物語 チェコの歴史

読んだ本の感想。

薩摩秀登著。2006年3月25日発行。



第一章 幻のキリスト教国モラヴィア
―キュリロスとメトディオスの遠大な計画

863年頃に、ビザンツ帝国皇帝ミカエル三世が、コンスタンティノス(キュリロス)、メトディオス兄弟をモラヴィア王国に、キリスト教布教のために派遣した話。

モラヴィア王国は、東フランク王国に圧迫されており、キリスト教布教を大義名分に征服を進めるフランク王国に対して、宗教的に自立する道を模索したものと思われる(自分達と同じスラヴ語での布教の実現)。

モラヴィア王国は、902年~906年にマジャール人に侵攻されて崩壊している。マジャール人によるハンガリー王国はローマ教皇を首長とするカトリックの傘下に入り、スラヴ語派はブルガリアに逃れた。

近代になってモラヴィアの末裔を自負するチェコ人の中でスラヴ系民族としての意識が広まると、スラヴ語系キリスト教を伝えた二兄弟は聖人として讃えられるようになる。

第二章 王家のために生きた聖女
―聖人アネシュカとその時代

チェコの首長の一人ボジヴォイはモラヴィア王国崩壊後に勢力を伸ばし、十世紀末には盆地状のチェコ全域、十一世紀半ばにはモラヴィア王国の跡地を支配下に収めて、現在のチェコ共和国に相当する領域に国家を築いた。

チェコはプシェミスル家に統治され、神聖ローマ皇帝に認可される大公という形式を採った。1212年に、チェコ大公プシェミスル・オタカル一世は、神聖ローマ皇帝フリードリヒ二世から皇帝就任協力への礼として国王の称号を許される。

オタカルの末娘アネシュカ(1211年~1282年)は、政略結婚を拒否して修道女となり、托鉢集同制をチェコに広めた。当時は豪勢な生活をするカトリック教会上層部への批判があり、清貧を謳う修道会は多くの支持を集める。

第三章 皇帝の住む都として
―カレル四世とプラハ

1306年にプシェミスル家のヴァーツラフ三世が男系を残さずに死ぬと、ドイツ王ハインリヒ七世の息子ヨハンがルクセンブルク王朝の始祖として担ぎ出される。

その子であるカレルは1346年にドイツ王にも選ばれている。カレルは1356年に金印勅書を完成させ、ドイツ王選挙の方式を定め、教皇のドイツ介入を認めない一方、イタリアにおける教皇優位を認めた。

チェコのプラハを帝国統治の拠点としてカレルは、聖ヴィート大聖堂等を建設した。1348年には神聖ローマ帝国で最初の大学がプラハに創設され、文化の中心となる。

第四章 「異端者」から「民族の英雄」へ
―教会改革者フスの業績と遺産

十五世紀初頭に、プラハでカトリック聖職者への疑念を説くフスの説教が人気を集める。政治的に優遇されていた教会は莫大な財産を持つようになっていた。
1412年にローマ教皇が販売した贖宥状をフスが批判し、プラハで暴動が起ると、フスは異端者として処刑され、チェコにおける宗教争議の発端となる。

1436年に穏健フス派とカトリック教会との間に和解が成立し、十七世紀の三十年戦争でカトリック以外の宗教がチェコ王冠諸都市で禁止されるまでフス派とカトリックの共存は続く。

現在でのチェコはカトリックが圧倒的に優勢だが、フスは民族自立の象徴として崇拝されている。

第五章 貴族たちの栄華
―ペルンシュテイン一族の盛衰

チェコは盆地状のチェコ地方(水系のヴルタヴァ川はエルベ川と名を変えてバルト海に注ぐ)、モラヴィア地方(北から南に流れるモラヴァ川流域に開ける)からなる。

モラヴィア地方の貴族ペルンシュテイン家は、フス戦争における混乱に乗じて勢力を拡張し、十六世紀にハプスブルク家に圧迫されるまで勢力を維持する。

ハプスブルク家の地位が定着するに連れて大貴族が自らの領地に君臨する群雄割拠のスタイルでなく、ウィーン等の王宮で皇帝に直接仕える事が名誉となっていく。

第六章 書籍づくりに捧げた生涯
―プラハの出版業者イジー・メラントリフ

1530年代初頭にプラハ大学に学籍登録したイジーク・チェルニーが、後にメラントリフの名で数々の書籍を世に送り出す。1549年にはチェコ語版聖書を出版。

第七章 大学は誰のものか
―プラハ大学管轄権をめぐる大騒動

三十年戦争以降、チェコではハプスブルク家への忠誠とカトリック教会独占を柱とする絶対主義体制が築かれる。フス派の拠点であったチェコ大学はイエズス会に吸収され、カトリック知識人がチェコの精神文化の担い手となる。

第八章 大作曲家を迎えて
―モーツァルトとプラハの幸福な出会い

十八世紀後半の啓蒙絶対主義の雰囲気の中でチェコでも新しい文化活動が盛んになる。チェコ初のオペラハウスは1724年に建築され、1781年にはプラハに大規模なオペラハウス(ノスティッツ伯爵の国民劇場)が建設された。

1787年にはモーツァルトがプラハを訪れている。

第九章 博覧会に賭けた人たち
―チェコの内国博覧会

1891年に開催された内国博覧会について。

当時のチェコでは民族的感情が自覚されるようになり、ドイツ系(機械工業中心)とチェコ系(製糖業等の食品工業中心)との間に対立があり、商工会議所でチェコ系が優位な事への反発もあり、ドイツ系企業は内国博覧会に出展しなかった。

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフは、ドイツ系とチェコ系が険悪になった経緯から訪問を躊躇い、博覧会終盤にプラハを訪問し、その後にドイツ系の中心都市リベレツを訪問している。

第一〇章 「同居」した人々、いなくなった人々
―スロヴァキア人、ドイツ人、ユダヤ人

第一次世界大戦でのハプスブルク帝国崩壊によってチェコスロヴァキアは建国される。

チェコと合同したスロヴァキア人は、チェコ人と同様に六世紀~七世紀に移り住んだスラヴ系の人々であり、十世紀に成立したハンガリー王国の支配下に入った事からチェコ人と分かれた。

歴史的に一応の国境線が存在したチェコと異なり、スロヴァキアの領域は不明確であり、南部に成立したハンガリー共和国と領土争奪戦が繰り広げられ、双方の領土の中に相手国の民族が少数民族として取り残された。

1921年の人口統計では、総人口1337万人の内、チェコスロヴァキア人が876万人、ドイツ人が312万人、ハンガリー人が75万人、ウクライナ人が46万人、ユダヤ人等が28万人であり、少数派とはいえ多いドイツ人が後のナチスドイツ侵略の口実となる。

スロヴァキアはチェコと比較して貧しい農業地帯中心で高等教育を受けた人々も少なく、チェコスロヴァキアがプラハ中心の中央集権体制となる事に不満が募った。

1939年にはドイツの支持によってスロヴァキア共和国独立が宣言され、第二次世界大戦終結によってチェコスロヴァキアに戻るも1969年には連邦制が採用され、1992年に連邦が解体された。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

帰宅&近況

久しぶりに「読んだ本の感想。」以外の記事。

数えてみたら、予約投稿の残りが50日分くらいあるので、7月中は「読んだ本の感想。」が続きそう。

①スマホケース
今日、電気屋に行ってみたが買えなかった。サムスンやソニー等のメジャー企業のスマートフォンのケースしか入荷していないらしい。

②ギャル曽根
知り合いにギャル曽根に似ている女性がいる。本人に指摘したいが出来ない。「ギャル曽根に似ている」は誉め言葉だろうか?

③株式
新興国の株価が下落している。米国の利上げの影響で新興国の株価低迷が半年継続するという観測があり、ならば株式購入の機会だと思う。

五百万円くらい用意して、未だに百万円くらいしか購入していない。平安保険やビナミルクが欲しいけど、株価が何倍にもなるような銘柄でないので本当に買うか悩んでいる。

**************

書いていて薄い人生を送っていると思った。明日はバウムクーヘンを食べよう。

人気ブログランキングへ

自閉症者の犯罪を防ぐための提言

読んだ本の感想。

浅見淳子著。2012年10月7日 第一刷発行。



インターネット上の誹謗中傷によって自閉症者を裁判に訴えた著者の記録。

障害者にどのように社会での役割を担わせるのか、あくまで弱い存在として保護に伴う制限を実現するべきかは著者自身にも結論が出ない問題だ。

障害に関わらず、社会に対して恨みを抱いていると、それが特定個人への行動化をもって加害行為へ転化してしまうかもしれない。しかし、当人への変化を求めず、社会が譲歩し続ける事は混乱を招く。

**************

話の問題は、多くの自閉症者と関わっている著者でも、司法によってしか犯罪に対処出来なかった事だと思う。

「花風社の浅見淳子が、ニキ・リンコという架空の作家を演じて詐欺を働いている」という噂を流される。

著者は、発達障害の診断を受けた者が、自分とは特性が重ならない発達障害者が有名になる事に危機感を覚える事があるとする。噂を流した当人は、浅見淳子 = ニキ・リンコが同一でない事を、自らに納得させろと不可能な主張をするが、不可能であるために司法の場における決着となる。

反省や謝罪は無く、有罪判決によって事件は終わった。

人気ブログランキングへ

氷風のクルッカ

読んだ本の感想。

柳内たくみ著。2012年6月6日初版発行。



1939年の冬戦争(ソヴェエト連邦とフィンランドの戦争)を題材に、ニューヴァスト連邦・ヴェヤナ軍(ソヴェエト連邦・ロシア軍)とスオミ共和国(フィンランド)の戦いを描く。

スオミ軍に志願した男装のクルッカ・サムライネン(17歳)がユーティライネン中隊長の小隊に配属され、自らを上回る狙撃兵であるシモ・ヘイヘと恋仲になり、敵方のヴェヤナ軍に所属する実母のナタリア(31歳?)と妹のミーシャ(15歳?)と戦って殺す。

ナタリアを若くするために14歳で出産したという、やや無茶な設定になっていると思う。

読み終わって感じたのは作者の敗北。作者が書きたかったのは、英雄による戦記絵巻だったのだろうけど、戦争について調べるほどに英雄が作為的に演出されたものである事に気付いたのではないか?

味方の士気を高揚させるために無敵の戦士を報道し、自らの惰弱を糊塗するために敵兵士の不死身を殊更に強調する様が描かれる。

物語の真の主役は、敵方のヴェヤナ軍に所属する政治委員イーゴリや小隊長ヴェルシーニンで、軍事的に無知な自分達の作戦ミスで損害が拡大した言い訳として、敵軍兵士の強さを盛って報告している。

作者は、現実の冬戦争においても、赤軍幹部達が自らの失敗を隠すためにシモ・ヘイヘを実態以上に誇張したという結論に陥ったのだと思う。

P77:
政治委員達は軍事的には正しいと考えられる選択であっても、簡単には認めない。例え合理的な判断に基づく後退であっても、怯懦による逃走、裏切りと見なして兵や指揮官を処刑してしまう

P126:
イーゴリ上級政治委員。君が指導すべき部隊を失ったのは、指揮官の怠慢や兵士の臆病などではなく、極めて優秀な敵狙撃兵と遭遇したからだと言うのだね?

P319:
大粛清で優秀な将校を悉く処刑し、残ったのは共産党に対する忠誠心だけが売りの箸にも棒にもかからないような者ばかり。そんな人間に作戦を立てさせ、兵士の指揮をさせれば損害が拡大するのも当然なのだ
(中略)
一人か二人の狙撃兵など、戦況を左右する要素にはなりえないのだ。大量の砲弾と戦車の履帯によって押しつぶすことも出来る











人気ブログランキングへ

組織で悩むアナタのための世界史

読んだ本の感想。

ゆげのひろのぶ著。2018年3月23日 第1刷発行。



作者の怨念を感じた。予備校教師時代に低い学歴から冷遇され、独立する事になった経緯が関係しているのかもしれない。

第1章 なぜ、組織は不公平な処分を許すのか?
将軍が騎乗するのは、その高い選抜・育成費用のためとする。万卒は得易く、一将は得難し。

第2章 なぜ、組織は老害を生んでしまうのか?
高い実績を持つ者は、それ故に成功体験に埋没してしまう。

第一次世界大戦時に、縦深防衛戦術(多数の防衛線を重ねる事で、一つの防衛線が突破されるリスクを軽減する)を実施して戦果をあげたフランス軍のペタン元帥は、その成功体験によって大要塞マジノ=ラインに固執し、第二次世界大戦における戦車や飛行機に対応出来なかった。

第3章 なぜ、組織には階級の流動性が必要なのか?
モンゴル人が支配階層を独占した元朝と、科挙によって漢人を取り込んだ清朝(満漢併用制:満族が監督し、漢族が実務を担当する)の違い。

第4章 なぜ、敵対組織のトップを討ちとってはいけないのか?
普仏戦争においてナポレオン三世を捕虜にしてプロイセン軍は、分裂したフランス人のゲリラ戦に苦慮した。その教訓から、第二次世界大戦では、フランス軍トップのペタン元帥を懐柔し、親独フランス政府の首脳にして組織的抵抗を無くした。

第5章 なぜ、組織の情報共有は進まないのか?
勝利の秘訣を公表すると、敵にも情報が拡散してしまう。

日露戦争において、日本海軍はバルチック艦隊の進路について確度の高い情報を得ていたが、一般にそれを公表しなかった。

冷戦時の米軍は、U-2偵察機によって大陸弾道間ミサイルの配備状況を確認しているが、やはり一般には公表していない。

第6章 なぜ、専門家に組織の判断を任せてはいけないのか?
第一次世界大戦においてドイツは作戦に溺れて中立国ベルギーを通過してフランスに侵攻して英国参戦の口実を作った。

地政学的に、小国ベルギーとオランダは、大国フランスやドイツが英国の脅威にならないよう緩衝地帯の役割があり、英国と距離20㎞を隔てるだけのベルギーにドイツ軍が駐留する事は脅威だった。

専門家で構成されたドイツ参謀本部は、国際関係についての知識に疎かった。

第7章 なぜ、組織は技術の前に跪くのか?
個人の力を増強する鉄器の普及、共同体を醸成する重量有輪犂(複数の人間が協力しないと扱えない)、溶鉱炉(2000人程度の人間が運用に必要)等。

現代はパソコンや携帯電話によって個人の力が増強されており、組織が技術によって規定される。

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード