FC2ブログ

歴史の謎はインフラで解ける

読んだ本の感想。

編著者:大石久和/藤井聡。平成30年5月28日 第1刷発行。



土木工学によって構築された社会基盤が、文明の器となる。

紀元前二世紀頃の中国古典『淮南子』には築土構木として、民のための土木という概念がある。

日本の国土形成においても、弥生時代の水田耕作(貯水設備、水路、畦畔で区切った画地等)や八世紀の満農池に代表される溜池等により、弥生末期から500年程度で人口が七倍の約450万人にまで増加した。

第二次世界大戦後も、1958年に完成した名神高速道路や1959年に完成した東海道新幹線等に代表される高速道路、新幹線が社会を規定している。

明治初期の大都市は舟運の港を持つ臨海都市であり、北前船(西廻り航路)等が就航出来る和歌山、徳島、富山、金沢、熊本、鹿児島、函館が人口上位15都市だったが、現代では新幹線の沿線都市である千葉、相模原、川崎、静岡、浜松、新潟、堺、岡山、北九州、福岡、札幌が大都市に成長している(札幌は例外)。

〇京都
七世紀末の藤原京以前は、天皇の代替わり毎に宮を遷す歴代遷宮が普通だったが、唐の長安を模した動かない都を目指すようになる。
舟運に便利な京都盆地の長岡京、平安京が造成され、京都盆地南部の巨椋池が水上交通の拠点となった。淀川下流の排水を良くする三国川開削工事や賀茂川の付け替え工事、平安京内の排水溝等。

1611年には、鴨川の二条大橋と、京都南部の伏見を結ぶ運河「高瀬川」の開削が計画され、三年後には大阪と京都が舟運で結ばれた事で交易が拡大した。

1890年には、琵琶湖から大量の水を京都に引き込む工事が十年以上をかけて完成し、日本初の営業用水力発電所である蹴上発電所が運転した。1895年には京都-伏見間で日本初の電気鉄道が運転開始し、京都都市化に貢献している。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

粘膜シリーズ

読んだ本の感想。

飴村行著。

強い者がより強い者によって屈服させられていく構造があると思う。

粘膜人間
平成20年10月25日 初版発行。



溝口利一(15歳)、祐二(14歳)の兄弟は、横暴な11歳の弟 雷太(11歳、身長195㎝、体重105kg、義母 和子の連れ子)を殺害する事にする。
蛇腹沼にいる河童の三兄弟モモ太、ジッ太、ズッ太に村娘 成瀬清美を紹介する事と引き換えに雷太殺害を依頼する。成瀬清美は兄 幸彦が徴兵拒否をして失踪していたため村八分の扱いだった。

モモ太が成瀬清美を襲いに行ってしまったため、ジッ太、ズッ太だけで雷太と戦って二匹とも殺されるが、溝口利一、祐二は雷太の脳を斧で割り、井戸の中に放り込む事に成功する(モモ太は銃撃されて成瀬清美宅から逃げ出した)。

成瀬清美はマーテル教の信徒でドロローサという浄化名を持ち、兄 幸彦と近親相姦の関係にあったが、兄に美紀子という恋人が出来た事から二人を殺害して自宅地下室に死体を隠している。そして、溝口祐二に強姦され、性奴隷にされそうになるが、射殺して事件が露見する。

一方、井戸の中に放置されていた雷太は、モモ太に助け出されて弟達の行方を聞かれるが、脳を失っているため記憶が定かでない。モモ太は精霊キチタロウのアドバイスに従って、狩人ベガやんを毒殺して銃を奪い、溝口家を襲撃して溝口祐二の死体から脳を奪い、脳を雷太の頭に注入する事で記憶を復活させる。

そして、モモ太と雷太の殺し合いが始まる。

P112:
目前に迫った処刑の恐怖に完全に飲み込まれ、マーテル教徒としての矜持は消滅していた

粘膜蜥蜴
平成21年8月25日 初版発行。



国民学校初等科に通う堀川真樹男(12歳)は、同級生の中沢大吉と一緒に、同じ同級生である月ノ森総合病院の御曹司 月ノ森雪麻呂の家に招かれる。そこで、雪麻呂の傍若無人な振る舞いによって、中沢大吉が死亡するが生き返る。

それは、東南アジア ナムール国に赴任している11歳上の兄 美樹夫の仕業で、東南アジアに住む爬虫人に気に入られた美樹夫が、真樹男の苦境を夢で察し、蜥蜴人に頼んで中沢大吉を生き返らせたもの。爬虫人の長老は、心臓が破壊されていなければ、死後二日以内の死人を蘇らせる事が出来る。

雪麻呂は、二歳上の従姉妹 魅和子の許婚の座を従兄弟の清輔と争って、それぞれが選んだ者による代理戦をさせて、勝利した雪麻呂が魅和子の許婚となるも、雪麻呂に横恋慕していた従姉妹の華代が魅和子を毒殺する。

蜥蜴人の長老に魅和子を生き返らせてもらおうと、雪麻呂はナムール国に向かい、魅和子を蘇らせてもらうが、華代を殺害した事等から、「闇と不動の刑」を言い渡され、視力と歩行の自由を失い、爬虫人の村に住まう事になる。

雪麻呂の母 千恵子は、料理人の藤原と恋に落ちた事で夫の大蔵を怒らせ、脳を爬虫人の召使 富蔵に移植されていて、二人は爬虫人の村で生活していく。

粘膜兄弟
平成22年5月25日 初版発行。



へぐり豚の売買で生活する須川磨太吉、矢太吉という22歳の双子の話。へぐり豚の世話は、ヘモやんという老人に任せている。双子は、カフェー『タイガア』の女給 池上ゆず子(26歳)に入れあげるが、ゆず子から愛されるのは、兄 磨太吉の方だった。

二人は出征してナムール国に出向き、左手の親指と右眼を失うが、日本に帰国する。

帰国後、矢太吉は、父親から金を奪い自殺に追い込んだ村木静雄を殺害し、警察に追われる身となり自棄になって、ゆず子を強姦し、磨太吉と刺し違えて死ぬ。

磨太吉は、死後の世界で吉太郎という神と出会い、自分が幾度も生まれ変わり、ゆず子と来世で出会える可能性を教えられる。しかし、憎しみの心を抱えたままでは転生出来ないので、留飲を下げるために過去に遡って矢太吉を殴る黒助となる。

P431:
川上さんて、あの旅行で知り合った帝大生か?
(中略)
天才詐欺師遂に逮捕
(中略)
遠藤道夫と言う全く別の名前が記されていた

粘膜戦士
平成24年2月25日 初版発行。



短編集。

鉄血
ナムール国にて陸軍軍曹 丸森清が、金光大佐に殺されそうになる話。大佐は、爬虫人の脳を食しており、脳の中から見つけた玉を、丸森清を刺殺する儀式の最中に食べれば神になれるという妄想に憑かれていた。大佐が玉を食べると、丸森の体が操られ大佐を刺殺する。そして丸森は脱走する事にする。

肉弾
兄 繁之がロボット兵士になった戸田俊夫の話。紅十字サーカスのマレー熊に殴られて故障した繁之は笑い者になり、俊夫はいじめられるようになる。級長の英輔に騙される形で、俊夫は繁之を操っていじめっ子達を殺させる。その後、瞬間的に繁之は正気に戻り自爆すると言うが、自爆が簡単に出来ず、俊夫は兄の死を願う。

石榴
ドイツ語教授の父を持つ 篠田昭(12歳)の話。父が爬虫人の使用人 花枝との間に娘 絹子(13歳)を作り、絹子と恋仲になっている事や、祖母が爬虫人の三郎と恋仲である事を知り衝撃を受ける。昭の母は、花枝を刺殺して父に殺害され、二人の死体は石榴の木の下に埋めてある。

極光
憲兵少佐 松本健吾(36歳)、清水少尉がヘモやんという老人を尋問する。ヘモやんが処刑された伝説のスパイ流山寺明人である可能性を考えるもヘモやんは脱獄し、極光作戦の書類は失われた。

凱旋
丸森清が日本に帰る。潜伏先の雨音村の森で爬虫人の女 桃代の死体を見つけ、爬虫人と人間の混血に男性に捕らえられ、射殺する。蛇腹沼に住むモモ太、ジッ太、ズッ太という河童の三兄弟の話を聞いたため、三人に会いに行く事にする。

粘膜探偵
平成30年5月25日 初版発行。



戦時下の帝都で、特別少年警邏隊に入隊した須永鉄児は、入隊二日目にして先輩である久世寛太が警察官にからんだ連帯責任によって謹慎させられる。

手柄を立てる必要性を感じた須永鉄児は、高校三年生 小暮朋代(ソニア)失踪事件を私的に調査し、彼女が帝国軍人 武智真之大佐による陰謀に使用されている事を知る。

東南アジア ナムール国に生息する蟻クズリュウに、処女の肉体を食させ、得られた卵を老女の子宮に入れるとバルミラという進化した生物になり、バルミラを最初に見た人間が仙人になるとされる。

須永鉄二は本来ならば死刑になるはずが、自らが大学教授 須永大堂の子息として、ナムール国アロ族酋長の長女ニイア・リングルとの政略結婚の相手となるため、特別少年警邏隊の先輩達を射殺すれば助かると言われる。

須永鉄二は迷うが、混乱の内に『降臨の儀』が行われ、祖母の菊代が仙女となって軍人達を殺害していく。須永鉄二は須永大堂をパトロンとしていた画家 秋月信夫の子で、菊代は秋月信夫に恋していた。

P12~P13:
貴様は『謝罪即無罪』という私的法則を主張しているのだな?
(中略)
例外が無いということはつまり……我々が貴様に対してどんな罪を犯しても、その場で謝罪すれば即刻無罪となる

人気ブログランキングへ

第七官界彷徨

読んだ本の感想。

尾崎翠著。2014年6月17日 第1刷発行。



嗅覚や聴覚等を刺激する話だった。それも肥しの臭いや騒音という不快なもの。

臭いや騒音のイメージに耐えられるかどうかで作品の好き嫌いが分かれると思う。

兄である小野一助(精神科医で分裂病を研究)、小野二助(農業を研究しており、自室で二十日大根等を栽培)、従兄弟である佐田三五郎(音大入学を目指す)と同居する小野町子の話。

小野二助が自室で二十日大根や蘚(こけ)を栽培するため、人糞による肥しの臭いが漂ったり、佐田三五郎がコミックオペラを歌うために騒音があり、隣家の娘が引っ越したりする。

そのような中で小野町子は詩作に励み、散髪されて泣き、小野一助の友人 柳浩六氏に恋をするのだった。

人気ブログランキングへ

経済は地理から学べ!

読んだ本の感想。

宮地秀作著。2017年2月16日 第1刷発行。



以下は、『やっぱり地理が好き★代ゼミ地理講師・宮路秀作のブログ』へのリンク。

http://miyajiman0621.sakura.ne.jp/geography/

自然環境に最適な形で文化は発達する。資源は偏在するため、資源の奪い合いが歴史を形作る。

<規模の設定>
事象を捉える規模によって答えは違う。地球規模の気温上昇は温暖化だが、特定都市の気温上昇はヒートアイランド現象。製造業を国家レベルで考えると大都市近郊で、原料輸入に便利で輸送費用の小さい沿岸部に立地するが、世界レベルで考えると人件費の安い国で大量生産される。

<距離の設定>
以下の概念。

①物理距離
②時間距離:移動に必要な時間
③経済距離:移動に必要な費用
④感覚距離:情報が多く入手出来る地は
      身近に感じる

例えば、東京から鹿児島までの最短距離は950kmだが、陸路で移動すると1300kmとなる。飛行機での移動では2時間:4万3890円の時間距離:経済距離となり、新幹線では6時間30分:2万8820円。

日本は多くの資源を海外から輸入しているが、経済距離の安価な船舶による輸入が主となっている。

<水>
地球上には約14憶K㎥もの水が存在し、内97.5%は海水で、残り2.5%の68.7%は氷雪・氷河、30.1%が地下水、地表水は2.2%。河川水は陸水の0.006%であり、水を1400mℓと仮定すると一滴の水にしかならない。

<歴史的影響>
〇英国のEC加盟
1973年に英国がECに加盟すると、英国を最大の貿易相手としていたオーストラリアは1975年に人種差別禁止法を制定し、近隣のアジア諸国を重視するようになる。APEC(アジア太平洋協力会議)は1989年にオーストラリア首相ホークの提唱によって発足した。

〇BTCパイプライン
アゼルバイジャンの石油をトルコのジェイハンまで運ぶパイプラインのルートはアルメニアを通るルートが最短だが、アゼルバイジャン(イスラム教シーア派)とアルメニア(アルメニア正教)には宗教対立があり、トルコとアルメニアには歴史的対立があるため、迂回してジョージアを経由している。

〇アパルトヘイト終結
1991年に南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策が撤廃されたのは、冷戦終結によって西側諸国が旧共産圏からレアメタルの輸入が可能になったためとする。

〇アルミニウム
原料のボーキサイトは熱帯土壌での産出が多い。熱帯地域は高い気温による上昇気流が積乱雲を発生させて多量の降雨があるため、土壌中の養分が溶かされ、土壌に鉄分やアルミニウム分が残留する(鉄・アルミナ富化作用)。

<各国の地理経済>
〇アイスランド
多くの火山が存在し、地熱発電が総発電量の26%を占める。高緯度に位置して寒冷であるため、氷河の浸食によるU字谷が多数あり、土地の高低差を利用した水力発電が総発電量の74%を占める。これらの安価な電力によりアルミニウム工業が発達している(輸出品目の第二位)。国民一人当たり電力消費量は5万3890kwh(2014年)と世界最大。

〇インド
東経80度に位置し、西経100度の米国と12時間の時差がある事を利用して、朝夜が逆転したソフトウェア開発を行う。1991年から市場経済を導入し、多くの人口を背景に国内販売に重点を置いた工業化を志向している。ダイヤモンドの輸出も多い(2014年の輸出品目第二位)。水牛の飼育頭数が世界最大(約1億940万頭)で2012年の牛肉輸出量は世界最大。

〇オランダ
ロシアの最大輸出相手。欧州最大の港であるロッテルダム港があり、欧州市場にロシアの石油を供給する玄関口になっている。ライン川を通じた輸出により、ドイツ、ベルギー、英国、フランスとの交易が盛ん。

〇スペイン
輸入代替型工業化政策によって最大輸出品目は自動車(通常の先進工業国は機械類)。1970年代からは輸出志向型工業化政策を採用し、1986年にはECに加盟。EU加盟国が東欧等のスペインよりも賃金水準の低い国を含むようになると、高品質車の生産にシフトし、2015年でも欧州第二位の自動車生産国となっている。

〇タイ
国民車構想(自国で自動車製造を行う構想)を持たず、海外自動車産業を参入させる事で自動車産業を興した(1957年のトヨタ自動車販売拠点設置が最初)。部品国産化政策を採用し、1989年には東南アジア最大の自動車生産国となる。

〇メキシコ
1994年にNAFTAが発効すると、低賃金を武器に隣国の米国向けの自動車生産が活発化する。

〇中国
輸出統計では一位が機械類、二位が衣類と、労働集約型の被服産業が強い。世界最大の綿花生産国だが、世界の綿花52.5%を輸入する輸入大国でもある。

〇フランス
エアバス社という航空機メーカーがあり、自動車(輸出第三位)よりも輸出額が多い。しかし、EU域内の各国で生産された飛行機部品を使用しているため、貿易赤字となっている。
1967年にナイジェリアで石油資源の多い南東部(イボ族)がビアフラ共和国として独立を宣言し、フランスは、南アフリカ共和国と一緒にビアフラ共和国を支援したが、1970年にビアフラ共和国は降伏し、さらに1973年の石油ショックを機に原子力への依存度を高める。

〇ブラジル
輸出統計一位は鉄鉱石。年間降水量は世界最大で発電量の約3/4は水力発電。環太平洋造山帯(原油が多く発見される新期造山帯)の外側にある事から原油が領土内では少なく、原油輸入国である。
1969年に国営で誕生したエンブラル社が小型旅客機製造に力を入れて、自動車製造も2000年代に入って増加している。

〇ノルウェー
独立志向が強くEUに加盟していない。暖寒流が会合する潮目が領海にあり水産業が盛ん。水力発電割合は96.21%で電気代は100kwh当たり9.45ドル(世界平均は19.63ドル、日本は22.51ドル)。原油や鉄鉱石等も産出し、経済の独立性が高い事から独自性に拘る。

〇ボツワナ
ダイヤモンドを産出し、2015年の一人当たりGDPが6361ドルと中所得国である。2050年頃にはダイヤモンドが枯渇するとされ、周辺国より高い賃金水準や内陸国である事、約226万人と少ない人口が課題になっている。

〇オーストラリア
鉄鉱石とボーキサイト、銅鉱石、ニッケル鉱石を主として輸出する。人口2400万人と比較的人口が少ない事や、資源産地(北西部のマウントホエールバック等)と大都市(東部や南西部)が離れている事等が工業化のネックとなっている。製造業が発達していない事で、単純労働者が多く必要とされず(最低賃金水準は日本や米国の約二倍)、移民は退職者や富裕層が多い。

〇日本
61/197と比較的広い国土面積を持つ。人口も約1.27億人と世界11位。高い教育水準と合わせて内需依存型の経済発展が可能だった。

〇ドイツ
北緯50度を通過する寒冷地にあり、じゃが芋や大麦が多く栽培された。農業生産性が低いために保存食品としてのマリネ、ザワークラフト、ソーセージ等が作られた。

人気ブログランキングへ

「10年後失業」

読んだ本の感想。

城繁幸著。2014年6月20日 第1刷発行。



終身雇用制を批判する本。

プロ野球球団 連合ユニオンズが選手の雇用や給与を年功序列型にした結果、ベテランの慢心、若手の意欲低下によって自壊していく。

著者の解決策が、目的意識を持って仕事をしていれば、半年程度で問題意識や目標が得られ、その状態で仕事を3年~5年程度続けていれば付加価値の高い人間になれるとしているけど、そんなに甘くないと思った。

自分の市場価値を知るために、新聞や経済誌、ビジネス書や仕事に関連する分野の本を読んで、仕事の全体像を知ろうとする事が大切。全体像の中での自分の位置や、他社の仕事の進め方等も知っておく。

<組織内の流動性について>
結果を出している人間をただ評価するだけでは組織は成長しない。組織内に流動性がある事が大切で、下位層が固定された組織は淀んでしまう。スタイルを変える事が出来るのは中より下の人間。

人は育てるものであり、ノウハウ共有化を怠って個人に任せる方法では退職等で問題が発生する。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード