三橋騒動

以前、BLOGに書いた三橋貴明さんの話。
(自民党から衆議院に立候補した人です。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%A9%8B%E8%B2%B4%E6%98%8E

上がWIKIPEDIAの三橋氏に関するページですが、今、結構、三橋さんに興味を持っています。

その理由は、三橋さんという人は大変ネット上での評判が悪いんです。本当の話かどうかは判らないんですけど、2CHでもMPJ掲示板という所でも悪口ばっかり書かれています。

何故、そんな事に興味があるかというと、その悪口の中身です。
自分のイメージだと、以下の通りです。

①政治家に立候補した時、コスプレして政治活動を行った。
 常識がない。
②とにかく、いつもキョロキョロ。あそこまでくると気持ち悪いな。
③ネット上ならともかく、リアルで見ると気持ち悪い。
④他の人間を悪く言うくせに、自分が悪く言われると怒る。
        ・
        ・
        ・

つまり、僕が普段、言われている悪口とそっくりなんです。
(本人を知らないのに、決めつけて書いています。自分の妄想です。)

いろんな事を言っている人がいるんですが、話のポイントは、これだけアーダコーダと言われる人がネットの世界では、支持を集め自民党の公認になる事が出来た事だと思います。

2CHでは、「こういう奴は、リアルではKYすぎて居場所がないんだろうな。」とか書かれていますが、それが本当ならすごい事なんじゃないでしょうか?

確かに今から、10年、20年後くらいはネットの世界よりリアルの世界の方が力があるかもしれないですけど、50年後、100年後くらいには、人間関係に不器用な人間でも楽しく生きられる可能性があるかと思うと嬉しいです。

そして、2つ目のポイントは、三橋さんの論法と、彼を嫌う人間の判断の共通点です。
自分の妄想では以下の①、②でしょうか。

判断①:敵対する人間の意見の中に誤りを見つける。
   ⇒その誤りを宣伝し、敵対する人間の意見は全て間違いであると
    結論づける。   
   (例)A氏は、石油の価格の決まり方を知らない。
      ⇒よって、彼の意見は全て信用出来ない。

判断②:敵対する人間の意見と、権威ある意見との相違を見つける。 
   ⇒その相違点を宣伝し、敵対する人間の意見は全て間違いで
    あると結論づける。
   (例)B氏の意見は、ケインズの乗数効果理論?
      を考慮していない。
      ⇒よって、彼の意見は全て信用出来ない。

判断①は、『性格』という概念だと思います。危険な人間を排除するわけですね。
判断②は、『常識』という概念だと思います。自分の判断の指針を見つけるわけです。

この2つは、リアルの世界だと有効だと思うんですけど、ネットの世界だとどうでしょう。

何というか、関連する掲示板の意見を読んでいると、ネットの世界では①、②の両方ともが有効でない気がします。

判断①は、ネット上では誰が誰なのか理解出来ないので、仮にAさんが信用出来ない人だと思っても、別の人間として意見するかもしれません。
判断②は、権威や常識が多種類あるネット上では有効に機能しないみたいです。

なので、バーチャルなネットの世界がリアルの世界よりも力を持つようになると想定される100年後くらいには、人間の思考は現在とは大分、異なった様式になっているのではないでしょうか?それが、どのような様式なのか見てみたい気がします。
未来よ早く来い。
スポンサーサイト

旦那さんはアスペルガー

「旦那さんはアスペルガー」
という漫画を読みました。立ち読みです。
とても面白い話でした。AMAZONで購入しようかと思っています。
いや、著者の夫がアスペルガーという事なんですけどね、診断を受けるまで、著者は、その会食をしなかったんです。
例えば、夫が何を言っても怒らない場合は優しい人だと解釈するし、他人を不快にさせても悪いとも思わないばあい、常識が無いと解釈します。
(内容がうろ覚えですみません。)

でも、本当にそうなんでしょうか?脳構造上の問題であるのならば、まったく違う解釈が成り立つ。現状の解釈では問題を解決出来ないのだと思います。
人間一人一人に発達の違いがあり、それは良い事でも悪い事でもない。その前提で考える方法が発達障害という概念なのだと思っています。

だからこの漫画のAMAZONでのレビューを読んだ時に、そうした人を病気(例外)と見る風潮に違和感を感じました。

本当に特殊な例外なんでしょうか?何をしても怒らないのが、本人の認知特性によるものであるとすれば、他の人間が感じている感情も本人の認知特性によるものとなります。

人間に心なんてありません。脳内の電気信号や神経伝達物質の分泌を言語によって解釈しているだけです。

だから、発達障害という概念を突き詰めていけば、病人を隔離するのでなく、全員が異なっているという前提で社会を構築していく流れになるのだと思います。

今の悩みとかいろいろ

①下らない悩み 
 金曜日に会社の先輩、Kさんから
「いつも一人で昼御飯を食べているけど、これから皆で食べようよ。」
と言われた。親切な先輩だ。月曜日からどうしよう。こんな30歳

②FX
現在、口座清算価値:7,660,791

ユーロ/ドルの売りポジジョンが、1ドル=1.3720ユーロ
ポンド/円の買いポジジョンが、1ポンド=130.90円で決済されていた。
ユーロの売りで648ドルの利益、ポンドの買いで-39,000円の損失。
差し引きで、1,4000円くらいのプラスなのかな?

新聞記事を読んでいると、金曜日のユーロの暴落はエジプトの暴動が原因なので一時的なものである可能性があるとの事。
ユーロが値上がった場合はポンドも値上がるので損失は相殺されるはず。
購買力平価上はユーロの方が過大評価されているので、傾向としての値下がり率はユーロの方が大きいと妄想。

ううーん。仕事が上手くいかないので、FXにのめりこんでいるいるのか?
狙い通りに動くかどうかは月曜日から確認する。
引き続き、豪ドルの値下がりには注意が必要。

③TOEIC
TOEICの問題をといてみた。現在、455点との事。上達していないな。
成果を出す方法が良くわからない。
勉強する事自体が目的化しているのだろうか?先が見えないので、何かが出来るようになりたい。

今日読んだ掲示板のコピペ

今日、読んだ掲示板の内容

【コピペ①開始】
80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)12:52:35.32 ID:SL0pKFXl0
 仕事できなくて怒られるのがイヤな場合の対処で普通は
 ↓こんな感じだと思うんだけど
 1・怒られるのがイヤ
 2・怒られないように、注意されてる内容をちゃんと意識して改善
   するように努力する
 → 怒られた"原因"を直して、注意された事に対しては怒られない
   という"結果"を得ようとする

 根っこが真面目じゃない不真面目なアスペは
 1・怒られるのがイヤ
 2・注意された事を直すという結果は出てない、何度も同じこと
   注意される本人としては(注意されてる時だけ言い訳がましく)
   『一生懸命がんばってるけど結果が出ない』
 3・がんばってるから怒られるのは理不尽
 → 怒られないという"結果"だけが欲しいので、"怒られた原因"に
   ついてはどうでもよく他人が注意してる内容を理解していないし
   ちゃんと理解しようともしてない

   『仕事なんだから、結果を求められるのは当たり前』ってことを
   頭では台詞として暗記してるだけで理解していないとか、自分に
   とって都合の良い結果のために普通の人が段階的にクリアして
   いくことをすっとばそうとするのはアスペの特徴?

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)12:56:13.90 ID:oGWvXFwn0
 >>80
 真面目なアスペは?

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)13:04:40.30 ID:SL0pKFXl0
 >>85
 自分のどういうところが怒られたのか、どういう風に直せば
 いいのかって事に対してメモをとったり他人にアドバイス求めたり、
 他人からのアドバイスに真摯に耳を傾けるなど
 「一生懸命がんばってる」ってことにちゃんと行動が伴ってる

 不真面目なアスペは他人がよかれとアドバイスしても
 「がーがーうるさーい」でシャットアウトしてる
【コピペ①終了】

(思った事)
本当にそうなの?勝手に決めつけているだけじゃないの?
正直、僕はこの種の意見と言いあいをしても勝てないと思う。
ただ、実際にこの考え方は上手くいくのだろうか?
やっぱり、違和感を感じる。この人達は何を根拠に他人の思考を推測しているのだろう。現実に発生している事は全く違う事なのではないの?
でもそれを上手く説明出来ない。

【コピペ②開始】
100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)13:05:46.90 ID:e/y+64P/0
アスペルガーは健常者と同じ形をした違う生き物だから
仕事を教えるのにもアスペルガーにあった教え方をしないとそうなる

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)13:11:49.72 ID:DHcHedqD0
 >>100
 学校とかならそういった教え方をしてくれる所はあるけど、
 社会に出るとそういう優しい所って中々無いよね

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)13:10:02.03 ID:ml85KUYK0
 で、アスペルガーって何なんだ

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)13:12:40.71 ID:e/y+64P/0
 >>108
 発達障害の一種
 200人に1人の割合で生まれるらしい
 症状はスレをみればわかると思うよ
 注意するとしたら同じアスペルガーでもいろいろパターンがあるん
 だよねようは「超こじれた性格」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2011/01/27(木)
  14:02:06.47 ID:PjUV1XyH0
 最近は精神病の分類が増えすぎて単に性格悪いだけじゃね?」とか
 「単に性根腐ってるだけじゃね?」てのまで病気だからなあ

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:
2011/01/27(木)14:05:08.94 ID:Q89xAtdK0
アスペルガーだと勝手に思い込んでそれを言い訳に社会に溶け込むこと
を拒否してるカスもいるけどな
【コピペ②終了】

(思った事)
そもそも、性格というものは現実には存在しない。
存在しないもので、人間の思考や行動を説明しているのだから、絶対にそれは間違っていると思う。
健常者 ⇔ 発達障害者 という分け方をしても明確な切り分けは不可能。
正常な人間なんていない。自分が正しいと思っていても、実際には唯の思い込みであるのかもしれない。
何かが違う。それでも、何が違うのかを上手く説明出来ない。

今、考えている事

①FX
今週から来週のどこかにかけてユーロ/ドルの売りと、ポンド/円の買いを
同時に実行しようと思っている。(今のポンド/円の売りポジジョンは解消する。)

現在の口座清算価値:7,487,871

②REIT
 買おうと思っているけど、中々決断出来ない。ゆるゆると考えている。

③英語
 明日、新聞記事の英訳をやってみる。こちらも時間をかけてやってみる。

今日は、もう、何も考えないでいよう。

反論したいけど上手く反論出来ない。

今日、読んだBLOGの内容。以下、コピペです。

30で発達障害と言われた
会社倒産で失業。年齢30前半。都内有名私立卒
失業してしばらく引きこもって生活してたら、親が心配して心療内科を進めてくれた。別に、うつでもなんでもないので、行く気もなかったが、しつこいので根負けして受診してみた。
2回目の受診。親同伴で、いろいろ生育歴とか聞かれて、その後いろいろな検査を受けた。知能検査というやつも受けた。結果はIQ120半ば。学歴から考えて妥当だと言われた。ただ、検査項目でいくつか妙に低い項目があった。(codingという検査であるのをあとで調べた)
結果、発達障害といわれた。
厳密にはアスペルガー症候群。
今後の対応で、医師が言うには、なにやらそういう人を受け入れるNPOがあるというので、そこへ入ってみてはどうかというものだった。とりあえず、そういうものなのかと思って行ってみることにした。
そこで受けた扱いは衝撃だった。知的障害や精神障害の人たちと一緒にクラッカー詰めの作業をさせられた。それで月に数千円の「給料」を貰うのだという。猫なで声で職員の人から「あらー作業早いですねー」とかいわて、答えに窮した。
失業して、それなりにきつい時に、追い打ちをかけるように障害者施設に入れられるとは(別に強制じゃないが)夢にも思わなかった。
心療内科で、それを言うと、発達障害者支援センターというのを今度は進められた。今度は行く前に色々ネットなどで情報を収集した。その結果、なにやら社会生活を送る上で重要な規則正しい生活をおくれるための訓練をする。みたいなことがかいてあった。これはやばいと感じた。ネットの書き込みを見ても明らかに職業訓練所とは違うようだった。否定的なことを書いているが、これで救われている人も多いのだろう。いろいろ調べて、そもそも「発達障害」という概念がすごく胡散臭く感じた。こんなもの認めると人類の半分は障害者になるだろ。
こんな扱いを受けるのは嫌なので、働いたときに貯めた500万があるので、この福祉という名の「牢獄」から逃れるために海外へ行く。別にアスペルガーと言われただけで知的、精神などの障害者認定を受ける気はさらさらない。

(以下が気になったコメント)

コメント1:
なんか都合の悪い問題があると、すぐ障碍者に分類されて異質扱いされるのも考えもんだよな。アスペですよーって言われたところで、問題が解決するわけでもないし。

コメント2:
アスペルガーなんて症状の基準があまりに幅広くて誰にでも当てはまるぞ。

コメント3:
アスペはバーナム効果と言われても説得力あるんだよなぁ

**************************************

何か、違う。でも上手く反論出来ない。

発達障害なんて認めると、人類は全て発達障害者になってしまう。

そうです。人類は全て発達障害者です。

これって、画期的な考え方の転換だと思うけど、僕の拙い表現力では上手に
伝えられない。

FXについて

ここ、数日の間いろいろあって、インターネットをやっていなかったんですが、
気が付いたらコメントがありました。

いろいろと好き勝手に書いているので、気に障る発言があったらすみません。

さて、FXの口座清算価値:7,490,167で、損をしまくっています。

豪ドルが、相当に高い値をつけているので、どうしようか?

以下が役に立ちそうなページ。

http://www.investwalker.jp/

http://www.opticast.co.jp/

いろいろ、考えると収拾がつかなくなるので、多分、今週も何もしません。
FX自体をもう止めてしまおうか迷っています。

BLOGに書きたい事が一杯あるのに、中々、形に出来ない。会社内で隔離されて
いてやる事がないので、考える時間は大量にあるはずなんですけどね。
明日からまた、気が付くと時計の秒針を見つめている日々です。

自閉っ子と未来への希望

浅見淳子著。買ってしまった。

P75に「一対一対応」として、アスペルガー者の抽象的な理解が苦手な様についての
記述あり。

他の人は知らないけど、僕から見ると、絶対的に確かな前提条件を持っている人間
の思考は奇妙に見える時がある。(多分、僕も同じだろうけど。)

例えば、不快な人間がいたとする。すると、以下のようになる。

①甘えている、或いは知らない事が原因であるとされる。
 ↓
②痛めつける、或いは教育的指導?を実施する。
 ↓
③修正されない。
 ↓
④痛みが足りないという量的な問題があるものとされる。
 ↓
⑤さらに痛みの量を増やす。

絶対的な前提条件=物語は矛盾を許容する。物語は嘘、偽り、誤魔化しを発見する
機能を持つ。

故に、痛めつけても行動が矯正されない場合は本人の努力不足、又は例外的な事象
とされ、そこで思考は停止する。

「コミュニケーション能力を身につける努力をすれば良い。それで、出来るようになる
 事もあれば出来ないままの場合もあるだろう。」
⇒何か、おかしくないだろうか?最初から上手くいかない前提で話している。

自我という概念を前提にしている限りこうなる。難しいのは、これが別の意味で有効な
思想である事だと思う。

不快な人間を追い払う事が出来る。その原因を努力不足とすれば迫害しても恨まれる事
がない。不快な人間同士でも互いに憎みあうだろうし、その意味ではとても有効な思想
だ。それだから、「善意」とか「思いやり」といった、おぞましい思想が発生したのだ
と妄想。(善意に基づいていれば人を殺しても良い。)

以下のWIKIPEDIAのリンクでもあるが、科学的には、自由意志は存在しない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%84%8F%E6%80%9D

厄介な事は、それを認めると個々人の行動の責任を問えなくなると思い込んでいる人間
が大量にいる事だと思う。
心が無い場合、罪を裁けなくなる。      ⇒ 今でも裁けていない。
心が無い場合、性格を直す努力をしなくなる。 ⇒ 今でもしていない。
心が無い場合、偏見を持つ事になる。     ⇒ 今でも偏見の目で見ている。

結局、現状を肯定するには、人格という妄想を持たなくてはならないのか?

そうでもないと思う。僕はインターネットに夢を見ている。ネット上では音、臭い、
挙動、ETCの雑多な情報は伝わらない。ネットを介せば、本質的に不愉快な人間でも
人と関わる事が出来るのではないか?

そう思うと、早く未来がやってきて欲しい。

今日も疲れた。

現状、口座清算価値:7,782,681
 1ユーロ=1.3401ドル=110.84円、1豪ドル=0.9970ドル=82.47円、
 1ポンド=1.5986ドル=132.26円、1加ドル=0.9913ドル=83.41円

とりあえず、カナダドルに30万通貨単位で売りを入れてみた。

今週末まで、判断は保留しようと思う。

それと、忘れてたけど、REITはどうしよう。一部のREITは値下がっている。
何も考えないで売買するのが良いのだろうけど、体力が無いので何も出来ない。

ああ、一日中、会社で何もせずに誰とも会話をしないのも疲れてしまう。
自分で言うのもなんだけれど贅沢な悩みだ。

今日の妄想

今日、FXについて考えている内に妄想した事。以前に書いた事と同じかな。
何の本に書いてあった事だっけ。

【財政赤字の理由】
日本やらユーロやらアメリカやらで問題になっている財政赤字は2~3世紀前と同じ
問題なのではないか。

国家=体制の安定のためのシステム。
    安定のための資金を構成員から税金として徴収する。

江戸時代の日本では、経済の大きさを石高(米の生産量)で把握していた。
社会を安定させるための財源を年貢として、稲作から徴収し、武士の給料も米だった。
この体制は、安定のための費用 ≦ 年貢の総額 である内は問題がない。
ところが、時代が下るにつれ、農業技術の発達や新しい田の開発が進むにつれ、問題
が出てくる。米の値段が下がるのだ。

米の生産量が増えても、人間1人あたりの米の消費量は増えない。
そのため、米の値段が下がり、安定のための費用 ≧ 年貢の総額となる。
そのために江戸幕府がとった施策は以下の通り(調べてないから間違ってるかも。)
 ①新しいものの規制(タバコ等の商品作物、歌舞伎、浮世絵ETC)
 ②年貢の引き上げ(徳川吉宗?)
稲作の経済全体に占める割合が低くなっているのに、それに対応していない。

時折、幕府の金で米を買い取ったり、仕事がないから農村から都市に出稼ぎに来た
人間に帰農令を出している。
何故、この時、米でなく貨幣で税金を徴収しなかったのか興味がある。適地適産主義
とかあったし、藩政改革の本を読んでも農業でなく、商業に課税する方式での成功例
が沢山あるし、明治時代になったら直ぐに地租改正をしているからアイデアはあった
はずなのにどうしてだろう。

そして、現在の国々は経済の大きさを生産や消費で把握している。
国の財源は所得税、法人税、消費税ETCとあるけれど、物・サービスの生産・消費から
徴収される。現状の問題点は以下の①~④の流れ?

①技術の発達や新興国での生産の拡大により、生産物が大量に供給される。
②人間1人あたりの生産物に対する消費量はそれほど増えない。
③生産物が値下がりするようになる。
④その結果、安定のための費用 ≧ 税金の総額となる。

ここで、生産物を値上がりさせるために、お金を使っても江戸幕府と同じで上手く
いかないと思う。

税金の徴収方法を変える事は不可能だろうか?生産や消費でなく、貯蓄や投資から
お金を集められないかな?
2009年度の日本の国内総生産は500兆円程度だったはず。ここから、日本の
国家予算90兆円を集めるのは、無理があるのではないか?

それと比べて、日本とアメリカとの間で1日の間に取引される為替の総額は50兆円
ほどだったはず。この辺りに税金をかければ所得税、法人税、消費税を徴収する必要
がなくなるのでは?何よりも、無理やり生産を維持する必要がなくなる。

本当に仕事なんてしなくてはいけないんだろうか?現在の国がやっている事は都市に
出稼ぎに来た農民に帰農令を出して、無理に体制を維持している事と同じだと思う。
経済全体に占める生産・消費の割合が低くなっているのだから、体制を維持するのは
不可能ではないだろうか。

そうすると、今のニートとか引き籠りと言われている人達は最前線で戦っているの
かもしれない。多分、この中から現状の体制を変える新しい生活の仕方が生まれて
くるのではないか?それは100年後だろうか?50年後だろうか?

************************************

と、いうような脳内お花畑な妄想を書いてみた。各通貨の先行きを見通す上で役には
たたないだろう。

FXで大損です。

現状、口座清算価値:7,634,060
 1ユーロ=1.3390ドル=110.97円、1豪ドル=0.9886ドル=81.94円、
 1ポンド=1.5868ドル=131.51円、1加ドル=0.9912ドル=83.63円、

ううーんという気分です。

現在の各通貨毎のポジジョンは以下の通り。
【攻めのポジジョン(リスク選好)】
 ・カナダ/円 :通貨単位=4万通貨 、平均レート=79.10
 ・豪ドル/円 :通貨単位=18万通貨、平均レート=75.20
 ・ランド/円 :通貨単位=12万通貨、平均レート=12.27
【守りのポジジョン(リスク回避)】
 ・ユーロ/円 :通貨単位=8万通貨 、平均レート=132.67
 ・ユーロ/ドル:通貨単位=12万通貨、平均レート=1.3603
 ・ポンド/円 :通貨単位=6万通貨 、平均レート=153.87
 ・ドル/カナダ:通貨単位=10万通貨、平均レート=0.9990

現在の自分の妄想
 ・損失の原因は、予想外のユーロの高騰に伴って、豪ドルが上昇しなかった事。
  ユーロ高騰の原因は、ユーロ崩壊を当て込んで売りを仕掛けていた人達が、
  ポルトガル国債の入札結果、及び、ECBのトリシェさんの発言を見て、慌てて
  買い戻しを急いだ事なの?
  ゴールドマンサックスのレポートでは、1ユーロ=1.37ドルまで上昇するとの
  事だから、裏を返せば、そこまで値上がりする見込みはない?
  ドイツ、フランスはユーロの値上がりを望まない。南欧の国も同じと見る。
  物価からみたユーロの適正値は1ユーロ=1.25ドル程度。
  今回の値上がりは一時的なもの。
 ・それより、注意すべきは、豪ドルの値下がりとポンドの値上がり。
  豪ドルは、オーストラリアの洪水が原因で値下がりしていると言われるが違う
  と思う。元々、無理な高値だったのだから、値下がりして当然。一時的な要因で
  値下がっていると思った人達が買い支えているので、この程度の値下がりで
  すんでいる?それが、正しいかどうか判断出来るのは、今週末になってから。
  それでは遅いだろうか?
 ・ポンドは多分、円/ドルのレート次第だと思う。現状ではドルは円に対して高く
  なる可能性が高いと妄想。どうやって備えるか?
 
 ⇒様子を見てユーロを売り、資源国通貨の値下がり対策としてカナダドルを
  売るべきだろうか?

予測が外れた場合
 以下の①、②の場合?
 ①ユーロの値上がりが続く。
 ②ドルの値上がりと、豪ドルの値下がりが同時に発生する。
 
 転換点にきているとしたら、去年のユーロ/豪ドルの値下がりが逆回転する事に
 なるから、起こりえる事態だと思う。どうしよう?

予想外の事が発生した場合
 ストップロスを各ポジジョンに入れるべきだろうか?
 その場合、買い戻しや売り戻しを実施する事が自分に可能だろうか? 
  
多分、急いで判断すべき状況。どうしよう。

駄目だ、書けない

会社内で受信したメールだとか、今まで書いた反省文を印刷して、罰を受けると
どうなるか、考えてみたけど、まとまらない。

以下、フィクションです。痛めつける事の有効性について。

子供の名前をA君としよう。年齢は11歳。小学校五年生。
A君はいじめられっ子だった。クラスに馴染めない。勉強が出来ない。
運動も苦手。それも、突出して出来ない。単純に勉強しない、運動神経が鈍い
という事では説明不可能な不器用さだった。

何よりも彼は気持ちが悪かった。「不気味の谷現象」を知っているだろうか?
ロボットや人形などの外観が人間に近づいていくと、それにより、動作の非人間性が
強調され、見る者に生理的嫌悪感を起こさせる。

彼はまさに、人間に近いロボットだった。人間社会に適応できない。

彼は毎日、学校でいじめられていた。当然だ。見ているだけで不快なのだ。
他人が嫌がる事を無神経に実行し、それを修正出来ない。

彼は時々、一人で自転車に乗り、町内を散策した。別に目的はない。

ある日、彼が自転車に乗って、家に帰る途中。同じクラスのBさんと遭遇した。Bさん
は普段、彼にやっているように、自転車に乗っている彼を蹴飛ばして言った。

「蛆虫、死ね。」

A君はそのまま、自転車を家にしまい、そこで気が付いた。今はB一人しかいない。
普段は集団に苛められる。でも今は1対1だ。体は向こうが大きいが、女だ。
腕力はややこちらが勝っている。今なら勝てる?

気が付いたら、A君はBさんに駆け寄り、Bさんを殴っていた。シネ、シネ、シネ。
何回も連呼した。もちろん、それは嘘だった。A君の腕力では人間を殴り殺す事は
不可能だ。それでも、Bさんを破壊する事なら出来る。

Bさんが何かを叫んでいる。「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」。意外だった。A君に
とってのBさんは自分を不快にする事が面白くて仕方がないという存在だった。
彼女は笑いながら、自分を傷つけるのだ。とても楽しそうだった。

「ほら、A君は言わないでしょ。言わないからワカラナイでしょ。だから・・・」

喋っている途中で殴った。ワカラナイ?何故、自分がこんな事をされるのか納得して
いなければこんな発言は出てこない。
同時にA君は思った。他人を殴っても自分は痛まない事に。そうか、だから皆は僕を
痛めつけるのが好きなのか。

さらにBさんを殴りつける。自分はひ弱なのだ。殴っても大した事はない。
ところが、A君は後ろから取り押さえられた。近所のおばさんだ。

「駄目。殺しちゃ駄目。話せばわかるよ。」
「わからない。こいつはいつもこうなんだ。」
A君は答えた。明日になればBさんは仲間を引き連れて報復にやってくるだろう。
その前に殴っておかなければ。それでも、取り押さえられる状況は予想外だった。
身動きがとれない。敵が増えるとは予想外だった。Bさんが近づいてきて言った。

「私がいなくなれば良いんでしょ。私もう春になったらいなくなるからいいじゃん。」

A君は驚いた。Bさんは気が付いていたのだ。自分がA君から殺したいほど憎まれている
事に。そして、Bさんは涙をながしていた。A君は、その時までBさんに涙を流す機能が
ある事を知らなかった。笑いながら自分を殴る女だから。

その日はそれで終わった。近所のおばさんはBさんの両親にこう言ったらしい。

「お宅のお子さんは自転車に乗っていたA君を車道側に突き飛ばして死ねって
 言ったんですよ。殴られるだけの事をやったんですよ。」

それでも、A君は怒られる事になる。

そして、Bさんの家に謝罪をしに行く事になった。Bさんは言った。
「ごめんね。私もやりすぎた。」
A君は答える。
「そう、次に同じ事をやったら、ビール瓶で殴る。」
言った瞬間にBさんが泣き叫びはじめた。イタイヨー、イタイヨー、イタイヨー。
周囲の大人達がA君を責める。
「BはA君と仲直りしようと思っていたんだ。それなのに。」

仲直り?何を言っているのか理解出来ない。こいつらは、いつも先生に注意された
時だけ謝罪し、次の瞬間から同じ事を繰り返すのだ。罰を与え、犬のように躾ける
必要がある。何時もA君がやられているように。A君は矛盾している。躾けられてA君
の行動は改善されない。だから、Bさんを躾けても行動は改善されないはずだ。

A君は泣き叫ぶBさんに聞いた。
「君達は何が気に入らないんだ?僕は君達の事なんかどうでもよい。何の興味も
 ない。君が何もしなければ、僕の方から関わる事はないんだよ。」
Bさんは答えた。
「昔は仲が良かったじゃん。」
言われたA君は嫌悪感をおぼえた。気持ちが悪い。何だこいつは?
A君は本を読みだした。Bとは現実を共有出来ない。何を言っているんだ。仲が良い?

本を読むA君を大人達が責め立てる。その時、A君は自分が大人達とも現実を共有
出来ない事に気が付いた。
A君は勘違いしていた。A君は自分が気持ちが悪い人間だから周囲の人間が自分を
痛めつける事が肯定されているのだと思っていた。
違う。彼らの中で痛めつけた事は無かった事になっているのだ。

「性格」という概念だ。それは以下のように機能する。

①BさんがCさんの前で親切な行動を実施する。
②上記①が何回か繰り返される。
③Cさんの中でBさんは「優しい」というパターン認識が生み出される。
④そのパターン認識は絶対的である。
⑤ここで、A君がCさんに、Bさんの残酷さを伝えたと仮定する。
⑥A君の伝えるBさんの残酷さは上記の優しさというパターンと矛盾する
⑦上記④で、「優しさ」は絶対的であるため、A君の伝える情報は偽りとされる。
⑧その結果、記憶が改竄され、BさんがA君にやった事は無かった事になる。

だから、詳細な情報や論理の矛盾を伝えても無意味なのだ。仮にBさんの非道性を
認めさせても、Bさんの性格が「残酷」とかカテゴライズされるだけで根本的な解決
にならない。

自分には親切でも他の人間には違うかもしれない。自分が「善」であると感じても
他の人間は、そう思わないかもしれない。それを解決するのが「性格」という
共通錯覚なのだろうか?
大人達はA君を責めた。感情が無い?
「でも、Bさんは昨日、僕の事を集団で傘でつついて、僕の声真似をしながら笑って
 いたんだよ。Bさんが僕を痛めつけるのは良いのに、逆はどうして駄目なの?」
「この子は優しい子なんだよ。」

会話にならない。

そして、数年後、大学生になったA君はマクドナルドでBさんが友達らしき人間と
話しているのを見かけた。
以下が会話の内容

B 「クラスに、本当に気持ちが悪い奴がいるんだ。」
友達「どんな奴なの?」
B 「なんか、年賀状をクラスの人間に出したんだけど、年賀ハガキじゃないから、
   年内に届いちゃって皆にからかわれて逆ギレしてんの。」
友達「その人、年賀状を出した事がないの?」
B 「しかも、そいつさ、直そうとしないの。本当に気持ちが悪い。死ねばいい。」

A君は思った。その気持ちが悪い人間を僕は気持ちが悪いと思うだろう。でも殴った
ところでBさんの行動は改善されない。厳しくする。教えれば直る。
そんなのは幻想だ。早く、人生が終了してほしい。楽な死に方であるように。

怒鳴りつける事の有効性

「たまたま」のP13に記述されている話

1960年代のイスラエルで、心理学者カーネマンは空軍の飛行教官に飛行訓練
への行動修正理論の応用を講義した。

理論の骨子は、「罰よりも報酬が有効である。」

その時、受講生の1人がこう反論した。

「私は、見事な操縦には、訓練生を暖かく褒めてきましたが、すると次回は決まって
 悪くなります。」
「また下手な操縦には生徒たちを怒鳴りつけてきましたが、おしなべて次回は操縦が
 改善されます。ですから、報酬はうまくいくが罰はそうではない、などと仰らない
 でください。私の経験はそれとは合致しません。」

この反論に対し、カーネマンはこう考えた。勘違いをしているのでないかと。

特別に上手な操縦、特別に下手な操縦は偶然によるのではないか。
だとすると、以下の①、②のように考える事が出来る。

①(幸運にも)飛行士が通常の技量レベルを超える操縦をした場合
 ⇒飛行教官は飛行士を暖かく褒める。
 ⇒その次の操縦は、飛行士の技量レベルに見合った操縦になる確率が高い。
 ⇒褒めた事により、操縦技術が悪化したように見える。

②(不運にも)飛行士が通常の技量レベルを下回る操縦をした場合
 ⇒飛行教官は飛行士を怒鳴りつける。
 ⇒その次の操縦は、飛行士の技量レベルに見合った操縦になる確率が高い。
 ⇒怒鳴った事により、操縦技術が改善したように見える。

経験と実験結果が相反するものであった場合、通常の人間は実験結果は、
「研究室の中だけの妄想」と結論づける。
しかし、その経験もただの妄想であるのかもしれない。

この事は、飛行訓練を無意味であるとは言わない。より、有効な飛行訓練を実施
するためには調査と検証が必要であるとしている。

【僕が思った事】
厳しくする事=怒鳴りつける事の有効性は何故、疑問視されないのだろう?
以下のように考えられるのかな?

【改善の手法】
①問題がある相手を痛めつける。
  ↓
②問題が改善されない場合、さらに痛みの量を増やす。
  ↓
③やられている内に相手が、ついていけなくなる。
  ↓
④問題のある相手が改善を諦め、何もしなくなる。
  ↓
⑤上記、④の結果を見せ、改善されない原因は、「ダラシナサ」にあると周囲に
 説明する。
  ↓
⑥痛めつけた側の問題、方法の有効性については検証されない。

実に面倒な事はこれが「美徳」の問題と結びついている事だと思う。「厳しさ」は
とても美しい事であるとされる。美しい事なので、失敗の責任を問われない。
また、気持ちの悪い人間、頼ってくる人間を追い払うのに有効な手段でもある。

「罰を与える」という思想は、異質なものへの対処方法として有効なのかもしれない。

明日から、罰が有効な対処方法なのかどうかBLOGに記載していってみようと思う。
30年間の間、罰せられてきたが、少しの効果もなかった。それでも迷惑な人間を
追い払うのに「罰」は有効な思想だったかもしれない。

優れた人間と劣った人間(前篇)

いや、長文のコメントがあって、吃驚してショックを受けていました。

すみません。公開している以上、コメントがあるのが当然ですね。

2011年1月10日の記事を考えていて、思い出した学生時代の部活動の奇妙な思い出をつづります。以下です。

大学生の時は弓道部に所属していた。

先輩に一人特徴的な人がいた。名前をヤマダさんという。
僕とヤマダさんは似たもの兄弟と言われていた。

【ヤマダさんの特徴】
・大きな頭と不自然に短い手足、赤ん坊が大きくなったような体型。
・探し物をする時にドコカナードコカナーと独り言を言いながら探す。
・漫画のキャラクターのような動作。
 (例:顎に手をあてて考えるポーズ、アイデアを思いついた際は
    柏手を打つETC)
・一方的に話す。過呼吸になるのではないかと心配するほど。


「変な人」。ヤマダさんの評価はそういったものだった。

【ヤマダさんのエピソード】
①的貼り
 当時、弓道部で使用する的にヤマダさんがサインペンで自分の名前を
 記入した事件。自分が的枠に紙を貼り付けした的なので、他と区別
 出来るようにしたとの事。
 大切な的にサインをした事で周囲から大顰蹙です。
②名前の間違い
 弓道では3人1組で行射を行う場合、先頭の人間を「大前」、
 中央の人間を「中」、最後の人間を「落」と呼ぶ。
 ヤマダさんは、それについて、「太田さん」が前にいるから大前、
 中田さんが真ん中にいるから中、と思い込んでいた。しかもそれに
 気がついたのが2年生になってからとの事。
③目をつぶりながら弓道
 ヤマダさんは目をつぶりながら弓をひく癖があった。理由を聞くと
 「Aさんという上手な人が身体が真っすぐだったら当たると言った」
 との事。

 ヤマダさんは自主練習をまったくやらなかった。部活動の開始時間に
 部活にやってきて、合同練習を行い、それが終了すると帰宅した。
 機械仕掛けのロボットのようだった。当然、技術も向上しない。
 いや、違う。極端に下手くそだった理由は運動神経が鈍いから、
 練習量が足りないから、そういった言葉では説明出来ないものだった。

 当時の僕のヤマダさんに対する印象は「ああはなりたくない」
 というものだった。
 
 ヤマダさんも僕の事を嫌っていて、
 「こんな奴と俺を似ているとか言うな。」とか
 「お前を見ているとイライラする。」と言っていた。
 周囲から浮いている人間同士なら仲良くなれるというのは幻想だと
 思う。意志疎通が苦手な人間同士では上手くいくはずがない。

 当時の1年生や先輩達の間でもヤマダさんは異質な目で見られていた。

 何故、彼はああなのだろう。一年生達の間で頻繁に議論になった。
 当時、言われた言葉は以下の通り。
 「あの人、本当に空っぽだよね。何も考えてないよ。」
 「ア君もそうだけどさ、あの人は今まで友達作った事ないんじゃない
  かな。だから、あんな事になったんだと思う。」
 「自分は駄目じゃない。そうやって甘えているから出来ないん
  だろうね。」

 そして、一年生の中ごろに事件があった。
 ヤマダさんが嘘をついたのだ。

 事件の経緯はこうである。
 (僕はその日、病欠していたので伝聞だ。)
 その日、ヤマダさんは部活動で的中記録の記録ミスをした。
 その時にこう言った。

 「アの声がこもっていたから間違えたんだ。」

 当日、病欠していた僕の名前が何故、出てくるのだろうか?同級生の
 E君が激怒していた。
 「あの人、このままじゃ自分の失敗を全てア君のせいにしちゃうよ。
  練習もやる気がないし、自分で変だって気がついてないし、
  何あの人。」

 当時の弓道部には指導会というイベントがあった。定期的に各人の射
 について意見交換を実施する事を目的としており、この指導会の時は
 後輩から先輩に対しても遠慮なく意見出来る事になっていた。
 この時に徹底的にヤマダさんに意見して自分の
 駄目さに気がついてもらうという計画をE君が立てた。最初はE君と
 僕だけがやるはずだったが最終的に1年生全員で意見する事に
 なった。皆、ヤマダさんに違和感を感じていた。
 そして、指導会の当日は全員でヤマダさんに意見をした。
 未だに先輩からネタにされているが、厳しい事を言った。

 それでもヤマダさんの行動は改善されなかった。同じように機械的に
 部活に来て、最小限の時間を練習に費やして、同じように奇妙な行動
 をとっていた。
 その時、僕は強烈な違和感を感じた。何故なのだろう?今までは
 ヤマダさんは、自分が駄目な事に気がついていないから行動が
 改善されないのだと思っていた。
 だから、教えれば修正されると信じていた。

 修正されていないではないか?何故?何故?何故?何故?何故?

 今にして思うと、「発達障害」という概念を当時知っていれば
 良かったと思う。
 
 ヤマダさんは嘘をついたのでは無い。「作話」をしたのだ。
 「作話」:アスペルガーが時々する作り話。相手から聞かれた事に
      正しく答えようとして前後の辻褄を合わせた結果、
      発生する。

 その他の事象も想像力の問題として、理解出来る。的にサインペンで
 自分の名前を書いたのは先を見通す力の問題。立ち位置の間違えは
 帰納的な理解をしたから。
 練習しないのも、やる気の問題ではなくて時間通りに動こうとする
 特性を持っているからだ。
 問題があるのなら、具体的に本人に理解出来るように伝えるべき
 だった。
 自分が正しいと思っていても、相手が正しいと思わなければ
 意味がない。当時の僕にはそれが理解出来なかった。
 (今も出来ない?)

 1月10日で参照した、
 似非科学:アスペルガー症候群なんて存在しない!の筆者は、
 こう書いている。

 『身の回りに多く居る「ただコミュ能力の低い人」に奇異な症状名の
  烙印を押してしまう可能性があるからね。』

 それでは、現在は違うのだろうか?
 今でも、偏見の目で見ているではないか。
 
ただ、この記述には現在の一般的なアスペルガーに対する偏見の問題が出ていると思う。
一般の人間は健常者(心を持つ人間)/発達障害者(脳に異常がある病人)という二元論を持っていると思う。だから、発達障害者の事は本を読んでも理解出来ないと思い込んでしまうのでは?違う。健常者など存在しない。心はない。人間の思考は物理的な脳構造に規定される。そして、脳の発達具合が千差万別である以上、全ての人間が発達障害者なのだと思う。

では、それは問題なのだろうか?

似非科学?アスペルガー症候群

パンダさん。コメントありがとうございます。
駄文を読ませてしまって恐縮です。

今日は以下のページにあった記述を記録します。

似非科学::アスペルガー症候群なんて存在しない!
(http://anond.hatelabo.jp/20081206154837)

【引用開始】
アスペルガー症候群、高機能自閉症について。
少し前からメディアや本などで取り立たされているけど、
実はこんな「特別な障害」は存在しないんだよ。
(中略)
でもね、その実態は「コミュニケーション能力が(極端に)低いだけ」
だと言える。
自閉症と結びつけることは誤解を招くし、障害とすることもよくない。
身の回りに多く居る「ただコミュ能力の低い人」に奇異な症状名の
烙印を押してしまう可能性があるからね。
(中略)
「アスペルガーだから」ではなく、コミュ能力の高低の差なんだよ。
これを読んでいる人の中にも、「自分はアスペルガーかも」と悩んでいた人も居るだろう。
でも「アスペルガーだからこうなんだ」じゃないんだよ。
それはコミュ能力が低いだけだ。
その能力は上達する場合もあるし、人によっては上達しにくい場合もあるけど。
コミュ能力がどうもあがらない場合は、それに関係のない職業につけばいい。
コミュ能力の低さが原因でうつになった場合、しっかりと治療をすることだ。
アスペルガーかどうかで悩むなんて、すごく馬鹿げた悩みなんだ。
(続く)
【引用終了】

【考えた事】
今のアスペルガーに関する問題を記述しているように思いました。
(2008年の記述ですけど)

アスペルガーなんてない。確かに分類上の問題であって、精神科による診断がどうあっても人間の生き辛さには関係がないんでしょう。

ただ、それでも発達障害という概念を普及させる必要があるのは、コミュニケーション能力というのもアスペルガーと同じくらい曖昧な概念だからです。

仕事や人間関係が上手くいかない人間に、「コミュ能力が低いだけだ。」と言って何になるんでしょう。

何も改善されないではないですか。アスペルガーであるかどうかで悩むのも問題だけれど、コミュニケーション能力の有無で悩むのも、それと同じです。

重要な事は心なんて存在しない事。努力によって改善しろというのならば、具体的に何をすれば良いのか示す事ではないでしょうか。

記事の中でも、
「コミュ能力がどうもあがらない場合は、それに関係のない職業につけばいい」と記述していますが、それはどのような職業でしょうか?探せというのならどうやって探すのでしょうか?
それを聞く事を甘えといって切り捨てるのか、それとも構造的な問題として解決策を提示するのかを比較した場合、解決策を提示出来た方が良いでしょう。

・数年間、自室に引き籠った人間がTVで言った言葉
 「部屋を出て仕事をしたいと思う。でも仕事をするためには
  どうすれば良いのかわからない。」
⇒この人を「甘えている」、「だらしがない」と言って非難しても
 何も解決しないでしょう。想像力に問題があるのがアスペルガーの
 特徴であるとすると、仕事の提示や、そのための計画の立て方を
 指南する人間が必要なのでは?
 こういった人間がある一定数、存在するのなら、公的な機関が
 あっても良いと思います。

自分でも取りとめのない話になっていますが、記録しておきます。

丸い地球を何故信じるのか?

地球は本当に丸いのだろうか?

某ネット小説からの引用。

【引用開始】
「実は、肉眼でも地球が平らじゃないことは知ることができるんだな」

「海に出て、こちらに向かってくる船を見ればわかる。もし、地球が平らだったら、船の全体が見えるはずなのに、なぜか先端部分から見えてくるんだよ。それで海が平原ではないことは証明できる。
【引用終了】

証明出来ません。

何らかの別の要因があって、船の全体が見えないのかもしれない。

アインシュタインの相対性理論を知っている。

光は重力によって捻じ曲がる。天体観測時に留意するポイント。

「光が捻じ曲がるから船の全体が見えない」という論理も成立する。

世界旅行を行っている人が大勢いるから、地球が丸い事を僕は信じるけれど、論理なんて当てにならないのかな。

それでも、数値や事象を認識するには論理が必要?

「事実は、それ自体によって存在する事は出来ない。理論の光の下で事実は誕生する。現実は妄想にすぎない。」

これは誰の言葉だったかな?

日経ビジネスの面白かった記事

2011年1月10日版の日経ビジネスの面白かった記事をいくつか記録する。

①霜降り牛に見る“均質化”の危険(P37)
 以下の流れ
 1.高度経済成長時代、霜降り肉に高値がつくようになる。
         ↓
 2.『品質向上』のため、各酪農家が一斉に霜降り牛を
   育成するようになる。
         ↓
 3.遺伝的に霜降りの素質を持つ牛のみを増加させた結果、
   牛の血統が3~4系統に集約されるようになる。
         ↓
 4.3.の結果、近親交配による奇形の牛が生まれる
   リスクが高まる。
         ↓
 5.近親交配の危険を避けるため、別系統の牛(蔓牛:赤身の牛肉)
   に注目が集まるようになる。

 ⇒「アスペルガーの人は子供を作らないで下さい」
  (掲示板の書き込み)
  発達障害者の子供が発達障害者に必ずなると決定された
  わけではないけど、『品質向上』とは何だろう?
  
②べてるの家(P38)
 北海道の浦河町にある団体。精神障害者の地域活動の拠点として
 設立されたが、複数の事業を手がけ、事業拡大を続けている。

 【引用開始】
 病気を抱えているため、業務内容への向き不向きが極端に
 はっきりする。
 その特性を生かすため、不得手なことはほかのメンバーが
 支援する。弱点を逆手に取ったことで、ビジネスが様々な方向に
 広がっていく。
 【引用終了】

 ⇒「誰もが不完全な個人にすぎない」(ハイエク)
  僕は未だに自分の向き不向きが良くわからない。
  異なる人間が協力する事で高い
  パフォーマンスがえられるのなら、とても良い事だと思う。

③食品輸出の期待と現実(P104~P105)
 中国産の食品は危険で、日本産の食品は安全と思われているが、
 以下の異論がある。
 1.日本産の食品から、数十年前に使っていた農薬が
   検出される事がある。
 2.日本の食品安全基準は海外と比較して緩い。
 3.中小農家の多い日本では堅確な管理をしようにも
   対応しきれない。
   (農業の大規模化も難しい。)

 (日本産への)高い評価はただのイメージにすぎない。

 ⇒この「ただのイメージ」をどうすれば変更出来るのだろうか?
  上記のような数値ではイメージを駆逐できない気がする。

FXの新しいパターン

今日、やった事。

以下の2つの取引を行う。

①ドル/円の売りポジジョンの構築(1ドル=83.53円)
 1ドル=83.23円(指値) 又は 1ドル=83.73円(逆指値)で決済されるよう設定。 
②ドル/円の買いポジジョンの構築(1ドル=83.55円)
 1ドル=83.33円(逆指値) 又は 1ドル=83.83円(指値)で決済されるよう設定。

結果、両方とも83.22円で決済される。
①のポジジョンは0.31円の利益。②のポジジョンは0.33円の損失。
 
反省点:約定する値がスリップする事を考えていなかった。もう少し利益・損失の幅
    を大きくとるべき。

現状の口座清算価値:8,625,379

1ユーロ=1.2992ドル=108.00円、1豪ドル=0.9980ドル=83.01円
1ポンド=1.5519ドル=129.09円、1加ドル=0.9901ドル=83.96円

ウェイソンの選択課題

12/29(水)の続き。

数字の論理:「AはBである」と「BはAである」は同一。
物語の論理:「AはBである」と「BはAである」は同一でない。
      
物語の論理は前提条件AをBに当て嵌める。(演繹的)

物語の論理には、どのような利点があるのだろう。

クニラ・ガーランド著「ずっと普通になりたかった。」のP80~P81で著者は子供の時にいじめられた事を書いている。

【引用開始】
私は簡単にだまされるのでピアの絶好の餌食だった。
(中略)
ピアは何度も何度も、私をだましては物置に連れ込んだ。私は、一つの出来事と別の出来事を結びつけることを知らないため、過去の経験を役立てて結果を計算する事ができなかった。
【引用終了】

⇒数字の論理は1対1で結びついている。そのため、前回とは違う
 嘘をつかれると簡単に騙される事になる。
 物語の論理は1対多で結びついている。あらゆる事象を包括する。
 そのため、前回とは違う嘘をつかれても、相手を「嘘つき」と
 カテゴライズ出来れば同じ失敗を繰り返さない。
⇒抽象的に考える事。それは、あらゆる事象を包括する概念を考える事。

ニキ・リンコ著「自閉っ子におけるモンダイな想像力」における自閉症者の特徴。

P25:「あとからなら、わかる」
   →想像力の的中率が低い。原因がどのような結果を
    もたらすのか予想しにくい。
P28:「ふたつに分かれるのはむつかしい」
   →1つの行動によって起こる結果が複数予想される場合が苦手。
P39:「趣旨にさかのぼるのはむつかしい」
   →P69に書いているが、何か質問された場合、質問の意味は
    理解できても、相手が何を求めているのかが理解しづらい。
    趣旨という抽象的な思考。

⇒1対多の抽象的な思考が苦手な事から発生する事象ではないか?多くの事象に当てはまる常識、意味という見えない法則を考える力が少ない?

ニキ・リンコ著「俺ルール」に以下の記述がある。
 【子供時の著者の思考】
 ①電柱にのぼったら叱られた。
 ②自分の中に電柱にのぼるのはいけないというルールが出来る。
 ③その後、電気会社?の人が電柱にのぼるのを見た。
 ④警察に連絡する。

⇒『電柱にのぼる』 = 『いけない事』と1対1で定義されてしまい、多様な原因がある事を推察できない。物語の論理(演繹的な理解)が無い。

優しさ、怒り、憎しみ、思いやり、等など感情は演繹的な理解の手段だと思う。自分の経験や他人からの伝聞をまとめて理解するためには『性格』や『個性』という架空の概念が必要になる。

アスペルガー者に「他人に気をつかえ」といっても出来ないだろう。各種の場面に応じた行動をマニュアル化し、1対1の理解でも問題なく行動出来るような試みは既になされているのだと思う。現実世界に適応出来るのはいつの日だろう?

既に保有している情報を物語化する事で未知の事象に対しても応用力を持つ事が出来る。『犬』、『アメリカ人』、『喜び』、等などと抽象化した用語を使用する事で情報を圧縮し、効率的なコミュニケーションが可能となる。

それでは、数字の論理の利点とは何だろう?

今日、考えた事

①性格とは何か
 子供の時から理解しにくい事があった。性格とは何だろう?
  
 【例:A、BがCについて話す場合】 
 A「Cはとても良い子なんだよ。」
 B「でも、その良い子のはずのCは、僕からお金を盗んだり、僕を蹴飛ばしたり
   するんだよ。」
 A「でもCはとても良い子なんだよ。」
************************************************************************

 どうも、周囲の人間には「性格」というものを感じる事が出来るらしい。
 
 性格 ― ある人間の感情・行動の傾向。

 この理論によると、優しい人間、几帳面な人間、怒りっぽい人間、ETC
 といろいろと存在するらしい。

 良く理解出来ないのは、この概念が実際の行動より優先される場合がある事だ。

 誰かが僕を殴っても、「優しい」と評価される人間がやった事であれば仕方が
 ない事とされる。

 自分に対して良くする人間は他の人間に対しても同様の事を実施するように
 思い込む。
 
 本当にそんなものがあるのだろうか?
 自分で書いてても良く理解出来ない文章だ。

②FXの新しいパターン
 現在、口座清算価値:8,352,658

 口座が急激に動く事が予想される場合に機能する新しいパターンを試して
 みる事にする。
 (今週の金曜日22:30に米国の雇用統計が発表されるのでその時にやってみる。)

 ・米ドルについて以下1、2のポジジョンを作る。
  1.米ドルの売りポジジョン(買値から50銭、円高になったら決済する。
                    30銭、円安になったら損切る。)
  2.米ドルの買いポジジョン(買値から50銭、円安になったら決済する。
                    30銭、円高になったら損切る。)
  ⇒ケース1:円高になった場合
        1.のポジジョンで50銭の儲け。
        2.のポジジョンで30銭の損失。
        差し引き、20銭の利益。
   ケース2:円安になった場合
        1.のポジジョンで30銭の損失。
        2.のポジジョンで50銭の儲け。
        差し引き、20銭の利益。
  ⇒為替のドル/円レートが上下に50銭以上変動すれば必ず利益を出す事になる。

  時々、見かける手法だけれど本当に上手く機能するのか試してみる。
  小額からやってみる。

FXで逃げ遅れた

土曜日の時点で、ポンドのポジジョンの半分(6万通貨単位)に1ポンド=126.90円で
ストップロスを入れて置いたと思ったら、入っていなかった。

何故、昨日PCを立ち上げなかったのか自分でも不思議だったけど、無意識の内に
ポジジョンを決済したくない意志が自分の中にあったのだろうか?

現状を維持したい欲求?

現在の口座清算価値:8,168,488

1ユーロ=1.3362ドル=109.78円、1豪ドル=1.0067ドル=82.73円、
1ポンド=1.5589ドル=128.09円、1加ドル=0.9965ドル=82.41円、

今度は間違えないように、ポンドのポジジョンの半分に1ポンド=128.80円で
ストップロスを入れた。

全体的なイメージとして、ドルの投げ売りが続いている。それが持続性のあるもの
であるか判断する力は僕には無い。よって、ドルの高騰を警戒しつつ、スワップ金利
を稼ぐ体制を作りたい。

豪ドルの買いポジジョンにもストップを置くべきだろうか?

たまたま

久しぶりに読んだ本の感想

第1章:ランダムネスという不思議な世界
 不確かな状況の中で評価・選択をする際、人間は以下の2つの戦略
 を使う。
 ①直感:常に、より頻繁に現れる事象を推測する。
 ②論理:事象の出現にパターンを見出そうとする。

 分離脳患者に対する実験では、右半球は常に頻度の高い事象を
 推測し左半球は事象の出現パターンを推測しようとする。
 
 人間はランダムネスを過小評価する。並はずれた事象に並はずれた
 原因はいらない。

第2章:「それっぽい」話に濳む危険性
 リンダ問題に関する話。人間は、与えられたディティールと
 先入観が合致すると、その話を信じやすくなる。
 論理的には、話は細かくなるほど完全に正しい確率は低くなる。
 (例)
 以下の話1より、話2の方が信憑性が高くなる
 話1:「会社は来年売上を伸ばすだろう。」
 話2:「景気が良くなるので、会社は来年売上を伸ばすだろう。」
 ⇒景気が悪化しても会社が売上を伸ばす可能性があるので、
  論理的には話1の方が信憑性が高い。
 ⇒会社の売上が伸びる理由を考えてしまった人間は、より、
  会社の売上が伸びると思い込んでしまう可能性がある。 

 ギリシャ人の話。
 ギリシャ人は何故、確率の理論を持たなかったのか?
 原因1.未来は神の意志によると考えたから。
 原因2.ギリシャ哲学は論理と公式による絶対的真実を主張した。
 原因3.当時は過去の記録が困難だった。
 原因4.0の概念が無かったので計算が困難だった。

 確率の誤用についての意見。
 ・DNA鑑定が間違える確率
  =研究所の誤り(100万分の1)+偶然の一致(10億分の1)
  ⇒裁判では、研究所の誤りの可能性は見逃される確率がある。
 ・コリンズ裁判:容疑者の特徴が目撃された犯人の特徴と同一で
         ある事が重視された。
         偶然に一致の可能性は低い。
         (10億分の1の確率)
  ⇒異論①特徴である「顎鬚をつけた黒人」は1/10、
           「口髭をつけた男」は1/4の
      確率とされた。しかし、両者は一致する確率が高い。
   異論②事件が発生した地域には、容疑者の特徴と一致する
      特徴を持った人間が何名かいる。
      この内の1人が犯人であるとするなら、
      10億分の1の確率とはいえない。 

第3章:直感はすべての選択肢を把握できない
 ランダムネスの本を書いたジェロラーモ・カルダーノの話。
 『偶然のゲームに関する書』
 標本空間の概念。発生しない事も予測する。
 
 (例)2枚の硬貨を投げる賭けを実施する場合
    表が2枚のケース:(表、表)
    表が1枚のケース:(表、裏)、(裏、表)
    表が0枚のケース:(裏、裏)
    ⇒表が1枚になる確率は50%であり、有利である。 

第4章:「たまたま」成功する確率を知る
 科学革命について。
 16世紀の欧州にて、行動の有効性を検証するのに「実験と検証」
 を持ってする思想が生まれた。(ガリレオ?)
 
 パスカルの2つの貢献
  パスカルの三角形:事象の起き方が何通りあるか体系的に
           表現する方法。
  期待値:未発生のあらゆる結果を評価・比較する方法。 

第5章:大数の法則と少数の法則
 真のランダムネスは存在するか?⇒原子レベルで起きている。
 量子論。
 
 ベンフォードの法則:財政収支等の累積的な数字は低い数字に
           偏っている。

 ベルヌーイの定理:
 正規分布、誤差の許容範囲と試行回数について。
 ⇒現在では、世論調査に応用されている。

第6章:「あなたが死ぬ確率は1000分の九九九!」
 ベイズ理論の話。
 ベイズ理論:条件付確率。以下の2つの確率は異なっている。
       ①「Aが起こる場合、Bである確率」
       ②「Bが起こる場合、Aである確率」
 例.
  著者がHIV検査にて陽性との診断を受けた。
  検査が誤っている確率は1/1000
  となっている。
  著者がHIVで死ぬ確率は1000分の九九九なのか?
  ⇒否。以下①、②の確率は異なっている。
   ①「HIV検査で陽性である場合、HIVである確率」
   ②「HIVである場合、HIV検査で陽性である確率」
  
   この場合、以下のステップで考える。
   1.分析の対象となる標本について、定義する。
     著者と同じ、成人の白人男性を対象とし、同性愛者や
     麻薬常習者を対象外とする。
   2.標本をカテゴライズするための分類を作る。
     以下のA~Dに対象を分類する。
      A:HIVであり、検査で陽性の人間
      B:HIVであり、検査で陰性の人間
      C:HIVでなく、検査で陽性の人間
      D:HIVでなく、検査で陰性の人間
   3.対象者を分類する。   
     ⇒するとどうなるか?
     1.では1万人の白人男性を対象と考える事とする。
     2.の分類の内、HIVに感染している人間は
       白人男性1万人の内1人であるとする。
       さらに、検査が誤っている確率は
       1/1000あるので1万人の内、10人がCに分類される。
   つまり、結果から考えた場合、著者がHIV患者である確率は
   1/11という事になる。
   同様の誤りは、ドーピング、裁判でも発生する。
   確率は、事象が発生する前に発生する可能性を考えるが、
   事象が発生した後にその結果が適性であったかを考える事は
   出来ない。

   確率はドーピング検査が正しい確率を99%と
   調べる事は出来る。
   しかし、99%正しい検査でも1万人の内100人は
   誤っている事になる。
   よって、検査の結果ドーピングを行っている確率は1/101と
   なるかもしれない。
(ドーピングを行っている人間が1万人の内1人しかいない場合)

第7章:バラツキを手掛かりに真実をつかむ
 事象を測定する場合の問題点。
 ①測定結果の誤差をどのように考慮するのか?
 ②測定結果が限られている場合、決定が正しい事をどのように
  担保するのか?
 ⇒そもそも、事象に数字で測定可能な質があるのか?

 測定結果のバラツキ=誤差をどのように考えるのか?
 正規分布という考え方を導入。
 多数のランダムな要素が特定の値を取る確率は正規分布に従って
 分布するそれが中心極限定理。

 全ての測定結果には誤差があるため、測定は多数の結果を含む
 合成でなくてはならない。

第8章:ランダムネスを逆手に取る
 個々の人間の行動は無秩序かもしれない。しかし、集合体となった
 人間の行動は定量化可能なパターンを
 生み出しているように見える。
 統計的なデータを調べれば、データを生み出す因果関係を推察可能
 という認識が近代の欧州で生まれた。全ては神の意志であるという
 思想から、規則性を研究する事は冒涜であるとされたが、
 それが変化した。

 ブラウン運動に関するアインシュタインの研究。原始的レベルで
 見れば分子の動きは無秩序。個々の分子のランダムな動きは集団
 として捉える事で相殺される。
 統計的な手法。

第9章:パターンの錯覚と錯覚のパターン
 知覚・認識は想像力を必要とする。
 何故なら、人間に手に入るデータは不完全で曖昧だからだ。
 人間はパターンを認識しデータを同化させ、ギャップを
 埋めるように出来ている。人間はバイアスから逃げられない。
 否、認識する事がバイアスだ。
 
 そして、人間はコントロールしていると感じる欲求を持っている。
 人間は偶然の概念を信じているが、事象をコントロール可能で
 あるように振る舞う。
 (ヒューリスティック、ホットハンド誤謬、確証バイアス)
 
第10章:ドランカーズ・ウォーク
 ランダムな事象を統計的なデータによって相殺し全体的な規則性を
 発見しても、特定の個人の未来を予測する事は出来ない。
 【理由】
 ①社会は明確な基本法則に支配されていない。
 ②予測に必要なデータを入手出来ない。
 ③データがあったとしても必要な計算を行えない。

 「後知恵」という錯覚。
 未来は過去になってからしか説明出来ない。
 必然性という幻想。結果から人間を判断するのでなく、
 可能性で判断するべき。

 著者は意志決定の技術は改善可能としているが、
 僕もそうあって欲しい。

 【染料分子の例】
水に浮かんでいる1個の染料分子を考える。
分子の動きは無秩序にある方向に向かって進む。仮にその分子の「過去」を調べると水の分子からの衝撃がどのように染料分子を推し進めたのか明瞭に説明出来る。
しかし、染料分子の動きを事前に予測する場合、潜在的に重要な水分子の経路と相互作用を計算するために膨大な数学的計算が必要になる。
つまり、染料分子の動きを後から理解する事は容易だが、事前に予測する事は不可能という事になる。
⇒過去の理解は「物語の論理」、未来の予測は「数字の論理」
 による?
 両者の混同?

佐藤優とかFXとかいろいろ

①佐藤優
この人をモデルにしてビッグコミックで、外務省のラスプーチンとかいう漫画を連載中。似ていない。美化しすぎ。
 
昔、この人の連載にあった話。

【記憶している内容の引用開始】
外務省時代は出来ない部下を躾けていた。例えば手紙を送ったかどうか確認する場合は、
 佐藤「手紙を送ったのか?」
 部下「送りました。」
 佐藤「何時何分に?」
 部下「・・・・・・・・」
こうして、細かい所をつついていけば、部下はしどろもどろになって泣きだす。そして、「君のような嘘をつく人間とはやっていけない。」と言い放つ。こうして、嘘をついた時に痛みを与えるようにして人間を躾けるのである。
【引用終了】

ううーん。佐藤さん。もし、本当に手紙を送っていた場合でも何時何分に手紙を送ったのか記憶している人間なんていないと思いますよ。

などと、理屈を捏ねても佐藤氏の信念を覆す事は出来ないだろう。
 
難しいのは彼が何の罪悪感も持たずに他人を痛めつけており、それを正当化出来てしまう事だと思う。最初にやるべきは、手紙が届いていない事への対処であり、責任追及はその後にするべきではないの?部下が泣けば問題解決なの?本当にそれで上手く行くの?

②ドラえもんの事
以下のリンクより、(のび太の成長と甘かったママの変化)

http://comicreading.com/archives/319

【引用開始】
結局、この甘やかしがのび太を駄目にした一番の原因であり、ひいてはセワシのお年玉が50円になった根源でもあった訳だが、連載が進むにつれママは変わってしまった。のび太がだらしない事をすると、当然のようにガミガミと怒るお馴染みのママへと変身したのだ。のび太が少しずつではあるが成長していった理由はドラえもんが未来からやって来たと言うより、むしろママが甘やかさなくなったからという方が大きいのかもしれない。

小学館ドラえもんルーム編『ド・ラ・カルト』(小学館文庫)P105
 
これを読んで、ああなるほど、と思いました。たしかに1巻のあの甘いのが、前述のように大学入試はともかくとして社会人になろうとする時まで続いていると、そりゃ過保護が過ぎるんじゃないかと思えます。となると、この本に書いてあるように、確かにのび太が変わった影響は、ドラえもんが来た事よりもママの変化にあると思えてくる訳です。自分としても叱っているママと1巻のママでどっちがのび太にとって良い母親か、となると、やはりそれ以降のほうに思えますし。
【引用終了】

長いんですけど、丸ごとコピペしました。何だろうこの違和感は?叩きのめす事や痛めつける事が肯定されている。『甘やかす事』の反対が『痛めつける事』になっており、批判する者は「じゃあ、子供を赤ん坊のように扱い、学校にも行かせずにオムツを換えて
あげるのか?」とか言い返されるんでしょうか?

この人達は世に言う厳しく躾けられた子供がどうなったのか調べたんだろうか?調べないなら何故こんな風になるのか?

何にせよ、彼らは上手くいかなかった場合、痛みや厳しさが足りなかったと思い、自分自身に問題があったとは思わないんだろう。前提条件を変える事は難しい。この場合、痛みを与え続ける限り子供が悪くなる事の責任を取らなくて済む。本当にそれで上手くいくんだろうか?世のはみだし者(僕の事)を救う新しい観点は無いものか?

③FX
転換点にきているのだろうか?
昨年の11月、12月頃から、米ドルが暴落して豪ドルETCが暴騰した。しばらくはその反動に備える。

【具体的に何をするか?】
 (1)ユーロ/ドルの売りポジジョンの構築。(1ユーロ=1.3350ドル)
 (2)カナダドル/ドルの売りポジジョンの構築。
   (1ドル=0.9990カナダドル)
 ⇒この2つで米ドルの高騰に備える。
 (3)ポンドの買いポジジョンの半分にストップロスを入れる
   (1ポンド=126.90円)
 ⇒損失の限定

【予測が外れた場合=米ドルの暴落が継続した場合】
 (1) 豪ドルのポジジョンを保持しておく。
 ⇒これだけでは力不足。何かないだろうか?
  米ドル/円の売りポジジョンはまだ維持しているけど、
  (1ドル=83.97円、4万通貨単位)では足りない。どうしよう。

【予想外の動きがあった場合】
 (1)ポジジョンの大部分を決済する?
 ⇒まだ、分からない。

どうなるか、物凄く不安だ。各通貨の値動きにより、全体的な資産がどのように動くのか上手くイメージ出来ない。昨年から、自分の予測は外れっぱなしだ。
どうなるだろう?

人気ブログランキングへ

どうしよう。

未だにFXについて悩んでいる。

豪ドルは高過ぎるし、ポンドは、やや下がり過ぎだろうか?
ビッグマック指数だと、1ポンド=1.639ドル程度?

この辺りでストップロスを入れておいて、急落に備えようと思う。

特に年末にかけて、ドルが急激に下がった気がする。(妄想)

下がったドルが急激に戻る事に備えているけれど、どれくらい効果があるだろうか?

今に限った事でないけれど、お金にとりつかれ過ぎていると思う。

チャートでも経済指標でも何らかの理論を信じる事が出来れば楽なのだと思う。
でも自分は理論を信じるほど賢くなれない。

気にしすぎない事が一番重要。

【今日、読んだ面白いBLOGの内容、うろ覚え】
日本仏教の思想

・浄土宗(法然)
 一生懸命に修行したけど悟れなかった。多分、あなた達も悟れない。
 でも安心だ。お釈迦様という偉い人が極楽に行ける方法を作ったから大丈夫。
 さあ、祈ろう。
・浄土真宗(親鸞)
 祈らなければ悟れないなんておかしい。信じていればお釈迦様が救ってくれる。
 だから、自分は結婚するし、肉を食べる。
・時宗(一遍)
 信じていなければ悟れないなんておかしい。信じる必要もない。人間は生まれた
 時から救われている。問題ない。

PCが途中でフリーズしたので、どこのBLOGに書いてあったのか、わからなくなって
しまった。よって、内容もうろ覚え。

この人達の考え方は資産運用に通じている。自分は悟れない。

物語を疑う事

12/29(水)のウェイソンの選択課題から

数字の論理は疑う事が簡単。

伏せられたカードの「表がAならば裏は1」というルールと「裏が1ならば表はA」というルールが同一のものであるとされる。

故に裏が1なのに、表がAでないカードがあれば、ルールは棄却される。

物語の論理は疑う事が難しい。

ルール「20歳未満は酒を飲んではいけない」は「酒を飲んでいなければ20歳未満」と同一ではない。

故に20歳未満なのに酒を飲んでいる人間が存在する場合でもルールは疑われない。

【疑う事】
心理学の研究でも、個人的な経験でも自分の世界観を疑う事は難しいと思う。
特に、論理でも直感でも思考によって疑う事は難しい。
昔はそれは、自尊心によるものとされていた。自分が間違っていると認めたくないからだと。違うのではないか。何かもっと別の原因があるのでは。

【解決策】
疑う事は難しい。疑う事は信じる事と同じだと思う。何かの物語を人は信じてしまうのだと思う。それだから、現実に適合しない信念・世界観・物語を否定するには別の信念で、それを上書きしなくてはならないのだと思う。嘘を嘘で塗り替える。
本当の真実でなくても、真実という概念自体が人間の作りだした虚構なのだと思う。
「真実というものが存在する」という妄想。

(例)
主張1:「幼児虐待に育児放棄。最近は未熟な親が増えた。
     昔は違った。」
 ⇒昔の方が幼児虐待、育児放棄が多かった事は、よく知られた
  事実である。
  そもそも、虐待という概念自体が近年のものである。
  どう反論するか?

反証1(数値):過去のデータを見せる。少年犯罪、
        異常な事件、ETC。
        どの角度から見ても治安は改善されている。
反証2(物語):あなたはマスコミに騙されている。本当は日本の
        治安は良い。
        マスコミが金儲けのために事件を面白おかしく
        報道するのが悪い。

⇒新聞、BLOG等の媒体を見ただけで、検証はしていないが、反証2
 の方が説得力を持つように思える。
 「未熟な親が増えている」という妄想を「マスコミの嘘」という
 別の妄想で塗り替えるのだ。

反証2に対する反証:人類の歴史上、マスコミが登場する前から若者が
          劣化している意見は多かった。
          人間の脳構造上、逆らえない思考なのでは?

⇒これは、物語だ。データではない。でも説得力がないかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FX

今日、ユーロ/ドルに1ユーロ=1.335ドルで売りポジジョンを作り、
   ドル/加ドルに1ドル=0.9990ドルで買いポジジョンを作った。

口座清算価値=8,560,984

ドルの値上がりに備えたポジジョンのつもりだけどどうだろう。
良く考えないで作った。全体的なバランスを考えて、変更する事もありだと思う。

今日はデイトレードをやってしまった。効率が悪い。やっぱり何も考えない方法が
一番だと思う。それでも自分は学ばないんだろうな。
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード