今年の中間結果、二つある正義

今年度になってから「正義」について色々な本を参考に考えている。

正義は存在する。確固としたものでなく、変化し続けているが、確かに正義は存在し、僕達を縛る。

以下は、「二つある正義」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2645.html

正義は僕を守らない。

以下は、「いじめの構造」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2951.html

群生秩序と普遍秩序が共存し、個人の中で目まぐるしく支配権を奪い合う事象について。

以下は、「社会は絶えず夢を見ている」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2887.html

社会は「正義」という幻想を信じざるを得ない。「第四講 今のときに革命について語る」においては、現実に戦争が発生した場合の価値観の変化を当人が予想出来なかった事が書かれている。

以下は、「贈与論」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2971.html

重要な概念「贈与」。人々は解決策 = 快の増大 or 不快の削減を望んでいるのでない。与えたものと与えられたものが等しくなる事を目指す。

以下は、「見えない復讐」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2936.html

等分を実現するには、「自分」と自分に等しい「他者」を仮定しなくてならない。物語の基礎はそこにある。登場人物のキャラクターが当然視され、個人や個性が存在し、そうでなくては物語は成り立たない。

仮想であるはずの物語が人々を規定する。

以下は、「完全な人間を目指さなくてもよい理由」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-3010.html

あらゆる物語は、被贈与性 = 不自由を前提にしなくてはならない。全てが思いのままになる事を本当には望まない。やむを得ない事情によって押し付けられた好意や善意が望まれる。

そこにあるのは「贈与」の概念であり、自発による被贈与には同じだけの返礼をしなくてはならない。

以下は、「アインシュタインのジレンマ」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2591.html

重要な概念:贈与

贈られた者は同じだけの何かを返さなくてならない。持てる者には贈る義務が生じる。贈られた者は贈与を受けなくてはならない。

それは全ての物語の根幹であり、それだからこそ物語に登場する正義の味方は、贈与する者であり、贈与されてはならない。やむを得ずに好意を受ける場合は、外部からの強制によらなくてはならず、決して自ら好意を望んではならない。

物語を読まなくてはならない。そして、贈与について知る。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

持ち株の2/3を売却、もう少しで200冊

今日、保有株式の2/3を売却した。

お金が必要になったのと、何かがあるかもしれないから。このまま何も起こらずに株価が値上がり続けたらとても悔しいが売った。

朝鮮半島で戦争が発生する可能性は低いかもしれないし、そうではないかもしれない。新聞や雑誌、ブログを読んでいても暴落を予想する意見は少ない。

だから、何となく気になるだけだ。根拠は無いけど、今、暴落が発生した場合は値下げ幅が大きいような気がする。久しぶりに感じる大きな危機感。

それから、もう少しで年間の読書数が200冊を超える。仕事をしていなければ、もっと読めるような気がしていて、目的と手段が逆転している。

人気ブログランキングへ

食べ過ぎた、150冊を超えた

今日は色々なものを食べ過ぎて苦しくなっている。

それから、春からの年間読書数が150冊を超えた。

何の競争をしているのか我ながら不思議だ。

人気ブログランキングへ

インターネット化するメディア

以下は、DIAMOND onlineの「加計問題で重要証言「黙殺」、朝日新聞はなぜネットで嫌われるのか」へのリンク。

http://diamond.jp/articles/-/135110?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

朝日新聞が偏向報道を繰り返す理由について。

新聞読者が偏った情報を好むようになったからだとする。

例として出したのが、2015年10月24日の「難民批判イラスト、差別か風刺か 日本の漫画家が投稿、国内外で波紋」という記事が炎上した件。はすみとしこ氏の「難民」を題材にしたイラストについて両論併記をした結果、批判が殺到。2016年3月30日の朝日新聞には、ジャーナリスト・金平茂紀氏による多様な意見を掲載する事への批判が載せられている。

加計学園に関する御意向文書の記事が載せられた1週間後の2017年5月23日に掲載された「報道、これでいいのか」というオピニオン記事では、神奈川新聞デジタル編集委員の石橋学氏が、以下の提言をしている。

「報道には公正中立、不偏不党が求められると言われます。ただ、多くの記事がそれを意識するあまり、視点がぼやけていないか。読者に判断を丸投げし、自分で判断をして主張することをサボっていないか。そう問いたいのです」

その後、朝日全紙をあげた「正義の前川」キャンペーンが始まる。朝日の偏向報道は読者の熱狂的支持を受けている。問題は、朝日新聞が偏向しているのにも関わらず、社会正義を主張している事で、それは多くの読者を騙す行為だ。

******************

コラムを読んでいて気になったのは、このコラムも2017年7月10日の閉会中審査の問題について誤魔化している事。

以下の二つが報道されていない。

①前川氏の捏造確定
平井卓也議員が前川前事務次官に、文書の流出元が前川事務次官であるかどうか質問し、前川前事務次官は「お答えは差し控えさせていただきます」と回答。これによって加計学園に関する流出文書の問題は朝日新聞による捏造の可能性が高まったが、どのメディアもそれを追求しない。

②加戸前知事のyoutubeに関する発言
愛媛県の加戸前知事が、6月13日の「国家戦略会議、諮問会議の民間有識者委員による記者会見」がyoutubeにアップロードされている事に触れ、取材しているメディアが真実を報道していないとしているが、それを問題視するメディアが無い。

***********************

それからコラムが朝日新聞の抗議によって訂正されている事も気になった。

加戸前知事の意見は、「加計学園問題 閉会中審査 やりとり詳報」によって一部では報道しているらしい。

このやり方は、インターネット上のブログ記事や掲示板の手法と似ていて、文書の流出元が第三者を装って証言する事は複数アカウントで同一人物が複数を装うのに似ている。

インターネットの匿名性をたてにした誹謗中傷を批判していたはずのマスメディアが、いつのまにかメディアの匿名性に隠れて誹謗中傷を行っており、しかもそれが有効に機能する事が証明されている。

人気ブログランキングへ

鉄剣と銅剣

インターネット上の掲示板からのコピペ。

世界史では、鉄器が銅器を駆逐して鉄器時代になったと習うが、ブリネル硬度では、理論値で銅が772 炭素鋼が1118でそれほど硬度は変わらない。

鉄は摂氏1500℃程度の高温を、鞴等で送風しなければ製造出来ず、古代では隕鉄を使用するしかなかった。しかし、技術確立さえすれば、鉄の方が埋蔵量が多いため、銅よりも大量に数を揃える事が出来る。

鉄器は製造に高い技術が必要である故に、分業や中央集権等の社会体制を整備した国家でなければ扱えず、鉄器を使用したために国家が栄えたのでなく、大量の武具や農具を必要とした人口の多い国が鉄器を求めたと解釈した方が正しいと思う。

それなのに、鉄器が国家を栄えさせたと解釈してしまうのが歴史の難しいところで、他にも実用品であるために消耗品となり、残さされた名品が少ない槍よりも、装飾品であるために残存数が多い剣の方が優秀な武具と錯覚してしまう。

各国の伝説上の武具は、その国の願望を示しており、欧州の羽根のように軽い宝剣は、古代の欧州の武具が重かった事を示唆しており、中国の大きさや重さを誇る武具は鉄量が人口に比して少なかった事を示唆している。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード