不滅の書

読んだ本の感想。

萩耿介著。2012年6月25日 初版発行。



作者の意図を慮る事が難しかった。

金銭や信頼、身分、異民族との区別等について。

ウパニシャッド(ヒンドゥー教の聖典)が、ペルシャ語に翻訳され、さらにラテン語に翻訳され(ウプネカット)、ショーペンハウアーによる「意志の表象としての世界」として世界中で読み継がれる。

輪廻転生をテーマにしているようで、各人物は生まれ代わっているようだ。

第一章 扉
2009年?の日本。

帝国不動産販売に勤務する滝川隆(30代半ば)は、吸収合併された会社に在籍していたため、肩身の狭い思いをしていた。滝川隆には、15年以上前にインドで行方不明になった5歳上の兄がおり、残された荷物の中にあった『智慧の書(意志と表象としての世界)』が精神の安定を保つ糧となっている。

白鬼:
滝川隆の同僚。帝国不動産販売の売上二位。肌が白いために白鬼と呼ばれている。

P20:
『個体化の原理』がとり払われた人は、もはや自分と他人を区別することはなく、他の個体の苦しみに彼自身の苦しみと同じくらいの関心を持つ。そしてただ慈悲深いばかりではなく、自分を犠牲にして他の人が救われるなら、自分自身の生命をすすんで犠牲にする心構えさえある

P38:
誰でも青年期の夢から覚めれば、この人間界が偶然と誤謬の国であることを、そして偶然と誤謬は大小を問わずこの世に無慈悲に跋扈し、痴愚と悪意がこれと並んで鞭をふるっていることを認めるようになるだろう

第二章 言葉
1789年~1800年までのフランスが舞台。東洋学者アンクティル・デュペロン(1731年~?年)がウパニシャッドをラテン語に翻訳し、それがショーペンハウアーに引き継がれる。

彼は弟の義父であるメルボワと出会う。金と言葉のどちらが大切か。

デュペロンの弟デランドは、革命政府によって捕らえらる。デランドはメルボワの「金の思想」?によって解放される。しかし、デュペロンの想い人であるエグモン夫人を処刑から救う事は出来なかった。

P79:
あらゆる過去と伝統のすべてが敵。
(中略)
言葉は過去と切り離せない。今も生きている。彼らは言葉も敵に回すのだろうか。これまで使ってきた言葉。百年、千年と受け継がれてきた言葉。それさえ敵と見なすのだろうか。言葉を敵に回すということは知恵を敵にするということだ。

P118:
利益の追求は自由であり、商いはあらゆるものから自由でなければならないということだ。敵からも味方からもな。従ってアンティクル商会の行為は罪に値しない。
(中略)
賄賂など力の本質ではない。金はもっと自由なのだ。敵も味方もなく、国境さえ超えてどこまでも行く。そういう生き物なのだ。とてもわれわれが飼い慣らせる相手ではないのだよ。ダヴィッドとはこの点で一致を見たのだ。

P142:
孤立しているが、それぞれが大きな宇宙の原理の一部と考えれば、孤立は解消され、大きな原理に支えられる。その原理を古代インド人はブラフマンと名付けた。神でない壮大な仕組みとして。その原理の前にはすべては平等である。誕生し、滅び、変転し、再び生まれる。その輪廻からの解脱は原理の認識によって可能になる。

第三章 信頼
1656年~1659年のインドが舞台。

ムガル帝国の皇太子ダーラー・シコーが、ウパニシャッドをペルシャ語翻訳するもの、王位を奪われて処刑されるまで。

P193:
ウパニシャッドとは、もともと『近くに座る』という意味でございます。おそらくは師の教えを聞くためでございましょう。ですからこれ以外の題名は不要と存じます
(中略)
『智慧の書』はいかがでしょう。どこの言葉で書かれようとも、ここに記された智慧は広く読まれるに値します

第四章 憧れ
再び、2009年?の日本。

滝川隆は有給休暇を利用して、兄の足跡を辿るためにインドへ行く。主人公は兄の幻影と出会い、『智慧の書』の原典を入手するが、『智慧の書』はそれを必要とするものの所へと消え去ってしまう。

P279:
金を稼ぎ、家族を養う人生。悪意を浴びながら義務を果たす人生。それは道に生きる牛の人生より上だろうか。考えることを知らず、あるいは考えることをやめてしまった牛の顔は自分の顔より愚鈍だろうか

P291:
聖なるものは俗なるものを越えなければならない。超えきれず、敗北しても執拗に挑み続けなければならない。人は聖なるものに触れて初めて満たされるからだ

***************

難しい本だった。各個人が個人であって、同時に全体となる。異質は思考を促すが、考える事が反発を生む。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

オーダーメイド殺人クラブ

読んだ本の感想。

辻村深月著。2011年5月30日 第1刷発行。



他人の物語から脱却したい中学生の話だと思う。

これ、徳川君が美術で入賞していたり、難関の美大に一発合格していなければこうなっていないんじゃ。そう思うと作者が怖い。徳川君がメールアドレスに使用している『chiyoda』というライトベル作家は誰なんだろう?



主人公 中村アンは、家では母親(赤毛のアンが好き)の構築した物語に組み込まれ、学校では友人である斉藤芹香、成沢倖の物語に組み込まれ、その評価基準に支配されている。

昆虫系:
階級下位のクラス男子の事。地味な男子とも違い、キャラモノでチビだったり、体格が良かったり種類が多い。一人一人に意志を感じないが、クラスで一定数を占めていて、集団で一つの意志を持っているように見える。

*******************

主人公は、友人である斉藤芹香が好きな芸能人?セブンス・クライシスについて、「高校とか大学までならいいけど、二十歳過ぎてまでセブクラに夢中なんてイタい」と言った事から無視されるようになっている。

その後、同級生の徳川勝利(昆虫系)から、教師に反論する意見「だからの前を言って下さい。その前の論理が分かりません」という事で中が修復する。

その後、徳川勝利が動物の死骸を持っているのを見た事から、自分を殺し、特別な存在としてプロデュースするよう依頼する。学校内での身分が違うため、二人はこっそりと相談し、イメージ写真等を撮影。

その一方で、成沢倖が斉藤芹香の元カレである津島と付き合う事になり、二人の争いに中村アンは巻き込まれる。斉藤芹香が自殺未遂する事で、斉藤芹香と成沢倖は仲直りするが、中村アンは二人の共通の敵となり、無視される事になる。

そして、徳川勝利が持っていた動物の死骸が自分の元カレである河瀬の飼い猫の死体であった事にショックを受ける(この話はウヤムヤになって終わる)。

毎日がつらいので、12月に自分を殺すよう依頼するが、当日になって徳川勝利は殺害を拒否する。彼も父親が、中学校の音楽教師と結婚する事で悩んでいた。

そして、高校生になった中村アンは東京の大学に行く事になり、その直前に徳川勝利から自分が描かれたノートを渡され、東京での彼の住所を聞く。

*****************

P40~P41:
私も尊敬できるような大人がやってきて、肩に手をおいて「君は特別だ」とはっきり告げてくれること。同じ教室でそれを見てた芹香や倖の呆気に取られる顔を夢想する。
(中略)
だけど、そんな大人が現れない以上、特別になるためには命でも投下するしかないのだ。それが空っぽな、まだ何も成していない私たちにできる今の時点の精一杯

P149:
芹香はつまり、そうやって、ヒエラルキーのてっぺんから、疑問なくみんなの価値観を覆してしまえる女子なのだ。自分とは直接関係ない違うクラスの女子をわざわざ糾弾しにいけるくらいのバイタリティーに満ち、一人の女の子から最大の武器になりうるものを奪い、へし折る。

P153:
誰かの悪口を言ってるときが、芹香は一番輝いている

P229:
どうして自分たちに参加しないのか―、芹香と一緒にいるなんている空気の読めないことをするのか、と言葉の外で私を責めている

P246:
芹香や倖とこんなふうになって、私には、一緒の班になれる子がいない。立っていられる場所がない

P254:
班替えでいい人と一緒になれない事実を、みんなにどう見られているか考えたら、二人には悪いけど肩身が狭く、一緒にいるところを人に見られたくなかった

P255:
芹香は私とやりたがってたダブルデートを、倖と津島カップルとできるだろう。つまりはその程度のことだった。芹香にとって大事なのは、津島でも倖でもない

P266:
本の中の清潔な世界はどこにも存在しない。「少女」であることに価値がある、人形たちの無機質な表情こそ尊ばれるあの空間は幻想で、現実を生きるリア充たちには、そんなもの無価値だ

P312:
クラスのどの子が、ヒエラルキーのどのあたりで、どんな傾向のグループに属してて、カースト的にはどんな立場で。そんなことに全部自覚がある自分がくだらなかった。だけどその一方で、私たちは自覚せざるを得ないし、周りに敏感でなければならない。くだらないことを知ってても、ここで生きていかなきゃならないんだから

人気ブログランキングへ

戦闘破壊学園ダンゲロス

読んだ本の感想。

架神恭介著。2011年2月1日 第1刷発行。



読まなければ良かった。TRPGのノベライズらしい。

以下は、Wikipediaの『戦闘破壊学園ダンゲロス』の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E9%97%98%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AD%E3%82%B9

超能力を持った高校生達がグループに分かれて戦う話。キャラクターを作成した人は山田風太郎先生や南條範夫先生が好きらしく、疣蛙男、マゾ戦士、etcの『駿河城御前試合』に登場したようなキャラクターが多数登場する。

汚い描写やグロ系の描写が多いので、苦手な人もいると思う。

魔人という超能力者達が実在する世界の、希望崎高校という高校で以下のグループが戦う。

生徒会:
男性を皆殺しにする能力を持つ友釣香魚による待伏せを基本戦略とする。

番長グループ:
性別を反転させる能力を持つ両性院男女によって、女となり生徒会の待伏せを突破しようとする。

戦いの最初から、「転校生」という三人組が異世界から召喚される。「転校生」は生贄を報酬として、希望崎高校内の全ての魔人殲滅を約束する。

生徒会と番長グループは、「転校生」を脅威としながらも、まずは互いの勝敗を決する事とし、裏切者を潜ませていた生徒会が勝利する。勝利した生徒会を自衛隊の魔人小隊が、魔人殲滅のために襲撃し、生徒会もほぼ壊滅する。

「転校生」側は、魔人小隊も殲滅対象とし、以下の手順で学園内の人間を殺そうとする。

前提:
転校生には、ユキミ(他人の能力の範囲を拡大・縮小する能力)、黒鈴(死体の脳を食べる事で死者の能力を模倣する能力)、ムー(UFOを操作する能力)の三人がいる(ムーは途中で死亡している)。

①最初に黒鈴がムーの能力を模倣し、友釣香魚の死体を自分達の近くに運ぶ
②両性院男女の能力の範囲を学校中に拡大し、学校内の人間を全員男にする
③両性院男女の能力で「転校生」を女に転換する
④友釣香魚の能力を模倣し、能力の範囲を学校内に拡大して、学校中の男を殺す

上記の実行中に、両性院男女が「転校生」になる方法 = 自分が神に選ばれたと認識する事を知り、「転校生」となる。黒鈴は男を殺す能力を発動するが、両性院男女の元の性別が女性であったため、殺す事が出来ずに「転校生」は敗北する。

*****************

P274:
ボタンというのは元々人に押されるために作られたものであるからだ。つまり、ボタンという存在は「押せる」という情報を初めから備えたものである。たとえば紙を見ると、あなたは紙を「破れる」と感じるであろう。これは紙自体が「破れる」という情報を備えているからに他ならない。この概念をアメリカの知覚心理学者ジェームズ・J/ギブソンが「アフォーダンス」と名付けているのは良く知られた事実である。

P338:
感情的に戦いを挑むのでは士気も上がらぬ。何か堂々とした、自分達の行動を言い繕える、もっともな言い分が必要だったのである。「戦いなぞというものは理性的に行うものではない。感情的におっぱじめて……、後からその体裁を整える

人気ブログランキングへ

PSYCHO-PASS サイコパス (0) 名前のない怪物

読んだ本の感想。

高羽彩著。2013年4月18日 第1刷発行。



以下は、Wikipediaの『PSYCHO-PASS』の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/PSYCHO-PASS

2109年11月1日(金)~2110年1月15日(水)頃の話かな。

PSYCHO-PASS本編の3年前に発生した「標本事件」の話。佐々山さんも標本にされてしまうのか。

第一の標本:
2109年11月5日に、橋田良二議員が死体を標本化(液体合成樹脂で固定化)した状態で発見される。議員は、廃棄区画(社会システム管理外の人々が暮らす)の解体運動を行っていた。

第二の標本:
千代田区外神田パブリックパークにて、標本化された少女の遺体が発見される。

刑事達は、第二の標本が10年以上前のものである事に気付き、遺体の顔を検索したところ、桜霜学園社会科教諭 藤間幸三郎と遺体の顔が酷似している事が判明する。

藤間幸三郎は、廃棄区画出身であり、廃棄区画に双子の妹の死体を隠していた。廃棄区画解体運動によって死体を隠す事が困難になり、逆に世界に遺体を展示する事にしたらしい。

標本化の薬剤は、槙島聖護という人物からもらった。

⇒10年間も冷蔵庫で保存していたなら、ミイラ化しているのでは?

結局、犯人はつかまらず、佐々山光留はミイラ化し、藤間幸三郎の教え子である桐野瞳子は薬物による脳機能損傷で意思疎通不可能になる。

P206:
この国はシビュラシステムによって完成された、超格差社会だと。経済活動はすべて国内で完結し、その富はシビュラシステムの職業適性考査という概念のもと、ほぼ平等に国民に分配される。誰もが等しく豊かな暮らしを享受できるのだ。ただし、シビュラシステムの管理下にいれば、である。
(中略)
廃棄区画で育つ無戸籍児童が、まさにあぶれ出したそれであった。

人気ブログランキングへ

インターネット回線の接続が悪い

理由が分からないが、読み込みや書き込みが遅い。

何故なんだ。

人気ブログランキングへ
プロフィール

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード