジア危機以来の高水準となっている。またハラル認証(イスラム教徒が宗教的に食べたり、利用出来る事の証明書)の拠点である世界ハラル評議会本部は、マレーシアの首都クアラルンプールにある。

***********

日本にいながら他国に投資出来るようになったのだから良い時代なのだと思う。何かをするにしても来年からだろう。

人気ブログランキングへ

疲れ易い

無感動な状態。

twitterに登録したい。

人気ブログランキングへ

わたしを離さないで

読んだ本の感想。

カズオ・イシグロ著。2006年4月20日 初版発行。

2012年11月28日放送のWBSワールドビジネスサテライト「スミスの本棚」のコーナーで石黒浩教授が推薦していた本。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%82%92%E9%9B%A2%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7

以下は感想。ネタバレ。

平行世界?の1990年代末の英国が舞台。この世界では、臓器提供用のクローン人間が実用化されており、彼らの幼少期からの生活が綴られている。真に愛し合っている恋人同士ならば、臓器提供者となる事を猶予される噂を聞いたクローン人間達は、噂の真相を探るが、世界から愛情の価値は消え失せていた。

【用語】
提供者:臓器を提供するクローン人間の事。
介護人:提供者を介護する人間。
    クローン人間が担当するらしい。
⇒クローン人間は、子供を産む事が出来ない。
ヘールシャム:クローン人間達が通う学校の一つ。
展示館行き :ヘールシャムでクローン人間達が作成した
       創作物を外部へ持って行く事。
ノーフォーク:英国の州。
       ヘールシャムの授業で、唯一、風景写真が無い。
       作品内のイメージでは、「失われた物の集う場所」
       として扱われる。

【登場人物】
キャシー・H:主人公。クローン人間。
ルース   :クローン人間。
       主人公の友人。我が強い性格。
トミー・D :クローン人間。
       ルース、主人公と付き合う事になる。
       工作が苦手で癇癪を起し易い幼少期を過ごす。
エミリ   :ヘールシャムの主任保護官。
ルーシー  :ヘールシャムの保護官。
       クローン人間達を人間として扱う教育を
       理想としている?
ジュラルディン:ヘールシャムの保護官。
        優しい性格?
        誘拐される妄想を生徒の一部から抱かれている。
マリ・クロード:マダムと呼ばれている。
        ヘールシャムに展示会行きになる創作物を
        取りに来る。

【人間とクローン人間の違い】
旧来の価値観で思考するクローン人間達と、変化してしまった人間達の価値観の違い。

石黒教授も語っていたけれど、この話の特徴は、クローン人間達が臓器提供のために生かされている自分の運命から逃げたり、戦ったりしない事だろう。彼らは、主観的には生きようとしているが、それは枠組みの中の行動でしかない。共同体から生きる猶予を貰う前に、逃げる選択肢を思いつかない。

それは以下のように教育の成果なのか?

P38:
おれたちはちゃんと教わっているようで、教わってないんだってさ

P69:
たぶん、モイラの言葉は、ある一線を一緒に超えようという誘いだったのだと思います。そして、わたしにはまだその用意がありませんでした。その一線の向こうに何か冷たく暗いものを感じ、いらない、と思いました。わたしだけでなく、みんなのためにも、あれはいらないと。

以下のP100の記述とP314の記述は対になっているのだと思う。

P100:
何をいつ教えるかって、全部計算されてたんじゃないかな。保護官がさ、ヘールシャムでのおれたちの成長をじっと見てて、何か新しいことを教えるときは、ほんとに理解できるようになる少し前に教えるんだよ。だから、当然、理解はできないんだけど、できないなりに少しは頭に残るだろ?その連続でさ、きっと、おれたちの頭には、自分でもよく考えてみたことがない情報がいっぱいつまってたんだよ。

P314:
キャシー、歴史的に見るとどうなります?戦後、50年代初期に次から次へ科学上の大きな発見がありました。あまりに速すぎて、その意味するところを考える暇も、当然の疑問を発する余裕もなかったのですよ。

⇒人間もクローン人間も変わらない。良く考えた事の無い常識に縛られている。

冒頭で、癇癪を起こすトミーを見た主人公は、トミーから滑稽な何かを感じる。あんなだったら、何かをされても仕方が無い。そしてそれは、彼の工作の不器用さと結び付けられる。創造意欲が無い。だから何かをされても仕方が無い。

この時、主人公は、自らも外部から同じように思われている事に気がついていない。

展示会は、クローン人間も人間と同じように「心」を持つ事を証明するためのものだった。展示会にて創作物を見せる事で、クローン人間の感受性や理知を見せる。

やがて社会から感受性や理知を尊ぶ気風は失われていく。

主人公は、子供の時に失くしたカセットテープと同じ物?(『夜に聞く歌』ジュディ・ブリッジウォーター)をノーフォークで見つける。3曲目には、「わたしを離さないで」という歌が収録されている。

この歌の解釈が、クローン人間である主人公と、そうではないマリ・クロードで異なる。

主人公の解釈:
子供を産めない女性に奇蹟が起こり、出産する。子供が自分から離れないで欲しい。

マリ・クロードの解釈:
素晴らしい新しい世界が来る。それは無慈悲で残酷でもある。消えつつある世界が離れないで欲しいと懇願している。

⇒人類は一線を越えた。愛情は旧世界の遺物になった?

小説の最後に、主人公はノーフォークに行く。失われた物の集う土地。ノーフォークの海岸には、あらゆる塵が散乱している。主人公の空想は、柵に禁じられて進む事が出来ない。乗り越える事を思いつく事が出来ない。

多分、この塵が、人類が一線を越える毎に失ってきた何かの暗喩なのだろう。そして、クローン人間達の愛情も、一線を越えた際に、何かと引き換えに手に入れたものであり、大きな流動の中に人間は存在するのだと思う。

人気ブログランキングへ

疲れた

病院の精神科で、障害者手帳の取得と就職について相談する。

とても疲れた。

人気ブログランキングへ

衆議院選挙について

読売新聞の記事から。

2012年12月16日に投開票が行われた衆議院選挙について。

選挙後のポイントとなる議席数。

◆241

衆議院の過半数である241議席以上が無いと、衆議院で予算案や法案を通す事が出来ない。

前回2009年衆議院選挙は民主党が、前々回の2005年衆議院選挙では自民党が単独で過半数を獲得した。

◆320

320議席は、衆議院の2/3に相当する。憲法59条は、以下の場合、衆議院の出席議員の2/3以上の賛成で再可決されれば、法案が成立するとしている。

①衆議院で可決された法案が参議院で否決された場合。
②60日以内に採決されなかった場合。

2012年12月16日現在、参議院で過半数を握る政党は無い。衆参で多数派が異なる「ねじれ国会」の状況が続く可能性があるだけに、与党は周銀で2/3を握れれば政権運営のハードルが低くなる。

2005年衆議院選挙で自民、公明両党は計327議席を獲得した。2007年の選挙で両党は過半数を失い「ねじれ国会」となったが、2007年~2009年にテロ対策特別措置法などを衆院の再可決で成立させている。

憲法改正の発議には、衆参両院でそれぞれ総議員の2/3以上の賛成が必要だ。この意味でも「320」は必要になる。

◆51、21、10
51:内閣不信任決議案や予算に関連する法案については
  提出者と議員50人=51人の賛同を必要とする。
21:予算を伴わない法案は、提出者と議員20人=21人の賛同を
  必要とする。
10:党首討論に参加するには、衆参の何れかで10議席以上の勢力を
  有している必要がある。

*********

今日の選挙は、一つの節目であったけれど、これからどのように動くのか?

人気ブログランキングへ

ピーターの法則を読んで

「発達障害」という概念は、ピーターの法則で言うところの「ピーターの痛み止め」なのかもしれない。

教育過程においては、特別支援学級を作り、職場においては障害者枠を作り、適応出来ない人間達を横滑りさせる。そうすれば、適応出来ない人間達が、適応している人間達の邪魔にならない。

問題は、適応出来る人間達が、どのような環境でも有能であるとは限らず、適応出来ない人間達が、どのような環境でも無能であるとは限らない事だろう。

amazonのレビューを読んでいると、「ピーターの法則再訪」という法則が2010年のイグ・ノーベル賞を受賞したらしい。業務において必要とされる能力は、各階層によって異なる。だから、ある業務において有能であった人が、昇進して別の業務を担当した時に、同じように有能であるとは限らない。むしろ、無能である可能性が高い。

だから、人々をランダムに昇進させた方が、組織が効率的になる事をコンピュータシミュレーションによって示したのが、「ピーターの法則再訪」であるらしい。

そして、ピーターの法則の中でも問題提起されていたけれど、能力向上は本当に人間を幸福にするのだろうか?

発達障害者の互助会に参加すると、予想以上に意思疎通能力が高い人が多い。冗談も言うし、こちら側に気を使う。そうした事が出来るようになるまでは、様々な経験を積んだのだろう。

それども、そうした人達の経歴を聞くと、生活費を稼ぐ手段が無かったり、職場を転々としていたり、職場で問題を抱えていたりする。能力を向上させた結果、本人にとって適性の無い業務を担当する職場に入ってしまう。或いは、周囲からの要求水準が高くなる。

能力を向上させる事と、生活の質を向上させる事は別なのだろう。

能力向上 = 「押し」、生活向上 = 「引き」という事だろうか?

内面の能力を向上させるよりも、周囲の環境をどのように構築するのかという事なのだと思う。

人気ブログランキングへ

ピーターの法則

読んだ本の感想。

ローレンス・J・ピーター/レイモンド・ハル著。
2003年12月11日 第1刷発行。

何故、社会の至る所に「無能」が溢れているのか?無能の原因は何か?

人間は絶えず階層を作り続け、それを維持する手段を求め、それなのに階層を破壊しようとする指向性がある。



1 世界には無能がはびこっている―ピーターの法則
階層社会の問題点。
ある地位において「有能」であった人間も、地位が向上していくに連れて求められる能力が変化し、「無能」な人間になる。そして、「無能」であるがため、それ以上は昇進せず、又、低い地位へ戻る事も出来ずに「無能」な状態に留まる。

ピーターの法則:
階層社会では、全ての人は昇進を重ね、各々の無能レベルに到達する。

ピーターの必然:
やがて、あらゆるポストは、職責を果たせない無能な人間によって占められる。
⇒新しい地位で「有能」であっても、次の昇進が待っている。
 昇進は「無能」であると認められるまで続く。
⇒仕事は、まだ無能レベルに達していない者によって行われる。

2 ピーターの法則に支配される社会―<検証>ピーターの法則
・ライン的昇進
 ⇒直系組織内の昇進。
・スタッフ昇進
 ⇒役割の変化。

あらゆる階層社会において、ピーターの法則は共通して存在する。

3 ついに例外は発見されなかった―疑似昇進の研究
例外はあるのか?著者は、以下の例を見かけだけの例外として、階層社会に所属する人間は、ピーターの法則から逃れられないとしている。

①強制上座送り
無能であるからこそ昇進する者。それは疑似昇進である。
その効能は以下の通り。
 1.人事の失敗をカモフラージュする(無能であると認めない)。
 2.部下の勤労意欲を高める(無能でもチャンスがある)。
 3.階層社会を維持出来る。

②水平移動
昇進するのでなく、新しい肩書を与える。大きな組織ほど容易に行える。部下が1人もいない管理職。

③ピーターの本末転倒
職業的機械反応 ― 仕事の目的よりも、手続きや書類が揃っている事が重視される。無能レベルに達した上司は、組織の自己都合で部下を査定するため、組織のルールや上司の指示に従う人間が昇進する。

④階層的厄介払い
生産性の高い人間が放逐される。通常の無能人間は出世出来ないだけで解雇されない。しかし、極度に有能な人間は、階層を破壊するため、階層社会を崩壊させてしまう。

同じように極端に無能な人間も解雇される。
 1.生産するものが無い(アウトプットの問題)
 2.階層の内部基準に従った行動が出来ない(インプットの問題)

⑤親の七光り人事
オーナーが既存の社員を「水平移動」、「強制上座送り」するか、新しい役職を新設する等して、身内を管理職として登用する。
⇒この場合、登用された人間が無能であれば、その地位に留まり、有能であれば、無能になるまで昇進する事になる。

4 能力によらない昇進―引きと昇進
引き:従業員が階層内の上司と繋がりを持っている事。

引きを手に入れるには、以下の5点が肝要である。

①パトロンを見つける
 階層内で上位にいて、昇進の力になってくれる人を見つける。
②パトロンには動機を与えよ
 自分を助ける事による利益は何か?
③はい出せ!はい出せ!
 昇進すべきポストが、無能レベルに達した人間(特大漬物石)
 によって塞がれている場合(ピーターの難所)、昇進ルートを
 軌道修正する(ピーターの急がば回れ)。
 この場合、塞いでいる上司が無能レベルに達しているかを
 見抜く必要がある。
④見切りは早めに!
 より高い地位のパトロンに鞍替えする。
⑤複数のパトロンを持て!
 パトロンの数が増える毎に、引きの効果は倍増する。

引きは、無能レベルに達するのを早めてくれる。

5 がむしゃらな昇進の追求―押しと昇進
押し:上昇志向の力。
   階層社会では、年功序列の圧力の前に潰される。

押しが過大評価される理由は以下の2つ。

①熱心に働く押しの強い人の方が、高い所まで早く昇進する
 という思い込み。
②押しの強い人間は、管理職の勲章のようにノイローゼや不眠症等の
 病気を患うため、最終ポストに辿り着いたかのように
 勘違いされる。

最終ポストに辿り着いた「終点到達症候群」と「終点到達もどき症候群」の違いは、有益な仕事を成し遂げつつあるのかによって見極める。

6 服従する者と指導する者―昇進のパラドックス
良き服従者が昇進し、指導者として無能になる話し。

・指導力を発揮出来ない。
・部下の仕事の効率を低下させている。
・上司の時間を浪費している。

指導力があり、有能な人間は既存の階層組織ではなく、新たな組織を作る。又は、階級制度が崩壊した場合に、例外的に昇進する。

指導力を持った人間は、不服従という無能を持っており、昇進しない。階層社会は、ルールや伝統や細かい法律で縛られているため、高位のリーダーであっても、前例を守り規則を遵守していればリーダーシップは必要無い。

7 政治家と役人はなぜ無能なのか?―階層社会学と政治
あらゆる政治体制は、無駄で無能な人間を蓄積する。

経済や政治の問題を解決出来ない理由は以下の通り。

①専門家が無能レベルに到達している。
②有能な人間が実行力を持っていない。
③政治や経済の組織が階層組織であるため、何も実行出来ない。

そうした無能の蔓延り方は、平等社会の方が酷いと言える。階級社会の場合、有能な人間が一定以上には昇進しないので、有能な状態に留まり続ける。階級の上層でも、ポストの数が少ないため、無能レベルに到達する人が少ない。

8 無能を発見した人々―先駆的研究の紹介
無能についての、先人達の言葉。

①ことわざや格言
 ・靴の修理屋よ、今の仕事をしっかりやれ。
  ⇒昇進してはいけない。
 ・料理人が多いとスープを駄目にする。
  ⇒人間が増えると、無能に達する人間も増える。
 ・女の仕事に終わりは無い。
  ⇒主婦として無能レベルに達する女性。
②詩人や作家
 ・オマル・ハイヤーム
  ⇒『ルバイヤート』の中で、博士や成人が道理を
   教えてくれないと語る。
 ・アレクサンダー・ポープ
  ⇒『人間論』の中で、自らが有能でいられる場所に
   留まろうとしない事について書く?
 ・シドニー・スミス
  ⇒職業において無能になる人々。
 ・ワシントン・アーヴィング
  ⇒愚鈍な人間の方が登用され易い。
 ・カール・マルクス
  ⇒階級の無い社会の実現を説く。
   人間が階層を志向する事を理解していない。
 ・エミリー・ディキンソン
  ⇒成功は、成功しない者にとって最も甘美である。
  ⇒無能になるまで、人は昇進を望む。
③心理学
 ・ジークムント・フロイト
  ⇒心理学は、患者の内部の研究をするが、
   階層社会学は、患者の外部を研究する。
  ⇒P103.人間は自らの動機に対して無意識であり、
      自らの感情を理解せず、それゆえ自らの欲求不満を
      解消するべくもない。
 ・スティーブン・ポッター
  ⇒相手に先んじたいと思うのは、人間が生来持っている衝動。
   先手必勝術。
   他者より秀でたい。
④パーキンソンの法則
 ・シリル・パーキンソン
  ⇒組織が肥大化する原因。
   ◎仕事は、就労時間一杯まで引延ばされる。
   ◎仕事が減っても人が減る事は無い。
著者は、パーキンソンが、上位にある者が分割統治策を採用する事で、自己の権限を拡大させるとしている事を批判する。
 1.上位にある者は、そのような効果的な計画を立てる能力が無い。
 2.効率が低下する事は、上部の者にとって不利益である。
 3.部下の人件費が低いほど、上層部の利益は増す。
⇒余剰人員の問題は、人を増やす事による一時的な効率改善にあるとしている。

また、パーキンソンの法則は、封建型階層モデルで考えているが、①副社長の数が多いT型モデル②下部の従業員がコンピューターによって代替された変形モデル等がある。

⇒著者は、仕事が就労時間一杯まで膨らむのでなく、組織の寿命を超えて膨らみかねないとしている。無能な人間が労働を続ける事は、会社や政府を破綻させ、社会を崩壊させるほどに危険。

9 なぜ人は無能へと突き進むのか?―階層社会の心理学
無能な人間の内面はどうなっているか?

昇進こそが職業的無能の原因と理解している人は少ない。誰もが自己を正当化し、原因を取り違えている。問題の原因が職業的無能にあると悟っても、解決のための行動に結び付く事は少ない。それは挫折ではなく成就だ。成功したからこそ無能になった。

偽善的いじけ症候群:
自分は役立たずであると悲観している状態。

適性検査をしても、昇進するにつれて別の能力が必要とされるようになり、無能になる。外部の経営コンサルタントの査定も、コンサルタント自身が無能状態になっている。

また、階層の頂上で有能となっている頂上有能の場合でも、そうした状態に満足する人はいない。誰もが刺激を求める。強迫的無能。

10 無能が無能を生む―ピーターの悪循環
無能の算数:
無能に無能を加えても、相変わらず無能のままである。

好意の無能者を救おうという取り組みは、多くのポストを作り出し、さらなる無能到達者を作り出す事になる。

11 あなたの病気の本当の原因は?―成功の病理学
無能レベルに到達した人々の病気について。背負った責任のために、身体的に無能状態に達する。

終点に到達した者に、薬の投与や外科手術、気持ちを楽にしろというアドバイスは無意味。原因は、彼らの無能にあるからだ。

職業以外の分野で有能さを感じる事が大切?終点到達症候群が、地位の高さの象徴となっているのか?

12 無能ゆえの奇妙な行動―ピーターの人間観察
終点に到達した人間を見分ける特徴。

①電話依存症
 連絡が取れない事を無能の言い訳にする。
②書類恐怖症
 自分が出来ない仕事を思い出すのが嫌。
③書類溺愛症
 仕事に忙殺されている印象を与える。
④ファイル偏執症
 過去の記録に没頭
⑤巨大デスク依存症
 同僚よりも大きな机を持ちたがる。
⑥デスク恐怖症
 仕事場から机を撤去する。

心理学的特徴

①自己憐憫症
 現在に悲観的で過去を賛美する。
 ポストの殉教者と自称しながら、地位を他人に明け渡さない。
②フローチャート狂信症
 組織図や業務フローチャートに異常な関心を持つ。
③難癖症
④シーソー症候群
 決断が出来ず、イエスとノーの間を揺れ動く。
⑤外見偏屈症
 服装や顔を根拠に好き嫌いを言い出す。
⑥惰性的バカ笑い症
 仕事をしないで冗談を連発。
⑦建造物執着症
 巨大モニュメントを造りたがる。

話し方に表れる症状

①頭文字・略称愛好症
 頭文字や数字を使って話す事に執着する。
②万能会話・万能スピーチ
 文章のテンプレートを用意しておいて、スピーチに使う。

13 無能レベルでの健康と幸福―すりかえの術
無能は怠惰ではない。今より働いても困難な状況を乗り越える事は出来ない。自らが無能であると気がつかない方が心身共に健康でいられる。

そのための「すりかえテクニック」は以下の通り。

①無限準備
仕事に着手する前に、時間を稼ぐ。行動を起こす必要性を確認、代案を検討、順序立てて注意して事を運ぶ。

②脇道スペシャル
些細な事を頑張れば、大切な事は、他の人間がやってくれる。

③イメージ一人旅
本来なすべき任務を遂行するのでなく、理念の重要性を説く。雇用主に満足が保証されるものでない。

④徹頭徹尾我関せず
自分の任務を遂行しない。主婦の間で普通に見られる。階層社会では、上層部に限り存在する。

⑤管理職渡り
臨時管理職を渡り歩く。本来の職務を免除され、臨時職においても正式な任命でないため、仕事はしない。

⑥戦線縮小方式
大半の仕事を切り捨てて、ささやかな任務に集中する。

⇒終点に到達し、無能であっても、上記のテクニックを駆使する事で、職業人生を健康で満足度の高いものにする事が出来る。

14 創造的無能のすすめ―知恵と戦術
ピーターの受け流し:
打診された昇進を断る。

しかし、昇進を断っても、幸福で健康になれるとは限らない。結婚している場合、配偶者や子供からの突き上げがある。

そこで、打診をされないように、職務以外の分野で逸脱している事を見せる方法がある。昇進の話を持ちかけられないように工夫する。

終点到達者に見られる、書類恐怖症や書類溺愛症、シーソー症候群を、職務の遂行に支障をきたさないように示せば、自らが無能レベルに達している事を見せる事が出来る。

⇒創造的無能

変人ぶりを発揮し、一匹狼になり、外見を演出する。

15 ピーターの法則が世界を救う―進化論的応用
ピーターの法則を、種としての「人類」の有能さや無能さという、進化論的次元で考える。

人類も進化の階層において、無能に達するのか?

人間の前には時間が沢山あり、神や天使等の人間より上位の階層が存在する。

恐竜、剣歯虎、翼竜、マンモス等の種は、彼らに繁栄を齎した特質が、最後には彼らを無能に導いた。

以下の不吉な前兆がある。

①階層の地盤沈下
無能な人間に、教育上の強制上座送りを適用する事で、全体のレベルが下がる。高校卒業という資格は、かつては有能さを示すものだったが、今では不適格の証明になっている。

早急に、多くのエンジニア、科学者、教師が求められる結果、求められる水準が低くなる。

②コンピュータ化された無能
操る手段が強力であるほど、生じる効果、弊害も、操作者の有能、無能次第で増幅される。

 ・コンピュータを製造している企業にもピーターの法則が
  当て嵌まるので、無能は無くならない。
 ・コンピュータを操作する人間が無能である場合。
 ・ある仕事を立派にこなすコンピュータは、別の仕事を
  割り振られ、いつかは無能に到達する。

進歩を推進すると、人類は種としての無能レベルに到達するのではないか?

以下の4つの特効薬がある。

①ピーターの予防薬
マイナス思考。進歩や昇進の前に、その負の側面について考える事が出来る。

②ピーターの痛み止め
無能レベルでも、健康と幸福を手に入れる。教育の強制上座送りの場合、規定値に達しない生徒を特別教室に水平移動させる手段がある。

階層を上昇する者の邪魔にならないし、学年や学位の値打ちも下げない。職業の世界では既に適用済み。

③ピーターの気休め薬
無能な労働者には、昇進の意義を説くのでなく、労働の尊厳を説く。気休め薬の服用者は、益にならないが、人畜無害。職業の世界が機能停止する事は無い。

④ピーターの処方箋
良く理解出来なかった。生活を向上させる?
月面探査ロケットを作るのでなく、安全で快適な高速交通システムを作る。大気を汚染しないエネルギー源の開発。量のための量の追求でなく、質の向上。

人気ブログランキングへ

カテゴリの整理

名無しさん@ニュース2ちゃんさんから以下の記事にコメントがありました。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-816.html#comment145

大した事ではないんだけれど、僕のブログも活用されているのだという気がします。

それなので、ブログの左側にあるカテゴリという項目に、検索サイトで検索すると僕のブログにヒットする言葉を幾つか追加しています。ここ一~二週間ほどで、読んだ本の感想と未分類という項目しかなかったのが、随分とにぎやかに成りました。

気のせいかもしれないけれど、僕のブログの特定の記事を探している方がいるようにも感じるので探し易くしています。

ただし、「三橋貴明 不倫」、「野波ツナ 自己中」という2大検索ヒット言語は入れていません。カテゴリに入れると気分が悪くなるからです。同じ人が同一の言葉を定期的に検索しているのかな?

「誰からも嫌われる」という言葉でも、僕のブログは検索出来るのですが、この言葉もカテゴリには入れていません。

これからも多く検索される言語があれば、カテゴリに追加していこうと思っています。

人気ブログランキングへ

パーキンソンの法則

読んだ本の感想。

C.N.パーキンソン著。昭和55年3月12日 初版発行。

行政に関する原理原則について。批判する人も多い内容だと思う。著者の独特の思考形式を成り立たせる特質は何だろう?



政府
1 パーキンソンの法則 ― 役人はどんどん増える
役人の数は、仕事量が増えようが減ろうが、はたまた全く無くなってしまおうが、そんな事に関係なくひたすら増え続ける。

人員増加の動機付け要因は以下の2つに要約出来る。
①役人は部下を増やしたがる。しかし、ライバルは望まない。
②役人は互いに仕事を作り合う。

要因①によって、1人でやっていた仕事を複数で行うようになる。要因②により、複数人の相互関係から生み出される仕事が発生する。

著者の調査では、英国において、1914年に主力艦62隻、海軍士官と水兵は14万6000人だった。1928年には、主力艦は20隻、海軍士官と水兵は10万人に減少しているが、同期間に海軍省役人は、2000人から3569人に増加している。

2 二十一年後 ― 私の預言は当たったか
著者が1958年に、「パーキンソンの法則」を発表してから法則は立証されたか?その確認は困難であるとしている。役人の数は把握し難い。法則が知られる事による影響もある。

3 パーキンソンの第二法則 ― 金は入っただけ出る
政府の歳入は、入っただけ全て使用される。

著者は解決策として、各省の要望を聞くのでなく、予算を割り振る方法を推奨している。

財政
4 些事こだわりの法則 ― 関心得失の分岐点
巨額の財政を人間は理解できない。よって、少ない金額に拘る事になる。

5 課税の限界 ― 二0パーセントをこすと・・・・・・
古代では、税金が総生産の10%を越すと、納税者が支払いを拒否する事になる。

6 税金のがれ ― 節税と脱税
課税が所得の10%なら、脱税の経費は税額を超えてしまう。お金が浪費されていると思うと、納税に関する拒否感が強まる。

人事
7 適格者選択の原理 ― 総理大臣の選び方
人選の原理について。
以下の2通りがあるとしている。

①イギリス式
面接試験。家柄が重視される。

②中国式
選抜筆記試験制度。
第一セッション ― 論文3つと八節からなる詩を作る。
第二セッション ― 古典的なテーマで5つの論文を書く。
第三セッション ― 政治技術についての論文を5つ書く。

⇒東インド会社は1832年に、この方式を採用し、1855年には英国の公務員試験に導入された。

著者は、選抜の問題を志願者が多過ぎる事にあるとしている。広告を的確に書き、応募者が必要人数しか現れないようにするべき?
⇒この章の記述は論理的(良い意味で無い)だった。独特の思考形式。

8 ナンバー2 ― あなたは社長になれるか
著者は組織内のナンバー2について、以下の2通りに分類している。

①ナンバー2の地位に満足している者
②ナンバー1に成りたがっている者

さらに②を以下の3通りに分ける。

A.ナンバー1が任命した者
B.ナンバー1が就任する前からナンバー2だった者
C.合併したために、その組織に入った者

上記の内で、A.がナンバー1に成り易いとしている。

また、有能なナンバー2にナンバー1の素養があるかは、以下の3つの質問で足りるとしている。

1.風邪を引いたり高熱を出すのは何曜日ですか?
 ⇒休日以外に病気にならない。
2.他の連中が「出来ない」と言ったり、やらないと言った事を
 何でもやる覚悟があるか?
3.君はジョー・ウィッターリングをクビにする覚悟があるか?
 ⇒善人であっても、必要とあれば切り捨てる覚悟があるか? 

9 先輩を退陣させる法 ― 退職の潮時
退職時点の分析について。

(1)資格取得の年 = Q
(2)思慮分別の年 = D = Q + 3
(3)昇進の年 = P = D + 7
(4)責任の年 = R = P + 5
(5)権威の年 = A = R + 3
(6)業績の年 = AA = A + 7
(7)卓越の年 = DD = AA + 9
(8)威厳の年 = DDD = DD + 6
(9)叡智の年 = W = DDD + 3
(10)邪魔者の年 = OO = W + 7

仮に、専門的職業についた年齢を22歳とすると、72歳になるまで邪魔者の年齢にならない。そして(6)から以下のように分岐する可能性もある。

(6)欲求不満の年 = F = A + 7
(7)嫉妬の年 = J = F + 9
(8)あきらめの年 = R = J + 4
(9)忘却の年 = O = R + 5

(6)の年齢時に、支配権を握っている上役が存在する場合、道を塞がれて欲求不満の道を歩く事になる。欲求不満の年には地方政治に関心を持つようになる。嫉妬の年が来た時に年功序列を問題にし始める。

問題は、上役として道を塞ぎ、優れた能力を持つXをどのように退職させるかだ。著者は、飛行機旅行をさせるのが良いとしている。寒暖差が激しい地域を短期間で行き来させる。それに書類記入を合わせると、Xに負担を与えて退職を意識させる事になる。

書類は、①解り難さ②スペースの無さ③間違いに対する厳罰、を持って構成される。

戦術
10 嫌な奴="ノー・マン" ― 役所でOKをもらう法
組織階層では、イエス・マン(肯定する人)とノー・マン(否定する人)が交互に積み重なっている。

組織外部から内部に働きかける場合、

①簡単に諦めない。イエス・マンを見つける
②イエス・マンを見つけた場合、彼を利用する
③ノー・マンを見つけた場合、関わらないようにする

申請計画を立てる場合は、組織構造全体のノー・マンが存在する個所を調べ、イエス・マンを通して申請が成されるようにする。行動パターンを調べる事が大切。

11 引延しの法則 ― 「ノー」といわずに「ノー」という法
引延し屋について。はっきりノーと言わずに決定を引延ばす。

引延ばす事により、議論せずに否定する事が出来る。

12 大衆の意思 ― 中間派が決定を左右する
議論や演説には意味が無い。一方は最初から反対だし、もう一方は最初から反対だ。議論の勝敗は、内容を理解していない人達によって決まる。彼らを味方につけるには手本を示さなくてはならない。

組織
13 閣僚の数は何人が適性か ― 能率、非能率の分岐点
理想的な閣僚の数は5人だ。しかし、実際には閣僚の数は増え続ける。閣僚数が20人を超えると、会議では何も決まらなくなる。そこで少人数の重要メンバーによって事前に決定をするようになる。

英国の行政機構として「上院(貴族院)」があったが、次第に肥大化し、実務担当レベルはその中から選ばれた一握りのグループが行う事になった。これが「元老院」だったが、性質上また肥大化し、これも執行レベルで無意味な組織になり、やがて遂に「下院」が成立する。しかしソレも肥大化してその中の本当に実務的な小グループが「内閣」になった。

14 劣等感とやきもちの病 ― 停滞組織の治療法
組織の停滞について。

第一期:能力が無いのに嫉妬心の強い人物が出現する。
    ⇒業績基準が低くなる。
第二期:嫉妬心の強い人物が組織の中枢を握る。
    ⇒独善。目標が低いから、ほとんど全て達成される。
第三期:トップが実力の低い人物ばかりを配置するようになる。
    ⇒無感動。組織の崩壊点。

一度、病にかかると外部からの手術が必要になる。

15 建物が豪華になると ― 組織衰退の徴候
豪華な建設計画は、組織が崩壊する頃に始まる。

発見や発展が続く時は、立派な本部を造る暇が無い。

法則
16 真空の法則 ― 打つ手が悪いと・・・・・・
パーキンソンの法則の背後にある一般法則は、「打つ手が悪いと、そこに真空状態が生じ、それを埋め合わせようとする動きが広まる」というものである。

会社員は暇になると、暇を埋め合わせるために仕事を作り出す。人間は無為に耐えられない。

意思疎通の重要性について。

①社会は世界の産業が作り出したものである。
②金を使いたいなら、稼がなくてはならない。
③事業は雇用を生み出すが、事業の目的は雇用を生み出す事でない。

人気ブログランキングへ

働きたいけど働けない

2012.12.15 週刊東洋経済から。

障害者雇用の現状について。

厚生労働省によると、民間企業で働く障害者は2012年現在38万2000人。9年連続で過去最高を更新している。2013年4月には、厚労省は、以下を実施する。

①法定雇用率の引き上げ
 従業員数に占める障害者の比率を1.8%から2%に引き上げる。
②対象企業の拡大
 法定雇用率の対象企業を、従業員数56人以上の企業から、
 従業員数50人以上の企業に拡大する。
③納付金の支払い対象の拡大
 2015年度から、法定雇用率未達の場合の罰金の支払い対象を拡大。
 現状、常用雇用者200人以上の場合、以下の報酬と罰金が
 高齢・障害者雇用支援機構からある。

 報酬:超過人数 × 月2.7万円
 罰金:不足人数 × 月5万円

⇒現状、法定雇用率を達成している企業は、46.5%に留まっており、被雇用者数は生産年齢人口(18歳~65歳)の障害者330万人(身体障害者123万人、知的障害者27万人、精神障害者180万人)の約1割。上記①、②の施策で法定雇用率が未達となる企業は9000社以上。

障害者の就労支援事業を手掛ける「ウイングル」、:

http://www.wingle.co.jp/

求職中の障害者に、パソコンの講習や面接の練習を実施する。 

同様の就労支援を行う「アイエスエフネットハーモニー」:

http://www.isfnet-harmony.co.jp/

NPO法人「プロップ・ステーション」

http://www.prop.or.jp/

⇒障害者が就職するには、技術を身に付ける事が欠かせない。米国では、障害者の大学進学率が10%に達するが、日本では1%に満たない。

・障害者の経済状況について
就職していない障害者が収入を得る手段は、以下の2つ。

①障害者年金
    障害基礎年金  障害厚生年金
 1級  8万2791円   15万7183円
 2級  6万6976円   12万1904円
 3級   ―       6万5186円

 年金受給率:
  身体障害者 = 67.7%
  知的障害者 = 74.9%
  精神障害者 = 39.0%

②障害者施設での就労(全国に8000ほど存在)
 障害者就労施設での工賃の全国平均は1万3000円。
 
⇒旧共同作業所全国連絡会が2012年10月に発表した調査によると、障害者の9割超が年収200万円以下、5割超が年収100万円以下、生活保護の受給者は健常者の約6倍になる。

求人も短期労働の比率が高く、給与も健常者の6~7割。支払う工賃を高くするには、収益を上げる必要があるが、経営力向上と就労サポートを両立させる事が難しい。障害者就労施設からの民間企業への就職率は、3.6%(5675人)に留まるが、就労移行支援に限ると2008年度の10%から2011年?の20%に改善している。現状の企業等での就労者数は約44万人。

法定就労系福祉施設には以下がある。

①就労移行施設
 通常雇用が可能な65歳未満の障害者を対象に、就労支援。
 事業所数1557、利用者数1万6000人
②就労継続支援A型
 雇用契約を結び、最低賃金を保証する「雇用型」。
 就労可能な障害者が対象。
 事業所数629、利用者数1万3000人
③就労継続支援B型
 雇用契約を結ばず、工賃を支払う「非雇用型」。
 就労困難な障害者が対象。
 事業所数4590、利用者数12万9000人
④小規模作業所
 障害者自立支援法施行(2007年)以前から存在する施設。
 就労機会の提供、能力訓練の支援。
 事業所数1224、利用者数1万4000人

他に特別支援学校があり、2011年3月卒の卒業生は1万6857人、内4096人(24%)が就職している。

P94~P95では、発達障害について記述されている。
ハローワークに寄せられる発達障害者からの新規求職申込件数は、2004年の457件から2011年の4454件に増加している。

幼少期からのサポート重要?文部科学省による調査では、全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童の6.5%が発達障害の可能性があり、60万人に上る。

徳島県では、2012年4月に日本初の発達障害児専門の特別支援学校を開校。

徳島県立みなと高等学園:
生徒数は27人、1クラスは8人編成。就職を最終目標としており、入学後の5月から企業見学を実施し、11月には企業で5日間の実習を行う。

知的障害を伴う生徒が半数でありビル清掃等の就職に結びつく技術を習得させる。知的障害を伴わない生徒にはパソコンの専門教育を実施。

http://minato-ss.tokushima-ec.ed.jp/

人気ブログランキングへ

『シェア』からの抜き出し

『シェア』のP229~P230から。

1953年に米国空軍科学調査部は、戦闘機のスピード技術の進化をグラフにした。1903年のライト兄弟の初飛行での時速6.8キロを起点として、1905年に記録された時速60キロ、最後はF100戦闘機の時速1250キロをグラグに書き入れると、信じられない結果が出た。

4年後に、軌道速度に達する機械が完成する可能性が示唆されたからだ。

ソビエト連邦がスプートニクを打ち上げたのは、1957年だった。

この話は、『ザ・スパイク』(ダミアン・プロデリック著)に記載されているらしい。

***************

『シェア』のP264から。

「産業革命」という言葉は、フランスの外交官ルイ・ギヨーム・オットーが1799年7月6日に書いた手紙の中で初めて使用されている。

この言葉は、約90年後に、イギリスの経済学者アーノルド・トインビーが講義の中で、「産業革命」が近代史に与えた影響について論じるまで知られていなかった。

現在では、数年に一度、生活を一変させる技術変化が発生している。

1995年のニューズウィークに、クリフォード・ストールは以下のように書いている。

「先見の明があると言われる人達は、通信回線を通して働く社員や、インタラクティヴな図書館や、マルチメディアを備えた教室が実現すると言う。電子的なタウンミーティングやヴァーチャルなコミュニティの時代が来ると言う。商業やビジネスは、オフィスやモールからネットワークやモデムへと変わるだろうと言う。全くナンセンスだ」

1995年の時点でさえ、インターネットの影響は予測し難いものだった。

人気ブログランキングへ

シェア

読んだ本の感想。

レイチェル・ボッツマン/ルー・ロジャース著。
2010年12月12日 第1刷発行。



厚いけれど薄い本。インターネットによって富の形態が「所有」から「共有」に移り変わっていく様子が記述されている。実例が非常に多い。自宅の余った部屋をインターネットを通じて貸し出すサイト、不用品を交換するサイト、農地と農民を結びつけるサイト、ETC。

「所有」しなくとも「共有」する事で豊かになっていく。本書に書かれている内容は、既に古くなっているのだと思う。インターネットの世界では、日々、新しい形態が生まれ廃れるのだろう。

人間は、本質的に共同体の利に貢献したいという欲求があり、それが「共有」を成り立たせているとしている。

著者は、共有型の消費 = コラボ消費を以下の3形態に分類する。

①プロダクト=サービス・システム(PSS)
製品を100a%所有するのでなく、利用した分に代金を払う。使用頻度の少ない物である場合、 空間や通貨を節約出来る。商品との関係が「所有」から「利用」に変化する。
(カーシェア、コインランドリー、ETC)

②再配分市場
中古品や私有物を、必要とする人に配り直す。リユースと再販により、資源の消費を大幅に減らす。
(イーベイ、トイスワップ、ETC)

③コラボ的ライフスタイル
同一の目的を持つ人々が集まり、時間や空間、技術やお金を共有する。土地(オフィスや駐車場)、物、金、技術、食物、ETCを共有する。
インターネットを利用する事で、メンバー同士の調整が可能になった。

コラボ消費の四大原則。
著者は、コラボ消費の根底には、以下の4つの原則があるとしている。

①クリティカル・マスの存在
システムを自律的に維持するモメンタムの存在。使用者が満足しないサービスは長続きしない。多くの人を動かすには、大勢の消費者が変化している事を認識する必要がある。
②余剰キャパシティの活用
使用されていない、物品、空間、時間、資金の存在。余ったものを貸したい人と、借りたい人がインターネットで結びつく。
③共有資源の尊重
参加者達が、共同体に役立つ事をすれば、自らの社会的な価値が高まる事を自覚している。ネットワークが拡大する事で、全ての参加者にとって良いシステムになる。
④他者との信頼
「命令と支配」によらず、信頼によって成り立つ。監視者が存在せず、プラスの評判を築く事を参加者達が求める。

従来、物々交換が成立するには、互いが相手の差し出す対価を欲しいと思わなければならない = 欲望の一致。この偶然が一致する確率は低く「欲望の二重の一致」と呼ぶ。しかし、インターネット上では、地理的要因に縛られず、各個人の要望を効率的に結びつける事が出来る。

君主制の時代に始まった「中央集権化された通貨」は、直接取引(物々交換)を排除して取引の権限を集中させたが、取引能力が分散しようとしている。

そうした世界では、どれだけ多くアクセス出来るか?どれだけ高い評判を得ているか?が、「富」の源泉となり得る。

・2008年4月に自然科学研究機構生理学研究所(定藤教授)にて見つけられた発見。
脳の中心にある「線条体」について。線条体は、金銭的報酬を処理する領域。お金を貰うと線条体が反応する。定藤教授は、19人の被験者の脳をMRIで観測する事で、高い評価を得た場合も線条体が反応する事を確認した。
⇒脳内では、高い評価を得る事で、お金を貰う事と同一の処理が
 行われている。
⇒評価システムは、人々に責任のある行動を選択させる
 報酬の意味がある。
⇒評判資本は、第2の通貨足り得る。

インターネットを通じて、「価値」は再定義されつつある。「金」を多く所有する人より、高い「評判」と「信頼」のネットワークを持つ人が力と影響力を持つ事になる?

経済指標も、生産中心から多面的な価値の指標へと移り変わる。国民総生産(GDP)は、国の経済、成長、力を測るための指標だったが、こうした単純化された指標の地位は下がるだろう。

変化は、この瞬間にも発生し、僕達の生活は変貌する。大きな流れの中に僕達はいる。

人気ブログランキングへ

お金を使うようになったものだ

10年前、僕が未だに新入社員だった時は、今ほどにお金を使わなかったと思う。

僕が社会人1年目の時に、銀行のカードを破損してしまい、使用不可能になってしまったが、お金を銀行口座から下ろす事が無かったため、そのまま三ヵ月間、生活する事が出来た。

その時は、三ヵ月間を財布の中の3万円~4万円で暮らした事になる。

10年間で何が変わったかというと、コンビニを使用するようになった、自炊が面倒になった、本を買うようになった、買い食いをするようになった、エアコンを使うようになったと様々な変化がある。

お菓子を食べるようになった事もあるだろうか?10年前は、菓子類や清涼飲料水を摂取しなかった。

食事にしても、昔は近所の商店街で安い食物を買っていたが、今では惣菜屋で食物を買っている。餃子、ミートソース、グラタン、鰯ピラフ、ETC。

作らなくなった食べ物が沢山ある。

と、いうわけで今日は久しぶりに自炊してみた。近所の八百屋でバナナが一房40円で売っていたので、バナナジャムを作ってみる。砂糖を少なくし過ぎてバナナが固まってしまう。

「鶏肉のトマト炒め」と「野菜の霙汁」、「薩摩芋の胡椒焼」、ETC。800円で3日分の食事になるだろうか?自炊の方がコストパフォーマンスが良いのだと思う。10年前なら1週間分にはなった。生活費が高くなっている。

人気ブログランキングへ

風邪気味

体調が悪い。

大量に本を買う。
『シェア』、『ザ・ゲーム』、『グローバル思考の英会話』、『ゲーデル、エッシャー、バッハ』、ETC。何冊くらいを読むんだろう。読んでいない本が大量に積まれている。

今日も思ったけれど、集中力が持続しない。何かをしようと思っても長続きしない。

ベトナム語入門を読むが30分も集中出来ない。読んでいると、何のために読んでいるのかを自問自答してしまう。何のためにやっているのか?

この1年間で何をやったのかというと何もしていない。そうした事に対して焦燥感が無くなってきている。

人気ブログランキングへ

今日、考えた事

①互助会で聞いた事。
障害者手帳の取得に反対する人の話。
発達障害者という診断を受けている人がいる。仮にKさんとしよう。

Kさんが上司に、障害者手帳の取得を受け、障害者枠で働けないかを相談したところ、障害者手帳の取得なんて、人間として失格だと言われる。

では、Kさんの仕事上のパフォーマンスが良いのかというと悪い。一般枠で仕事をすると、一般枠としてパフォーマンスを求められるが、それが出来ない。だから障害者枠での雇用可否を相談しているのに、怠けるための言い訳と思われてしまう。

こういう話は多いのだろう。問題は、解雇が簡単に出来ない硬直化した雇用体系にあるのか?

②株、為替について
以下は、なんとなく現状の株式市場、為替市場に対して抱いているイメージ。

メイン:
先進国の低金利によって、資金が新興国市場に流入している。新興国の株式市場は既にバブル化している。しばらくすれば揺り戻しが発生するはず。新興国の株式を買うのはそれからだ。

サブ:
対ドル、対ユーロでの円は未だに割高である。もう少し円安になる可能性が高い。新興国の株式市場にしてもPERで見た場合、10~15倍程度とバブルになっているとは思えない。

⇒この2つを包括的にカバーする構造を作る事は難しいと思う。何よりも、自分の中から熱意が無くなっている気がする。どうしたものか?

人気ブログランキングへ

服と靴を買う

持っている靴と服に穴が開いた。

穴が開いた靴を修繕屋に持って行くと、500円で穴を塞いでくれた。修繕屋というのは、良い仕事だと思う。古い靴でも修繕すれば、安い費用で何年も使える。しかし、今回は靴が古くなり過ぎて、雨が降っている時は水漏れがすると言われたので新しい靴を買う。4900円だった。

これで私用の靴を2足、会社用の靴を1足持っている事になる。

古い方の靴は、7年前に1500円で買ったのだが、新しい靴は4900円。本当にデフレ何だろうか?

服に空いている穴は気にしないが、持っている服が長袖2着しかないので、酷使するのも悪いと思い、ユニクロとしまむらに行く。欲しい服が無い。

僕が身長が低いからSサイズの服を買おうとする。しかし、太っているのでSサイズでは腕が入らない。スタイルが既成服に対応していないのだ。

服を買っている時も思ったけど、本当にデフレなんだろうか?今の服を買った店は、潰れてしまっている。新しい服を買おうと思って、ユニクロやしまむらに行くが、その店よりも値段が高くて体に合わない服しか手に入らない。

僕が持っているコート、上着、ズボン、その他は10年以上使用している物が多い。服から「早く引退させてくれ」という声が聞こえてくる気がするので、どこかで新しい服を手に入れようと思う。

以下は、大学生1年の時の思い出。

T「おい、何だその服は?」
僕「これね、リサイクルショップで売っていた一番安い服達で、
  なんと、上下揃って500円しないんだよ」
T「お前、その格好で大学まで来たのか?
  ホームレスになりたいのか?」

その後、T君からTシャツ、先輩のMさんからジャージを貰う。そのジャージは今でも使っている。大学生の時は、無料で様々な人から服を貰ったけど、人間関係の薄くなった現在では、他人から服を貰う機会が無い。

本当にデフレなんだろうか?

人気ブログランキングへ

アスペルガーと動かないコンピューター

正確に記述出来る自信が無い。伝わらないと思う。フィクション。

6年前に、職場で使用しているプログラムを修正した時の話。

僕が修正を担当したプログラムは、会社の店舗毎のデータベースの使用率を算出するものだった。各店舗毎に、データベースの使用率を出力し、使用率が一定値を超えると警告を出すのだ。それまでは、データベースの使用率が70%を超えた場合に警告を出していたが、安全性の観点から使用率が50%を超えた場合に、警告を出すようにプログラムを修正する。

当初、修正は簡単なものだったはずだった。計算式を1行修正するだけで良いからだ。

しかし、一点だけ問題があった。それは修正を担当したのが僕だった事である。

プログラムの修正が完了すると、先輩のYさんが僕に話しかけてくる。

「ねえ、このプログラム、プログラム名がデータベース使用率算出ってなってるけど、これじゃデータベース名も分からないし、警告を出す事も分からないから、使い方を勘違いする人が出てくるんじゃない」

僕の回答は以下のようなものだった。

「何年も前から、このプログラム名でやっていて何の問題もないから良いんじゃないですか?」

Yさんが答える。

「私はそういう勘違いをしちゃうもん。だsfjか;ljkふぁぽfjkqp」

結局、プログラム名を修正する事になった。それが全ての始まりだった。

プログラム名を修正すると、Yさんは、次のような事を言い始めた。

「これデータベースの使用率を算出するプログラムだよね。もしも、このプログラムを使用してデータベースの作成をする人が出てきたらどうするの?」

何を言っているのか、理解出来なかった。システムに詳しい人なら理解出来るかもしれないけど、データベースを読み込んで使用率を算出する事と、データベースを生成する事は別の話だ。そのような勘違いなど発生するはずが無い。

そしてYさんの提示する解決策は常軌を逸したものだった。

「勘違いする人が出てきても大丈夫なように、このプログラムを使って、データベースの作成が出来るようにしようよ」

?????????

抗議するしかない。そんな事が出来るわけがない。

抗議していると、先輩のIさんと、後輩のSが話しに入って来る。

I「お前が楽をするために、業務を
  いい加減にやろうっていうのか?」
僕「だって、このプログラムは業務データも取り込めないし、
  読み込むだけのプログラム一本動かすだけで
  データベースの生成なんて出来るわけないですよ」
I「お前、アホだろ。プログラムで四則演算が出来るって事は、
  データベースの容量も算出出来るだろ。
  後は、誰かが立ち会って手動でデータベースを作る事も
  出来るじゃないか」
僕「何で、今ある手順を無視して勝手な事をやらなくちゃ
  ならないんですか?」
S「そんなに面倒臭いんですか?
  立ち会いくらい簡単じゃないですか」
Y「それに私、これが誰の照査も受けていない事が気になるの。
  Tさんとか有識者のチェックを受けて、上席の承認を
  とるべきだと思う」
僕「何でですか?このプログラムを修正する時に、
  僕の修正なんて信用出来ないって言って、修正内容はTさんが
  決めましたよね。何で今になってから有識者のチェックとか
  上席承認とか言い出すんですか。
  修正内容を決めた段階でやっておく事なんじゃないですか?」
Y「だって信用出来ないもん」

************

結局、プログラムをYさんの要望通りに修正する事にした。厄介な問題は、そのプログラムをどのように修正してもデータベースの作成が不可能な事だった。

そこで僕の見出した解決策は、誤魔化す事だった。実際に、データベースの作成が出来なくとも、データベースが作成出来たとするアウトプットデータを出力する事は出来る。

つまり、データベースを作成するのではなく、作成出来たというアウトプットデータを出力するのだ。書いている事が理解出来るだろうか?書いている僕自身に理解出来ない。

奇妙な事に、僕の修正案に疑問を差し挟む人間はいなかった。アウトプットデータにデータベースが作成されたと出力されるだけで、現実に作成されていないだから、業務の役に立たない。しかし、誰もそうした疑問を持たない。

彼らが突くのは、枝葉の事だ。出力内容やレイアウトに至るまで、「◎◎という勘違いをするかもしれない」、「××という事があり得るかもしれない」という意見が修正すればするほど、湯水のように湧き出てきて、何時まで経っても修正は終了しない。

上席に許可を取るための説明会も、何回も開催され、僕は毎回のように怒鳴られた。怒鳴られる原因は、僕が適当な修正をするからだと言われたが、最初から無理な修正なんじゃないかな。

そして二か月が経過した時の事。

その日も、僕は突っ込まれていた。もう、このプログラムが何を目的にするものなのか、誰にも理解出来なくなっていた。あり得ない事態、あり得ない間違いに対処するために、本来の問題がどこかに行ってしまっていた。

僕は、問題を収拾するために、ランダムチェックをする事で誤魔化そうとしていた。全ての店舗のデータベースの情報を出力する事は不可能なため、ランダムチェックをすると言って、数店舗の情報のみを出力するようにプログラムを修正し、そうする事で作業負荷を減らそうとしたのだ。

当然、対象にした数店舗以外の情報は出力されないから、それが問題にされていた。僕が何を書いているか理解出来るだろうか?書いている僕自身に理解出来ないから、誰にも理解出来ないと思う。

突っ込まれている内に、知くにいたTさんが怒鳴った。

「もういい加減にしろ。いつまでこんな馬鹿な事やってるんだ。もう二カ月間もデータベースのデータが出力されないじゃないか。このプログラムは、データベースのREADしてくるだけなんだから生成なんて出来るわけがないだろ。何で、こいつの時だけ、皆でチェックするんだ」

そして、その日の課内ミーティングで、Tさんが以下のように宣言した。

「アが今やっているプログラム修正は俺が仕切る。他の連中は口出しするな。無駄な修正が多過ぎる」

宣言を聴いたIさんが以下のように言った。

「何で無駄な修正をしたんだ」

気がつくと僕は笑っていた。何を言えば良いのか解らなかった。

笑っている僕を見てIさんが続ける。

「お前、何も考えてないんだな。羨ましいな。幸福そうで」

Tさんが言っている無駄な修正とは、あなたが直せと僕に強要した個所なんですよ。

************

人間の論理的思考とは、信用出来ないものなのだと思う。それを伝える事が出来るだろうか?

あなたは、何かが正しいと確信しているはずだ。その確信は感情だ。

人気ブログランキングへ

互助会で思った事

上手く書けない事。発達障害者の互助会で感じた事。

褒める事には責任があると思う。褒められた相手は、本当に信じてしまうからだ。褒める事によって人間の行動を操作出来る。それは恐ろしい事だと思う。

何か変な事をやった時、無視する事は出来ないだろうか?

個性的な行動であると褒めてしまった場合、相手はそれを信じるだろう。そして、そうした行動を意図的に選択する事になる。長い間、そうした行動を選択する人間と行動を共にする事は出来ないはずだ。

無視する事も出来ないならば、別の行動を推奨してはどうだろう。行動パターンを上書きするのだ。

無責任に相手を責め立てる事は良くないと思う。無責任に相手を褒める事も良くないと思う。

自信をつけさせる?それなら結果には責任を持って欲しい。責任を持つというのは、状況を好転させる事だ。自殺したところで責任を持った事にはならない。

人気ブログランキングへ

面白い事をやっている

久しぶりにPHAさんのブログを読む。

以下はリンク。

http://d.hatena.ne.jp/pha/20121127/1354011976#seemore

11月に和歌山県の熊野に行って来たのだとか。

「共育学舎」というNPOのお世話になっていたのだとか。

以下は、2012年11月27日の「共育学舎」のブログへのリンク。日本一のニートが来たと書いてある。

http://kyouikugakusya.blog102.fc2.com/blog-entry-35.html

「ニート」や「引きこもり」に分類される人々が存在する前提で社会が構築される。社会に合わせて人間を変えるのでなく、人間に合わせて社会が再構成される。そうした変動の時期なのだと思う。

都会は家賃が高く、シェアハウスに住んでも月6万円かかる。しかし、田舎なら土地付きの家が20万円で売っている?
しかも、人手が足りないから普通に体を動かすだけで生活出来るとある。

この辺りの意見は、「ナリワイをつくる」を書いた伊藤洋志さんの影響なんだろうな。

単独で田舎の生活に溶け込むのは難しいけれど、NPOを通して集団で生活していく事ならば可能なんだろうか?

こうした行動力は凄いと思う。

人気ブログランキングへ
プロフィール

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード